アイメイクのやり方|基本〜一重奥二重・カラーアイメイクまで

女の子がメイクで最もこだわるポイント♡
アイメイクと一口に言っても大きく見せたり、つり目でシャープに見せたり、タレ目で可愛く見せたりアレンジ様々!
一重さんや二重さんの簡単テク、トレンドのカラーアイメイクも教えます♡
基礎から応用までしっかり学びましょう♪

Twitter Facebook LINE

65334view

お気に入り

アイメイクの基本から応用まで全部学ぼう!!

アイメイクの基本から応用まで全部学ぼう!!

【MENU】
①アイメイクとは
②アイメイク用のコスメ
③アイメイクのナチュラルな基本と手順
④アイメイクデカ目のやり方
⑤垂れ目アイメイクのやり方
⑥アイメイクすっきりした一重&奥二重のやり方
⑦アイメイクぽってりした一重&奥二重のやり方
⑧ブラウンアイメイクのやり方
⑨ピンクアイメイクのやり方
⑩赤アイメイクのやり方

①アイメイクとは

そもそもアイメイクってどういう意味??

そもそもアイメイクってどういう意味??

アイメイク、言葉の通りEye(アイ)=目に施すメイクのことです♪
まつげを濃く、長く、カールさせる為のマスカラ・まぶたに陰影をつけて立体的にみせるアイシャドウ・目の際(まつげの生え際)に線を入れて目を大きく見せるアイラインが三大アイメイクと言われています。
マスカラ・アイシャドウ・アイラインで可愛くも、クールにも変えられるだけでなく、コンプレックスも解消できるポイントメイクです◎

マスカラ・アイライン・アイシャドウを入れるだけで陰影や、まつげカール、くっきり目元が際立ってデカ目効果、黒目も大きく惹きつけられる印象的な顔になります♡
メイクの中で最も顔の印象を変えることができるのがアイメイクです!!

②アイメイク用のコスメ

ビューラー・ホットビューラー(カーラー)

ビューラー・ホットビューラー(カーラー)

目の形にカーブした物をシリコンのゴムで挟んでまつ毛をカールさせるアイテムです!
本来アイラッシュカーラーと呼ばれますが、日本ではビューラーが一般的。
自然に下向きより上向きのまつ毛はぱっちりした印象を与えます。
基本は上まつ毛をカールさせる物が主流ですが、下まつ毛用や部分的にカールさせる小さめの部分カーラーもあります。

熱でまつ毛をカールさせてキープさせるホットビューラー(カーラー)も便利アイテムです♪
ドライヤーやコテの要領で熱を与えると形がキープしやすいのが特徴!
普通のビューラーに比べて抜けやダメージが軽減されるのも◎
ホットビューラーには普通タイプと同様、挟むタイプとコーム状の物があります。
挟むタイプは普通のビューラーと感覚は同じですが、慣れてないとカールし過ぎて不自然になってしまうので注意が必要です!
コームタイプはカール力は弱いですが自然に仕上がり、キープ力があるのでおすすめ◎
ホットタイプはマスカラ後にも使えるのが嬉しいポイント。
メイク前は普通のビューラー、メイク仕上げや化粧直しでホットタイプなど使い分けるのも良いですね!

アイシャドウ

アイシャドウ

まぶたに色を乗せ陰影をつけて大きく見せたり、表情を出すことができます♪
ファッションに合わせてカラーを使えば華やかさも演出できます。
アイシャドウの種類は大まかに3種類あります!
パウダータイプ…細かい粉状を固形にしたタイプ。小さいチップやブラシで乗せ、グラデーションがやりやすいです。少量ずつつけることもできるので初心者さんも濃くならずおすすめ♡パウダーなので油分も吸着してくれるので良く動く目元でも化粧崩れもしにくくサラっと仕上がります!
クリームタイプ…もっちりしたクリームはまぶたへの密着が良く、発色も良くなります!濡れたようなツヤ感も出るので、くすんだ目元もカバーできます◎
薄い皮ふのまぶたは乾燥しやすいので。ドライ肌さんにはおすすめ♪
リキッドタイプ…液状のリキッドはサラっと伸びやすく馴染みやすい◎付け心地も軽いのでナチュラルに仕上げたい方にぴったり♪

ラメやグリッターを別に用意して重ね付けもグラデーションで美しい印象ですが、カラーシャドウにラメやグリッターが配合されている物も多くあるので重ね付けが苦手な方は1個でラクに一気に華やか目元が作れます!

アイシャドウベース(下地)

アイシャドウベース(下地)

意外に使っている人が少ないアイシャドウベース!午後になるとアイシャドウがヨレていることありますよね。
崩れやヨレを予防するためにアイシャドウを密着させる役割があります◎
目元のくすみを消して発色を高めてくれるので一層鮮やかに見せてくれます。
カラーは白っぽいものからベージュと、まぶたの色に馴染みやすくカラーアイシャドウの邪魔になりません!
ツヤ感やパールがほんのり入ったベースも多く、塗っただけで一気に明るい目元に♡パールの入ったものだと、眉下ギリギリまでつけるとハイライト効果も出て立体感が生まれます♪

マスカラ

マスカラ

まつげを劇的にチェンジさせてぱっちり目にさせるのに必要な物がマスカラ☆
種類は様々で、長くしてくれるもの・濃くしてくれるもの・ボリュームを出してくれるもの・カールが長持ちするものなどがあります。
ロングはエレガントに、濃くなると目力アップ、ボリュームがあると華やか・カールで可愛くと役割も色々♡
カラーも地毛に合う黒、垢抜けなブラウン、華やかなカラーも!ナチュラル派さんや、スッピンメイクにチャレンジするなら透明もおすすめ♪
がっつり付けがちで、オフするのも結構大変です。ゴシゴシこすると抜けに繋がるので、お湯でサッとオフできる簡単タイプもあって気分で変えられるので色んなタイプがあると嬉しいです◎

アイライナー

アイライナー

目の淵に沿ってまつ毛やまつ毛の上をなぞって線を入れ、目をクッキリ見せてくれるアイライン。
目尻を跳ね上げてキャットアイの切れ長のシャープな印象に!目尻を下げてタレ目風のキュートな印象に目元を変えてくれます♡
下のまつ毛にラインを入れるとより一層くっきり、目元を主張できます。下のラインは濃く書いてしまうと逆にパンダのようになってしまったり、目を小さくしてしまうので初心者さんは薄めに描くのがポイント☆
アイラインの種類は大きくペンシル・リキッド・ジェルがあります。
ペンシルは鉛筆のような形で書き馴染みがあります。薄く描くことができ、ナチュラルに仕上げたい方や初心者さんにはおすすめ♪
リキッドは液が筆から出ている、一体型!筆ペンのような物です。濃く、くっきりと描くことが可能です♡筆先は細く、跳ね上げなど目尻が書きやすいのがポイント◎
ジェルは固めのテクスチャーで、筆ですくって使うのが一般的です。落ちにくく発色も良いのでラメ入りやカラーライナーなどはジェルがおすすめ。
濃さはペンシルとリキッドの中間くらいですが、一体型ではないのでアイラインを描くのに慣れた時に使うことをおすすめします!!

ファッションやヘアに合わせて、濃さを選んで使ってください♪カラーも黒だとくっきり!ブラウンだとナチュラル!その他に赤やイエローなど様々で、印象もかなり変わるのでシーズンで明るめや暗めなど使い分けるとおしゃれ上級者☆

つけまつげ

つけまつげ

目元を美しく見せるために自まつげに重ねて付ける人工のまつ毛です!
形は様々で全体にボリュームがあるタイプや目頭が長くエレガントセクシーな物、クロスで華やかな印象になります♪
つけまつげの軸が黒いタイプだとアイライナーを引いたような存在感で、透明なタイプだとナチュラルに仕上がります☆
軸が硬めの物もあり目に馴染みにくく、つけま自体は丈夫ですが、柔らかいタイプだと自分の目に馴染みやすく自然に盛れるのでおすすめです!!

アイプチ

アイプチ

一重や奥二重の方がまぶたを二重にするアイテムです。
糊をまぶたに付けて瞼に沿う形のスティックを当てて二重を形成する物です。
二重の幅も自分好みに作れるので、二重の方も瞼の調子が悪く三重になってしまったりした時にも使えるので便利!
直接肌(瞼)に糊を付けるので皮ふが炎症したりもあるので、特に瞼の皮ふは薄いので肌に優しいタイプを選びましょう。

1.糊を二重にしたい部分に付けます。
2.糊を半乾燥させます。
3.スティックを糊部分に当て、ゆっくり目を開いて調整したがら二重を作っていきます。

糊をつける前に予めスティックで仕上がりをイメージさせてから糊を付けると上手くできます!

③アイメイクのナチュラルな基本と手順

アイシャドウ

アイシャドウ

まず最初にアイシャドウを付けます。
その前に知っておきたいのがアイホール!
シャドウを乗せるのは瞼全体ではなくアイホールと呼ばれる部分に付けるのが鉄則。瞼全部に付けてしまうと逆に重たく腫れぼったい印象になってしまうので注意です!
アイホールは目頭と目尻を半円にしたラインです。
上はどこまでかと言うと、眼球と骨の境目にくぼみがあるはずです。そこがアイホールのトップの目安です!
自分のアイホールが分かればいざ、アイシャドウを付けていきましょう♪

準備するのがアイシャドウ!
特にパレットタイプだと相性の良いカラーがセットになっているのでおすすめです。
初心者さんは2色タイプがおすすめ。ハイライト系とメインカラーのセット!何色も入っている方がお得感がありますが、グラデーションなどが難しいのでまずは2色パレットから。
カラーはベージュやブラウン系が肌馴染みも良く、自然な陰影ができるので顔にメリハリがつきます。

ハイライト・アイシャドウベース

ハイライト・アイシャドウベース

アイホール全体に薄くパレットの薄いハイライトやアイシャドウベースを塗っていきます。
付属のブラシでもOKですが、キラキラしているハイライトが飛散して他の部分に付いてしまうので手でトントンと優しく叩き伸ばすと濃くならず綺麗に仕上がります☆
この時に目頭にも指に残ったハイライトを軽く乗せると目に輝きが出てデカ目効果もあるのでおすすめ◎

アイシャドウ(メインカラー)

アイシャドウ(メインカラー)

パレットの濃いカラーがアイシャドウのメインとなるカラーです!
付属のチップを使ってアイシャドウを少量取ります。片目を閉じて、塗りにくい場合指でアイホールを引っ張り上げて塗りましょう。
アイシャドウを塗る場所はまつ毛の上を横に滑らせるようにしてカラーをおきます。
その後、ブラシに残ったシャドウを二重の幅の位置までぼかして伸ばしていきます。ブラシだと濃くついてしまうこともあるので、まつげ上のアイシャドウを指で伸ばすと初心者さんは上手にグラデーションを作ることができます。
1色でも色の濃さが違うだけで魅力的なグラデーションができます!

下まぶたシャドウ

下まぶたシャドウ

アイシャドウは上のまぶただけ??
下まぶたにコッソリ塗ると自然に大きな目に見せられます♡
塗る位置は目尻です!下まぶたの1/3程で白目部分までです。黒目まで塗ってしまうとやり過ぎ感が出てしまうので注意!!
上まぶたに塗ったチップの残りくらいの少量か、改めてシャドウを取るならチップの先にチョンと少な目でOK◎
下アイシャドウを入れるだけで囲みができて印象的な目になるので、下のアイラインが不要になるのでよりナチュラルできれいな目元ができます☆

関連するまとめ一覧

【リキッドアイカラー】とは?☆使い方&おすすめランキング

今、話題のリキッドアイカラー♡リキッドアイカラーとは、ツヤのある目元を簡単に作れるメイクアップアーティストも推進する優れもの♡今回は、そんな注目もリキッドアイカラーの、使い方、人気のランキングをまとめました。 自分に合うリキッドアイカラーを探して是非取り入れてみて♡

fu.mi / 12651 view

コンシーラーのみメイク でナチュラル美肌 使う順番・使い方も

ファンデーションを使わず、コンシーラーだけで仕上げるメイク方法を紹介します。気になる部分をカバーするだけで素肌感たっぷりのきれいなお肌が作れます。それぞれのコンシーラーの使い分けについても説明します。

hallomiffy / 12938 view

キスミーフェルムのおすすめコスメ紹介&クチコミも♡

プチプラだけど使えると評判のキスミーフェルムのコスメ♡ キスミーフェルムのおすすめコスメ(ファンデーション・下地・マスカラ・リップライナーなど)について、ベースメイク・アイメイク・リップメイク・ネイルの4部門にわけて紹介します!

degu5 / 13788 view

メイクまとめランキング

昨日人気のあったメイクのまとめ