女性の平服はどんな服装をすればいい?シーン別にご紹介

女性の平服をご紹介します。結婚式の招待状やお別れ会の案内状などに「平服でお越しください」と書いてあった場合、どんな服装をしていけば良いか悩んでしまいますよね。「私服でいいの?」「どのくらいカジュアルでいいの?」みんなどんな服装をしているのか気になっている方も多いのではないでしょうか。平服の基準、結婚式やお別れ会など、シーン別に目安の服装をチェックしていきましょう。

平服って普段着でいいの?

「平服でお越しください」と言われた時の服装は、「礼服や正装でなくて良い」ということです。
冠婚葬祭では礼服が基本のルールとされているので、「礼服や正装をベース」に、少しだけラフにしても良いというイメージで服装を選びましょう。

「平服=普段着」と思っている方も多いと思いますが、いつもの着ているようなデニムやTシャツ、ニットなどはNGです。
ドレスコードでいうと、お祝い事や弔い事などで用いられる「インフォーマル(略礼装)」に当たるので、その場に適した服装をすることが重要なポイントになります。

画像提供:希さん(@mkmrt1)

「気軽な気持ちでお越しください」「それほどかしこまらなくて大丈夫です」という気持ちが込められていたり、会場や行事内容から主催者側が「平服がふさわしい」と考えて指定されている場合もあります。
「平服でお越しください」と言われているのに、フォーマルな服装をして行くと失礼になる場合もあるので注意してくださいね。

平服でお越しくださいと言われた場合は、どんな服装が良いのか、シーン毎にみていきましょう。

結婚式・二次会に平服でいく場合

ドレスコードの中でも1番格式が高い「フォーマル」な服装の場合、和装なら「振袖」「留袖」、洋装ならアフタヌーンドレス」「イブニングドレス」「カクテルドレス」と決まりがあります。
ドレスの場合は時間によって着用するデザインが変わったりと、格式張った服装をしなければいけません。

「平服」は「インフォーマル(略礼装)」にあたりますが、フォーマルの中でも自由度が高いのが特徴です。
平服で結婚式や二次会に出席する時は、「ワンピース」や「スーツ」を選びましょう。
ワンピースは、レースやシフォンなど上品な華やかさがあるデザインを。
スーツは、デザイン性のあるブラウスや、レース柄のスカートを合わせるのがおすすめです。
お祝いの席のお呼ばれスタイルなので、地味になりすぎないようにするのがポイントです。

【おすすめの服装】
■ワンピース
■オールインワン
■明るいカラー
■上品な華やかさがあるデザイン

【NGの服装】
■「オールホワイト」「オールブラック」
■露出が多すぎる服装
■派手すぎる服装
■ラフすぎる服装

もっと詳しい結婚式・二次会の平服(女性)はこちら

結婚式・二次会で「平服でお越しください」と言われた時の服装を紹介しています。
「どこまでカジュアルダウンして良い?」「ヘアメイクはどうしたら良い?」と悩んでいる方必見です。

お別れ会に平服でいく場合

お別れ会や偲ぶ会の案内状に「平服でお越しください」と書いてあった場合は、黒・紺・グレーなどの「ダークカラーベース」とした服装が基本になります。
選び方が難しい場合は、地味な色、装飾などが付いていないデザインで「喪服」を連想させるようなものを選びましょう。

画像提供:akkoさん(@akko3839)

【おすすめの服装】
■スーツ
■ワンピース
■アンサンブル

お悔やみの席では平服であっても素足はNGなので、黒のストッキングを履きます。
アクセサリーは、真珠やブラックオニキスなど華美でないものを選びましょう。
バッグやパンプスも黒や紺を、メイクもナチュラルにします。

もっと詳しい法事の平服(女性)はこちら

葬儀や法事、お別れ会(偲ぶ会)などで「平服でお越しください」と言われた時の服装を紹介しています。
「黒であればどんな服装でもいい?」「平服でない時とどんな違いがあるの?」と悩んでいる方必見です。

面接に平服でいく場合

「平服」にはビジネススーツも含まれるので、面接の時は「スーツ」が基本です。
企業によっては平服を指定することで、どんな服装をしてくるのか、マナーや常識はあるのか、などを試されている場合もあります。
「社会人としての平服=スーツ」と考えられていることも多いので、一般的な企業の場合は、「スーツ・リクルートスーツ」を着て行くのが無難です。

面接の平服【基本】

画像提供:_______mikki.nさん(@_______mikki.n)

基本はスーツですが、面接の場合は職種によって服装が異なるので注意しましょう。
美容系やアパレル系の場合は、「自分の個性やセンスをアピールできる服装」や「企業のブランドイメージに合う服装」が良いでしょう。
面接を受ける企業のホームページやSNSを確認するとブランドイメージを掴みやすいので、事前にチェックしておくと良いですよ。

どの職種でも「清潔感を重視」しながら服装を選んでくださいね。

平服のお手本コーデ|ワンピースで面接に行く時

画像提供:akkoさん(@akko3839)

シンプルなデザインであれば、ワンピースでもOKです。
ウエストマークされているAラインワンピースは、清楚できちんと感のある雰囲気を演出できるので面接にぴったりです。
カーディガンだとラフになりすぎて心配な場合は、テーラードジャケットやノーカラージャケットを合わせると良いですよ。

平服のお手本コーデ|アパレル系の面接にいく時

画像提供:akkoさん(@akko3839)

アパレル系は面接の服装で「ファッションセンス」や「トレンドに敏感なのか」などを判断されることが多くあります。
自分の個性やセンスをアピールできるチャンスなので、指定がない限りスーツは避けましょう。

面接を受ける会社の服を着用してブランド愛をアピールしたり、トレンドを取り入れた服装でおしゃれが好きということをアピールしたり、服装で印象を与えられるように意識しながら選びましょう。

服装選びに迷ったら、トレンドアイテム+ジャケットを羽織った服装がおすすめです。
おしゃれな雰囲気もきちんと感も演出することができるので、転職する大人女子にもぴったり。

平服のお手本コーデ|美容系に面接に行く時

画像提供:_______mikki.nさん(@_______mikki.n)

美容部員やサロンなど美容系に面接に行く時は、スーツのインナーはレースやシフォン素材など、少しデザイン性のあるブラウスを選ぶのがおすすめです。
可能な場合は店舗に足を運んで、スタッフがどんな服装をしているのか、店の雰囲気などもチェックしておくと良いですよ。

式典に平服でいく場合

入学式・卒業式・祝賀会などの式典に平服で行く時は、会場や式典の内容によって服装が異なります。
基本的にはドレスコードの「インフォーマル」をベースに、きちんと感がありつつ、華やかな雰囲気も感じられるデザインや色を選びましょう。

画像提供:yonnieさん(@yonnieins)

【入学式・卒業式】
■アンサンブルスーツ
■スーツ
■ワンピース
スーツは上下別でもOK、インナーはカットソーやニットなどラフなアイテムでも大丈夫です。

【格式の高いホテルや料亭などで行われる祝賀会】
■着物
■ワンピースドレス
■スーツ
格式張った場所ではない時は、入学式・卒業式の服装に、アクセサリーや装飾が施されたバッグなどを使って華やかさをプラスすると良いですよ。

シーンに合わせた平服を選ぶのがポイント

画像提供:希さん(@mkmrt1)

「平服でお越しください」は「正装・礼服でなくても良い」という意味で、普段着はNGです。
逆にフォーマルな服装で行くのも失礼になる場合もあるので注意しましょう。

■結婚式や式典:フォーマルをカジュアルダウンさせつつ、上品な華やかさを感じられる服装
■面接:スーツが基本、職種によって自分をアピールできる服装、ブランドイメージに合う服装
■お別れ会:喪服が連想される暗色の服装
このようにシーンに合わせることも重要なポイントです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

女性の平服についてもっと知りたい方はこちらをチェック

abimi

おしゃれなコーデが知りたい!流行っているヘアスタイル・メイクは?など、大人女性をもっと綺麗に素敵にみせてくれるトレンド情報をわかりやすくお届けしていきます。

Profile

関連記事一覧