マスクのメイク崩れ防止!崩れないための対策&メイクのやり方♡

何かと活躍してくれる「マスク」は、便利な反面どうしてもメイク崩れが気になるという難点が。
そこで今回は、マスクをしてもメイクが崩れににくくなるように防止対策をご紹介します!
メイクのやり方やアイテムなどをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

風邪対策・花粉・顔隠し…マスクが手放せない!

風邪の対策や花粉症の人、メイクができない日の顔隠しなどに大活躍してくれる「マスク」は、もはや必需品。
何かと便利なマスクですが、その反面メイクが崩れやすく、取った後に悲惨な状況になることも…
そこで今回は、来たる風邪や花粉の時期に向けて、マスクをした時のメイク崩れ防止対策をご紹介します!
メイクのやり方やおすすめアイテムをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね◎

マスクでメイク崩れが起こる原因

そもそもなぜマスクをするとメイク崩れが起こるのでしょうか?
3つの原因が考えられます。

①マスクと肌の摩擦
肌とマスクがすれ、摩擦が起こることでメイク崩れが起こります。

②呼吸による湿気
呼吸をすることでマスク内には水蒸気がこもり、湿気が生まれます。
湿気っている状態は、メイク崩れがおきやすい状態です。

③乾燥による皮脂分泌
マスクの取り外しや、ずれによってマスク内の水蒸気が一気に蒸発すると、同時に肌の潤いも蒸発され乾燥するといわれています。
乾燥によりメイク崩れが起きやすくなりますが、肌の乾燥をおさえようと分泌される皮脂により、よりメイク崩れが起こる状態になります。

3つの原因を理解した上で、マスクでメイク崩れしないためのメイク方法をみていきまし
ょう。

マスクでのメイク崩れを防ぐメイク方法~ベースメイク編~

基本となるベースメイクですが、ここでしっかりと土台を作ることでマスクをしても崩れにくいメイクへ導きます。メイク崩れが起こる原因でもある汗・皮脂に強いタイプの化粧下地を使うのがおすすめです。

メイク崩れを防ぐ方法:①下地とパウダーだけで仕上げる

image from instagram

鼻の部分とマスクがこすれて、マスクにファンデーションがたくさんついたという経験がある人も多いはず。
ならば、ファンデーションは付けず、化粧下地とパウダーでベースメイクを完成させましょう。カバー力のある化粧下地はヨレにくく、パウダーをすることで密着度をアップしてくれます。
また、パウダーには無色に近いものを使うと、マスクについてもあまり気になりません。
化粧下地を肌全体になじませた後、フェイスパウダーで肌を整えていきましょう。
 
〈ベースメイクのやり方とポイント〉
① 先ほども紹介した通り、化粧下地には汗・皮脂に強いタイプがおすすめです。
② 化粧下地を塗るときは均等に薄くのばしましょう。摩擦でのヨレを少なくすることできます。
③ 自分の肌に合った色の化粧下地を使うと、ファンデーションなしでもしっかりとトーンアップができます。
④ フェイスパウダーは余分な皮脂を吸収し、さらさら肌を作ってくれます。マスクが肌と当たり摩擦がおきそうな部分に重点的につけるようにしましょう。

メイク崩れを防ぐ方法:②ファンデを使う場合はリキッドで

画像提供:まゆみさん(@mayumii1107)

ファンデーションを使いたいときは、伸びやすく密着感の強いリキッドタイプのファンデーションがおすすめです。
できるだけ薄くのばすことで、ヨレを防ぐことができます。

もちろんファンデーションを塗る前には、皮脂・汗に強く、ファンデーションの化粧もちをアップさせる化粧下地を塗りましょう。

コンシーラーは油分が多く含まれているため注意が必要ですが、マスクをしていても見える目元周りは、クマ隠しなどコンシーラーでしっかり整えてあげることでマスクをしていても明るい印象を与えることができますよ。

マスクでのメイク崩れを防ぐメイク方法~チーク編~

メイク崩れを防ぐ方法:③クリームチーク&リキッドチークを使おう

画像提供:すずさん(@_su0v0_)

メイクの血色感を左右するチークですが、マスクのヘリに当たって落ちやすい部分です。
マスクをいつ外してもチークをキープしとくためには、チークの中でも密着感が高いクリームチークやリキッドチークがおすすめです。

〈塗り方ポイント〉
① 頬の高いところを中心に指でぽんぽんと肌に叩き込むように塗っていきます。
② 上からフェイスパウダーを軽くオンすることで、ヨレ防止が強化できす。

マスクでのメイク崩れを防ぐメイク方法~リップ編~

メイク崩れを防ぐ方法:④グロスはNG、マットタイプやティントタイプがおすすめ

画像提供:すずさん(@_su0v0_)

リップメイクでは、落ちにくいマットタイプやティントタイプがおすすめ。
マスクをして喋ったりするとメイクも落ちやすく、マスクに色が付着してしまうこともあるのでグロスやつや感の出るリップは避けましょう。
しっかりと保湿力もあるものを選ぶことで、マスクを取っても「崩れてる感」を軽減させることができます!

〈リップを塗るときのポイント〉
① マットタイプは唇が荒れやすい人も多いはず。敏感な唇の方は、リップを塗る前にリップクリームを塗りましょう。
② リップを塗った後は、ティッシュで軽くオフ!余分なリップをふき取り、仕上がりもキレイに、マスクにもリップがつきにくくなります。

メイク崩れを防ぐ方法:⑤リップコートを塗る

image from instagram

リップコートを塗ることで、唇をコーティングしリップの色落ちを防いでくれます。
サイズも小さくお手頃価格で販売されているので、持っていない人は挑戦してみましょう。
マスクの有無にかかわらず、メイク崩れを防ぐ万能アイテムです。

マスクでのメイク崩れを防ぐメイク方法~仕上げ編~

メイク崩れを防ぐ方法:⑥メイクキープのスプレーをふきかける

image from instagram

仕上げに全体のメイク崩れを防いでくれるフィニッシングミストをふきかけるとより効果的!
こちらもマスクをつけるときだけでなく、夏場の汗をよくかく季節や、一日忙しくメイク直しが難しい日などメイクキープに使える万能アイテムです。
一本持っておくと1年中使えること間違いなし!

メイク崩れしにくいマスクを選ぶ

マスク選びにもポイントが!

そもそもマスクの選び方を見直してみましょう。たくさんの種類があるマスクですが、あなたは自分に合ったマスクを着けていますか?
マスク選びにおいて注意してほしいのは以下の3点
① フィット感がありずれにくいもの
② 口元に余裕のあるもの
③ 乾燥を防げるもの

女性用マスクや、色・サイズに特化したマスク、そして化粧が落ちにくいと書かれたマスクも登場しています。自分に合ったマスクで風邪予防・メイク崩れ予防と一石二鳥をかなえましょう。

おすすめマスク紹介

メイクがおちにくいマスク 三次元

メイクがおちにくいマスク 三次元

商品名の通り、メイクが落ちにくいように開発されたマスク。メイクがつきにくい四方プロテクト加工や、鼻の形にフィットするノーズフィッターなど、とにかくこだわりの詰まったマスクです。
ピッタマスク

ピッタマスク

洗えるマスクと話題を呼んだピッタマスク。色もサイズも豊富で自分に合った1つが見つかるはず。伸縮性のある柔らかく肌にやさしいポリウレタンを使用し、優れた通気性機能で花粉対策にもばっちりです。

マスクを取っても美しメイクに♡

画像提供:あやみんさん(@a_y_m_n_613)

しっかりとメイクが崩れないための防止対策をすることで、マスクを取っても美しいメイクに仕上がります。
マスクをしているときも血色ある顔をキープできるとテンションも上がりますよね。
少しの気遣いでマスクをしていてもメイク崩れなしをかなえることができます。ぜひ活用してみてください!

メイク崩れの記事をもっと見たい方はこちら!

関連記事一覧