ニキビを隠すメイク方法☆ナチュラルにカバーして美肌に!



メイクしようと鏡を見たら、目立つ場所にニキビ!なんてこと、ありますよね…。コンシーラーで隠そうとしたら、変に浮いて逆に目立っちゃうことも。ニキビを自然にカバーして美肌を作るやり方を解説します♪ニキビ跡をキレイに隠す方法や、ニキビ予防の方法もどどんと紹介♡

ニキビ隠しに失敗したこと、ありませんか?

できてしまったニキビ。隠すためにコンシーラーを使ったら、ニキビの場所だけ変に浮いて逆に目立ってしまった…。
ファンデーションで隠そうとしたら厚塗りしすぎて顔だけ悪浮き…。
ニキビを隠すためのメイク、意外とうまくいかないものですよね。
でももう大丈夫!ニキビを自然にメイクで隠す方法を解説します♪

ニキビを隠すにはコンシーラーで!

ニキビ隠しの味方といえばコンシーラー。でも、選び方や塗り方を間違ってしまうと、悪目立ちの原因に。
色選びや塗り方のポイントなどをみていきます♪

ニキビを隠すメイク方法①コンシーラーのタイプの選び方

パレットタイプ、スティックタイプ、ペンシルタイプ、チップタイプなど、コンシーラーにはいろいろなタイプがあります。
ごく小さなニキビを隠すには、せまい範囲の肌悩みがカバーできるペンシルタイプのコンシーラーが正解!コンシーラーの中では最も固いもので、ピンポイントにニキビをカバーできてコンシーラーが悪目立ちしません。

大きめや濃い色のニキビを隠すにはスティックタイプのコンシーラーを。厚めに塗ってしっかりぼかせば、ニキビも目立たず、ナチュラルに仕上がります。

シミやクマなど、他にもお悩みがある人にはパレットタイプのコンシーラーがおすすめ。自分の肌に合った色が作れるので、せまい範囲の悩みも広範囲の悩みも自然にカバーできます。
ニキビは悪化させないことが重要。どのタイプのコンシーラーを使う場合でも、肌に優しい「ミネラルコンシーラー」を選ぶといいですよ。

ニキビを隠すメイク方法②コンシーラーの色の選び方

赤いニキビを隠すにはグリーンのコンシーラーがおすすめ。
赤みを補正して、肌に透明感を与えてくれます。

赤みがなく茶色っぽいニキビや、黒っぽくなったニキビ跡には、自分の肌よりワントーン暗い肌色のコンシーラーを。
明るい色のコンシーラーを選ぶと、濃い色のニキビやニキビ跡が透けて逆に目立ってしまうのでNG×

ニキビを隠すメイク方法③コンシーラー前のスキンケア

自分のニキビに合ったコンシーラーを選んだら、ニキビを隠すメイクをしていきましょう!
まずはメイクの前に必須のスキンケア。ニキビがある時は、皮脂の酸化を防ぐビタミンC配合の化粧水を使うとGOOD◎
脱脂効果が高いアルコール入りのクリームなどを、ニキビ部分にだけ塗るのもおすすめです。

ニキビを隠すメイク方法④コンシーラーの塗り方

ニキビを刺激しないよう、コンシーラーを優しくニキビの上にのせたら、指で軽く押さえてコンシーラーを肌になじませます。
ニキビより一回り大きい範囲に塗れば、コンシーラーが悪浮きすることなくキレイにカバーできます。
肌との境目を目立たなくするために、コンシーラーの周りを指でトントンと叩くようにぼかせばOK!
ブラシやスポンジを使うと刺激になってしまうので、ニキビをカバーする場合は指で優しく塗るようにしましょう。

コンシーラーを使う時のファンデーションは?

コンシーラーを使う時に迷うのが、ファンデーションとコンシーラーの順番。

ズバリ、パウダーファンデーションを使う場合はコンシーラーを塗ってからファンデーションを。ファンデーションの後にコンシーラーを塗ると、コンシーラーが密着しにくくなってしまいます。

リキッドやクリーム、クッションなどのファンデーションならコンシーラーを塗ってからファンデーションを使いましょう!ファンデーションでカバーしきれなかった部分をコンシーラーで隠します。

仕上げにフェイスパウダーを重ねると、メイクのヨレ防止になります。
パウダーファンデーションを使った時はコンシーラーの上に、リキッドファンデーションを使った時は顔全体に重ねましょう。

コンシーラーを使った時のメイク直し

朝はキレイにニキビをカバーできていたのに、夕方になるとニキビが出現!
そんな事態を防ぐために、メイクポーチにコンシーラーをしのばせておきましょう。
メイク直しの時は、崩れた部分をティッシュオフしてからコンシーラーやパウダーを塗ります。
ティッシュオフせずに塗り重ねてしまうと、厚塗りになる上、直す前より崩れやすくなることも…。

ニキビを作らないためには?

ここまで、ニキビを隠すメイクの方法を見てきましたが、そもそもニキビを作らないようにしたい!
そのためには、日頃の生活が重要です。
疲れやストレス、不規則な生活、生理前のホルモンバランスの乱れも一因ですが、特に気を付けたいのは間違ったメイク落としのやり方。
ニキビは皮脂が原因だと思ってゴシゴシ洗っていませんか?実は、顔を洗いすぎると肌のバリア機能が低下し、かえってニキビができる原因になってしまうんです。
潤いをキープしつつ、メイクも毛穴汚れも落とせるタイプのクレンジングを使います。熱いお湯は皮脂を落としすぎるので、洗い流す時はぬるま湯で!
おすすめは肌に優しいクリームタイプやミルクタイプのクレンジング。ただし濃いメイクの時は、短時間でサッとメイクが落とせるよう、洗浄力が強いオイルタイプやリキッドタイプを使いましょう。

ニキビ予防のためのスキンケア①洗顔

ニキビを予防するためには、日頃のスキンケアも重要です。
まずは洗顔。手に付いた雑菌を落とすために、最初にハンドソープで手を洗います。
ぬるま湯で顔を予洗いしたら、よく泡立てた洗顔料をTゾーンにのせ、手で転がします。
あごと頬にも泡をのせて洗ったら、ぬるま湯で洗顔料が残らないよう十分に流します。
この時、シャワーを直接顔に当てるのはNG!水圧の刺激で肌が傷んでしまいます。
洗い流したら、清潔なタオルを顔に押し当てるようにして水分を取ります。こすって拭き取ると肌への刺激になるのでNG×

ニキビ予防のためのスキンケア②化粧水・乳液

ニキビの原因のひとつが肌の乾燥。洗顔で皮脂を洗い落とした直後に化粧水を使います。
化粧水はたっぷり使うのがいいと思っている人もいるかもしれませんが、実は多く使っても肌に吸収される量は変わらず、多すぎる化粧水は肌への負担になってしまうこともあるんです。
手やコットンも肌にとっては刺激となるので、製品に記載された適量を短時間で塗るのがベスト◎
乳液で油分を与えるとニキビの原因になるんじゃ…と思う人もいるかもしれませんが、上に書いたとおり、肌の乾燥もニキビのもと。化粧水の後に乳液をムラなく薄く塗り、しっかり肌に潤いを与えましょう。

ニキビはメイクでナチュラルに隠す!

コンシーラーを使ったメイクでニキビを隠す方法を紹介しましたが、いかがでしたか?
ニキビを作らないように生活するのが一番ですが、気を付けていてもニキビはできてしまうもの。
できてしまったニキビはコンシーラーでキレイに隠せる!メイクで美肌を手に入れましょう♡

合わせて読みたい♡肌トラブルまとめ

タカハシ

プチプラコスメと古着が好きなアラサー二児の母ちゃんです。i-seeでは美容系の記事を中心に執筆しています。

Profile

関連記事一覧