デニムオンデニムコーデをつくるコツ♡失敗の原因はコレだった!

デニムオンデニムコーデをつくるコツを紹介します♡合わせ方を間違えるとダサく見えてしまいますが、ちょっとしたコツでおしゃれで洗練された雰囲気の服装になるんです。お気に入りのGジャンとデニムのボトムスを用意して、いつもより少し背伸びした上級者お洒落のデニムオンデニムコーデにトライしましょう♪

デニムオンデニムはダサい?魅力を紹介!

おしゃれになるはずが、いざトライしようとするとダサく見えてしまう…なんてことはありませんか?実はコツさえ掴めば誰でもおしゃれに取り入れることができます♪まずはデニムオンデニムの魅力やお洒落ポイントをおさらいしましょう。

<デニムオンデニムの魅力>
・デニムコーデのマンネリを打破できる
・デニムをフル活用できる
・こなれ感たっぷりな印象になる
・爽やかな青コーデになる

出番が少なくなったデニムも、デニムオンデニムならひと味違ったコーデを楽しめます。またブルーデニムを合わせることで、爽やかでこなれ感たっぷりなコーデにもなるんですよ♪

デニムオンデニムの失敗例

デニムオンデニムがダサく見えてしまうのはコーデの落とし穴にハマっているからかもしれません。ありがちな落とし穴をおさらいしましょう。

<失敗例>
・上下薄色デニムでカジュアル過ぎる
・上下タイトなシルエットでこなれ感がない
・コーデにメリハリがない

デニムといってもインディゴやライトブルーなど様々な色がありますが、特にデニムオンデニムで注意したいのが薄色の組み合わせです。淡いデニム同士だとカジュアル過ぎる印象になるので着こなしが難しくなります。またデニムの色に限らず、同色の長袖長ズボンの組み合わせはコーデにメリハリがつかず野暮ったく見えるので注意しましょう。

お洒落なデニムオンデニムコーデの「ポイント」・「コツ」

春夏コーデ

基本は「タイトにまとめ過ぎない」のがポイントです。Gジャン×デニムパンツの組み合わせが定番ですが、どちらかをゆったりとしたシルエットにするとお洒落にこなれ感がアップします♪

例えば春夏はコンパクトなGジャン、Tシャツ、デニムワイドパンツの組み合わせがおすすめです。ボトムスはフレアラインのデニムスカートや、リラックス感のあるデニムサロペットも大人カジュアルにまとまります。

上はコンパクトなGジャンを選んでバランスよくまとめましょう。トップスはデニムパンツにインしてメリハリをつくるといいですよ。ジャケットは前を閉じず、白Tシャツを覗かせて清潔感たっぷりな印象にしましょう。白×ブルーの爽やかな配色が春夏にぴったりです。

春夏は差し色になるインナートップスを選んでもいいですね。ブルーデニムに映えるイエローやレッド系のカラートップスがおすすめです。小物はスニーカーやショルダーバッグなど、シンプルなものにしてバランスをとりましょう。

どうしても野暮ったく見えるというときは、Gジャン×デニムパンツの間にワンピースを挟む方法がおすすめです。デニムアイテムをセパレートするだけで、デニムが主張し過ぎず、さりげなくこなれ感のある取り入れ方ができます。

例えば春夏はノースリーブのロングワンピースを選びます。サラッと落ち感のあるワンピースを合わせるとこなれ度がアップして見えますよ。デニムパンツは細身のシルエットでもいいですが、ワイドパンツで合わせると、よりリラックス感のあるカジュアルな印象になります。

ワンピースを挟むときは、Gジャンとデニムパンツを同系色でまとめましょう。程よく統一感がでて、全体がバランスよくまとまります。重ねるだけのスタイリングですが、デニムが脇役になるので、ほんのり女性らしさも漂うレディースコーデになります。簡単に上級者風に見えるのも嬉しいポイントです。

好きなデニムが偏っていて、クローゼットの中は同じ色のデニムアイテムが多いということもありますよね。同系色のGジャンとデニムパンツを合わせたいときは、手首・足首を出してコーデにメリハリをつけましょう。

例えばGジャンの袖をまくりあげ、デニムパンツの裾も足首が見えるようにロールアップします。するとコーデ全体がすっきりとした印象になり、野暮ったさを感じさせない洗練されたコーデになりますよ。足もとは素足にスニーカーの組み合わせでもいいですが、ソックスを合わせてコーデのポイントにしてもお洒落です。

秋冬コーデ

カジュアル過ぎるという方は、薄色から濃色にチェンジしてみてください。インディゴやネイビー、黒などの濃色でシックにまとめると、大人っぽいデニムオンデニムコーデがつくりやすくなります♪Gジャンとデニムパンツは全く同じにはせず、少し色味を変えて立体感をつくるといいですね。

インナーは気温に合わせてTシャツやニットを使い分けましょう。ブライトカラーのトップスならコーデが暗くなり過ぎません。ニットを合わせる場合はタイトなシルエットのものやカラーニットでキレイめな着こなしを意識するといいですよ。

シックな色のデニムの組み合わせはきれいめの小物にもマッチします。パンプスやクラッチバッグなど、上品でシックな大人小物を加えることでより洗練されたデニムオンデニムコーデになります。ぜひトライしてみてくださいね。

デニムオンデニムコーデの上に、ニットやコーディロイなどの異素材アウターを重ねて立体感を出すのもおすすめです。コーデに奥行きが生まれ、メリハリのある印象に仕上がります。例えばGジャンの上にニットカーディガンを合わせます。ブルーのGジャン×白のニットカーディガンなら素材感が引き立つキレイめカジュアルな印象になりますが、秋冬はブラウンで秋冬らしいコーデにしてもお洒落です。

インナートップス、デニムパンツ、小物は黒で引き締めて、大人っぽいトレンドコーデにまとめましょう。秋冬は厚手のニットなどを着ることもありますが、着膨れが心配なときは細身のジーンズですっきりと合わせるといいですよ。気温に合わせてデニムシャツ×デニムパンツ+アウターの組み合わせもおすすめです。アウターもトレンチコートやロングガウンなど好みのアイテムを合わせてみてください。

アニマル柄のアイテムや赤のパンプスなど、辛口の小物はデニムオンデニムコーデのブラッシュアップにおすすめです。例えば濃色デニムと相性のいいレオパード柄のバッグを合わせます。Gジャンはブルーデニムでカジュアルにまとめつつ、細身のデニムジーンズでメリハリをつけます。トップスはバッグに合わせてベージュ系や茶色系で合わせるとバランスがいいですよ。

デニムオンデニムコーデはお洒落に着こなせる!

ポイントをおさえればデニムオンデニムコーデは誰でもお洒落に着こなすことができます。デニムの色合いやサイズ感によってバランスの取り方も変わってきますが、まずはデニムと相性のいいアイテムや素材を知っておくと失敗しにくいですよ♪またデニムに定評のあるブランドをチェックするのもおすすめです。シルエットにこだわったデニムブランドのアイテムなら、デニムオンデニムをワンランクお洒落に演出できますよ。組み合わせをマスターしてお洒落なデニムオンデニムコーデを楽しんでみてください♡

合わせて読みたい♡デニムオンデニムコーデ関連記事

くるみ

おしゃれをみなさんと共有できたら嬉しいです。よろしくお願いします♪

Profile

関連記事一覧