ぽっちゃりさんにオススメ☆結婚式ファッション&ヘアアレンジ

結婚式などのお祝いの場は、華やかな服装で行きたいですよね。
今回は、ぽっちゃりさんにオススメの結婚式お呼ばれコーデをご紹介します。
パーティーに花を添える存在になりましょう!

これだけは注意して!結婚式のNGアイテム

仲のいい友達の結婚式でも、フォーマルな場となるとマナーは気になるもの。
自分が浮いてしまわないよう、また主役に恥をかかせないよう、まずはNGなアイテムをチェックしておきましょう。

NGなドレス

●ゼッタイにNG!白のドレス

常識ですが、白は花嫁の色。
あくまで脇役の招待客が、白を着るのは絶対に
ダメ!

また、薄いベージュやパステルカラーも明るい場所や写真を撮る時に白く見えてしまうので、避けたほうがいいでしょう。

●全身黒のスタイル

黒のドレスに明るい差し色やアクセサリーを合わせればOKです。

しかし、羽織ものも黒だったり、黒のドレスに黒タイツや黒ストッキングを合わせたりするのは、お葬式をイメージさせるのでNG
華やかな場にはふさわしくないファッションです。

NGな小物

●ファーなどの動物性のアイテム

「殺生」をイメージさせるファーのアイテムは、基本的にはNGです。同じ理由で皮革素材(特にヘビ皮などの爬虫類)も避けた方が無難。

ボレロやバッグでは、パーティ用として売られているものも多いので気を付けましょう。

●ミュール/サンダル、オープントゥのパンプス

どんなに華やかなデザインでも、ミュールやサンダルはカジュアルすぎてNG。特にサンダルは、だらしなく見えてしまいます。また、オープントゥは「妻が先に出る」と考えられ、NGです。

フォーマルな場ではかかともつま先もしっかりとある靴を履きましょう。

●ブーツ

冬場の結婚式は寒いので、できるだけ暖かい服装をしたいかもしれません。でも、ブーツはあくまでも防寒具。フォーマルな場にはふさわしくないアイテムです。ショートブーツもNG

どうしても寒い場合はパンプスを持って行き、会場で履き替えてクロークに預けましょう。

●大きなバッグ

どんなに高級ブランドのバッグでも、大きいものはNGです。席周りに置くことはできませんし、持ち運ぶのにも不便ですね。

持ち物が多い場合は、貴重品などを入れたクラッチバッグを持って行き、大きい方はクロークに預けましょう。

ぽっちゃりさんにオススメの結婚式お呼ばれドレス

ぽっちゃりさんの華やかな装いを紹介します。参考にしてみてくださいね。

◯フィット&フレアのドレス

フレアスカートになっているドレスは、定番でオススメ。上半身はコンパクトなものを選ぶとシルエットがきれいに見えます。

色は派手すぎず、地味すぎす、無地のものを選んで!

◯ハイウェストのドレス

胸のすぐ下あたりに切り替えがあるハイウェストドレスは、メリハリが出てオススメ。

上下で色が違うバイカラーのものもありますが、「分かれている」を連想させ、縁起が悪いので単色のものを選んで。切り替え(ベルト)部分が色違いのものや、ポイントのあるものもオススメです。

◯Vネックのドレス

Vネックで小顔効果を狙うことができます。
すでにオススメした、ハイウェストやフィット&フレアとのコンビネーションのものなら、さらにスタイルアップ!

◯ボートネックのドレス

襟ぐりが横に広く開いているボートネックは、首を細く見せる効果アリ。
ビジューやスパンコールが襟元についているものなら、アクセサリーが少なくても華やかに見えます。

◯ノースリーブのドレス

二の腕が気になるなら、逆に思い切って出してしまいましょう!ストラップが首側に深くえぐれているものは、たくましく見えてしまうので、肩先までは隠れているものがおすすめです。

◯透け素材のドレス

袖などに、レースやオーガンジーなどの透け素材が使われているドレスは、適度な肌見せで上品な雰囲気もあるのでオススメ。
春夏はボレロやショールなしでも着られるのがうれしいですね!

◯ペプラムドレス

特におなかが気になる人には、ペプラムタイプのドレスもオススメ。ウェストから腰下にかけてフレアになっているデザインなので、気になるおなかやおしりをしっかりカバーしてくれます。
フレア部分の長いものや短いもの、位置の高いもの、スカート部分もフレアになっているものなど様々なデザインがあるので、気に入るものを探して。

上下別々で、ペプラムスタイルのスカートやジャケットもあります。

ぽっちゃりさんにオススメの結婚式でのヘアアレンジ

ヘアスタイルも、結婚式のお呼ばれでは悩みどころ。
美容院でセットしてもらう選択肢もありますが、自分で簡単にできるアレンジも意外とあるものですよ!
オススメのアレンジとポイントを髪の長さ別にご紹介します。

NGなヘアアレンジ

●普段通りのダウンスタイル

結婚式にはアップスタイルが基本です。
華やかな巻き髪でもダウンスタイルではNG

ハーフアップならOKなので、面倒くさがらずに少しでもアレンジしましょう。

ショート〜ボブヘアのアレンジ

髪が短いとアレンジの幅も少ないのでは?と思うかもしれません。でもだからこそ自分で簡単に華やかなアレンジができるのです。ぜひ参考にしてみてください。

らくちん♡耳掛けアレンジ

ショートホブの人のもっとも簡単なアレンジがこれ。

前髪を残して片側サイドを耳の後ろに流し、ヘアピンで留めるだけ!襟足をコテでハネさせるのもいいですね。飾りピンはしっかり固定できるパッチンタイプがオススメ。コームでしっかり整えて、たるまないようにしましょう。
簡単なのにきちんと感がでる、ぽっちゃりさんにもオススメのアレンジです。

>ポイント
・サイドの髪を後ろに流す際は、コームを使ってきっちりと整えましょう。たるみやすい耳周りの髪をしっかり留めてください。

◯ポンパ風かんたんアレンジ

全体にアイロンでゆるくカールして、前髪とその後ろの髪をねじり上げて留めるポンパドール風アレンジ。髪を留める部分にはバレッタなどのヘアアクセサリーを使うのもいいでしょう。

このアレンジは、ポンパドールで縦長の印象を与えることができるので、ぽっちゃりさんにもオススメです。

◯キュートにもクールにも!片側編み込み

前髪長めのショートボブで片側だけを編み込んだスタイルです。
このスタイルは、パーマでもストレートでもきまりますし、顔まわりがすっきり見えてオススメです。

>ポイント
・花かやなヘアアクセサリーをつけたり、大きなピアスを使うことで、様々な印象に変化させることができます。その際はバランスに気をつけて。

くるりんぱ+三つ編みのハーフアップ

おなじみのくるりんぱでハーフアップを作り、サイドの髪を三つ編みにして一緒に留めるだけの簡単アレンジ。後ろで結ぶことができる長さがあればできるので、ボブの人も挑戦しやすいですね。

>ポイント
・くるりんぱができたら、結び目を押さえてトップの髪を引き出して。無造作にしすぎないよう、トップにボリュームが出るようにしましょう。
・顔まわりの髪は残しておいてもOK。小顔効果が狙えます。

ミディアム〜ロングヘアのアレンジ

最近のパーティスタイルではゆるふわなニュアンスのアレンジが人気ですが、ぽっちゃりさんの場合は、あまりに無造作なアレンジにすると清潔感がなくなってしまう場合があります。アップスタイルで、割ときっちりめのアレンジがオススメです。

また、まとめ髪はポイントを上に持ってくる方がすっきりした印象になります。

◯ロープ編みの華やかアップスタイル

髪全体を6つのパートに分け、ロープ編みを巻きつけていくだけのかんたんアレンジ。とても華やかですが、手順は簡単です。清潔感を出すため、引き出す髪は少なめにしましょう。

>この髪型に挑戦する場合のポイント
・できるだけ上にボリュームを出す
・髪を引き出しすぎない

◯編み込みで後毛も気にならないアップスタイル

①長めのボブからミディアムの人にオススメです。

②最初に上部分の髪を分けておきます。

③残った髪を左右から編み込み、ピンで留めます。

④〜⑤ ①で分けておいた上部分から、サイドを残して中程の毛束を持ち、髪に裏からハードスプレーをかけ、逆毛を立てます。

⑥髪をおろして頭頂部のポリュームがキープできるよう、もう一度スプレーをかけます。

⑦〜⑨サイドの髪を左右からねじり編みにし、ピンで留めます。

⑩最後に崩れないよう全体にスプレーをかけて 完成!


>ポイント
・逆毛を立てるときは、やり過ぎないように注意しましょう。頭頂部のふくらみがうまくできなくなってしまいます。

◯くるりんぱで簡単ハーフアップ

おなじみのくるりんぱも、結び目の下にバレッタをつけて結婚式仕様に。毛先をアイロンで巻けば華やかな印象アップ!

>ポイント
・くるりんぱができたら、結び目を押さえてトップの髪を引き出すことを忘れずに。
・顔まわりに後毛はあまり残さない方が◯、せっかくハーフアップにしているのに、うっとうしい印象になってしまいます。

遊び心のあるハートのハーフアップ

こんな遊び心のあるアレンジはいかが?

全体にアイロンでカールした後、二つに分けたハーフアップを作ります。それぞれにねじり上げながら3カ所をピンで留め、最後にハートの先端を一緒に留めます。一見難しそうですが、簡単にできるので挑戦してみてください!

>ポイント
・ハートが崩れないようにしっかり留めましょう。仕上げにヘアスプレーをかけて。
・顔まわりの髪が短くなっている人は、後毛を残して小顔効果を狙ってみて。そうでない場合は潔くまとめてしまいましょう。

素敵なコーディネートで楽しくお祝いしよう!

いかがでしたか?

様々なドレスやヘアアレンジで、自分らしいドレスアップを楽しんでください!
結婚式にはお祝いする気持ちを忘れずに、新郎新婦、他のゲスト、そして自分も気分良く過ごすため、おしゃれして参加しましょう。

関連記事一覧