《浮気相手の女》が憎い!ぴったりな復讐はこれ♫

彼氏に浮気され、彼氏も最高に憎いけど、それ以上に浮気相手の女が憎い、そんな方必見。このまとめでは、浮気相手の女への復讐方法やその危険性などについてご紹介しています♫ 復讐方法によっては、裁判沙汰になった時に自分の方が不利になってしまい、悔しい思いをする場合もあります。 ぜひチェックしてみてください★

浮気相手の女が憎い。

彼氏に浮気された時、もちろん彼氏も悪いんですが、
彼氏の浮気相手の女への憎しみもふつふつと湧き上がるものです。

自分の平穏な生活、彼氏との関係を壊した女が憎い。復讐したい。
そんな気持ちを誰しもが持ってしまうものなのかもしれません。

このまとめでは、そんな浮気相手の女への復讐方法をご紹介します。
よく聞く復讐方法でも、実は自分側が法的に不利になる可能性がある手段もあるんです。

浮気相手の女への復讐方法

①職場などにバラす

よく復讐方法として聞くものは「職場にバラす」ではないでしょうか。
彼氏から浮気相手の職場を聞き出せたり、また職場で浮気しているなどの場合、
この方法をとって復讐をすることは十分可能です。

実際、職場でバラされたことで昇進ができなくなった、などの例もあるそう。

しかし、これは自分が「名誉毀損」として訴えられかねません。
自分の身を守るためにも、あまり取らない方がいい復讐方法でしょう。

②SNSに書かせる

大学生などの場合、SNSに書かせて恥をかかせるという復讐方法も。
また、自分がSNSに彼氏と浮気相手のことを晒すというものもあります。

よく浮気された彼女が、彼氏と浮気相手のLINEのスクショや写真、動画などを
SNSに晒して拡散されているのがツイッターなどで回ってくることもあるかと思います。

この方法を取るのは比較的若い年代のため、
裁判沙汰などになることはないかもしれませんが、これも「名誉毀損」になりかねないため注意しましょう。

③慰謝料請求する

一番法的に安全かつ主流な方法が慰謝料請求。

たとえ相手の女が学生であっても、20歳以上なら慰謝料請求をすることができます。

そのためには堅実な証拠集めが大切。
証拠集めの段階でプライバシー侵害などにならないよう、探偵を雇うなどするとなお良しです。

さらなる復讐方法としては、慰謝料を分割払いさせ、毎月手渡しで持って来させるなどの方法を
取る人もいるんです。

毎月浮気相手の女にあうのも辛いですが、いつまでたっても忘れさせないという意味では
心理的に満たされる復讐方法かもしれません。

やりすぎには注意!

以上のように、自分の身を不利な立場に置きかねない復讐方法もあるんです。

浮気相手の女に対しては感情的になりがちですが、
もし裁判で争う等の大ごとになった時に不利になると勿体無い。

ぜひなるべく冷静に、復讐をすることを心がける方がいいでしょう。

合わせてチェックしたいまとめ♫

関連記事一覧