もう悩まない!低身長さんに送る秋の「おすすめパンツ&コーデ」ご紹介♡

小さいことがコンプレックスの人も、もう悩むことはありません!
今回は、低身長さんにぜひ着こなして欲しいパンツのアイテム別にコーデをご紹介します♡
着こなしやすいアイテムを中心にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね◎

低身長さんに送る、秋のパンツコーデ♡

小さい身長がコンプレックスという、低身長さんはどんなアイテムを着こなすのがいいのでしょうか?
今回は低身長さんにおすすめしたい、秋のパンツコーデをご紹介します!
おすすめのアイテム別にご紹介していくので、ぜひ取り入れる時の参考にしてみてくださいね♡

①「ハイウエスト」で視線を高めに

ハイウエストデニムをデイリー使いに

低身長さんに欠かせないキーワードといえば、やっぱりハイウエストですよね◎
ウエスト位置を高めにして重心を上げることで、スッキリとした着こなしに仕上がります。
デニムなどカジュアルなもので、普段の着こなしから取り入れていきましょう!

季節感バッチリの秋色パンツを

しっかりと季節感を演出できる秋色のパンツを取り入れてあげましょう◎
ハイウエストで取り入れることで、野暮ったくならずに着こなすことができますよ♪
レディな印象のワインレッドなどをチョイスして上げるのがポイントです。

②「ウエストコンシャス」を味方に

ハンサムなカーキで秋コーデを

先ほどご紹介したハイウエストのパンツだけでなく、ウエストコンシャスのアイテムもチェックしましょう。
よりウエストの位置をマークすることができるのでコンプレックスの低身長もカバーできちゃいます◎
秋らしさのあるハンサムなカーキで、クールな着こなしをしてみてくださいね!

秋色でまとめても野暮ったくない

どうしても野暮ったくなりやすい秋色でまとめたコーデも、シルエットで魅せましょう◎
ウエストをキュッと結んだハイウエストのワイドパンツなら、コーデがしやすいと思いますよ!
ジャケットは袖を通さず、さっと羽織って上げるのがコーデのポイントです。

③「バギーシルエット」が意外とスッキリ

裾ギリギリの丈感が◎

低身長さんは裾の丈感が重要となりますが、意外と裾ギリギリの丈感がおすすめ◎
ボトムスの面積を広く見せることで、野暮ったく見せずにスタイルアップすることができます。
トップスには引き締め感のある黒のブラウスを合わせて上げるのが良さそう!

バギーパンツとヒールの最強コンビ

裾ギリギリ丈のバギーパンツには、低身長さんマストのヒールをオン。
この最強の組み合わせなら、ヒール以上のスタイルアップが期待できちゃいますよ!
カジュアルなデニムやハンサムなチノワイドパンツで取り入れてあげましょう♡

④魅力を活かすなら「ショートパンツ」を

トップスに比重を置く

夏からトレンドとなっているショートパンツのシルエットは、秋も要チェックのシルエットに。
低身長さんの可愛らしさがぐっと引き立つので、とってもおすすめなんです◎
トップスにボリュームの比重を置いて上げることで、スタイルアップしたコーデが完成します!

あえてのスウェットが甘めカジュアルに!

可愛らしく甘めなテイストのニットショートパンツ◎
トップスにスウェットを合わせることで、視線を上に持ってくることができちゃいます!
ガーリーなコーデが苦手な人でも取り入れやすいので、チェックしておきましょう♡

⑤「アンクル丈」で抜け感を出すのがポイント

ロング丈もいいけどくるぶしも見せてみる

コーデ全体をスッキリと見せてくれる、アンクル丈をチョイスしてみてください◎
先ほどロング丈のパンツをおすすめしましたが、くるぶしを見せるのもおすすめなんです!
バランスよくスッキリとしたコーデになるので、野暮ったくならずに着こなせます♡

秋のパンツをロールアップ!

秋らしさのあるチノパンツを、ロールアップをして着こなしてみましょう!
カジュアルなコーデになるのでデイリーコーデにぴったりの取り入れ方です♡
よりスッキリとコーデをするために、ハイウエストのアイテムを取り入れるのがポイントですよ◎

⑥トレンド感抜群の「リブパンツ」

トレンド感抜群のリブパンツは、低身長さんにとってもおすすめのアイテムなんです!
こなれ感のあるアイテムではありますが、程よくガーリーなテイストを叶えてくれます。
さりげない縦のラインが、スッキリと見せてくれること間違いなしですよ◎

カーキのアイテムでアクセントをつけて

リブパンツはストンとしたストレートなシルエットのものが定番。
低身長さんだと野暮ったく見えてしまいがちですが、カーキのシャツのおかげでアクセントのあるコーデに!
季節感のあるオフホワイトやベージュのアイテムがおすすめですよ♡

もう低身長に悩まない!

今まで身長が低いことで悩んでいた人も、パンツ次第でそのコンプレックスもカバーできちゃいます◎
スタイルアップを意識したり、重たく見せないようにコーデをして上げるのがポイントです!
今回ご紹介したキーワードを取り入れて、スタイリングに挑戦してみてくださいね♡

関連記事一覧