エルメススカーフの巻き方・使い方|カバンやベルトにも

エルメススカーフの巻き方や使い方をご紹介。コーデにはもちろん、ベルトやヘアバンドとして使うのも◎。カバン・バッグへの巻き方も合わせてご紹介いたします。また、気になるお値段や人気のデザイン、サイズ展開なども。人気急上昇中のスカーフコーデにはエルメススカーフはいかがでしょうか?

エルメスカーフ、使いこなせていますか?

エレガントな印象のエルメススカーフの代表的な使い方といえば、首に巻くコーデなどですが、カバン・バッグに巻きつけてコーデを華やかに見せたり、ヘアアレンジに取り入れるなど、最近ではエルメススカーフの使い方・巻き方も様々。そんなエルメススカーフを皆さんは最大限に使いこなせていますか?

また、エルメススカーフってマダム向けなのでは...と手を出しにくい方も多いかと思いますが、取り入れ方次第では、程よくエレガントに女性らしさを引き立てたコーデを完成させることも可能です。

今回は、多くの世代の方にエルメススカーフを使いこなしていただけるように、様々なエルメススカーフの巻き方・使い方をご紹介したいと思います!

エルメススカーフの巻き方・使い方

基本の使い方・巻き方《ライニング》

スカーフを折る時、綺麗に細長くし折りやすくするために「ライニング」を作ります。どの結び方にも登場する基本的な折り方なので、まずはじめにライニングの作り方をご紹介したいと思います。

【ライニングの作り方】
①スカーフの裏を表にして広げます。
②4つの角のうち2つ(対角線常にある角)を中心に向かっております。
③折り畳んだ部分をさらに中心に向かって折ります。(お好みの細さで)
④好みの細さまで折ったら、真ん中の折り目でさらに半分に折り完成です。

結び方によってはきちっとタイトにライニングした方が綺麗に見える巻き方、ゆるくふんわりライニングした方が良い巻き方があります。ここからは、この辺りもスカーフの巻き方・使い方も含めご紹介していきたいと思います!

首への巻き方・使い方

【首への結び方・使い方①】バンダナ結び

①ライニングし細長くなったスカーフを折り目が内側に来るように首にかけます。
②横または前などお好みの位置で固結びをします。
③さらにもう一度固結びをして完成です。

この巻き方の場合は、きちっとライニングするのがおすすめです!

【首への結び方・使い方②】ループノット

①ライニングをし、帯状になったスカーフの真ん中辺りに結びめを作ります。
②結びめが首の中心(喉のあたり)にくるように首にあてます。
③スカーフの両端を首の後ろで交差させます。
④交差させた両端を先ほど作った結びめに通します。
⑤最後に両端を引っ張り、お好みの形を整えたら完成です。

この結び方は、きちっとしたライニングでもゆるっとしたライニングでも◎。その日のコーディネートに合わせてお好みでライニングしましょう!

【首への結び方・使い方③】スカーフリングを使った巻き方

スカーフの結び方がややこしい、着脱しやすいのがいいという方はスカーフリングを使ったスカーフの巻き方がおすすめ。スカーフリングの使い方はライニングしたスカーフを首にかけてリングを通すだけなのでとっても簡単!忙しい日にもぴったりです。

カバンへの巻き方・使い方

【カバンへの巻き方・使い方①】一本結び

①ライニングをしたスカーフを2つに折ります。
②片方は輪、もう片方は2本になっている状態でバッグの手提げ部分にかけます。
③輪になっている方に反対側の2本になった方を通します。
④輪の部分を抑えながら、もう片方をキュッと引っ張ります。
⑤結びめの形や引っ張り出した部分の形を整えたら完成です。

ショルダーでもトートにも使える簡単で万能な巻き方です。この巻き方の場合はゆるっとライニングしてこなれ感を出すのがおすすめ!

【カバンへの巻き方・使い方②】ハンドル結び

①ライニングを作り、スカーフの片方が長くなるように持ちバッグのハンドル部分のトップに合わせます。
②まずは右側から螺旋状にぐるぐると巻きつけていきます。
③ハンドルの付け根まで巻きつけたら、最後の部分をハンドルに結びつけます。
④左側も同じようにハンドルの付け根まで巻き付け、付け根部分で結びます。
⑤最後に形を整えたら完成です。

ヘアバンドとしての巻き方・使い方

①ライニングを作り、スカーフの中心を頭の後ろにあてます。
②両端を前に持ってきて、前または横などお好みの位置で2回結びます。
③余った部分をターバン部分に折り込んで完成です。

好みのスタイルに合わせてライニングの折り方を変えるのがポイントです。シンプルなコーデも大人で上質なエルメススカーフをヘアバンドとして活用すれば一気にきれいめな着こなしに。

ベルトとしての巻き方・使い方

①ライニングを作り、ベルト通しに通します。(ベルト通しがなくておOK)
②前または横などお好みの位置でリボン結びをします。
③リボン部分をお好きな形に整えたら完成です。

きれいにリボンを作るなら大きめのスカーフを使うのがおすすめです。短めのスカーフなら、センターで2回ほど結ぶだけでもOKです。

エルメススカーフを活かしたコーデ

ここからは、エルメススカーフを活かしたコーデをご紹介していきたいと思います!

とろみ感のある大人シャツに白のワイドパンツを合わせたきれいめコーデ。こんなコーデには高級感のあるエルメススカーフがまさにぴったり!バンダナ結びでより大人感を。シンプルな色使いのコーデだからこそ、エルメススカーフを合わせて上品で華やかに。シャツ×スカーフの組み合わせも◎!

コンサバな着こなしにはリーブノット結びでカジュアル感を。仕事帰りにスカーフをプラスするだけで手軽にOFFモード。バリキャリ女子からこなれたお洒落女子に大変身。いつものオフィスカジュアルコーデもスカーフを合わせておしゃれ着コーデに。スカーフとカーディガンのカラーをリンクさせて全体の統一感も◎!

ボーダーカットソーに白パンツ、トレンチを合わせたコーデにオレンジのスカーフをプラスすればパリジェンヌのような着こなしに。首元に明るいお色のスカーフを合わせると、お顔まわりがパッと華やかに。また、オレンジのスカーフは肌馴染みも良いので、スカーフ初心者の方にもおすすめなカラーです。

バッグにスカーフをプラスし普段のコーデをワンランクUP!首元にスカーフを巻くのは少し抵抗がある.という方でもバッグになら取り入れやすいのではないでしょうか?シンプルなコーデに合わせるなら、思っているよりも派手めのデザインのものが◎。明るくビビットなスカーフをバッグにプラスし、華やかな大人コーデに。

ヘアバンドとしてコーデに合わせても◎!独特な光沢のあるスカーフは、ヘアアレンジに使うのもおすすめです。アップヘアはもちろん、髪を下ろした状態でもOK。ロングヘアの方なら髪と一緒に編み込むのも素敵です。

エルメススカーフを買うならこれがおすすめ!

ここからは、エルメススカーフの購入を考えている方にはぜひチェックして頂きたい!おすすめのエルメススカーフのデザイン・サイズなどをご紹介したいと思います。

人気のエルメススカーフは?

最も人気なデザインは、エルメスのトレードマークである馬や馬車が描かれたデザインのスカーフ。その他、ベルトやチェーンが描かれた定番デザインも人気のようです。また、最近ではボタニカルな花柄や動物柄など斬新で個性的なデザインも多く、配色もビビットなので思い切って個性的なデザインをチョイスするのもおすすめです。

サイズは45または70がおすすめ

おすすめサイズは、スカーフとして最も使いやすい小さめの45×45サイズ、もしくはやや大判でちょうど良いサイズ感の70×70サイズです。コーデのポイントとしてさりげなく使うなら45サイズを、大胆華やかにコーデに取り入れたいのなら70サイズが◎。お好みのスタイルに合わせてサイズを選んでみてはいかがでしょうか?

エルメススカーフの価格は3〜4万円

限定品を除き平均的なスカーフの価格は、45サイズ、55サイズで25,000円前後から30,000円前後。70サイズで43,000円前後から60,000円前後で購入することができます。帯状になった細長い形状のスカーフが22,000円前後とエルメススカーフの中では最もお手頃な価格です。エルメスってかなりお高いのでは...という印象の方も少なくないと思いますが、比較的リーズナブルに手に入る価格帯のスカーフもあるので気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

エルメススカーフが汚れてしまったら?

上質なエルメススカーフは自宅でお手入れができるのか心配な方も多いですよね。結論から言うと、自宅でお手入れすることは手洗いであれば可能です。しかし、物によってはNGなものもあるので、お手入れ前に必ず洗濯表示や注意書きをよく読んでから自宅でお洗濯などするようにしましょう。お手入れ方法は以下の通りです。

【お手入れ(洗濯)方法】
①洗面器にぬるま湯をためます。(30度以下)
②その中におしゃれ着用洗剤(中性洗剤)を適量入れ、よく溶かします。
③洗面器の中にスカーフを浸し、優しく振り洗いします。
④水を変え、2〜3回すすぎます。
⑤すすぎ後、柔軟剤を溶かしたぬるま湯にスカーフを浸します(長時間放置しないよう気をつけましょう)
⑥柔軟剤に漬け込み後、絞らず手で軽く水を切り、バスタオルの上にスカーフを広げ、挟んで水気をきります。
⑦半乾きの状態で布をあて中温でアイロンをかけます。
⑧室内で陰干しすればお手入れ完了です。

エルメススカーフをおしゃれに使いこなそう!

今回は、エルメススカーフについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?大人女性のアイテムという印象が強く、なかなか手を出しにくい...と思われがちなエルメススカーフ。しかし、スカーフをコーデに取り入れるのがトレンド化している今だからこそ、大いに活用しおしゃれを楽しんでみませんか?また、最近のエルメススカーフは個性的・現代風なデザインもいっぱいです!思ったよりも手頃に購入できる価格帯のアイテムもあるので、新たなスカーフの購入をお考えの皆さんは要チェックです!

ayane

ライター歴2年。ファッション記事を中心に執筆中。

Profile

関連記事一覧