女性が法事やお別れ会で【平服】を着る時の基本

女性が法事やお別れ会に平服で出席する時の服装をご紹介します。「平服でお越しください」と言われたら「黒を着ていけば私服でもいい?」「喪服でも良い?」「お別れ会は普段着でいい?」と、どんな服装をすれば良いか悩んでいる方も多いのではないのではないでしょうか。守るべきマナーや避けた方が良い服装のポイントなどをチェックしていきましょう。

法事で「平服」はどんな服装をすればいい?

お葬式、四十九日、百箇日、一周忌〜三回忌までは「喪服」を着用し、七回忌以降になると「平服」で行われるのが一般的です。
七回忌以降でなくても、葬儀の際「故人の意向に沿って、平服でお越しください」と伝えられることもあります。

お祝い事へのお呼ばれスタイルとしての「平服」のマナーは知っていても、法事の「平服」となると悩んでしまいますよね。
どんな服装が最適なのかチェックしていきましょう。

法事とは?

故人の冥福を祈るために僧侶に読経してもらうことを「法要」と言います。
「法事」は、四十九日・百箇日・一周忌と、故人の命日など節目ごとに行われ、法要後の会食まで含めた行事のことです。

法事で着る喪服の種類

喪服には格式があり、正喪服・準喪服・略喪服があります。
喪主側は正喪服を着用しますが、最近では準喪服で参列するのが多くなっています。
まずは、喪服の種類をチェックしていきましょう。

image from instagram

(洋服の青山)

【正喪服】
■対象者:喪主・三親等までの遺族
■服装(女性):黒無地の着物(染め抜きの五つ紋)、ブラックフォーマル
■シーン:お通夜・弔問、葬儀・告別式、一周忌までの法事

【準喪服】
■対象者:喪主・親族・参列者
■服装(女性):ブラックフォーマル
■シーン:お通夜・弔問、葬儀・告別式、三回忌までの法事

【略喪服】
■対象者:参列者
■服装:この略礼装が「平服」にあたる服装です。
これから詳しく紹介していきます。
■シーン:「平服でお越しください」と言われた場合、三回忌以降の法事

法事で着るブラックフォーマルとは?

正喪服や準喪服で着用する「ブラックフォーマル」は、冠婚葬祭で着用する「礼服」にあたります。
一般的には「ブラックフォーマル=喪服」として認識されていますが、お葬式だけなく、慶事用としても使われる服装です。
弔事用としてのブラックフォーマルは、以下に注意しながら選びます。

image from instagram

(洋服の青山)

■黒さが際立つ「漆黒」
■装飾や光沢感のない素材
■無地
■ワンピース、アンサンブル、スーツ

法事での平服(女性)は「略喪服」

法事(法要)・葬儀で「平服でお越しください」と言われた場合は、「略喪服」を着用します。

「略喪服」とは、お葬式で着用する喪服ほどかしこまった服装でなくても良いですが、普段着ているようなデニムやTシャツなどカジュアルな服装はNGなので、「平服」=「私服」ではないと覚えておいてください。
どのような服装が適しているか、詳しくみていきましょう。

法事での平服|「基本」の服装

地味な色でシンプルなデザインの、スーツやワンピースを着用します。
■ワンピース
■アンサンブルスーツ
(ワンピースとジャケットのセット)
■セットアップスーツ
(パンツorスカートとジャケットのセット)
■カラー:黒・紺・グレーなど「地味で暗い色」
■デザイン:平服の場合は、チェック柄やストライプなど柄物も良いとされていますが、遠目でみると無地に見えるような小さい柄・薄い柄を選びましょう。
■インナー:黒やグレーなどダークカラーで首が詰まっているデザイン

image from instagram

(AOKI)

【NG】
■露出が多い服装
(スカート丈は、「膝下〜ふくらはぎくらい」までを目安にします。)
■リクルートスーツ
(黒のスーツであればリクルートスーツで良いと思われがちですが、黒の濃さや仕立てが違うので避けましょう。)
■ビビッドカラーやパステルカラーなど明るい色
■ビジューなど装飾が付いてる派手なデザイン
■白のインナー

平服の場合はパンツスーツでも良いとされていますが、地域や個人の考え方にも違いがあり、あまり好ましく思われない場合もあります。
寒い地域、小さいお子さんがいらっしゃる方、法事のお手伝いで動きやすい格好が望ましい方以外は、スカートを選ぶ方が無難です。

法事での平服|【ストッキング】は黒orグレー

正装同様、素足はマナー違反になるので、黒のストッキングが必須です。
(平服の場合は、グレーでも良いです。)
素肌が透けて見えるくらいの薄さ・30デニールくらいを選びましょう。

画像提供:希さん(@mkmrt1)

【NG】
■ベージュ
■柄物
■装飾付き
■タイツ
(寒い地域や妊娠中の方を除く)

法事での平服|【靴】は黒のパンプス

靴は正喪服・準喪服の時と同じ、黒のパンプスを履きます。
革は殺生を連想させるので葬儀や法事では避けた方が良いとされていますが、最近は革靴を履いて参列される方も多くいらっしゃいます。
直接的な殺生を連想させないように、スムースタイプを選び、型押しやアニマル素材は避けるようにしましょう。

■黒
■シンプルなデザイン
■布製or革製
■ヒールは高さの目安は「3cm〜5cm」くらい

【NG】
■サンダルやミュール
■ブーツ
■高すぎるヒール
■エナメル素材

法事での平服|【バッグ】は布製の黒

バッグも正喪服・準喪服の時と同じ、黒で布製のものを選びます。

【NG】
■革製
■ファー付き
■金具付き

意外と見落としがちな小物、ハンカチ・袱紗・傘の色も地味ないものを選んでくださいね。

法事での平服|【アクセサリー】は迷ったら付けない

アクセサリーは1粒真珠のイヤリングや、1連のネックスを使います。
必ずしも必要なアイテムではないので、迷ったら「付けていかない」のがおすすめです。

image from instagram

(AOKI)

【アクセサリー】
■真珠
■ブラックオニキス
■ネックレスは1連
※結婚指輪はOKです。

【NG】
■揺れるようなデザインのピアスやイヤリング
■大きすぎるデザイン
■キラキラした華美な装飾
■2連以上のネックレス
■コットンパールなどカジュアルな素材で作られたもの
■派手なネイルアート

法事での平服|【ヘアメイク】はシンプルに

髪型は、結べる長さの場合は「ひとつ結び」しておきましょう。
ダウンスタイルの場合は、バサバサにならないようにスタイリング剤をつけて、清潔感を感じられるようにしてください。
ヘアアクセサリーは「光沢がない黒」であれば付けても良いです。

image from instagram

(AOKI)

メイクは、薄化粧でナチュラルに仕上げてください。
つけまつ毛やカラコンは避けましょう。
ご遺族よりもやつれた印象を与えてしまう場合もあるので、ノーメイクもNGです。

平服で行く時の注意点

夏場の法事|女性が平服で行く時の注意点

暑くても、ノースリーブや首回りが大きく開いたトップス、ミニスカートなど、露出が多い服装は避けます。
トップスは五分袖や七分袖を、スカートは季節問わず「膝下〜ふくらはぎ」の丈感を選びます。
(ジャケットを羽織る場合は、ノースリーブや袖が短いトップスでもOKです。)

冬場の法事|女性が平服で行く時の注意点

毛皮やファー、革製のコートは、殺生を連想させるので避けます。
(フェイクであっても避けた方が良いです。)
チェスターコートやノーカラーコートなど、シンプルなデザインの黒のコートを選びましょう。
また、コートは会場に入る前に脱ぐのがマナーなので、合わせて覚えておいてくださいね。

お別れ会に女性が平服で行く時の注意点

葬儀の後、故人と関わりがあった友人や知人を招いて行われる「お別れ会(偲ぶ会)」。
お別れ会(偲ぶ会)は、葬儀と違い明確なルールがありませんので、「平服でお越しください」と言われた場合は、上記でご紹介したような服装を選ぶと良いです。

葬儀や法事と違い、ホテルやレストランなどが会場になることが多く、他のお客さんへの配慮も必要になります。
「平服で」と言われている場合は、喪服は避けた方が良いです。
服装に指定がない場合は、主催者側に確認したり、どんな会場で行われるのかを事前にチェックしておきましょう。

法事の平服は地味な服装がベスト!

法事の平服は「私服」ではありません。
大人女子は、黒・紺・グレーなど地味な色・シンプルなデザインのスーツやワンピースを着用するのがおすすめです。
足元や小物類は、正喪服・準喪服の時の同じで大丈夫です。
故人の冥福を祈る大切な儀式なので、正しいマナーで出席しましょう。

平服のことをもっと知りたい方はこちらをチェック!

abimi

おしゃれなコーデが知りたい!流行っているヘアスタイル・メイクは?など、大人女性をもっと綺麗に素敵にみせてくれるトレンド情報をわかりやすくお届けしていきます。

Profile

関連記事一覧