2017-2018秋冬 トレンドメイクでオシャレの先端に!

2017-2018年秋冬のコレクションが今年も発表されました。今年はどのようなメイクの仕方や色味がトレンドになるのでしょうか?気になる5つのポイントをまとめてみました。

2017-2018秋冬のトレンドを先取り!

2017-2018年の秋冬コレクションが発表され、ファッションやヘアスタイルなどのトレンド共に、メイクのトレンドも浮かび上がってきました。今回はメイクのポイントを5つに分けてそれぞれどういうメイク方法なのかをご紹介していきます。

2017-2018秋冬のトレンドメイク5つのポイント

2017-2018年のトレンドメイクのポイントは大きく5つに分かれます。

・①ベースメイク:ナチュラルながらもメリハリある仕上がりに
・②アイライン:しっかりめとナチュラルの2択
・③アイシャドウ:ピンクとブラウンが決め手
・④アイブロウ:ワントーン明るめがポイント!
・⑤リップ:血色が良い程度のナチュラルさを

それぞれメイクするパーツごとにトレンドをご紹介します。

2017-2018秋冬のトレンドメイク①ベースメイク

スッピンのようなナチュラルなツヤ肌でウエット感や透明感のあるベースメイクがトレンドになりそうです。

また、シンプルで素肌に見えるような仕上がりにするのですが、顔にメリハリをつけ、立体感を出すために、骨格をシャープに見せてくれるコントゥアリングメイクを取り入れるという所もポイントになりそうです。

コントゥアリングメイクは、自分の顔に合わせてハイライトとシャーディングを入れ、立体感を出すというメイク方法です。

ツヤ肌メイクのやり方

ベースメイクはメイクの基礎となる部分なのでしっかりと作ってあげる事が大切です。今回は透明感あるツヤ肌メイクとコントゥアリングメイクのやり方をご紹介していきます。

①化粧水や乳液、パックなどでお肌を整えます。しっかりと保湿をして整える事でメイクのノリも良くなります。

②化粧下地をぬっていきます。コントロールカラーを使って、くすみや赤みを隠すのもおすすめです。均一に伸ばして下さい。

③ファンデーションをぬっていきます。リキッドファンデかクリームファンデがおすすめです。

両頬、鼻、おでこ、あごにファンデをおき、外側に向かってブラシを使い伸ばしていきます。その後、スポンジを使って馴染ませて下さい。ムラなく均一に馴染ませるのがポイントです。

④最後にルースパウダーを顔全体にふんわり軽くのせて完成です。

コントゥアリングメイクの方法

コントゥアリンングメイクは、ツヤ肌メイクでご紹介したやり方③のファンデーションを塗る前に行います。

化粧下地を塗った後に、コントゥアリングメイクとファンデーションを両方を同時に行う事も可能ですが、今回は分けている形でご紹介です。

①ハイライトとブロンザーを使って作っていきます。高く見せたい部分にはハイライトを、すっきりシャープに見せたい部分にはシェーディングを入れていきます。
ハイライトとシェーディングをのせるとこのような感じになります。

②①をスポンジやブラシを使って馴染ませます。立体感ある顔を作る事ができます。

立体感のあるツヤ肌メイクを上手く作ってみて下さい!

2017-2018秋冬のトレンドメイク②アイライン

アイラインのトレンドは囲みがポイントになりそうです。2パターンあり、今まで何度もトレンドになってきた黒のアイライナーで囲んだアイメイクに加え、アイシャドウを活用して目元を囲む方法の2パターンです。

アイシャドウを使って目元を囲む場合はアイライナーで上まぶたのみナチュラルにラインを引く、もしくはアイラインは引かずに、上まぶた、下まぶた両方にアイシャドウを少しはっきりめに入れて囲んでいきます。

しっかりと囲むのがポイントです!

黒のアイライナーでしっかりと囲んでいます

クリームアイライナーを使うのもオススメされています。

アイシャドウの場合はナチュラルなカラーで囲んでいたのが今回のコレクションの特徴です。

コレクションではカラフルなアイシャドウを使って目を囲んでいるパターンもいくつか見られました。

アイラインの引き方

アイライナーを使うやり方

アイライナーを使っての囲み方はとても簡単です。

①上まぶたの目尻から目頭にかけてアイラインを引きます。ラインの長さは目頭まででも、少しハネさせても大丈夫ですのでお好みで調整して下さい。

この際のポイントは目をぱっちりとさせるために、まつ毛の間をうめるようにラインを引くことです。

②下まぶたは、目頭から目尻にかけて引いていきます。これで完成です。

アイライナーの種類としては、クリームタイプ、ペンシルタイプ、リキッドタイプがあります。

ペンシルタイプが1番初心者にオススメでラインを描きやすいのが特徴です。
リキッドタイプも比較的オススメで、線が引きやすく1番キレイな仕上がりになります。
クリームタイプは、1番描くのが難しいです。ですが、肌馴染みが良く落ちにくいのが特徴です。

アイシャドウを使うやり方

①アイホールにベージュや薄い茶色などのベースカラーをのせます。

②アイホールにのせたカラーよりも濃いカラーを目の際にのせます。
これで上まぶたは完成です。

③下まぶたは、目頭から目尻にかけて、好みのカラーをのせるだけで完成です。

2017-2018秋冬のトレンドメイク③アイシャドウ

アイシャドウは、ブラウン系とくすみピンクであるモーヴピンク系がトレンドになりそうです。落ち着いたブラウン系に、素肌に馴染みやすいモーヴピンクを合わせる事で秋冬らしいナチュラルな目元に仕上がります。

モーヴピンクは、グレーが混ざっていて少し紫っぽいピンク色の事です。落ち着いた色味で大人っぽい雰囲気があります。

モーヴピンクはお肌への馴染み具合がとてもナチュラルです!

トレンドに左右されずベースカラーとしても人気のブラウン。

アイシャドウのぬり方

①アイホールにベージュなどのベースカラーをぬります。

②アイホールの下半分にモーブピンクをぬります。この時2色の境目を指でぼかすのがポイントです。

③最後に目の際に目頭から目尻にかけてブラウンのアイシャドウをぬって完成です。

2017-2018秋冬のトレンドメイク④アイブロウ

アイブロウは、ヘアカラーよりもワントーン明るめに描き、抜け感を出すのがトレンドになりそうです。形は眉山をしっかり作り自然な太さを残すという事がポイントです。

黒髪の人はグレーかダークブラウンがおすすめです!

眉の描き方

ヌケ感のあるナチュラルな眉を描くポイントは2つです。
・スクリューブラシで毛並みを整えて、アイブロウパウダーで描くこと。
・眉山と眉頭を描きすぎないこと。

①眉山~眉尻までナチュラルなラインを描きます。
②パウダーを付け足さず眉頭~眉山をつなげます。

自眉が薄い・まばらな場合は、アイブロウリキッドで眉毛を1本1本描き足してからアイブロウパウダーで仕上げるのがおすすめ。

2017-2018秋冬のトレンドメイク⑤リップ

ベースメイク同様リップもナチュラルな色味がトレンドになりそうです。
ピンクや赤など、もともとの唇の色に少し血色を足したような程度の仕上がりが理想です。
目や頬に馴染むようなカラーチョイスをするのがポイントです。

また、去年に引き続きバーガンディーや、ワインレッド、ボルドーなどの黒みがかった赤系のダークリップのトレンドも引き続きトレンドになりそうです。

本来の唇に近いとてもナチュラルなリップ

ほんのりピンクで血色を足して!

ナチュラルなオレンジ

ワインレッドリップ

バーガンディリップ

ボルドーリップ

ナチュラルな仕上がりにするやり方

リップを指にとり手で軽く叩き込むように馴染ませていきます。こすることでムラなくナチュラルに仕上がります。

濃い目カラーをしっかり見せるやり方

ボルドー系や濃いめのカラーをしっかり見せる時は、まず、リップライナーで唇の輪郭をとり、その後リップブラシを使って外側から内側にぬっていき完成です。

トレンド情報を先取りしてオシャレの最先端に!

2017-2018秋冬のトレンドは、それぞれのパーツを合わせて全体的に見るとナチュラルでツヤ感・透明感のある仕上がりなるようです。今回ご紹介した5つのポイントを参考にして、秋冬シーズン前にコスメをゲットしておくのがおすすめです。コスメをゲットしたらトレンド顔を目指してみましょう!

関連記事一覧