10月の東京の服装は?上旬・下旬の天気の特徴&服装のポイント

10月の東京のおすすめの服装を紹介します。10月上旬の東京は最高気温30度前後の日も珍しくありません。その上、「秋雨」の時季と重なって、暑かったり寒かったりと寒暖差が激しい傾向にあります。10月の東京での服装はどうしたらいいでしょうか?今回は天気や服装の注意点をはじめ、秋のトレンドアイテムの取り入れ方も紹介します。ファッショントレンド最前線の東京で、10月もお洒落なコーデをつくってみましょう!

少し暑いけどトレンド感も欲しい!10月の服装はどうする?

10月上旬♡最高気温・最低気温と服装

10月に突入すると、徐々に気温が下がり秋めいてくることも。しかし、日によってはまだ夏のような暑さが残ることもあります。とくに東京の場合、10月上旬は最高気温30度前後の日も珍しくありません。最低気温は気温17度前後の日が多く、朝晩はジャケットやトレンチコートを合わせるとちょうどいい服装になります。

また8月から10月上旬にかけては、秋の初めての長雨「秋雨(あきさめ)」にあたり、東日本を中心に雨がたくさん降る傾向にあります。10月上旬に東京への旅行やおでかけコーデを考えているときは、気温と降水確率も一緒にチェックしてみてください。

10月下旬♡最高気温・最低気温と服装

10月下旬にもなると、最高気温22度前後まで下がり、最低気温は気温13度~14度前後の日が多くなります。秋らしく少し肌寒い気温となるので、秋用ジャケットや薄手のコートを取り入れた服装がおすすめです。気温によっては薄手のニットやブーツを取り入れ始めてもいいですね。

10月下旬から11月ごろにかけては、日本が高気圧に覆われ「秋晴れ」の日もみられます。雲ひとつないスッキリと晴れ渡ったような日となりますが、高気圧に続いて低気圧が来たときには雨の日になることもあります。

日本の10月は天気が変わりやすいので、カーディガンやアウターで温度調節ができる服装にするのがおすすめです。

10月上旬の服装のポイント

夏トップス×秋アウターの服装にトライ

日中は少し暑さを感じる10月上旬は、朝晩の温度差対策に薄手の秋アウターを取り入れるのがおすすめです。例えばTシャツ×ワイドパンツの夏コーデにチェック柄ジャケットをプラスします。秋らしさ満点のチェック柄ジャケットは、さっと羽織るだけでコーデを簡単にアップデートできますよ♪

チェック柄ジャケットの他にも、ライダースやトレンチコート、コーディガンなどの薄手の秋アウターを合わせると温度差対策に便利です。ジャケットだとまだ暑いという日には、チェック柄シャツをアウター代わりにした服装もおすすめです。

インナートップスは夏物で合わせましょう。半袖やブラウス、Tシャツでアウターを脱いだ時に、暑さ対策ができる服装にしておくと安心です。

titivate ダブルボタンチェックジャケット

titivate ダブルボタンチェックジャケット

価 格:8,629円(税込)
カラー:グレー、チャコール
サイズ:S、M、L

秋小物でトレンド感のある服装にする

夏日に近い気温だと、秋アウターがまだ取り入れにくいという方も多いですよね。そんなときは小物からトレンドを取り入れるのがおすすめです。例えばファーバッグなら、あまり気温に関係なく合わせることができます。シンプルなコーデに合わせると、秋小物がおしゃれに映えますよ♪

例えばブライトカラーの上下無地コーデに、ベージュのコーディガンを合わせたシンプルな服装に合わせます。黒のファーバッグとパンプスで大人上品にまとめれば、秋のニュアンスも感じさせる旬のコーディネートになります。暑さが残る日はトップスとボトムはブライトカラーで軽やかにまとめるのがポイントです。ロングコーデも暑苦しく見えません◎

シックな配色で秋らしい服装を演出

程よく重量感をプラスしてくれる黒のライダースジャケットは、カーキのロングスカートと合わせると辛口のカジュアルコーデに仕上がります。黒×カーキの秋らしい配色で一気にトレンド感がアップしますよ♡

トップスは最高気温に合わせてキャミソールやTシャツを合わせるのがおすすめです。小物はキャップ帽やベレー帽でキャッチ―に合わせてもいいですね。足もとはスニーカーで抜け感をだすと10月の旅行にもぴったりな服装になります。

Lily Brown ギャザーロングスカート

Lily Brown ギャザーロングスカート

価 格:11,232円(税込)
カラー:ブルー、ベージュ、ブラウン
サイズ:0、1

ニットを取り入れた服装にする

残暑が残る10月上旬はレースブラウスが活躍してくれます。冷房が効いた部屋では1枚では寒いので、ゆるめのニットカーディガンで温度調節ができる服装にしましょう。

下はデニムやチノパンなどカジュアルなボトムで合わせるとこなれた印象になります。異素材ミックスで合わせればお洒落度もアップしてみえますよ。

雨の日はワンピース×トレンチコートの服装がおすすめ

雨の日はサマーワンピースにトレンチコートを合わせた服装がおすすめです。例えば、夏に大活躍の白のワンピースにカーキのトレンチコートをプラスします。

足もとは黒のスニーカーで引き締めれば、秋のムードに合う大人っぽく落ち着いた服装の完成です。インナーは白ワンピースなので、暗すぎないコーデになるのもポイント。デートにもおすすめの10月の服装です。

10月下旬の服装のポイント

いよいよ秋らしい陽気となる10月下旬は、秋のトレンドアイテムをたっぷり取り入れた服装がおすすめです。

今年のトレンドアイテムはファーやレザーなどの異素材をはじめ、ビンテージ調の花柄やパープルなど、個性的なアイテムが揃っています。いずれも取り入れるのが難しそうな個性的なアイテムですが、コーデのコツさえ掴めば最新のファッションが楽しめますよ♡
気温も考慮しながらトレンドコーデに挑戦しましょう。

個性的なフェザースカートはGジャンでカジュアルな服装に

秋冬シーズンに人気が高いファー素材のアイテムに並び、今季は個性的なフェザーモチーフのアイテムにも注目です。ふわふわと軽やかな印象のフェザーモチーフは、カジュアルコーデに1つ取り入れるだけで新鮮な服装になりますよ♪肌寒くなってくる10月下旬のレディースコーデにおすすめです。

例えば薄ニットにフェザーモチーフのロングスカートを合わせます。ニットはコンパクトにインするとメリハリのある印象になりますよ。Gジャンとスニーカーでカジュアルにまとめれば、個性的なスカートがぐっと取り入れやすくなりオススメです。

ROSE BUD ミディ丈タイトスカート

ROSE BUD ミディ丈タイトスカート

価 格:10,584円(税込)
カラー:ブラック、ホワイト、オレンジ
サイズ:F

トレンドカラーはシンプルな服装で大人っぽく

シンプルなコーデにトレンドを投入するなら「色」を工夫するのがおすすめです。2019年秋冬トレンドのパープルは、黒と合わせて辛口にコーデすると大人っぽくまとまります。

例えばパープルのニットに黒のワイドパンツでこなれ感のある服装にするといいですよ。小物もファーバッグやスエードパンプスで秋らしくまとめると季節感たっぷりなコーデになります。
ボトムは手持ちの黒のアイテムでアレンジするのもおすすめです。

ジャケット×ベルトでトレンド感のある服装にする

2019年秋冬はベルトブームが再来。ジャケットやコートの上からベルトマークをするスタイリングがトレンドです。手持ちのジャケットにベルトを合わせるだけなので、手持ちのアイテムでも簡単にトライできますよ。トップスは気温に合わせて長袖シャツやブラウスを合わせましょう。ボトムはストレートなシルエットでまとめるとスッキリとスマートな印象になります。

コーデのポイントは同じトーンのジャケットとベルトで合わせること。相性のいい色を合わせるとコーデ全体がバランスよくまとまります。ベレー帽やブーツなど、他の小物にも遊び心を利かせると、お洒落度がさらにアップしますよ。

ロングコーデで上品な服装にする

秋冬はチェック柄が定番ですが、今季はビンテージ調の花柄も要チェック!落ち着いた配色の柄を選ぶと、シックで大人っぽい秋コーデになりますよ。

例えばベージュや黒、ネイビーなどの色味がおすすめです。肌寒くなる10月下旬は、花柄ワンピース、レギンス、トレンチコートのレイヤードコーデにするとお洒落に防寒対策もできます。ベージュのトレンチコートならビンテージ調の花柄ワンピースに上品にマッチします。足もとはパンプスできれいめにまとめると素敵です。

SHIPS フラワープリントギャザーショートスリーブワンピース

SHIPS フラワープリントギャザーショートスリーブワンピース

価 格:31,320円(税込)
カラー:ブラック、ベージュ
サイズ:36、38

10月の東京の暑さ対策!服装で工夫するなら?

東京の9月・10月上旬はまだまだ残暑が残ります。日によっては朝晩が冷え込むこともありますが、日中が暑い日は暑さ対策が必要です。ノースリーブやTシャツを使い分けながら、色は秋らしいベージュ、ブラウン、ボルドーなどを取り入れてみるといいですよ。

袖のあるトップスを着たいときは、ヒンヤリと心地い接触冷感のアイテムを取り入れるのもおすすめです。ボトムはロングスカートや通気性のいいワイドパンツなど、程よく重量感がでるロング丈のアイテムを取り入れると秋らしさがアップします。

10月の服装はこれで完璧♪

「秋雨」と「秋晴れ」が重なる10月は、天気や気温が変わりやすいので服装に注意が必要です。秋のトレンドアイテムを合わせるときは、1日の天気や気温を考慮しながら上手に合わせてみてください。残暑が気になる日は、接触冷感などの機能性のあるアイテム×秋アウターで合わせると暑すぎず寒すぎない服装がつくれますよ。ぜひ今回紹介したコーデのポイントを参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい♡10月の服装関連記事

くるみ

おしゃれをみなさんと共有できたら嬉しいです。よろしくお願いします♪

Profile

関連記事一覧