化粧の悩み”くすみ”対策♡「コントロールカラー」の選び方や使い方

化粧の悩み「くすみ」対策「コントロールカラー」の選び方や使い方をご紹介します。
くすみを解消し自分のなりたい肌トーンに近づけてくれるコントロールカラーは、化粧に欠かせないアイテムです。上手く取り入れて化粧に悩み「くすみ」を解消しましょう♪

化粧の悩み「くすみ」をコントロールカラーで対策♡

image from instagram

年齢を重ねるごとに、肌の色ムラが気になりだした…血色感がなく顔色が悪く見えてきた…そんな悩みはありませんか?
その大きな原因は肌の「くすみ」です。
肌の内側から綺麗になるのが一番良いですが、時間がかかるしできればすぐにくすみのない肌を手に入れたいですよね。
そんな時に活躍してくれるのが「コントロールカラー」です。

今回は、化粧の悩み「くすみ」対策「コントロールカラー」の選び方や使い方をご紹介します。

化粧の悩み「くすみ」対策♡コントロールカラーの選び方

コントロールカラーってどんな役割りがある?

image from instagram

コントロールカラーは名前の通り「肌の色を調整する役割り」があります。
イエローやピンク、ブルーなどベースに色がついているので、自分の肌の悩みやカバーしたい部分、なりたい肌トーンに合わせて色を選びます。
コントロールカラーを上手く使うとくすみなどの肌悩みをしっかりカバーしながら、ナチュラルな美肌メイクを叶えることができますよ♡

色ムラによるくすみや肌トーンが暗くなるくすみなど、人によってくすみの悩みは様々です。
まずは、くすみ対策ができて自分の目指したい肌トーンに導いてくれるコントロールカラーの色選びから始めてみましょう♪

コントロールカラー♡イエロー

image from instagram

色ムラによるくすみ肌におすすめのコントロールカラーは「イエロー」
イエローの下地は日本人の肌色と相性が良いので、色選びに迷ったらまずイエローを使ってみましょう。
シミやソバカスによるくすみをカバーし、肌トーンを均一に整えてくれます。

コントロールカラー♡ピンク

image from instagram

暗くくすんだ肌におすすめのコントロールカラーは「ピンク」
ピンクのコントロールカラーは肌の内側から自然な血色感を与えることができ、健康的で若々しい肌に導きます。
優しい肌色で女性らしい雰囲気を演出することもできますよ♡

コントロールカラー♡ブルー・パープル

image from instagram

黄色くくすんだ肌におすすめのコントロールカラーは、「ブルー」「パープル」
ブルーorパープルのコントロールカラーを使うことで、黄ぐすみをカバーし透明感のある肌に導きます。
青みのある色白さんがブルーのコントロールカラーを使うと血色が悪く見えてしまうので「パープル」がおすすめです。

コントロールカラー♡グリーン

image from instagram

赤みが残ってくすんで見える肌におすすめのコントロールカラーは「グリーン」
ニキビ跡など赤みのある肌にグリーンの下地を重ねることで、ナチュラルな血色感の肌トーンチェンジすることができます。
塗りすぎると顔色が悪く見えてしまうので、気になる部分だけポイント使いしましょう。

コントロールカラー♡オレンジ

image from instagram

目元や口元のくすみを部分的にカバーするのにおすすめのコントロールカラーは「オレンジ」
クマや口元のくすみを薄くし、明るい肌トーンに整えます。

化粧の悩み「くすみ」対策♡コントロールカラーの使い方

image from instagram

コントロールカラーは基本的に、化粧下地を塗った跡、ファンデーションを塗る前に使います。
化粧下地を塗る範囲は、毛穴やテカリ、化粧崩れが気になる部分だけでOK!
こうすることで、厚塗り感のないナチュラルな美肌メイクに仕上がります。

<コントロールカラーを塗る時のポイント>
①1箇所ずつ仕上げる
コントロールカラーは時間をおくと伸ばしにくくなってしまいます。
なので、くすみが気になる部分を1箇所ごと手早く仕上げてください。

②顔全体に塗るのはNG!
コントロールカラーを顔全体に塗ってしまうとのっぺりした印象になってしまうので、くすみなどが気になる部分を中心に塗り、他の部分は手や顔に残っている分をなじませる程度でOK!

コントロールカラーの塗り方

image from instagram

1.指先にコントロールカラーを少量だし、くすみが気になる部分にポンポンとのせます。

2.指の腹を使ってポンポンと軽く叩き込みながらなじませます。

3.1、2を繰り返しながら気になる部分のくすみをカバーします。

4.なにもついていないスポンジでポンポンと叩き込み、化粧下地とコントロールカラーをしっかり肌になじませます。

化粧の悩み「くすみ」対策♡人気のコントロールカラー

エチュードハウス エニークッションカラーコレクター

エチュードハウス エニークッションカラーコレクター

1944円

※税込価格
カラー:4色

くすみや色ムラを補正し、薄いヴェールをまとったような美肌に導くコントロールカラー。
コンパクトクッションタイプなので、手を汚さずメイクできるもの嬉しいポイント!

SUGAO シルク感カラーベース

image from instagram

価格:1,200円(参考)
カラー:4色

薄づきなのにくすみや毛穴をしっかりカバーし、サラサラ質感の肌に仕上がるコントロールカラー。
皮脂吸着パウダー配合なので、テカりやすい方にもおすすめ!

スガオ (SUGAO) シルク感カラーベース グリーン SPF20 PA+++ 20mL

スガオ (SUGAO) シルク感カラーベース グリーン SPF20 PA+++ 20mL

1078円

イプサ コントロールベイス

イプサ コントロールベイス

3020円

※税込価格
カラー:3色

光コントロールと肌の凹凸補正で、なめらかで透明感のある肌に導くコントロールカラー。
くすみなど肌悩みに合わせて、イエロー・ピンク・ブルーの3色から選べます。

RMK ベーシックコントロールカラーN

image from instagram

価格:3,780円(税込)
カラー:4色

半透明ジェルのみずみずしいつけ心地が人気のコントロールカラー。
厚塗り感なくナチュラルにくすみをカバーしてくれます。

【RMK (ルミコ)】ベーシック コントロールカラー N #01 シルバー 30g

【RMK (ルミコ)】ベーシック コントロールカラー N #01 シルバー 30g

3679円

エレガンス モデリングカバーベースEX UV

image from instagram

価格:4,500円(税抜)
カラー:5色

SPF40/PA+++でUVケアもしっかりしながら肌トーンも整えるコントロールカラー。
くすみ肌におすすめのカラーは「OR220」

合わせて読みたい♡

化粧の悩み「くすみ」対策「コントロールカラー」の選び方や使い方を紹介してきましたが、いかがでしたか?
ファンデーションの前にコントロールカラーを仕込んでおくことで、くすみを解消しながら思い通りの肌トーンに近づくことができます♪
いつものメイクに取り入れて、くすみのない美肌を目指してくださいね♡

関連記事一覧