• HOME
  • 恋愛 , 浮気
  • 浮気と確定するのはどこから?気になる浮気の境界線を解説♪

浮気と確定するのはどこから?気になる浮気の境界線を解説♪

浮気と確定するのはどこからでしょうか?人それぞれ浮気の境界線は異なります。気になる浮気の境界線を徹底解説!

浮気の境界線1.異性と2人きりで会う

浮気の境界線は異性と2人きりで会うことです。恋人がいるのに異性と二人きりでデートするのは浮気だと判断してOKでしょう。下心があるから二人きりで会うのです。会う時に恋人に事前に連絡していれば浮気ではないですが、こそこそ会っているなら浮気の境界線を超えているのでしょう…

浮気の境界線は、そのカップル次第で異なりますが、一般的に恋人以外の異性と二人きりでデートするならほとんど浮気です。体の関係があったかないかは確認のしようがありませんし、簡単に許してはいけません。浮気の境界線を越えた時は別れるか改善させるなの対処をしましょう♪

浮気の境界線2.連絡が多い

浮気の境界線は連絡が多いことです。恋人ではない異性とLINEや電話などをしているのは、本人もその女性に好意がある表れでしょう。連絡が多いことはすでに体の関係まで及んでいる可能性も高く注意が必要です。

連絡は消すこともできるため、彼氏が他の異性と連絡をよくしているなら浮気を疑いましょう♪また、隠れてスマホをいじっている時は、他の異性に連絡をしていることもあるので確認することが大切です!

浮気の境界線3.体の関係がある

浮気の境界線として体の関係があるかを確認しましょう。もし体の関係があればまぎれもない浮気の証拠です。浮気の境界線を明らかに超えていて、再び浮気に走りやすい傾向があるため別れることをおすすめします。自身が選んだ相手は他の女性にとっても魅力的だということを忘れないようにしましょう。

体の関係がある場合は気持ちの他の女性に向いていることが分かります。なぜなら、男性は浮気する境界線を体の関係以外にひかないからです。例えば、キスやハグはスキンシップであり浮気ではないと考えていることも多々あります。体の関係があることは浮気の決定的な証拠!

浮気の境界線4.ネット上で繋がっている

浮気の境界線はネット上でつながっていることです。最近はFacebook、twitter、LINEなどでつながることが多いです。そこで親密につながると会っていない関係でも浮気と判断する場合もあるようです。電話友達やネット上の恋人といった奇妙な関係になるケースもあります。

ネットで相談を聞いているうちに、現実世界で会いたくなるという可能性も大いにありますので、「ネットだから別に気にしなくていいや」と安心していると知らぬ間に浮気されていることにもつながります。

浮気の境界線5.好きになったら浮気

好きになったら浮気という考え方をする人も多いです。好きな気持ちがなければ浮気ではないとする人は、ハグやキスをしても気持ちは恋人だけだと言えば許してもらえます。しかし、彼女が優しいと男性はすぐ浮気するので要注意。

中には気持ちはないけど、エッチをしてしまうなんて最低な男性もいるので、好きになったら浮気という境界線の人は気を付けてくださいね♪

浮気の境界線を低く設定しよう♪

浮気の境界線を低く設定しましょう。浮気につながる原因は徹底的に解消することがおすすめ♪少しのきっかけで恋心が芽生えることもありますし、自分との関係が悪化した時に他の相手に心を奪われるリスクもあるからです。

浮気の境界線を低くすることで、未然に浮気を防ぐことができるはずです。彼氏の連絡先の相手や行動には細心の注意を払いましょう。定期的なLINEチェックなどは気まずいですが、浮気を防ぐためには効果的です!

あわせて読みたい記事♡

関連記事一覧