チークのやり方|基本〜流行まで♡全部教えます!!

毎日のメークで必ずといって良い程付けてるチーク!
そもそもチークって何?チークってどんな種類があるの?
初心者さんもそうでない方も一度、基本を学んでみましょう♪
そして顔タイプ別に小顔になれるやり方や、トレンドチーク、30代40代の大人チーク、裏技までぎゅっと凝縮してチークの全て教えちゃいます♡

Twitter Facebook LINE

129398view

お気に入り

チークを学ぶ!!基本~応用まで全て学ぼう♡

チークを学ぶ!!基本~応用まで全て学ぼう♡

【MENU】
➀チークとは
②チークの種類
③チークの基本
④クリームチークのやり方
⑤かわいい目の下血色チークのやり方
⑥コントゥアリング(骨格チーク)のやり方
⑦2017トレンド チークはサブに幅広チークのやり方
⑧顔型別の小顔チークのやり方
⑨30代・40代向け大人のチークのやり方
⑩チークの裏技

➀チークとは

チークって何?チークをする意味って何??

チークって何?チークをする意味って何??

チークとは英語の頬(チーク)から作られた和製英語なんです!日本では頬紅なんて言い方もありますね。
商品名としてはチークカラーやチークシャドーと書かれています。
ちなみに英語ではブラッシュ、フランス語ではルージュなんです!日本ではルージュ=口紅という意味合いに使われていますね。

ではなぜ、チークをするのか…大きく3つあります
➀血色良く見せるため
②小顔に見せるため
③自然に優しく微笑んでるような顔をに見せるため
頬に陰影があるだけで人の表情って全く変わってくるんですね。

大人になると子どもの頃から比較して頬のふっくらが減ってきてしまうもの。
そうすると目の下から口元までが長く、のっぺりした無表情の印象になってしまいます!
画像のようにチークが入ると同じ表情でも健康的で明るく微笑んでいるように見えます。

いくらベースメイクやアイメイク、リップメイクをしても表情までは変えられません!
意外とメークに大事なのはチークなのです♡

②チークの種類

【パウダーチーク】

【パウダーチーク】

チークといえば誰しも一度は使ったことがある、定番がパウダーチークです!
粉状でサラっとしているので夏のベタつきやすい時期やオイリー肌のひとにもぴったり♡
セットになっているブラシでもOKですがパフや大きめのブラシでのせると、大きくふんわりとしたチークが作れます♪

【クリームチーク】

【クリームチーク】

しっとりしたクリーム状のチークもパウダーと並ぶ定番の人気!!
肌にしっかり馴染ませることができ、上気肌が作れます。
乗せたい部分にポンポンと指で軽く叩きながらお肌に馴染ませられて、パウダーよりポイントで発色を出すことも◎
しっとりしているので冬の乾燥時やドライ肌の人にもぴったり♡

【リキッドチーク】

【リキッドチーク】

まるでネイルポリッシュのような新感覚なチークがリキッドタイプ。
液状でサラサラしているのが特徴!
ネイルの様に、筆で塗ったりスポンジに染みこませてお肌に馴染ませていきます。
肌の質感や色味を生かして優しく、内側から発色してくれます!
3~4滴程でも十分に自然な血色感も出せてコスパも良いのが特徴。

使いずらい濃い色でも、リキッドファンデと混ぜてチークすると強い色でも肌馴染み良く使えます!

【コントゥアーセット】

【コントゥアーセット】

海外セレブから人気がでたコントゥアー。こちらは陰影を使って顔を立体的に見せる彫り顔メイクに必須なアイテムです!
シェーディングとハイライトで凹凸があるように見せる、小顔メイクの技☆
パウダータイプやクリームタイプのコントゥアーのセットが主流です!!

【スティックチーク】

【スティックチーク】

リップスティックのようなチークは、頬だけじゃなくリップ・アイカラー・ボディにまで使える商品が多くあるので1本あるとかなり使いまわしが効きます!
使用感もリップクリームのような使い心地でマットにしっかり付くのが特徴♪
スティックをポンポンと馴染ませて薄付きに!ぐっと引っ張って頬に乗せた後に指で馴染ませてマットにしっかり付けられます♪

【シロップチーク】

【シロップチーク】

まるで甘いシロップのようなうるうるなチークは見た目通り、うるうる感があります!
リキッドチークと使い方は同じで頬に2~3滴置き、指でポンポン馴染ませます。
内側から自然な発色と、保湿成分で冬の時期に乾燥しやすい頬を潤いで守ってくれます。
おフェロメイクにはぴったりなシロップチーク!!

【ジェルチーク】

【ジェルチーク】

リップグロスパレットみたいなうるうるジューシーなチークは体温でじゅわっととろける感触で柔らかい!
チークもジューシーに色づいて発色もGOOD!
また、うるうるなのでリップにも使えます。グロスを付けたようなうるうるがチークにも♪
上気肌を作るならジェルチーク!

【クッションティントチーク】

【クッションティントチーク】

サラサラの液状チークがチューブに入って、先にスポンジがついたクッションティントチークは液をスポンジに少量ずつ出して使います!
少しずつ出して付けれるので濃すぎたなんて失敗はもうありません!
少量をポンポンスポンジを頬に馴染ませるだけなので手の汚れも心配ナシ。
水の様な軽いテクスチャーがどんな肌状態でも乗せやすいのが嬉しい♡

【濃淡2色チーク・3色チーク】

【濃淡2色チーク・3色チーク】

1色が当たり前なチークが淡いカラーと濃いカラーが一緒になったチーク!
一筆さっとすくって自然な色合いグラデはもちろん、淡いカラーをベースに濃いカラーを乗せ技ありなグラデで自然な濃淡が小顔の秘密!
3色はシェーディングカラーやハイライトもセットなのでよりメリハリなメイクも可能に。
メイクアップアーティストみたいなメイクには欠かせない2色・3色チークが絶対です♪

③チークの基本

基本のパウダーチーク!ブラシで入れる♡

基本のパウダーチーク!ブラシで入れる♡

パウダーチーク適当にブラシでグルグル描いていませんか?
それだとピンポイントで濃い部分ができてしまって子どもっぽい印象になりがち!
基本のパウダーを入れる時のポイントは3つ!
➀まず思いっきり笑顔で頬の高い位置を把握しましょう。
②チークのスターㇳは高い位置にブラシをON!
③ぐるぐるブラシを回すのではなく、左右に往復させます。

この3つがポイント☆またチーク付属のブラシだと小さくポイント使いは優秀ですが大きめのブラシの方がチークとして乗せるべき位置にきちんと入れ、ふんわり仕上がりになるので初心者さんにオススメ♪

【パウダーチーク!スポンジで入れる♡】

【パウダーチーク!スポンジで入れる♡】

ふんわりじゃなくしっかり付けたいならスポンジがオススメです♪
パウダーをスポンジに取り、ブラシと同様頬の高い位置から優しく叩き込みます。
しっかりと付くことでヨレやメイク落ちしにくい出来に♡
ブラシでパウダーを取る時や塗っている時に粉落ちしてしまいますが、これなら粉落ちしないので服に付く心配やチークを余分にロスする心配なし!

④クリームチークのやり方

クリームチークを指の腹ですくい、頬の高い位置からこめかみあたりまで点で置いていき、指の腹でぼかすように馴染ませます。
高い位置に濃い色を残すことで、自然と浮き上がって立体的な顔が作れます♡

クリームチークのワンポイント☆

クリームチークのワンポイント☆

パウダーより発色良く付くクリームチークは仕上げにフェイスパウダーを軽くチークと周辺にON♪
しっかりだとせっかく色づき良く付いたチークが消えてしまうので、あくまで薄くサッと付けてください!
一番上にチークがあるよりも内側から自然に明るい頬になってナチュラルに可愛く見せてくれます。

関連するまとめ一覧

【リキッドアイカラー】とは?☆使い方&おすすめランキング

今、話題のリキッドアイカラー♡リキッドアイカラーとは、ツヤのある目元を簡単に作れるメイクアップアーティストも推進する優れもの♡今回は、そんな注目もリキッドアイカラーの、使い方、人気のランキングをまとめました。 自分に合うリキッドアイカラーを探して是非取り入れてみて♡

fu.mi / 12656 view

コンシーラーのみメイク でナチュラル美肌 使う順番・使い方も

ファンデーションを使わず、コンシーラーだけで仕上げるメイク方法を紹介します。気になる部分をカバーするだけで素肌感たっぷりのきれいなお肌が作れます。それぞれのコンシーラーの使い分けについても説明します。

hallomiffy / 12941 view

キスミーフェルムのおすすめコスメ紹介&クチコミも♡

プチプラだけど使えると評判のキスミーフェルムのコスメ♡ キスミーフェルムのおすすめコスメ(ファンデーション・下地・マスカラ・リップライナーなど)について、ベースメイク・アイメイク・リップメイク・ネイルの4部門にわけて紹介します!

degu5 / 13788 view

メイクまとめランキング

昨日人気のあったメイクのまとめ