【誰にでもある?】忘れられない《片思い》を成仏させる方法★

忘れられない片思い、ありませんか? 誰にでも、今付き合っている人がいる場合でも、心のどこかで忘れられない人っているものですよね。 このまとめでは、そんな忘れられない片思いを成仏する方法をご紹介しています★ 忘れられない片思いは、忘れなくていい! 「忘れる」よりも、いい記憶として切り離して取っておきましょう。 ぜひチェックしてみてください♫

片思いが忘れられない・・・

片思い、ずっと忘れられないことありますよね。
どこにいても何をしていても、不意に思い出すあの人。

あの人のことが忘れられないから、新しい恋に踏み出せない。

そんなあなたに向けて、このまとめでは忘れられない片思いを忘れる方法について
ご紹介します★

忘れられない恋って、誰にでもある?

新しい人と付き合っていても、心のどこかでふと
「あの人今は元気かな」「好きだったな」と思うことは誰にでもあるのではないでしょうか。

初恋の人、初めて付き合った人、好きだったけどなんのアピールもできず憧れで終わった人・・・。

心のどこかで「好きだった人」は生き続けているものですよね。

忘れられない片思いを成仏する方法♫

①記憶は絶対に美化されていると考える

記憶は、必ず美化されているものです、恋愛に関することならなおさら。

今同じシチュエーションなら「なんだこんなことか」ということでも、
それが中学校の時の出来事だから、高校生の時の出来事だから、超えられないような思い出になっているのです。

ですので、その記憶は「ロマンチックな思い出」として大事に胸の奥にしまっておいて、
「現実の」恋愛をするのがいいかもしれません。

憧れの映画の記憶として実際の恋愛と区別しておくような感覚に似ています。

②冷静にその恋が実らない理由を考える

なんとなく失恋した、忘れられないというような状況の方は、
一度なんで失恋するに至ったのか、その原因を冷静に考えてみるといいかもしれません。

冷静に考えることで「憧れ」がきっぱりと諦めに変わることも。
また、そのダメだったところをを現実的に改めて次へと進む一歩に変わる可能性もあります♫

③期待を持たないように繋がりを断つ

連絡先だったり、居場所を知っていたり、なんらかの繋がりがあると
心のどこかで期待してしまうものです。

忘れられないままでいい、という方ならそこまでする必要はないですが、
忘れて次のステップに進みたい、という方でしたらバッサリとその繋がりは絶ってしまいましょう。

そうすると、「淡い失恋の記憶」として現実とは切り離された状態で
胸にしまっておくこともできるようになりますよ。

忘れられない恋は静かにしまっておこう。

忘れられない恋は誰にでもあるものです。
片思いを忘れたくても忘れられない場合、それは「思い出」として胸にしまっておきましょう。

そして、新しい恋に踏み出すのが大切。
期待ではなく思い出として認識することが大切かもしれません★

合わせてチェックしたいまとめ♫

関連記事一覧