乳液を使った化粧直しがおすすめ!やり方を詳しく解説☆

化粧直しは乳液を使うのがおすすめです。スポンジやコットンを使って肌になじませれば、保湿はもちろん下地代わりにも。でも、やり方がよくわからない!という人のために、美容液じゃダメなの?オイルフリーはOK?持ち歩きに便利なプチプラのアイテムは?など、乳液を使った化粧直しについてとことん解説します!乾燥で崩れたオフィスメイク直しに☆

化粧直しには乳液を使おう!

朝キレイにメイクしても、汗や皮脂、乾燥によって、お昼すぎにはメイクがボロボロ。そんな時の化粧直しには乳液を使うのがおすすめなんです。
でも、スキンケアアイテムを使って化粧直しって、どうすればいいの…?と思う人も多いはず。
この記事では、乳液を使った化粧直しのやり方や、おすすめのアイテムなどを紹介します♪メイク崩れ対策に是非ご一読を☆

なぜ化粧直しに乳液がおすすめなの?

そもそも、なぜ化粧直しに、コスメではない乳液を使うの?と思っている人も多いのではないでしょうか。

メイクが崩れた時、ベストなのは崩れた部分のメイクを落としてスキンケアからやり直すこと。でも、外出先ではそんな時間も余裕もないですよね。
そんな時、乳液を崩れた部分になじませて拭き取れば、メイクを落としつつ保湿でき、さらに下地代わりにもなるので、ファンデーションやパウダーをキレイに塗り直せるんです。

ベースメイク、ポイントメイクともにお直しできますが、アイメイクなどの細かい部分は美容液を使ってもOK。
乳液よりも油分が少ないので、肌に栄養を与えつつヨレた部分だけ軽く落としてくれます。

乳液を使った化粧直しのやり方

化粧直しのやり方①どのタイプを使う?

ここからは、化粧直しのやり方について解説していきます。まずは、化粧直しにおすすめの乳液選びから。

化粧直しに使うには、油分が入ったものがおすすめ!
メイクは皮脂で崩れたり、オイルインタイプのメイク落としだとよく落ちたりしますよね。水分と油分が含まれた乳液なら、肌に潤いを与えつつ、適度にヨレたメイクを落とすことができるんです。
ただ、オイリー肌の人は油分が含まれる乳液だとベタつきすぎることがあるため、オイルフリータイプでもOKです。
保湿力が高い乳液なら、崩れたメイクをオフするだけでなく、肌をしっかり整えて化粧ノリをよくしてくれますよ。化粧下地の機能を兼ねたものなら、よりキレイに化粧直しできます♡

化粧直しのやり方②使うタイミングは?

化粧直しにおすすめの乳液を選んだところで、実際にメイクを直していきましょう。

乳液を使って化粧直しするタイミングは、顔全体でファンデーションがヨレてムラになっている時。
ベースメイクのお直しで、乳液の出番は一番最初です。

化粧直しのやり方③具体的な方法

まず、顔全体で皮脂が気になる部分にスポンジを当て、余分な皮脂をオフします。
同じスポンジに乳液を少量のせたら、崩れが気になる部分にポンポンと叩くようにして馴染ませます。
崩れたメイクと乳液が馴染んで目立たなくなったらパウダーをのせます。カバー力が欲しければパウダーファンデーションを、悩みが気になる部分にはコンシーラーを使うとさらにキレイな仕上がりに♪

Tゾーンや鼻など細かい部分は、乳液を小さなスポンジかコットンに多めにとり、ヨレたファンデーションを落とすように肌に滑らせます。
肌に馴染んだら、ファンデーションを落とした部分にまたファンデーションを塗って、直していない部分との境目をぼかします。
上からフェイスパウダーをはたけば、境目がより目立たなくなりますよ☆

アイメイクのヨレは、乳液を含ませた綿棒を使って。
崩れたアイシャドウやにじんだアイライン、マスカラの繊維などを、綿棒で優しくこすって落とします。
メイクを落とした部分にパウダーをのせて肌を整えたら、もう一度アイシャドウやアイライン、マスカラを塗り直しましょう。

乾燥が気になった時の乳液の使い方

日中、顔の乾燥が気になることも多いでしょう。
保湿したいけど、メイクの上からだとどうすればいいの…?と悩んでいる人も少なくないはず。
そんな時も、乳液が役立ちますよ♪

Tゾーンなど皮脂が多い部分をティッシュオフしたら、手のひらにパール粒1~2個分の乳液を出し、指に少量とって乾燥が気になる部分に滑らせるように馴染ませます。
広範囲の乾燥が気になる場合は、手のひら全体に伸ばし、顔を包み込むようにハンドプレスして馴染ませましょう。
注意点は、トントンしたりゴシゴシこすったりしないこと!メイク崩れの原因になってしまいます。

携帯におすすめの乳液は?

携帯におすすめ①ソフィーナボーテ 高保湿UV乳液

ここからは、化粧直しや日中の保湿用に、持ち歩きに便利なおすすめの乳液を紹介していきます♪

1つ目は、ソフィーナボーテの「高保湿UV乳液」。セラミドケア成分を配合するなど肌に潤いを与えてくれる処方で、乾燥でメイクが崩れた時にぜひ使いたいアイテムです。
SPF30・PA++++と、UVカット効果も申し分なし。化粧下地の役割も兼ねているので、キレイにお直しできますよ♡
携帯用には、30グラム入りのチューブタイプがおすすめです。

ソフィーナボーテ 高保湿UV乳液 SPF30 PA++++ しっとり 30g

ソフィーナボーテ 高保湿UV乳液 SPF30 PA++++ しっとり 30g

3024円

携帯におすすめ②キュレル 乳液

2つ目は、乾燥性敏感肌用のスキンケアブランド「キュレル」の乳液。しっかり保湿して肌をふっくらと潤わせながら、使い心地はべたつきません。
肌荒れも防ぐので、キレイなお肌で化粧崩れもしにくくなりますよ☆
携帯用には、化粧水のミニボトルもセットになった「潤浸保湿 ミニセット」がおすすめ!

キュレル フェイスケア しっとり(化粧水30ml+乳液30ml)

キュレル フェイスケア しっとり(化粧水30ml+乳液30ml)

1026円

携帯におすすめ③バランシング おしろいミルク

おすすめ3つ目は、エリクシール ルフレの「バランシング おしろいミルク」。
化粧下地を兼ねた朝用乳液ですが、透明感を出す「おしろい効果」と、皮脂と水分のバランスを整える「スキンバランス処方」で、化粧直しやメイクの上からの保湿にもぴったりなんです。
SPF50+・PA++++の高UVカット効果で、日中の日焼け止めの塗り直しにもおすすめ☆

バランシング おしろいミルク 35g

バランシング おしろいミルク 35g

1940円

愛用のアイテムを詰め替えて持ち歩くのもおすすめ

持ち歩きやすい乳液を買わずに、普段家で使っているアイテムを小さなポンプやボトルに詰め替えてポーチに入れても◎。でも、とろっとした乳液は化粧品用のポンプやボトルだと出しにくいことがありますよね。
おすすめは、100円ショップなどで売られている、お弁当用の小さな「ソースボトル」。ポーチの中でも邪魔にならず、元々液体を入れる用に作られているので漏れる心配も軽減されます。

他にもネット上には、乳液を染み込ませたコットンをジッパーバッグに入れて持ち歩いているという人も!かさばらず、コットンを取り出してすぐに化粧直しや保湿ができてラクチンですね♪
コンタクトレンズのケースに移し替えるという手もあります。片方のケースに乳液、もう片方にはリキッドファンデや化粧下地などを移し替えて持ち歩くと便利☆

乳液で化粧直しする方法☆いかがでしたか?

乳液を使った化粧直しのやり方や、おすすめのアイテムなどを紹介しましたが、いかがでしたか?

汗や皮脂、乾燥で崩れたメイクも、乳液を使えば、顔に潤いを与えながらキレイに直せるんです♪
この記事を参考に、上手に化粧直しをして1日中美しいあなたでいてくださいね♡

タカハシ

プチプラコスメと古着が好きなアラサーです。i-seeでは美容系の記事を中心に執筆しています。

Profile

関連記事一覧