アイシャドウで涙袋を簡単に♡ナチュラルな涙袋の作り方★

アイシャドウで涙袋を作ってみましょう。とても簡単な方法なのでぜひお試しください。ナチュラルな涙袋をアイシャドウで作れば可愛らしい目元に仕上がります。ぷっくりとした立体感のある涙袋の作り方をご紹介しますので参考にしてみてください。

涙袋はアイシャドウで簡単に作れる

image from instagram

涙袋はアイシャドウで簡単に作れます!やり方もとても簡単なのでお手持ちのアイシャドウで試してみましょう。涙袋メイクをするのとしないのでは印象に差が出ます。より女性らしいフェイスにするためにアイシャドウで涙袋を作ってみてください。いつものアイメイクに一手間加えてみましょう。

涙袋で愛され顔に♡

image from instagram

涙袋をアイシャドウで作って愛され顔を目指しましょう。可愛らしい目元に仕上げてみてはいかがですか?作り方を参考にして自分に合った涙袋メイクを見つけてみましょう。やり方を真似ているうちに自分流のメイクがきっと見つかります。基本的な作り方をマスターしてより自然な涙袋が作れるように頑張りましょう。

アイシャドウを使った涙袋の作り方

ハイライトカラーを下まぶたに

image from instagram

ハイライトカラーのアイシャドウを下まぶたにのせて涙袋を作りましょう。ベーシックな涙袋の作り方です。アイシャドウパレットのハイライトカラーを使用するのが一番簡単なやり方でしょう。他にもフェイス用のハイライトや明るめなコンシーラーを使うやり方もあります。涙袋メイクはいろいろな作り方があるので自分に合った作り方を見つけてみましょう。まずはお手持ちのコスメで試してみてください。ハイライトカラーを下まぶたにのせることで涙袋がぷっくりと立体的に見えます。カラーを濃くのせすぎると不自然なので控えめがおすすめです。少しずつ足して調整しましょう。

ピンクやベージュ系のカラーでも

image from instagram

ピンクやベージュ系のカラーのアイシャドウも涙袋メイクにおすすめです。ホワイト系のハイライトカラーだと浮いてしまうと感じる方や不自然な印象になってしまう場合はピンクやベージュ系のアイシャドウで試してみましょう。特にベージュ系のアイシャドウはナチュラルに仕上がります。程よいぷっくり感が出て自然な目元に仕上がるのでぜひお試しください。ベージュ系のアイシャドウを使う場合は細かいラメの入ったものを選びましょう。ピンクのアイシャドウを使う場合は出来るだけ色味が薄いものが涙袋メイクに向いていますので気をつけて選んでみてください。

ラメ感をプラス

image from instagram

アイシャドウなどのラメ感をさらに足すと涙袋が強調されます。ホワイトやピンク系のラメアイシャドウを下まぶたにのせましょう。ラメの大きさは細かいものだと自然に仕上がります。大きめなラメ感のあるものだとラメに主張がでて目立つでしょう。こちらはお好みの作り方でチョイスしてみてください。よりナチュラルに仕上げたい場合は下まぶたの真ん中のみにプラスすると良いでしょう。程よい存在感がプラスされて自然に仕上がりますのでナチュラルメイクにおすすめです。

影を描く

image from instagram

涙袋の影を描きます。アイブロウペンシルやラメ感のないマットなアイシャドウ、ダブルライン用コスメなどで涙袋の影の線を描きましょう。あまり濃くは描かず薄めに足します。下まぶたに力を入れて線が出たところに影を描いてみてください。濃く描いてしまうとクマがあるように見えてしまいますので注意しましょう。濃くなってしまった場合は綿棒でぼかすとうまくいきます。綿棒で優しくなぞってぼかしましょう。程よい濃さにしてみてください。

目尻に締め色

image from instagram

濃いめのブラウンなど目尻に締め色のアイシャドウをのせたら完成です。目尻側に締め色のアイシャドウをのせて少しタレ目に見せましょう。その日のアイメイクに合ったカラーを選ぶのがポイントです。アイメイクがまとまるように締め色のチョイスをしましょう。季節によって変えてみても楽しめます。涙袋メイクがより自然になるように下まぶたの目尻側に少し色を足したら出来上がりです。

アイシャドウで涙袋を作ってみて

アイシャドウで涙袋を作ってより可愛らしい顔に仕上げてみてください!紹介した方法はとても簡単なので参考にしてみましょう。

合わせて読みたい♡

関連記事一覧