【面長】を小顔に見せるメイクのやり方♡チーク・シェーディングの塗り方など

面長を小顔に見せるメイクのやり方をご紹介します。
縦に長く見える面長もシェーディングやチーク・ハイライトの使い方、眉・アイメイクのメイクやり方次第で小顔にチェンジさせることができるんです!ぜひ参考にしてみてくださいね。

小顔効果抜群?!面長さん向けメイク

顔の横幅よりも縦幅が長く「顔が大きく見える…」「間延びして見える…」
面長さんに多いそんな悩みも、実はメイクで小顔にすることができるんです!
ベースメイクやシェーディング・ハイライト・眉・アイメイクのやり方次第で、コンプレックスだった面長も理想の小顔にチェンジ!

面長で悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

面長を小顔に♡ベースメイク

面長を小顔にする【ベースメイク】のやり方

image from instagram

ファンデーションの塗り方のポイントは、面長を小顔に見せるのに一番重要なポイント「シェーディング」を入れる部分以外にファンデーションを塗ることです。
シェーディングを入れる部分を避けてファンデーションを塗ることで抜け感をプラスすることができ、厚塗り感なしのナチュラルな小顔メイクのベースを作ることができます。
ファンデーションは薄く塗り、気になる部分はコンシーラーでカバーしましょう。

■面長を小顔の見せるおすすめのファンデーションのカラー
ファンデーションのカラーが肌よりも明るいと、顔の輪郭が強調されて大きく見えてしまうのでNG!
首の色に合わせてファンデーションのカラーを選びましょう。

■面長を小顔の見せるおすすめのファンデーションの塗り方
<下地>
1.下地をパール大手の甲に出し、中指と薬指の腹に少量とります。
2.顔の内側を中心に内側→外側に向かって薄く塗り広げます。
(両頬→おでこと面積が広い部分から)
※髪の毛の生え際から指2本分くらい内側の範囲に収まるように塗り、フェイスラインはなじませる程度でOK!
3.小鼻・目元・口元などの細部は指の側面を使って抑えるように塗ります。
4.最後に両手で顔を包み込みハンドプレスしてなじませます。
<ファンデーション>
1.リキッドファンデーションをパール大手の甲に出し、中指と薬指の腹に少量とります。
2.両目の下・眉間にのせます。
3.スポンジを使って、頬から顔の内側を中心に内側→外側に向かって薄く塗り広げます。
4.眉間のファンデーションを広げたら、スポンジに残っているファンデーションを使って鼻・目元・口元・フェイスラインをスポンジでポンポンと叩き込むようになじませていきます。
※シェーディングを入れる部分「額の生え際から指3本分ほど内側」と「あご先」以外に塗ります。
5.シミなどを隠したい部分にコンシーラーをちょんとのせます。
6.指先で優しく叩き込みながらなじませ、最後にスポンジで抑えながらカバーします。

面長を小顔に♡シェーディング

面長を小顔にする【シェーディング】のやり方

image from instagram

顔の縦幅が長めの面長さんは、縦の長さを短くみせることができるシェーディング使いが重要なポイントになります。
ファンデーションを塗っていない部分を中心にシェーディングを入れていきます。

■面長を小顔の見せるおすすめのシェーディングの使い方
面長さんがシェーディングを使うときのポイントは「上下使い」
顔の上と下「額の生え際」と「あご先」にシェーディングを入れることで面長さんの悩み多い「長さ」をカバーし、フェイスラインがキュッと引き締まった小顔に近づくことができます。
顔の外側に当たる部分はフェイスラインに沿って・顔の内側にくる部分は直線的になるようにブラシを動かして「横長」を意識しながらシェーディングを入れます。

■面長を小顔の見せるおすすめのシェーディングのタイプ
薄く自然な影になるようにシェーディングを入れたいので、パウダータイプをブラシにとって塗るのがおすすめです。
光効果で膨張して見えてしまうので、パールなしが◎

■面長を小顔の見せるおすすめのシェーディングの入れ方
1.大きめのブラシの先にシェーディングをちょんちょんとつけ、手の甲やティッシュの上でパウダーをブラシになじませながら量を調整します。
2.額の生え際・あご先に横長を意識しながらシェーディングを入れます。
・額の生え際〜指2〜3本分内側に塗ります。
・あごの先端・あごの裏側をブラシで挟むように塗ります。
3.耳の下・首筋まで丁寧になじませます。

面長を小顔に♡ハイライト

面長を小顔にする【ハイライト】のやり方

image from instagram

高さを出すために使うハイライトは額・鼻筋のTゾーンに入れることが多いのですが、縦幅が長めの面長さんは鼻筋が強調されてより長さが目立ってしまうのこともあるので注意しましょう。

■面長を小顔の見せるおすすめのハイライトの使い方
面長さんはハイライトの「ピンポイント使い」がおすすめです。
鼻のくぼみ・こめかみにピンポイントにハイライトを入れ目元を強調させることで立体感を出し、面長をカムフラージュしながら小顔効果をアップさせまましょう。

■面長を小顔の見せるおすすめのハイライトのタイプ
面長さんにおすすめのハイライトのタイプは「クリームorスティック」です。
目の周りの細い部分にピンポイントで使いたいので、広範囲になってしまうパウダーは避けたほうがベター。
クリームorスティック状のハイライトを指先にとってハイライトを入れていきます。
自然なツヤ感を出すことができる微細パール入りを使用しましょう。

■面長を小顔の見せるおすすめのハイライトの入れ方
1.中指or薬指の腹にハイライトを少量とります。
(量の調整が難しい場合は、一旦手の甲につけてみてください)
2.鼻の付け根のくぼみ部分・目尻の横の骨ばっている部分に、横長く楕円になるようにハイライトを入れます。
3.範囲が広くなりすぎないようになじませます。
(鼻の付け根のハイライトの縦幅は、瞳の縦幅と同じくらいになるようになじませます)

面長を小顔に♡チーク

面長を小顔にする【チーク】のやり方

【面長さんのクールさを活かしながら小顔にするチークの塗り方】

image from instagram

■面長を小顔の見せるおすすめのチークの使い方
面長さんは「横長・広め」に、顔の余白を埋めるようにチークを入れるのが小顔にするポイント!
チークで顔を横幅を強調させ、縦長の印象をカバーしましょう。

■面長を小顔の見せるおすすめのチークのタイプ
通常のチークよりも横に長く・広く入れたいので、パウダータイプを使います。

■面長を小顔の見せるおすすめのチークカラー
面長さんの小顔メイクにおすすめのチークカーラは「赤味のあるベージュ」
肌なじみ抜群のカラーで、ナチュラルな血色感を出しながら引き締め効果も叶えます。
ツヤ感がある方がチークで顔の横幅を強調できるので、微細パール入りを選びましょう。

■面長を小顔の見せるおすすめのパウダーチークの入れ方
1.大きめのブラシの先にチークを少量つけ、手の甲やティッシュの上でパウダーをブラシにしっかり含ませながら量を調整します。
・黒目の下・涙袋の指一本分ほど下を起点に塗り始めます。
2.ブラシを頬骨に沿わせながら、目尻とこめかみの間までさっとひと塗りします。
3.もっとチークを強調させたい場合は、チークを足さずにブラシに残っているパウダーを使って、2を繰り返します。
※この時、2でチークを入れた範囲よりも広くならないように注意してください。

【大人可愛い雰囲気を演出しながら小顔にするチークの塗り方】

image from instagram

■面長を小顔の見せるおすすめのチークの使い方
小顔に見せながら大人可愛い雰囲気に仕上げたいなら「ひし形」にチークを入れましょう。
頰の高い位置の下にチークで陰影をつけることで、縦に間延びして見える面長さんの悩みをカバーしながらキュートな印象もプラスすることができます。

■面長を小顔の見せるおすすめのチークのタイプ
ひし形を意識しながらチークを入れたいので、指先にとってピンポイントで塗ることができるクリームタイプのチークがおすすめです。

■面長を小顔の見せるおすすめのチークのカラー
面長さんの小顔メイクにおすすめのチークカラーは「ローズブラウン」
ピンク系だとガーリーすぎるので、大人っぽさを残しながら可愛さをプラスすることができる「ローズブラウン」を選びましょう。

■面長を小顔の見せるおすすめのクリームチークの入れ方
1.人差し指の第一関節〜第二関節にクリームチークをつけます。
2.頬骨の高い位置・目尻よりも少し内側に指先がくるように、人差し指を斜めにした状態でチークをポンとのせます。
3.そのまま斜め下・内側に向かってポンポンと2箇所チークをおきます。
(スタンプを押すように)
(2と3でひし形のフォルムになるように意識しながら)
4.ひし形をキープしながらトントンと叩き込むようになじませます。
5.何もついていない指でひし形の境目をぼかすようになじませます。

面長を小顔に♡アイメイク

面長を小顔にする【眉・アイブロウ】のやり方

image from instagram

横幅に比べて縦幅が長い面長さんは「平行・短めの眉」がおすすめです。
眉の角度をつけずに平行にすることで横幅を強調することができ、顔の縦長をカバーし小顔に見せることができます。
また、顔の縦幅に比べて横幅が短い面長さんは眉を短めに描くことで、横幅の狭さを感じさせずバランスのとれた眉メイクに仕上げることができます。
大人っぽい雰囲気の面長さんは直線的な眉が似合いますが、アーチ型が好きな方は角度をつけすぎないように平行を意識したアーチ型を目指してください。

■面長を小顔の見せるおすすめの眉の形
・眉頭:目頭の真上から描き始める
・長さ:眉尻が口角と目尻を結んだ延長線上
・眉の下側:眉頭から眉尻まで、床と平行になるように直線的に描く
・眉の上側:眉頭から眉山まで少しだけ上がり気味に(約5度)描き、眉尻の下側のラインと繋げる
※眉山の位置は、黒目の外側と目尻の間を目安に


■面長を小顔の見せるおすすめの眉の描き方
1.眉頭から眉尻まで、上記の眉の形を参考にアイブロウパウダーでアウトラインを取りながら眉を描きます。
2.眉の下側を、眉頭から眉尻まで平行になるようにアイブロウペンシルで描きます。
3.眉の上側を、眉山から眉尻までアイブロウペンシルで描きます。
3.眉の毛流れに沿ってスクリューブラシで軽くとかしながら、アイブロウパウダー・アイブロウペンシル・自眉をなじませます。
4.薄い部分があれば描き足します。

面長を小顔にする【アイメイク】のやり方

image from instagram

シェーディングで面長の縦長をカバーするのも小顔作りのポイントですが、シェーディングだけを重視してしまうと不自然な印象に。
目元に目線が集まるようにアイメイクにも重点を置いてメイクすると、チグハグにならずにナチュラルな小顔メイクをすることができます。
顔の長さをカモフラージュさせるために、目元は縦幅を意識してメイクをしていきましょう。

■面長を小顔の見せるおすすめのアイシャドウ
オレンジブラウンなど温かみのあるブラウン系カラーを使用します。

■面長を小顔の見せるおすすめのアイライナー
アイシャドウ同様柔らかい印象を与えるブラウンのペンシルアイライナーを使用します。

■面長を小顔の見せるおすすめのマスカラ
目元をくっきりさせるため黒のマスカラを使用します。
(柔らかい雰囲気にした場合はブラウンでもOK!)


1.オレンジブラウンのアイシャドウを、アイホール全体に沿ってアーチ状に丸みが出るように塗ります。
2.1よりも濃いブラウンを二重幅に重ねて塗ります。
3.上まぶたのキワに沿って、まつ毛の隙間を埋めるようにアイラインを引きます。
※黒目部分を少しだけ太めに引いて、目の縦幅を強調させます。
4.涙袋に1のアイシャドウを入れます。
5.マスカラをまつ毛の上下に塗ります。
※ここでも黒目部分の上下のまつ毛に重ねづけして中央を盛り、目の縦幅を強調させます。

面長を小顔にするメイクのやり方♡まとめ

面長を小顔に見せるメイクのやり方を紹介してきましたが、いかがでしたか?
シェーディングで顔の縦幅を短くみせハイライトのピンポイント使いで立体感をアップさせるのが、面長を小顔に見せるベースメイクのポイントです。
シェーディンがが浮かないようにアイメイクにも重点を置いてメイクしていきましょう。
コンプレックスだった面長もメイクで小顔にチェンジさせることができますよ♪
ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事一覧