気がない男性の誘いを傷つけずに断る方法!デートなどのお誘いに◎



全くタイプじゃない気がない男性からデートや食事に誘われた時、どうにか傷つけずに断る方法はないかと悩みませんか?はっきり断ったら気まずくなるし、なるべく穏当に生きたいですよね。このまとめでは気がない男性からの誘いをやんわりと断る方法をご紹介しています♪

気がない男性から誘われて困っちゃう・・・

全く興味がない男性から誘われて、でもきっぱりと断るのは申し訳なくて悩んでしまうことありますよね。

はっきり断れない性格だからこそ、関係を悪くせずになんとか断れないか考えてしまうものです。

案外、嘘の理由を探さなくてもやんわりと断る方法はあるんです♪
ちょっとした嘘も辞さない!という方なら、2回目以降のお誘いさえも遮断する断り文句も♪

このまとめでは、そんな気のない男性からの誘いを傷つけることなく断る方法についてご紹介します♪

気がない男性からの誘いをやんわり断る方法

「予定がわからないから分かったらこっちから連絡するね」

いつでも使えていいのが、「今度ご飯行こうよ」「デート行こうよ」と誘われた時に「予定が今はわからないから分かったらこっちから連絡するね」と言うこと!

ある程度普通の感覚をもった人なら、これを言った時点で、もしくはある程度時間が経っても連絡がないと察してくれるはずです。

自分から連絡するねということで、相手からの誘いを放置せずにとりあえず断ることができます♪

気がない男性を傷つけることなくそれとなく断れる良い言葉◎

もししつこく時間が経っても連絡してくるようなら、以下の方法を使ってみましょう。

「仕事/勉強が忙しくて余裕がない」

「最近仕事/勉強が忙しくて余裕がないんだよね、ごめん」と言うと、相手としても「そっか、頑張って」と言うしかないためおすすめ◎

部活でもサークルでもバイトでもなんでも大丈夫なので、日々時間をかけているものを断り文句に使ってみましょう♪

「落ち着いたらご飯行こうね」と一言つけておくと、相手としても嫌な気持ちがなく引き下がってくれるでしょう。

「彼氏がいるから2人だけでのご飯は遠慮するね」

彼氏がいる人はもちろん、初めて知り合った人に対しては実際に彼氏がいなくても「彼氏がいるから2人だけのお出かけは遠慮しとくね」というのは断るのに使えるフレーズなんです♪

相手としても彼氏がいる場合はどうしようもないため、2回目以降の誘いも遮断するという意味では効果てきめん◎

「親が夜遅いの心配するからごめん」

学生の場合で夜遅めのご飯に誘われた時などは「夜遅いと親が心配するの、ごめんね」と断るのもいいでしょう。

親を出されると男性としても引き下がるしかないですし、内心「そんなことないだろ」と思いつつも脈なしなのを感じ取ってくれるはず。

傷つけずに断ることはできます◎

傷つけずにきちんと断る方法としては、「理由をつけて断る」「自分から連絡すると言う」ことが効果的でしょう。

ある程度男性側としてもなんとなく察してくれるはず。
断るときは上記のような方法を参考に、なるべく早めに断りましょう♪

気が乗らない誘いは断ってストレスフリーな生活を♪

MILK

恋愛カテゴリ担当♪ 日々の恋愛にまつわる様々なことを記事にしていきます♡

Profile

関連記事一覧