大人女子の正しいクレンジング方法♡やり方・肌質別・種類

毎日のメイクをしっかり落とすことは大切ですが、クレンジングのやり方を間違ってしまうと肌荒れやシワ・シミなど肌トラブルの原因になってしまいます。そこで今回は大人の女性におすすめの正しいクレンジング方法をご紹介します。自分の肌質や肌の悩みに合ったクレンジング方法を参考にしてみてくださいね♡

正しいクレンジング方法は?

image from instagram

毎日のメイクをしっかり落とすことは大切ですが、クレンジングのやり方を間違ってしまうと肌荒れやシワ・シミなど肌トラブルの原因になってしまいます。
そこで今回は大人の女性におすすめの正しいクレンジング方法をご紹介します。
自分の肌質や肌の悩みに合ったクレンジング方法を参考にしてみてくださいね♡

クレンジングの種類

image from instagram

油分と界面活性剤でメイクを落とすクレンジング。
ミルクタイプやオイルタイプ、ジェルタイプなど、同じクレンジングでも色々な種類があります。
使用しているファンデーションとの相性もあるので、肌に負担をかけることなくしっかりクレンジングできるタイプのものを選びましょう。

①クリームタイプのクレンジング
リキッド・パウダーファンデーション

②ジェルタイプのクレンジング
リキッド・パウダーファンデーション

③ミルクタイプのクレンジング
リキッド・パウダーファンデーション

④ローションタイプクレンジング
リキッド・クリームファンデーション

⑤オイルタイプのクレンジング
リキッド・クリームファンデーション

⑤→①になるほど、肌への負担がかからず優しくクレンジングすることができます。
(ミルクタイプよりもクリームタイプの方が油分が多く肌に負担をかけることなくクレンジングできると言われています。)

ネクターブラン クレンジング ジェルインオイル 125mL

ネクターブラン クレンジング ジェルインオイル 125mL

3456円

イグニス サニーサワー デュオ クレンジング ジェリー -IGNIS-

イグニス サニーサワー デュオ クレンジング ジェリー -IGNIS-

4320円

大人の正しいクレンジング方法♡やり方【基本】

image from instagram

クレンジングのやり方の重要なポイントは「時間をかけない」ことです。
時間をかけてすぎると肌の乾燥を招いてしまいます。
雑にしてメイク残しがあるのもNGなので”素早く丁寧に”クレンジングすることを心がけましょう。

1.乾いた手にクレンジングを適量とります。
(使用するクレンジングの形状にもよりますが、基本的に直径約2〜3cmほど)
2.両頬にクレンジングをおき、クルクルと円を描くようになじませます。
3.小鼻周りに指の腹を当て、上下に何度も往復させながらメイクとクレンジングをなじませます。
4.あご・額・生え際に範囲を広げて、しっかりなじませます。
5.最後に目元のクレンジングを行います。
6.ぬるま湯を20回以上顔にかけてすすぎます。
(人肌程度の温度を目安に)
※1〜6までを1分以内に行うのが理想です。

image from instagram

ノーメイクの時やナチュラルメイクの時もクレンジングが必要です。
最近は、洗顔だけでは落ちにくい日焼け止めが多いので、日焼け止めを使用したらクレンジングをするのが基本!
クレンジングをするのが面倒なら、ダブル洗顔が一度できる洗顔料や石鹸でも落ちる日焼け止めを使用しましょう。

image from instagram

クレンジングの量は、少ないと摩擦で肌に負担をかけてしまいますが、多すぎるとメイクの浮くタイミングがわかりにくくなります。
なので、使用するクレンジングに表示されている「適量」をしっかり守ってクレンジングしましょう。

image from instagram

敏感肌や肌が弱い方は、肌に負担の少ないクリームかジェルタイプのクレンジングがおすすめです。
オーガニックコスメは、配合されている植物成分が肌への刺激になってしまう場合があるので注意が必要です。

サンタマルシェ ホットジェルクレンジング

サンタマルシェ ホットジェルクレンジング

1799円

フレッシュ クリア サクラ クレンジング オイル 450ml 【シュウ ウエムラ】

フレッシュ クリア サクラ クレンジング オイル 450ml 【シュウ ウエムラ】

5616円

大人の正しいクレンジング方法♡やり方【拭き取りタイプ】

image from instagram

拭き取りタイプでクレンジングを行うときの重要ポイントは「肌へ摩擦を起こさないこと」
コットンにローションを含ませて肌を拭き取るので、コットンによる肌の摩擦が最小限になるようにクレンジングしましょう。

1.コットンにたっぷりのローションクレンジングを含ませます。
(500円大を目安に、コットンの裏側まで濡れるまで)
2.両頬や額・あごなど面積の広い部分から拭き取ります。
(軽い力で肌の上を滑らせるように)
3.小鼻・口元・目元の細かい部分を拭き取ります。
4.コットンに汚れがつかなくなったらOK!
5.ぬるま湯ですすぎます。

※濃いアイメイクをしている場合は、拭き取りクレンジングする前に専用のポイントリムーバーでオフしておきましょう。
※拭き取りクレンジングは、肌への負担が大きいので毎日使用するのはNG!忙しい日や疲れて帰った日だけにしておきましょう。

image from instagram

疲れて帰った日やお酒を飲んで帰った日はメイク落としが面倒ですよね。
でもメイクをしたまま寝るのは絶対NG!
メイクや皮脂は時間が経つと肌の上で酸化し、肌トラブルの原因になってしまいます。
クレンジングが面倒な場合は「クレンジングウォーター」を使った拭き取りクレンジングをおすすめします。
コットンも拭き取り専用を使うとスムーズにメイクオフでき、肌への負担がさらに軽減されます。

ジバンシイ レディトゥクレンズウォーター 200ml

ジバンシイ レディトゥクレンズウォーター 200ml

3720円

大人の正しいクレンジング方法♡やり方【ポイントリムーバー】

image from instagram

濃いアイメイクや濃いリップを使ったときは、クレンジング前にポイントリムーバーでオフしておくのが◎
クレンジング時間を短縮でき、肌への負担を減らすことができます。

1.コットンの500円大程のリムーバーをとります。
2.上まぶたにコットンを数秒当て、優しく拭き取ります。
3.眉の上を左右に往復させながらアイブロウをオフします。
4.濃い口紅をつけた場合は、2と同じ要領でオフします。
5.コットンを小さくたたんで、目のキワなど細かい部分を拭き取ります。
(目元はシワになりやすいので、特に優しく)

image from instagram

落ちにくいウォータープルーフのマスカラやティントタイプのリップはメイクをしている時は便利ですが、メイクをオフするのが大変ですよね。
落ちにくいからといって強くこすって落とすのは絶対にNG!
そんな時は、ポイントメイク専用のリムーバーでクレンジングしましょう。

クリスチャンディオール CHRISTIAN DIOR インスタント ポイント メイクアップ リムーバー 125ml

クリスチャンディオール CHRISTIAN DIOR インスタント ポイント メイクアップ リムーバー 125ml

3830円

大人の女性におすすめのクレンジング方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?
スキンケアの一番初めにするクレンジング、正しい方法で肌に負担をかけずにしっかりメイク落としをしてくださいね♡

関連記事一覧