カップルが会う頻度の平均は?メリット・デメリットもあわせてご紹介

付き合っているカップルにとって会う頻度というのは意外と難しいものです。

できれば毎日でも会いたいですが、お互いの生活もありますので会う頻度はどうしても限られてしまいますよね。

忙しいことを理由に会う頻度が少ないカップルにとっては、「これで大丈夫なのかな?」と心配になることもあるでしょう。

今回は、カップルにとってベストな会う頻度について考えてみます。

カップルが会う頻度は多ければ多い方が良い?

カップルが仲を深めるためにも、会う頻度は多いに越したことはありません。

しかし、大切なのは会う時の気持ちなので、ただ会う頻度が多ければ良いというものではありません。

お互いに会いたくて会っているのであれば良いことですが、カップルだからという義務感で会うようになってしまっているのであれば危険です。

いずれ会うことが苦痛になってきて、そのまま別れることにもなりかねません。

カップルなら絶対に頻繁に会わなければならないと決まっているわけではないので、自分たちにあった会う頻度をみつけることが大切です。

カップルが会う頻度を増やすにはどうすれば良い?

会う頻度を増やしたいと思っても、毎回凝ったデートをするのは現実的にどんなカップルにも難しいもの。

どこまでをデートと捉えるのかはカップル次第ですが、同じ時間を過ごすことを大切にするのであれば毎回どこかに出掛ける必要はありません。

お互いの家を行き来きしたり、一緒にご飯を食べに行くことだけはしたりと、ちょっとした時間を一緒に過ごすことを意識してみましょう!

まとまった時間を過ごすことが難しいカップルは、このように短い時間でも会う頻度を増やすことで仲を深める方法もありますよ♪

会う頻度が多いカップルのメリット・デメリット

彼と会う頻度が多いことのメリットは、一緒の時間を過ごすことで気持ちを共有することができることです。

幸せな時も、辛い時も常にカップルで一緒にいることで喜びは倍になり、悲しみは半分になります。
会う頻度が多いことでそんな素敵なカップルになることができるでしょう。

逆に会う頻度が多いと新鮮味が薄れるというデメリットはあります。
特に惰性で会うようになってしまうと、一緒にいることが当たり前になってしまって会える喜びが減ってしまいます。

結婚のことを考えても”いまさら感”が出てしまうので、少し飽きを感じつつあれば、会う頻度を調節する必要もあるでしょう。

会う頻度が少ないカップルのメリット・デメリット

会う頻度が少ないカップルは、会える日を特別な1日にすることができます。

滅多に会えない分、会える日のことを数日前から楽しみにすることができて、頑張る活力にもなりますね。
会った時には何を話そうかな?と考えて過ごす時間というのも、悪くはないものです。

もちろん会う頻度が少ないことで発生する不安点もあります。
会わない時間でも連絡はマメにとっておかなければ、お互いに気持ちが段々と離れやすくなってしまいます。

お互いの気持ちを確かめあう機会が少ないので、些細なすれ違いが大きな問題になってしまう可能性もあります。

日頃からこまめに連絡を取り合うようにしましょう。

社会人カップルの会う頻度の平均は?

社会人カップルであれば会う頻度は1週間に1回くらいというのが平均です。
平日は仕事を頑張って、休日にだけ会うというペースですね。

何か用事があることを考えれば、2週間に1回は会っておけば少な過ぎるということはなさそうです。
ただし先述の通り、会う時の気持ちがなにより大切。

一般的な会う頻度でも、会うのが面倒になっているのであれば既に黄色信号ですし、
会いたい気持ちが強いなら短い時間でもいいので会う頻度を増やす工夫をしましょう。

お互いが納得のいく会う頻度が一番!

ベストな会う頻度はカップルによってバラバラです。
大切なのはその頻度にお互いが納得しているかどうかです。

会いたくても会えないカップルでも、会いたい気持ちがあることをお互いにわかっていれば、気持ちは伝わっています。

一緒にいて心地よく感じられて、少し名残惜しいと思えるくらいが、カップルにとってはピッタリな会う頻度と言えるでしょう。

関連記事一覧