40代からのアイメイクのやり方☆ナチュラルで美しい目元に

いつまでも若々しくいたいのが女心。でもアラフォーになると、今までのアイメイクだと違和感が生まれませんか?アイシャドウやアイラインなど、地味にしなきゃいけない…?そんなことありません!40代の女性がナチュラルに美しく、若く見えるアイメイクのやり方を解説します♪一重さん、奥二重さん向けアイメイク方法も!

40代からのアイメイクが難しい…

女性たるもの、いくつになってもキラキラとしたメイクを楽しみたいですよね。
でも、何だか最近まぶたがたるんだせいで目が小さくなった気がする。くすみをカバーしようとしたら、アイメイクがついつい濃くなっちゃう。
目元が乾燥して小ジワが目立ち老けて見える。たるみやシワのせいでアイラインがガタガタに!
…などなど、アイメイクに悩みを抱える40代の方、結構いるんじゃないですか?

アラフォーに差し掛かってくると、若い頃と同じアイメイクのやり方では上手くいかないもの。
でも、地味にすべし、ということではありません。歳を重ねた目元に合わせたアイメイクのやり方をすれば、ナチュラルな美しさが手に入るんです♡
無理に若作りするのではなく、「今の自分」を最大限に美しく見せるアイメイクのやり方を学びましょう♪

40代におすすめのアイメイクのやり方①ナチュラルなアイメイク

若い頃のように、ちょっとそこまで買い物だけならすっぴんで…とはいかないのが40代。
目元のくすみやたるみ、小ジワなどをカバーするため、日常生活でもアイメイクをするよう心がけたいですね。

簡単に美しく見せられる、日常生活向けのナチュラルなアイメイクのやり方を解説します♪

40代のナチュラルアイメイクのやり方①アイシャドウ

まずは目元のくすみやクマをカバーしてトーンアップさせる、アイシャドウベースを塗ります。
指の腹に少量を取り、気になる部分に薄くポンポンとのせましょう。

アイシャドウはクリームタイプのものを1色使いするのがおすすめ!アイホール全体にクリームアイシャドウを薄く伸ばしたら、目のキワに重ね塗りすればOKです。
しっかりグラデーションを付けると、派手な印象になるだけでなく、目元がくぼんで見えてしまうことも。
オレンジ系や明るいベージュなど、ブラウンより明るめのカラーを選ぶと、まぶたのくぼみやくすみが目立たなくなります。

40代のナチュラルアイメイクのやり方②アイライン

ナチュラルなアイメイクにしたいからといってアイラインを引かないのは、アラフォー以上の女性はNG!
加齢とともに顔の印象が薄くなってくるので、アイラインを引くことでメリハリを演出します。

アイライナーの先端をまつ毛の下から差し込むようにして、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにアイラインを引きます。
ブラックのアイライナーなら、ごく細いアイラインでも印象的な目元に仕上がりますよ。

40代のナチュラルアイメイクのやり方③マスカラ

40代になると目元がぼやけて見えてしまうもの。ナチュラルメイクの日でも、マスカラは外せません。

上まつ毛をビューラーで上げて、マスカラを全体に塗ったら、目頭のまつ毛に重ね塗りします。
目元のたるみによって離れて見える目を、寄って見せる効果があります。
下まつ毛には何もしなくてOK!

40代におすすめのアイメイクのやり方②カラーアイメイク

オシャレしてお出かけする時など、顔を華やかに見せたい時は、鮮やかなカラーを使ったアイメイクもおすすめ。
大人には派手な色のアイメイクなんか似合わないんじゃ…?と思うかもしれませんが、やり方のポイントを押さえれば、上品かつ華やかさを演出できるんです☆

40代のカラーアイメイクのやり方①アイシャドウ

せっかくのカラーアイメイクが、目元のくすみのせいでちゃんと発色しなかったら台無し。くすみやクマなど、気になる部分にコンシーラーをのせ、キレイな目元にしておきます。

まぶた全体にベージュなどの明るいハイライトカラーのアイシャドウをのせたら、アイホールの真ん中、黒目の上あたりから目尻に向かって、トレンドカラーのアイシャドウを塗ります。2019年夏なら、テラコッタや柿渋色など、やや濃い目のオレンジカラーがおすすめ。
暗いグレーやネイビー、ブラウン系のアイシャドウを、二重幅より細く、太めのアイラインのように入れれば完成☆

アイホールの目尻側に入れる色は基本的に何でもOK。ただし淡いピンク系のアイシャドウは、目を腫れぼったく見せてしまうので避けた方が無難です。
アイシャドウのグラデーションを頑張りすぎると、目元がよりくぼんで怖く見えてしまうので、まぶた全体は薄いカラーをのせるだけにとどめて。

40代のカラーアイメイクのやり方②アイライン

気合いを入れてアイメイクする日は、アイラインはしっかり目に引きましょう。
まつ毛の生え際にアイラインを引いたら、目尻は5ミリほど長めに、跳ね上げずにまぶたのカーブに沿って下ろすように引きます。
目頭までしっかりアイラインを引くと、細いアイラインでもパッチリ目に☆

色はブラックやブラウンなど定番カラーでもいいけれど、カーキやネイビー、バーガンディなど深めの色のカラーアイライナーを使えば、より印象的な目元に仕上がります。

40代のカラーアイメイクのやり方③マスカラ

マスカラは、根元を太く、毛先は繊細に仕上げると、目がパッチリと大きく見えます。

ビューラーを使ってまつ毛を根元から上向きにし、真ん中あたりもカールさせたら、ボリュームタイプのブラックのマスカラをまつ毛の根元に当て、ブラシを往復させながらしっかりマスカラ液を根元に絡ませます。
根元がしっかり黒くなったら、ブラシを毛先の方にスッと抜きます。
目頭部分のまつ毛はブラシを立てて、目尻はまつ毛が扇形に広がるようにマスカラを塗りましょう。

下まつ毛は毛先にマスカラを塗ってから、根元にサッと塗ります。目頭と目尻も、短いまつ毛を拾うように下方向に塗れば完成☆

40代のアイメイクのやり方☆気を付けるべきポイントは?

アラフォーになると、肌悩みが増えてくるもの。キレイにアイメイクしたいけど、目元の化粧ノリが悪く、イマイチ上手くいかないという人も少なくないですよね。
40代のアイメイクをキレイに仕上げるポイントを解説します☆

40代のアイメイクのやり方①乾燥小ジワ対策

乾燥による目元の小ジワは、メイクを重ねれば重ねるほど汚くなってしまうもの。やはり日頃のスキンケアが大切です。

化粧水で肌に水分を与えたら、乾燥が気になる部分に目元美容液を少量なじませます。
その後、乳液や保湿クリームで肌に水分を閉じ込めましょう。

40代のアイメイクのやり方②たるみをカバーし目を大きく見せる

加齢によってまぶたがたるんでくると、目が小さく見えてしまいます。
目元に存在感を出すには、下まぶたのアイメイクを頑張るのがおすすめ!

下まぶたの目尻から目頭に向けて、締め色のブラウンのアイシャドウを太めの幅で入れます。目尻は広めに、目頭に向かって細くなるように入れると、目の幅が広がって見えます。
芯が太めのブラックのペンシルアイライナーを下まつ毛のキワに引いたら、ハイライトカラーのアイシャドウを下まぶたの目頭にのせます。
黒目の下のまつ毛に黒のマスカラを塗れば、パッチリ目の完成!

上まぶたはナチュラルなアイメイクの項目で解説したやり方で仕上げれば、目元が派手になりすぎませんよ。

ダークなブラウンのアイシャドウを下まぶたに入れると、クマのように見えてしまうことも。
赤みがかったブラウンのアイシャドウなら、ソフトな雰囲気とデカ目の両方が叶います☆

NARSの「シングルアイシャドー/ソフトエッセンシャル」5314は、ほんのり赤みを帯びたブラウンで、モードすぎない女性らしい目元が作れます。

シングルアイシャドー/ソフトエッセンシャル

シングルアイシャドー/ソフトエッセンシャル

2700円

40代のアイメイクのやり方③アイシャドウはくすみを活かす

まぶたがくすんでアイシャドウがちゃんと発色しないという人は、あえてそのくすみを活かせば、軽めのアイメイクに仕上がります。

締め色のブラウンのアイシャドウをチップに取り、二重幅の目尻から目頭、目頭から目尻へとチップを往復させながら色を付けます。
色が付かなくなってきたら、目を開けた時に見えるくらいの位置まで、チップを上方向にジグザグと動かしていきます。
ブラックのペンシルアイライナーをまつ毛のキワに引いたら綿棒でぼかし、上からさっき使ったブラウンのアイシャドウを重ねれば、頑張りすぎない自然なグラデーションのできあがり☆

さらに下まぶたの目頭から目尻に向かって3分の2くらいの位置にハイライトカラーのアイシャドウを入れると、くすみがちな目元がパッと明るくなりますよ。

40代のアイメイクのやり方④ガタガタアイラインの対処法

今までと同じようにアイラインを引いているのに、なぜか最近ガタガタになってしまう…という人、いませんか?
原因は、まぶたのたるみやシワのせいで、ペン先がスムーズに運びづらくなっているから。

アイライナーを持っていない方の手でまぶたを少し持ち上げれば、たるみやシワが伸び、アイラインがスムーズに引けるようになります。

40代のアイメイクのやり方⑤一重・奥二重のアイメイクは?

元々一重や奥二重の人は、若い頃はスッキリとした切れ長な目だったけど、歳を重ねるにつれてただ目が小さいだけに見えると感じていませんか?

目を大きく見せようと、真っ黒なアイラインを太く濃く引くのは逆効果。まつ毛のキワをしっかり埋めれば、細いアイラインでも目元に存在感が出せます。
まつ毛をしっかりカールさせて毛の先端を上向きにするのも、目を大きく見せるカギ!まぶたの重みでまつ毛が下がってしまうという人は、マスカラを塗ってからホットビューラーでまつ毛を上げれば、カールが長持ちします。

40代のアイメイクのやり方♪いかがでしたか?

今回は、40代のアイメイクのやり方を解説しました!

ポイントは、
・目元が余計にくぼんで見えてしまうので、グラデーションを頑張りすぎない
・アイラインとマスカラで小さく見えがちな目元にメリハリを出す
・目を大きく見せるなら下まぶたのアイメイクに力を入れる
でした☆

いくつになっても若々しくキレイでいたいのが女心だけど、若く見せたいと気合を入れすぎると、「頑張ってる感」が出てしまって逆効果に。
年齢に合ったアイメイクを知って、無理のない美しさを手に入れましょう♡

合わせて読みたい♡アラフォーからのメイクのやり方

タカハシ

プチプラコスメと古着が好きなアラサーです。i-seeでは美容系の記事を中心に執筆しています。

Profile

関連記事一覧