ベースメイクのやり方|基本〜流行まで全部教えます!!



ベースメイクのやり方は、崩れにくいベースメイクをつくるうえでとても大事なんです♪
そこで今回はベースメイクのアイテム(BBクリーム、下地、日焼け止めなど)や、基本の塗り方、お悩み肌別の塗り方など、ベースメイクについて基礎から応用まで全部教えます♪

➀ベースメイクとは

ベースメイクの意味って?

image from instagram

ベースメイクの本当の意味を知っていますか?
ただスキンケアの後に化粧下地をつけて、ファンデーションをササっと塗ってベースを終わらせてませんか?
肌トラブルがあったら、リキッドファンデ+パウダーで厚塗りになっていませんか??

『下地を作る』という意味では合っているんですが、本来のベースメイクとは『肌の状態(スキンコンディション)を整えてメイクアップの土台を作る』
ということなんです!
アイメークや、リップを映えさせるためにも綺麗な肌作りが重要になるのがベースメイクです♪

②ベースメイク用コスメ

日焼け止め

image from instagram

お肌にとって一番のダメージは紫外線!!もうこれは誰しもが知っていること。
しかし、化粧下地やファンデーションにSPFが配合されているから省略している方が多いのが事実です。
しかしSPF値が高い日焼け止めは肌の乾燥の原因になってしまうので、顔用の弱めと下地を併用することをおすすめします♪

最近では、サラサラとしたウォータリーやジェルタイプの物がボディでも人気なので、顔に塗っても軽やかです♡

化粧下地

image from instagram

化粧下地には乳白タイプと肌馴染みのいいベージュタイプとあります。
次のステップでコントロールカラーを使って肌の色を改善させるなら、乳白タイプがおすすめ!
肌にのせると透明になるので、コントロールカラーやファンデーションを邪魔しません。

化粧下地はファンデーションの密着性を高めてくれるため、崩れにくいベースメイクには欠かせません!
付けないと化粧持ちが全然違うのでベースメイクでは一番大事な役割となります。
密着性の他に、毛穴の凹凸をなくして滑らかにしてファンデーションを塗った時にお肌が自然にツルンとしているように見せる効果があります!

ファンデーション(パウダータイプ)

image from instagram

ファンデーションと言えばパウダーが主流です!
少しずつ塗り重ねることもできるので、厚塗りになりにくく初心者さんにもおすすめ♪
パウダーファンデにはミラー付きコンパクトにセットになった粉を固形にさせた物をパフでつける物、
粉そのものをブラシでくるくるのせるルースタイプがあります。
カバー力は固形パウダーの方が上、軽やかさで言えばルースタイプが上です。

肌質は普通からオイリーさんまで幅広く使えるので、一番人気がパウダーファンデーションなんです♪

ファンデーション(リキッドタイプ)

image from instagram

リキッドタイプといっても、今は非常に細かく分類されています。
リキッドファンデーションはその名の通り、さらさらの液体状のファンデーションです。お肌全体にムラなく伸ばしたのちに、フェイスパウダーのようなお粉で仕上げるのが主流です♪
クリームファンデーションは、リキッドよりは固めのタイプです!しっかりつくのでカバー力が高いのが特徴。こちらも崩れ防止の為にフェイスパウダー仕上げが必要です。
エマルジョンファンデ、こちらはパウダーのようなコンパクトに入ったクリームタイプの物です。パフもセットなので、調整しながら塗ることができ仕上げのお粉が不要です。
スティックファンデもクリームをリップスティックのような形にしたものです。直接お肌に乗せるのでコンシーラーの役割もあり、カバー力が高いです。

リキッドタイプはドライ肌から普通肌の方におすすめしたいファンデーションです♪

コンシーラー

image from instagram

ポイント修正アイテムなのがコンシーラーです!
用途はシミやクマ、吹き出物・ニキビ跡を目立たなくさせることが目的です。
ピンポイントで使うので、大部分に使うとかえって浮いてしまうので、小さい消したい部分に使いましょう♪

コントロールカラー

image from instagram

化粧下地で顔を滑らかにした後、ファンデを乗せる前に元の顔色を調整するのがコントロールカラーです。
もともとのくすみがち、赤ら顔さんも、季節的な問題で肌がいつもより冴えないなんてこともあるかと思います。
そんな時は、悩みにあった色をのせて肌をキレイに見せましょう!

くすみ…【イエロー】くすんだ肌をワントーン明るくして、ファンデーションの発色もよくなります。肌荒れなどによる色ムラを隠したいときにもおすすめ!
明るい顔色…【ピンク】少し冴えない肌トーンなら、ピンク!肌に自然な血色を与え、健康的な顔色に見せてくれます。
赤み肌…【グリーン】頬や小鼻の赤み隠しに効果的!赤みが気になる部分に、薄くのばして使います。お顔全体に塗ると暗くなってしまうので、赤みが気になる部分周辺に使うのがポイントです!
透明感…【ブルー・パープル】くすみを消してくれる役割があり、さらに透明感を出したいならブルーやパープル!色白さんが使うと青白く見えてしまうこともあるので注意!

薄く伸ばすことで、自然に顔色を整えファンデーションを付けた時に自然に綺麗な肌色を出してくれます♪

フェイスパウダー

image from instagram

リキッドファンデーションの仕上げに使うのが一般的です。リキッドでしっとりしたお肌をさらさらとした肌触りにしてくれます。
皮脂や汗を吸収してくれるので化粧持ちが長持ちしてくれます!
油分が増えてヨレやすい日中のメイク直しにも最適です◎

また、手の甲でアイカラーやチークと混ぜて色の調整にも使えるので、プロは必ず使っている本格的なベース作りに必須なアイテムと言えます!

ハイライト

image from instagram

ハイライトは明るいカラーで光を取り込んで、いきいきとしたツヤと照りを出してワントーン明るいお肌に見せてくれます。
また立体的にも見えてくれるので、メリハリある顔を作ります。

シェーディングと合わせて使うと、より立体的で彫り顔に見せてくれます♡

シェーディング

image from instagram

顔の輪郭につけると陰影で小顔に見せてくれるのがシェーディングです!!
暗い部分というのは細く見える視覚効果があるので、遠近法が出て自然と顔全体がキュっと締まって見えるんです♪
また、ハイライトと合わせて使えばより立体感が出て、メリハリ顔ができます。
輪郭だけじゃなく、眉の下、鼻の脇に入れれば自然な彫り顔ができます!!
キャンメイクのシェーディングはプチプラながらもメリハリ顔になれると大人気ですよ♪

BBクリーム

image from instagram

手軽に下地+ファンデができるイメージで人気に火がついて、今もチョイお出かけですっぴん風メイクに欠かせないBBクリーム!
Blemish Balm(ブレミッシュバーム)クリームの頭文字を取ってBBなんです。ブレミッシュ=欠点・傷という意味があり、元々は医療の現場、ピーリングなどで刺激を受けた肌を鎮静化させて保護する目的で作られましたが、保護機能や再生させる力があることに注目され、下地・ファンデーションとして使えるメイクアイテムになったんです!
今は、美容クリーム・日焼け止め・下地・ファンデーション・コンシーラーの役割が1つになった物も多く、カバー力も高いので時短メイクには必須アイテムですね♪

CCクリーム

image from instagram

医療の保護目的からできたBBクリームと比べメイクの為に作られたCCクリーム。
CCの頭文字はブランドなどで異なりますが、主にColor Control(カラーコントロール)クリームという意味を持つ物が多いです。
名前の通り、色補正!CCクリームには美容クリーム・化粧下地・コントロールカラーというのが主な成分で、うるおいを与えつつ肌の欠点をカムフラージュしてトーンアップしてくれます。
光を取り込んで、肌を美しく見せる効果があるので肌トラブルが少ない時に軽い付け心地でサラっとメイクしたい時にぴったりなCCクリーム♪

③ベースメイクの基本と手順

化粧下地をつける!

image from instagram

1、化粧下地を手に適量取ります。(最初は少な目に!足りなかったら足す様にしていきます。)
2、鼻・おでこ・両頬・あごに点で下地をおきます。
3、点でおいた下地を内側→外側の方向に伸ばし、馴染ませます。(軽くトントンと叩くイメージで伸ばすと馴染みます。)
4、気になる毛穴部分は、周辺に残った下地or極少量、足し毛穴を下から押し上げ埋める様に埋めます。
5、最後に手に全体で顔を包み馴染ませ、仕上げにティッシュを顔にサッと被せ手で顔を再度軽く包み余分な油分を吸い取ります。
(仕上げの油分取りは日中の脂浮きが気になる方(時期)だけで、ドライ肌さんは不要です。様子を見て行います!)

コンシーラーで悩み解消!

image from instagram

コンシーラーは言わば部分用ファンデーションです!
ポイントできちんと使ってクマやニキビ跡を消して綺麗なお肌に見せましょう♪
クマやニキビ跡だけじゃなく、唇のくすみやほうれい線もカバーすることができるので、肌トラブルはコンシーラーで消して
すっぴんのようなベースメイクを作りましょう!

クマの消し方

image from instagram

気を付けたいポイントは目の下のクマを全部塗りつぶしてしまうことです!
その分、皮膚が厚く濁ってクマが目立ってしまいます。
クマの消し方は『クマと頬の境目をぼかす』です!!
コンシーラーを一度、手の甲に取りのばしてから筆先でクマの線をなぞる様にポンポン叩き込みます。
クマの輪郭の線が目立たなくなるとクマ自体も消えたように見えます。

クマを消すのに肌より1トーン2トーン明るいカラーを選びがちですが、NGです!
紫がかったクマにはオレンジ色が実は最適。補正色なので、今のコンシーラーで消えないという方は試してみてください♪

ニキビ(跡)の消し方

image from instagram

赤っぽくなりがちなニキビ(跡)のニキビにはグリーン系のコンシーラーが補正してくれます。
ニキビ(跡)を消す時には筆を使うことをおすすめします!
直塗りだと濃く浮いて見えがち、指でのせると指の温度でコンシーラーが溶けてカバー力が劣るので筆使いがマスト。

➀細目のブラシでニキビ部分と周辺を軽く塗っていきます。
②少し大きめブラシでコンシーラーの境目をぼかし、浮き感をなくし馴染ませます。
③ファンデーションを仕上げブラシで重ねのせます。この時に擦ってコンシーラーを消したりヨレさせないよう乗せることに気を付けましょう!

口の輪郭を整える!

image from instagram

輪郭を整えて綺麗なリップラインで口紅やグロスを綺麗に見せましょう♪
口元は良く動かすのでリキッドやクリームタイプの柔らかめコンシーラーがヨレにくくおすすめ!

口角に沿ってコンシーラーを入れ、指またはスポンジでほんのりにぼかします。
口元は皮膚が特に薄いので薄めがポイントです◎

ほうれい線を消す!

image from instagram

もともとあるほうれい線に加えて日中、笑ったりした時にファンデーションが寄ってしまって出来るほうれい線は一気に老け顔になってしまいます。
そこで、しっかり化粧下地で埋めた後にコンシーラーで影を補正します!
猫のヒゲのように3~4ヵ所斜めに線を入れスポンジでぼかします。
ここでも、口元同様に動きやすい部分なので柔らかいテクスチャーのコンシーラーを使うことをおすすめします◎

コンシーラーの後はフェイスパウダーをON!

image from instagram

コンシーラーを気になる部分に付けた後はベタつきも残るり、コンシーラーを塗ってない部分を馴染ませるためにフェイスパウダーをつけてコンシーラーでの補正は完了です!

コンシーラーをつけるタイミングはパウダーファンデ、リキッドファンデでは違うので注意が必要です。
パウダーファンデ→ファンデーションをつける前!ファンデーションをつける時はコンシーラーをつけた部分を擦って消してしまわないよう気をつけましょう。
リキッドファンデ→ファンデーションの後!リキッドタイプのファンデーションとしっかり馴染ませると、よりカバー力が上がります。仕上げのパウダーも全体一気につけられます。

ファンデーションをつける!(パウダーファンデ)

image from instagram

いよいよファンデーションをつけていきます。
量はサッとひと塗りパフにつく程度から塗り始めます。
広い部分の内側から外側に向かって、擦るのではなくパフを肌の上から滑らせるように!
ひと塗りしたら、再度ファンデーションを取り塗るを繰り返します。
最初から沢山パフに取ってしまうと厚塗りになってヨレの原因になるので、少量を重ねていくことがポイント◎

ドライ肌さんは滑らせるのも負担になって粉っぽくなりがち。そんな時は内側から外側に滑らせる流れで上から抑えながら塗ってください。
触れる部分を減らすことがダメージ軽減になります。

image from instagram

顔にファンデーションを塗り終わったら完成!…ではありません。
最後にフェイスライン、顔と首の境目に残ったファンデーションをサッとつけましょう。
顔と首の色の差を無くして、よりナチュラルに見せてくれます。
このひと手間で、横顔までもきれいに見せてくれるのでどの角度も美肌に♡

基本のベースメイク完成♡

image from instagram

くすみ、クマを補正してふんわりイキイキした肌感になります♪
アイメイクをしていなくても既にデカ目効果もあります。
ワントーン明るいツヤ肌は若々しくとっても美しですね♪

④乾燥肌向けベースメイクのやり方

image from instagram

メイク悩みの上位にある乾燥肌は、朝メイクをしている時や日中の乾燥で気が付いたらファンデーションが粉っぽくなっていることがあります。
直そうとすればするほど、余計に粉っぽさが増してしまいます。
まず、間違えがちなスキンケアを見直します!!
乾燥肌さんはスキンケアでしっかり保湿することが大切です。
洗顔後はいつもより念入りに化粧水をつけます。次に化粧水でコットンパックでワンランク上の保湿!
次に乾燥しているから乳液やクリームを付けますが、ここが注意ポイント◎
いつも通り適量なら問題ないんですが、乾燥が気になる時期だから多めにつけたりしていませんか?
それがNGなんです!乳液やクリームは日中に肌の上で油分が酸化して肌に刺激を与えてしまうんです!!
それによって痒みが出たり、肌表面が毛羽たったようになり、ファンデーションが粉っぽくノリにくくなってしまいます。

スキンケアは水分補給を重点的に行いましょう!!

BB(CC)クリームで下地+ファンデーション

image from instagram

乾燥している時期はお肌に触れる回数は減らしたいもの!
何段階にもベースを付けて、擦ると肌に刺激となって乾燥してしまいます。
そんな時は下地+リキッドファンデが1つになったBBクリームがベストです♡
肌ケア成分も入っているので日中も付けながらケアしてくれるのが嬉しい!
カバー力もあるのでファンデーションとしての効果もバツグン♪

くすみなど肌味が気になる、カバー力を必要とする肌トラブルがないならCCクリームだけでもOK!
艶っぽくナチュラルに美しい肌で透明感が出ます◎
付け方は鼻・おでこ・両ほほ・あごに点置きして内側から外側に向かってBB(CC)クリームを伸ばしていきます。
筆をつかうとムラなくつけれるので綺麗な仕上がりに♡

image from instagram

IKKOさんの付け方も簡単で肌への負担が少なくておすすめです◎
手のひらに適量のBB(CC)クリームを取り、手のひら全体に広げ伸ばします。
クリームを取る時に日焼け止めも同量混ぜるのもおすすめです!
伸ばし広げたBB(CC)クリームを顔全体を覆う様に手を当ててしっかりつけていきます。
両ほほ→おでこ・あご→鼻と手を当ててつけていきます。
足りない部分は少量ずつクリームを取り付け足してください!

仕上げはフェイスパウダー

image from instagram

BB(CC)クリームの後はフェイスパウダーで仕上げます♪
できれば乾燥肌さん向けや、保湿効果の高いアイテムを選びましょう!
微粒子で乾燥した肌にも乗りやすく、色補正効果があるものなど種類も沢山あります◎
日中のメイク直しのことも考えて、乾燥肌向けのフェイスパウダーを選びましょう。

⑤毛穴を隠すベースメイクのやり方

保湿からスタート!!

image from instagram

肌の水分が足りないと弾力が失われて、たるみ毛穴が開きやすくなってしまいます。
ですので、毛穴対策の1番大事なポイントは保湿です!
洗顔で毛穴をキレイにした後は冷たい化粧水でしっかり肌を引き締め毛穴を閉じてあげましょう♪

下地で毛穴を消す!!

image from instagram

スキンケアでも消えない毛穴は化粧下地でしっかりなめらかにしていきましょう!
毛穴によって色ムラやくすみがあるならCCクリームがおすすめ!
カラーコントロールも行って、毛穴のでこぼこをつるんとしてくれます。
ファンデーションが毛穴に入り込んで余計ボコボコすることもなくなります◎

リキッドファンデでさらにマットな肌に♪

image from instagram

毛穴カバーならリキッドファンデーションが肌に密着しやすくおすすめです!
毛穴を自然にカバーしつつ、トーンを明るくしてくれます◎
柔らかめのテクスチャーが伸びが良く、薄付きできれいに仕上がるのでサラっとしたタイプを使いましょう♪

仕上げは油浮きなどから、化粧崩れで毛穴が目立ってしまわないように皮脂吸着タイプのフェイスパウダーを顔全体に乗せて完成です♡

⑥崩れないベースメイクのやり方

image from instagram

せっかくベースメイクをきちんと仕上げてもファンデーションがヨレてしまったり、夏場の汗で崩れてしまうことが多いベースメイクの悩み。

皮脂によるメイク崩れはスキンケア、保湿が最も効果的!日中、肌が乾いてしまうと毛穴から皮脂を出して肌を潤そうとします。
しっかり潤っていれば余分な油分を分泌することがなくなるので、しっかり化粧水で保湿して、クリームで肌に薄い膜を張って水分を閉じ込めましょう!

ここぞという大切な日は化粧水をたっぷり染み込ませたコットンパックがサラっとしっかり保湿してくれておすすめ♪

化粧崩れ実はリキッドファンデが最適!!

image from instagram

スキンケア・化粧下地をつけた後はいざファンデーションです。
リキッドタイプって夏場はベタついて化粧崩れしちゃうから敬遠しがちですよね!
でも実は逆なんです。パウダーファンデーションはサラっとしているのでつけたては良いんですが特に夏場は乾燥しやすく、乾燥してしまうと上記でも挙げたように肌を潤そうと皮脂が出てきてしまうんです!
付け方もポイント!
リキッドファンデを肌に点在させ、指で伸ばすのではなく指の腹で内側から外側に向かって肌にトントンと入れ込んでいきます!
顔全体塗り終わったら指に残ったファンデをフェイスラインから首に薄く馴染ませます。
仕上げはフェイスパウダーを、こちらも伸ばさずに一か所ずつ丁寧に抑え付けしてリキッドファンデを肌に密着させ、ベースメイク完成です☆

⑦ハイライト&シェーディングのやり方

ハイライトのやり方

image from instagram

内側から輝くようなツヤ肌で美しく高級感ある肌質も作るならハイライトは必須です♡
基本のハイライトを入れる位置は4箇所!Tゾーン・両ほほ・あごです。
Tゾーンは鼻先まで入れるとテカリに見えるので鼻筋まで!
頬は、頬骨の高い位置。黒目の内側に入れるとテカリ、こめかみまでつけると顔が大きく見えるので注意です。
あごは筆をチョンと乗せる程度の小さい範囲にしましょう。

ハイライトにも順番があるんです!
パウダーハイライトは、リキッドファンデ・パウダーファンデ共に仕上げに付けます。
クリームハイライトの場合、リキッドファンデ使用だとファンデの次にハイライトを乗せフェイスパウダー、ポイントメイクです。
パウダーファンデ使用だと下地の次にハイライト→ファンデ→ポイントメイクとなります。
順番が違うとせっかくのハイライトも意味がなくなってしまうので手持ちのハイライトとファンデの組み合わせを見直してみてください♪

シェーディングやり方

image from instagram

顔に影を付けて立体的に見せる効果と、小顔効果があるので基本はしっかり抑えましょう♪
小顔効果には額(髪の生え際)・あごからフェイスラインにシェーディングを入れます!
ここには大きめブラシで優しくサッと撫でるように入れます。
鼻筋を高く見せ顔を立体的にする為に、目頭から鼻筋の脇に沿って細めブラシでシェーディングを入れます。

シェーディングの色味ですが、よくアイシャドウを代用したりもしますが初心者さんはやめましょう!
暗すぎると目立ちすぎてしまいます。肌、もしくはファンデーションより2トーン程暗めがベスト◎
ちゃんとシェーディングを用意してメイクしましょう♪

⑧ベースメイクの裏技

潜水法・お粉おばけで化粧崩れ知らず!!

image from instagram

化粧崩れの嘘みたいな裏技教えます!
●潜水法…いつも通りのベースメイクが終わったらベビーパウダーを顔につけます。顔と首の色が差が出るくらいつけてしまってOK!
その後、洗面器に水をはり顔を30秒程つけます。顔を上げたらティッシュで水を拭き取ります!この時に擦らないよう注意してください。

●お粉おばけ…ファンデーションをしっかりめに塗った後にルースパウダーを真っ白に付けます。その後ミスト化粧水を滴る程度、顔に噴射してこちらもティッシュでオフ!

どちらも「こんなに!?」という程お粉を付け、まさかの水をつけてしまうので不安になりますが、サラサラが続きます!
ドライ肌さんなら、お粉おばけ・オイリーさんなら潜水法がおすすめです。

化粧崩れが気になるなら一度試して損はありません♪

image from instagram

メイクの中で最も重要になるお肌作りのベースメイク!
自分のお悩みをきちんと把握して、つるんとなめとらか、ツヤっとうるうるお肌作っちゃいましょう♡

関連記事一覧