時短メイク【アイブロウ】のやり方|ポイントとアイテムで短縮

時短でアイブロウメイクをするやり方をご紹介します。眉毛は顔の印象を決める大切なパーツ。「急いで描いたら左右がチグハグに…」「アイブロウってなにを使えば時短できるか知りたい」そんな悩みを持っている方も多いですよね。描き方のポイントや時短アイテムを取り入れると、メイク時間を短縮しながら理想の眉を完成させることができるんです。ぜひ参考にしてみてください。

アイブロウメイクも時短できる?

メイクの中でも「アイブロウ」って意外と時間がかかりますよね。
慌てて描くと納得できず、結局描き直し…なんてことも。
そんな女性達におすすめ!時短で綺麗に仕上げるやり方をご紹介します。

画像提供:Sayuriさん(@sayuuringo)

アイブロウを時短する基本のポイント

時短①3点をおさえる

時短で理想の形に仕上げるには、「眉頭」「眉山」「眉尻」この3点の位置が大切なポイントになります。
左右の「高さ」「長さ」が同じになるように、意識しながら描きましょう。

詳しくは、下記でご紹介している「黄金比」や「アイブロウ描き方の基本」を参考にしてくださいね。

画像提供:Sayuriさん(@sayuuringo)

特に、左右が隣り合っている「眉頭」は、ズレると目立ちやすいので注意してくださいね。

時短②自眉を黄金比率に整える

右と左の位置や高さがチグハグだと何度も調整が必要で時間がかかってしまいますが、あらかじめ左右対称に整えておくことで、時短につなげることができます。
自眉を黄金比率に近づけて、アイブロウしやすいベースを作りましょう。

画像提供:Ayana.さん(@ayana_0313_)

【黄金比率の整え方】
■眉頭:小鼻が凹んだところの延長線上
■眉山:黒目の外側から目尻の間
■眉尻:口角と目尻の延長線上

この比率を元に、はみ出てる部分は専用のハサミ、電動シェーバー、カミソリを使って整えてください。
短くしすぎると描き足す時間が必要になってしまうので、少しづつカットしながら整えると良いですよ。
黄金比は、アイブロウする時にも大切なポイントになるので覚えておいてくださいね。

時短が叶う!アイブロウ描き方の基本

上記の「黄金比」を意識しながら、基本の描き方をマスターしていきましょう。

画像提供:Ayana.さん(@ayana_0313_)

ステップ①眉山の位置を決める
「黒目の外側と目尻の中間くらい」に好きな位置を決め、眉頭からつなげて描きます。
反対側も同じ位置にペンシルで点を描き、印をつけておきます。

ステップ②眉尻
「口角と目尻の延長線上」に位置を決め、眉山からつなげて描きます。
反対側も同じ位置にペンシルで点を描き、印をつけておきます。

ステップ③眉頭
左と右の眉の高さ、角度、中心から眉頭までの距離を合わせます。

ステップ④片方の眉が完成したら、印をつけておいた眉山・眉尻をつなげて反対側を仕上げます。

一気に描ける【アイブロウパウダー】で時短

アイブロウブラシは、「ヘッド部分の幅が広い」ものを使うのがおすすめです。
幅広ブラシだと手元が安定するのでガタつきにくく、動かす範囲も狭くなるので理想の形を描きやすくなります。
上記でご紹介した3点の位置をおさえて、一気に描くイメージでブラシを動かすのが時短のコツ。
濃くなると不自然な印象になってしまうので、眉頭の少し手前まで描くのもポイントです。

画像提供:Ayana.さん(@ayana_0313_)

1. ブラシにパウダーを2〜3回こすりつけます。
2. 手の甲やティッシュにつけて余分なパウダーを落とします。
3. ブラシの毛が横になるように持ちます。
4. 眉尻から眉頭の手前に向かって、毛の流れに逆い隙間を埋めるように描きます。
5. 眉山から眉尻まで、毛の流れに沿って整えます。

描いた後に太すぎたと思った時は、綿棒を使って眉下をオフすると良いですよ。

1本3役の【アイブロウペンシル】で時短

ペンシルを使う時は、ペンシル、パウダー、スクリューブラシが1つになっているタイプを使うのがおすすめです。
ペンシルで毛を1本1本描き足すようなやり方だと時間がかかってしまうので、他のアイテムも併用しながら短時間で仕上げていきましょう。

image from instagram

(キャンメイク)

1. まずは、上記でご紹介した3点をおさえながら、眉下のラインを中心にペンシルでざっくりと描きます。
2. パウダーに持ち替え、ペンシルで描いたラインをぼかすように色をのせます。
3. 眉頭は毛の流れに沿って、下から上に放射線状にブラシを動かします。
4. 最後に全体をブラシでぼかします。

使ってびっくり【便利アイテム】で時短

塗るだけで完成!【眉マスカラ】で時短

自眉が濃い方は、自眉を生かしながらナチュラルに仕上がりが叶う「眉マスカラ」を使うのがおすすめです。
マスカラで色をつけると、垢抜け感を出すこともできます。

【基本のやり方】
1. 毛の流れに逆らって、眉マスカラを塗ります。
2. 毛の流れに沿って整えます。

付けすぎるとベタッとなっているように見えるので、毛先だけにふわっと付けるイメージで塗ると良いですよ。
地肌につかないように注意してくださいね。
他のアイテムと併用する場合は、最後の仕上げに使って下さい。

ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ

ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ

価格:1,400円(税込)

数日間キープできる【眉ティント】で時短

肌に直接色付ける「眉ティント」。
顔を洗っても数日間は消えずにキープできるのが最大の特徴です。
薄い方や短い方が使うと、とても便利なアイテムですよ。

【基本のやり方】
メイクを落とした後に使用します。
1. 眉毛の水分や油分をティッシュでオフします。
2. 染めたい部分に眉ティントを塗ります。
(理想の太さよりも少しだけ細く描くと失敗しにくいです。)
3. 乾くまで待ちます。
(乾く時間はメーカーによって違うので説明書を確認してください。)
4. 乾いたら剥がします。

眉ティントを使用してすぐは濃すぎる場合もあるので、予定がない前夜に仕込んでおくと良いですよ。
だんだん薄くなってきますが描き足す時の目安として使えるので、眉の形を決める時短になります。

フジコ眉ティント

フジコ眉ティント

価格:1,711円(税込)

押すだけでアイブロウが描ける【眉スタンプ】で時短

名前の通り「眉にスタンプを押す」だけでOKのアイテムです。
不器用な方でも、左右の眉を同じ形にできるのが最大の魅力。
一気に描けるので時短効果は抜群です。

【基本のやり方】
1. スポンジ部分に、パウダーを擦りつけます。
2. スポンジと自眉の「眉頭」の位置を合わせて、ポンとスタンプします。
(眉頭は優しく他の場所は強く意識して押すと、自然な仕上がりになります。)
3. ブラシで濃さを調整します。

慣れるまでは、左右同じ場所にスタンプするのが難しいので、時間がある時に練習しておくと良いですよ。

KISS NEW YORK アイブロウスタンプ

KISS NEW YORK アイブロウスタンプ

価格:1,440円(税込)

なぞるだけでメイクできる【眉テンプレート】で時短

テンプレートに合わせて描くだけで、眉メイクが完成するアイテムです。
ペンシルのような使用感でパウダーのような仕上がりが叶う「チップタイプのアイブロウ」と合わせて使うのがおすすめです。

【基本のやり方】
1. テンプレートを眉に軽くあてます。
2. チップで眉の部分を描きます。
3. 濃さや長さが足りない部分はペンシルで描き足します。
4. ブラシで整えます。

エテュセ チップオン アイブロー ナチュラルブラウン

エテュセ チップオン アイブロー ナチュラルブラウン

価格:1,320円(税込)

コツをおさえてアイブロウを時短しよう

アイブロウメイクを時短したいは、「眉頭」「眉山」「眉尻」の3ヶ所の位置を意識しながら描きましょう。
描く前に、自眉を黄金比になるように整えておくのもポイント。
ティントやスタンプなどの便利アイテムも上手く取り入れながら、時短を目指してくださいね。

アイブロウメイクをもっと知りたい方はこちら

abimi

おしゃれなコーデが知りたい!流行っているヘアスタイル・メイクは?など、大人女性をもっと綺麗に素敵にみせてくれるトレンド情報をわかりやすくお届けしていきます。

Profile

関連記事一覧