【エラ張り】を小顔に見せるメイクのやり方♡シェーディング・チークの塗り方など

エラ張りを小顔に見せるメイクのやり方をご紹介します。
角ばって顔が大きく見えてしまうフェイスラインも、シェーディング・チーク・ハイライト・眉・アイメイクのメイクやり方次第で小顔にチェンジさせることができるんです!ぜひ参考にしてみてくださいね。

小顔効果抜群?!エラ張りさん向けメイク

エラが張っているせいで顔が大きく見える…太って見える…
エラ張りさんに多いそんな悩みも、実はメイクで小顔にすることができるんです!
コンプレックスだったエラもベースメイクやシェーディング・チークなどメイクのやり方次第で理想の小顔にチェンジ♪

エラが張っていて悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

エラ張りを小顔に♡ベースメイク

エラ張りを小顔にする【ベースメイク】のやり方

image from instagram

のっぺり顔に見られがちなエラ張りさんは、顔の内側を中心にファンデーショを塗り立体感が出るように仕上げるのがポイントです。
顔全体を均一に塗ってしまうと顔の輪郭・エラが強調されてしまうのでNG!
顔の内側→外側に向かってファンデーションが薄くなるように意識しながら塗っていきましょう。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのファンデーションのカラー
ファンデーションのカラーが肌よりも明るいと顔の輪郭・エラが強調されてしまうので、首の色に合わせてファンデーションのカラーを選びましょう。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのファンデーションのタイプ
顔の内側から外側に向かって薄く塗り広げやすいリキッドファンデーションを使用します。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのファンデーションの塗り方
<下地>
1.下地をパール大手の甲に出し、中指と薬指の腹に少量とります。
2.顔の内側を中心に内側→外側に向かって薄く塗り広げます。
(両頬→おでこと面積が広い部分から)
※髪の毛の生え際から指2本分くらい内側の範囲に収まるように塗り、フェイスラインはなじませる程度でOK!
3.小鼻・目元・口元などの細部は指の側面を使って抑えるように塗ります。
4.最後に両手で顔を包み込みハンドプレスしてなじませます。
<ファンデーション>
1.リキッドファンデーションをパール大手の甲に出し、中指と薬指の腹に少量とります。
2.目の下に逆三角形になるようにのせます。
3.スポンジを使って、頬の内側を中心に顔の内側→外側に向かって薄く塗り広げます。
(肌の表面をさーっとなでるようにファンデーションを伸ばし、ポンポンと叩き込みながらなじませます)
4.反対側の目の下も2〜3と同じようにファンデーションを塗ります。
5.ファンデーションを足さずにスポンジに残っているファンデーションを使って、額・鼻筋・あごを塗ります。
6.目元・口もと・小鼻周りはスポンジ残っているファンデーションとスポンジの何もついていない部分を使ってポンポンと叩き込むようになじませていきます。
7.シミなどを隠したい部分にコンシーラーをちょんとのせます。
8.指先で優しく叩き込みながらなじませ、最後にスポンジで抑えながらカバーします。

エラ張りを小顔に♡シェーディング

エラ張りを小顔にする【シェーディング】のやり方

image from instagram

顔の横幅が広めのエラ張りさんは、シェーディングでフェイスライン・エラに影を入れ輪郭を引き締めましょう。
シェーディングはフェイスラインをぐるっと一周入れたくなりますが、エラ張りさんはエラが張り出している部分にだけピンポイントで入れるのがおすすめです。
こうすることでフェイスラインにもメリハリが生まれ、立体感をさらにアップさせることができます。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのシェーディングの使い方
一番気になる部分「エラ」を削るようにシェーディングを入れるのがポイントになります。
エラが張っている部分をシェーディングで暗くすることで影になり、正面からみるとエラが張っている部分をシャープに見せる効果があります。
フェイスライン(顔の外側)にいくほど影が濃くなるようにシェーディングを入れていきましょう。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのシェーディングのタイプ
エラが張っている部分にピンポイントでシェーディングを入れ、内側→フェイスラインが濃くなるようにグラデーションをつけたいのでスティックタイプのシェーディングを使いましょう。
またマットな質感のシェーディングも重ねて輪郭を引き締めたいので、パウダータイプのシェーディングをW使いするのがおすすめです。
光効果で膨張して見えてしまうので、パールなしのタイプを選んでください。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのシェーディングの入れ方
1.スティックタイプのシェーディングを、耳の付け根の上の部分〜エラが一番張っている部分にかけて、4本ほど上から順に外側から内側に線を入れます。
(耳の付け根の上の部分が一番短く、フェイスラインの線が一番長くなるように)
2.一番上のラインから顔の外側に向かってシェーディングをぼかします。
(指の腹を使ってトントンと軽く叩き込むように、フェイスラインが一番濃くなるように)
3.指の腹にシェーディングをほんの少しつけ、エラ部分にだけ重ねて塗ってなじませます。
4,フェイスライン〜耳の下・エラ〜あごの側面の裏側まで丁寧になじませます。
5.パウダータイプのシェーディングをブラシの先に少量取ります。
6.手の甲やティッシュの上で量を調整し、もみ上げ〜口角の高さまでのフェイスラインにひと塗りします。
7.大きめのパフにフェイスパウダーを少量とり、揉み込みながらパフの中にパウダーをしっかり含ませます。
8,ファンデーションと同じように顔の内側を中心に内側→外側に向かって薄くのせます。
(フェイスラインはほとんど付いていない状態でOK!)
9.何も付いていない状態の大きめのフェイスブラシを使って、内側→外側に向かってブラシを動かしながら余分な粉をはらいます。

エラ張りを小顔に♡ハイライト

エラ張りを小顔にする【ハイライト】のやり方

image from instagram

高さを出すために使うハイライトは額・鼻筋のTゾーンに入れることが多いのですが、重心が下がって見えがちなエラ張りさんは、ハイライトで顔の上部・目元に明るさをプラスしてリフトアップ効果を狙いましょう。
こうすることで顔全体のバランスが取れ、小顔に見せることができます。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのハイライトの使い方
エラ張りさんはハイライトを「顔の上部・目元」に入れるのがおすすめです。
鼻のくぼみ・目頭・目尻の下にハイライトを入れ目元を明るく強調させます。
こうすることで顔の上部に立体感がうまれ、顔の重心が下がって見えてしまうエラ張りさんの悩みを解消しながら小顔効果もアップさせることができます。
また、あご先にもハイライトを入れて尖ったあごを強調させると、さらにエラ張りをカモフラージュさせることができますよ。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのハイライトのタイプ
エラ張りさんにおすすめのハイライトのタイプは「クリームorスティック」
顔の上部・目の周りだけにピンポイントで入れたいので、指先にとってハイライトを塗ることができるクリームorスティックタイプを使いましょう。
自然なツヤと立体感を出すことができる微細パール入りがおすすめです。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのハイライトの入れ方
1.中指or薬指の腹にハイライトを少量とります。
(量の調整が難しい場合は、一旦手の甲につけてみてください)
2.鼻の付け根のくぼみ部分・目頭の「く」の部分・目尻の下・あご先にハイライトを入れます。
・鼻の付け根のくぼみ部分:横長く楕円状に
・目頭の「く」の部分:「く」の字に沿って
・目尻の下:目尻下の少し外側に円を描くように
・あご先:あごの先端に逆三角形を描くように
3.それぞれ範囲が広くなりすぎないようになじませます。

エラ張りを小顔に♡チーク

エラ張りを小顔にする【チーク】のやり方

【エラと頬骨の出っ張りをカバーしながら小顔仕上げるチークの塗り方】

image from instagram

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのチークの使い方
エラと頬骨の出っ張りをカバーしながら小顔仕上げたいなら、頬骨より少し下の位置に楕円形にチークを入れましょう。
頰の出っ張りの下にチークを入れて横に陰影をつけることで、ゴツゴツした印象を与える頬骨に女性らしい丸みをプラスさせることができます。
エラ張りさんは頬骨も気になっている方も多いので、ぜひこのチークの塗り方を参考にしてみてくださいね。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのチークのタイプ
”ツヤ”を重視したいので、クリームタイプのチークがおすすめ。
クリームタイプは肌に溶け込むようになじむので、素肌感を生かしたチークメイクをしたい時にぴったりです。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのチークのカラー
どんな肌トーンにもなじみやすくナチュラルな血色感をアップさせてくれる「コーラルピンク」を選びましょう。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのクリームチークの入れ方
1.中指と薬指にクリームチークを取ります。
・小鼻脇・黒目の内側が交わるところを起点にチークを入れます。
2.薬指を中指で横に2回ポンポンとスタンプを押すようにチークをのせます。
3.楕円形を意識しながらトントンと叩き込むようになじませます。
4.何もついていない指で楕円形の境目をぼかすようになじませます。
※最終的にチークの上のラインが頬骨の境目にくるように

【エラをカバーしながらキュートな雰囲気に仕上げるチークの塗り方】

image from instagram

■エラ張りをを小顔の見せるおすすめのチークの使い方
エラ張りさんは「黒目の内側」よりも外側の位置からチークを入れるのがポイントです。
両サイドに広がるようにチークを塗ることで頬の横幅が強調され、フェイスラインのエラ張りをカバーすることができます。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのチークのタイプ
薄く広範囲に入れたいので、パウダータイプを使います。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのチークカラー
おすすめのチークカーラは「青みピンク」
肌の透明度をアップさせる青みピンクで立体感をプラスさせながら、女の子らしいキュートな雰囲気も演出しましょう。
ツヤ感がある方がチークの色味も強調できるので、微細パール入りがおすすめです。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのパウダーチークの入れ方
1.小さめのチークのブラシの先にパウダーをつけ、手の甲やティッシュの上でパウダーをブラシにしっかり含ませながら量を調整します。
・黒目の内側・小鼻脇の上が交わるところを起点にチークを入れます。
2.ブラシを起点に起き、目尻に向かって楕円形になるように斜め上にブラシを動かします。
(起点よりも目尻側が細くなるように)
3.もっとチークを強調させたい場合は、チークを足さずにブラシに残っているパウダーを使って、2を繰り返します。
※この時、2でチークを入れた範囲よりも広くならないように注意してください。

エラ張りを小顔に♡アイメイク

エラ張りを小顔にする【眉・アイブロウ】のやり方

image from instagram

エラ張りさんが小顔に見せたい時におすすめの眉の形は「平行・長めの眉」です。
眉が短かったり眉山に角度があると、カクカクとした輪郭や顔の横幅を強調させてしまうのでNG!
長めに眉を描いて顔の余白を埋めて小顔効果アップを、眉山は平行気味に描いてフェイスラインを柔らかく見せてエラ張りをカバーしましょう。
キリッとした雰囲気のエラ張りさんは直線的な眉が似合いますが、アーチ型が好きな方は角度をつけすぎないように平行を意識したアーチ型を目指してください。
眉の色は髪の毛の色よりもワントーン明るめのカラーで、優しい雰囲気に仕上げるのがおすすめです。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめの眉の形
・眉頭:目頭の真上から描き始める
・長さ:眉尻が小鼻と目尻を結んだ延長線上
(眉尻が眉頭の下のラインと同じ高さになるように)
・眉頭〜眉山:床と平行になるように直線的に描く
・眉山〜眉尻:眉尻の目安の位置まで、なだらかなアーチ型になるように描きます。
※眉山の位置は、黒目の外側と目尻の間を目安に

■エラ張りを小顔の見せるおすすめの眉の描き方
1.上記の眉の形を参考にアイブロウパウダーでアウトラインを取りながら眉を描きます。
2.眉の下側を、眉頭から眉尻まで平行になるようにアイブロウペンシルで描きます。
3.眉の上側を、眉山から眉尻までアイブロウペンシルで描きます。
3.眉の毛流れに沿ってスクリューブラシで軽くとかしながら、アイブロウパウダー・アイブロウペンシル・自眉をなじませます。
4.薄い部分があれば描き足します。

エラ張りを小顔にする【アイメイク】のやり方

image from instagram

シャープなフェイスラインできつい印象を与えてしまうエラ張りさんは、目元を優しく女性らしい雰囲気に仕上げてエラの存在感をオフしましょう!

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのアイシャドウ
パール入りのベージュやブラウン・薄いピンクを使って温かみのある目元を目指します。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのアイライナー
目尻だけにアイラインを入れて柔らかい雰囲気にしたいので、ブラウンのリキッドアイライナーを使用します。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのマスカラ
まつ毛の長さを強調しつつ優しい印象の目元にするために、ブラウンのマスカラを使用します。

■エラ張りを小顔の見せるおすすめのアイメイクのやり方
1.パールベージュのアイシャドウをアイホールの真ん中に置き、両サイドに広げながらアイホール全体に丸みが出るように塗ります。
2.濃いブラウンを上まぶたのキワ〜二重幅に重ねて塗ります。
3.1のアイシャドウを1と2の境目に塗りぼかします。
4.目尻から目頭の向かって約1cmアイラインを引きます。
5.目尻から約5mm長めにアイラインを引きます。
6.下まぶたのキワに薄いパールピンクのアイシャドウを塗ります。
7.あまりカーブをつけすぎないようにビューラーをします。
8.ブラウンのマスカラをまつ毛の上下に塗ります。
(ボリュームよりも長さ重視で)

エラ張りを小顔にするメイクのやり方♡まとめ

エラ張りを小顔に見せるメイクのやり方を紹介してきましたが、いかがでしたか?
シェーディングで輪郭を修正しハイライトのピンポイント使いで立体感をアップさせるのが、エラ張りを小顔に見せるベースメイクのポイントです。
チークでエラや頰の出っ張りをカモフラージュし、アイメイクは女性らしく優しい雰囲気に、眉は顔の余白を埋めるように意識しながらメイクしていきましょう。
コンプレックスだったエラ張りもメイクで小顔にチェンジさせることができますよ♪
ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事一覧