【正直しんどい】彼氏の《束縛》が激しい心理は?その対処法も★

友達と遊びに行くのも嫌な顔をする・・・そんな束縛彼氏に悩んでいませんか? このまとめでは、束縛が激しい彼氏の心理やその対処法をご紹介します★ 束縛が苦しいのはそのまま我慢するのはよくありません。 ぜひ束縛彼氏の心理を理解して、うまく付き合っていきましょう♫ ぜひチェックしてみてください♡

彼氏の束縛が激しい・・・

彼氏の束縛が辛すぎてしんどいことってありますよね。

そんな感じじゃなかったのに、いざ付き合ってみると束縛が激しい激しい・・・。

なんでそんな束縛が激しんだろう?どうすればいいの?
このまとめでは、束縛が激しい彼氏の心理とその対処法をご紹介します♫

束縛する彼氏の心理

①自分に自信がない

束縛する彼氏にかなりありがちなのが、自分に自信がなくて
彼女がすぐに離れていってしまうのではないか、誰かに取られるのじゃないかと思い
束縛が激しくなるというもの。

彼の恋愛経験が少ない場合や、何かコンプレックスがある場合などは
比較的自分に自信を持ってないことが多いかも。

過去の元カノとの付き合い方などを聞く機会があったら、
ぜひどんなルールを作っていたかなど彼の束縛具合を調査してみましょう♫

②自分が彼女にとっての「一番」じゃないと嫌だ

これはその彼氏の「性格」のせいであるところが多いのですが、
彼女が好きだからこそ、彼女の中の「一番」じゃないと気が済まないため束縛する人もいます。

彼女が自分以外の友達やサークルなどを優先していると、
自分に一番時間を使ってよ、自分とその時間一緒にいてよという気持ちになってしまうのです。

彼がどちらかといえば交友関係が狭かったり、趣味があまりないような場合は
この傾向が強いかもしれません。

束縛する彼氏への対処法♫

束縛されて辛い状態がずっと続いていたのでは付き合うのがだんだん苦痛になってしまいます。
束縛彼氏とうまく付き合うためにはどう対処するのがいいのでしょうか。

①まずは自分の思いも伝えてみる

まずは、そんな「束縛が苦しい」というあなたの思いを伝えてみましょう。

その彼氏の今までの恋愛歴などによっては、その束縛は普通だと思っている可能性もあるからです。

束縛が苦しい、どうしてそんな束縛をするのか?を彼氏に一度きっちり伝えてみましょう。

「付き合ってるんだからこれぐらい我慢してよ」という彼のお願いを聞き入れてしまっている人は要注意。
付き合うことは我慢することではないはず。

お互いが歩み寄って付き合うことこそが恋愛でしょうから、
自分の思いはきちんと伝えましょう。

②愛情表現をしっかり日常的にする

彼氏は自信がなかったり、自分が一番になりたいから束縛をする傾向にあることが多いため、
彼氏に「好きだよ」という愛情表現を日常的にすることは効果があるんです。

日常的に好きということを伝えることで自信もつきますし、
自尊心も満たされて彼女の気持ちにも気を配る余裕が生まれるかも。

束縛彼氏をわかってうまく付き合おう♫

束縛がいやでも、だからと言って彼氏のことが嫌いになる訳でもない。
けれどずっとそのままではお互いがうまく付き合うことはできません。

彼氏の束縛する心理も考えてあげて、その上で
しっかり彼氏と向き合っていくのがいいのではないでしょうか?

お互い気持ちよく付き合えるように向き合っていきましょうね★

合わせてチェックしたいまとめ♡

関連記事一覧