「これだけは持っとけ服」大人女子必須のカジュアル4アイテム

大人女性のカジュアルコーデに「これだけは持っとけ服」は?カジュアルテイストの服装をしたい時に欠かせないアイテムやこれさえ持っておけば簡単にカジュアルコーデが作れるアイテムをご紹介します。大人っぽく着こなすコツも合わせてチェックしてみてくださいね。

大人女子のカジュアル「これだけは持っとけ服」は?

大人女子がカジュアルテイストの服装を選ぶ時のポイントは「シンプルなアイテムを選ぶ」こと。
着回しが効く、シンプルなデザインやベーシックなカラーを選ぶことで、少ないアイテムでもおしゃれなコーデを作ることができます。

今回はこれさえ持っておくとOK!カジュアルコーデのマストアイテムを4つご紹介していきます。
定番アイテムをスマートに着こなす大人のコーデ術をチェックしていきましょう。

大人カジュアルの「これだけは持っとけ服」①白T

カジュアルコーデのトップスと言えば「白Tシャツ」が欠かせません。
暑い季節はもちろん、アウターが必要な季節はレイヤードとしても使うことができるので着回し力は抜群!
レフ版効果もばっちりで顔回しを明るく見せてくれますよ。

サイズはどんなシルエットのボトムスとも合わせやすいように「程よくフィット感のあるサイズ」を選びましょう。

ラフな印象を与えるTシャツを大人女子が着る時は、素材に注目するのもポイントです。
ペラペラな素材だと部屋着っぽくだらしなく見えてしまうので、程よく厚みがありハリのある素材を選ぶのがおすすめです。

これだけは持っとけ服|白T×チェック柄シャツでこなれ感アップ

カジュアルの代名詞「白T×デニム」は、程よく厚みのあるTシャツをタックインして大人らしくきちんと着こなすのがコツ。
チェック柄シャツを斜めのがけのようにスタイリングして、目線をあげるのもバランス良く着こなすポイントです。
シャツをアクセントに、周りに差がつくカジュアルスタイルに仕上げましょう。

真っ白なTシャツが苦手な人は「オフホワイト」や、真逆の「黒」を選ぶと良いですよ。

これだけは持っとけ服|白Tで大人に似合うアニマル柄コーデ

シンプルな白Tだとシンプルすぎて物足りない…。
そんな時は、インパクトのあるアニマル柄のスカートを合わせるのがおすすめです。

一見派手な印象でコーデに取り入れるのに躊躇してしまうレオパード柄のスカートも、清潔感抜群の白Tを合わせることでマイルドになり大人にも似合う柄物コーデを作ることができます。
キャップとスポサンを黒で統一して、上下でキュッと引き締めるのもコーデをまとめるコツ。

大人カジュアルの「これだけは持っとけ服」②ベージュのチノスカート

カジュアルコーデには気軽に着れてラフな印象を与える、コットン素材の「チノスカート」がおすすめ。
女性らしい柔らかな雰囲気も演出できるように「ベージュカラー」、ふわっと広がる「フレアスカート」を選びましょう。

さりげなくボディラインもカバーできるので、体型が気になる大人女子の強い味方になってくれます。
足首が見える「ロング丈」を選ぶと、低身長さんでもバランス良く着こなすことができますよ。

これだけは持っとけ服|チノスカートでカジュアル定番を大人っぽく着こなす

ハリのある素材のチノスカートならボリューム感がおさえられて、フレアシルエットでもクールで大人っぽい着こなしを楽しむことができます。
白Tを合わせた定番のカジュアルコーデの中にもきちんと感を感じられるように、タックインしてウエスト周りをすっきり見せるのが大人流。

トップスからグラデーションになるようにスタイリングし、最後はブラウンのスニーカーで締めると、シンプルながらおしゃれ感もあるカジュアルコーデの完成です。
もっと大人っぽく着こなしたいなら、タイトスカートもあり!

これだけは持っとけ服|チノスカートで作るおしゃれ見えワントーンコーデ

カジュアルアイテムのフーディも、フレアシルエットのチノスカートのおかげで女っぷりがグンとアップ。
生地をたっぷり使ったスカートで、リッチな雰囲気も演出することができます。

のっぺり見えてしまいがちなワントーンコーデも、濃淡でメリハリをつけるとすっきりと洗練された印象に。
白のバッグとスニーカーで明るい抜け感をプラスするのもポイントです。

大人カジュアルの「これだけは持っとけ服」③ライトブルーのワイドデニムパンツ

パンツはカジュアルを代表するアイテム「デニム」がマスト。
デニムと言っても、インディゴブルーやライトブルーなどカラーの濃淡の違いで印象も変わってきます。

カジュアルテイストにしたい時は、淡くラフな抜け感を演出できる「ライトブルー」を選ぶのがおすすめです。
ゆるっと着こなせる「ワイドパンツ」を選ぶと、さらにカジュアルな印象を醸し出すことができますよ。

これだけは持っとけ服|デニムは素材とサイズ感がポイント!

デニム×Tシャツは、カジュアルコーデに欠かせない組み合わせ。
ボーイッシュなスタイルは、程よくゆとりのあるサイズ感や落ち感のある柔らかな素材で、大人の余裕とアンニュイな色気を演出しましょう。
後れ毛を残しながら無造作にアップしたヘアスタイルも、女っぷりをアップさせるポイントです。

これだけは持っとけ服|リラックス感のある大人の休日コーデ

ライトブルーのデニムは、ニュアンスカラーのベージュと相性抜群。
インナーはノースリーブのアシメトップスを合わせて、素肌で程よい抜けを演出するがポイント。
ハイウエストでトップスインすると、ワイドシルエットのデニムもスタイル良く着こなすことができます。
ボディラインを包み込むロング丈のシャツでIラインを強調すると、さらにスタイルアップ効果大!

大人カジュアルの「これだけは持っとけ服」④ローカット白スニーカー

カジュアルコーデの足元は「スニーカー」が鉄板。
靴をスニーカーにするだけで一気にラフな印象を与えることができるので、楽にカジュアルコーデを作ることができますよ。

ダッドスニーカーやハイブリッドスニーカーなどボリューム感のあるデザインやハイカットスニーカーなども人気ですが、使いやすいのは「ローカットで甲が低くシャープなシルエットのデザイン」です。
カラーはどんな色にも合わせやすく、コーデに明るい抜け感を出すことができる「白」がおすすめ。
主張が強すぎないので足元だけが浮くことなく、スカートにもパンツにもしっくりなじませることができます。

これだけは持っとけ服|ボーイズライクな着こなしを大人カジュアルに

CPOジャケットにデニムを合わせたボーイッシュなスタイルの足元は、スニーカーを合わせて思いっきりカジュアルライクな服装を楽しんで。
白T×白スニーカーでリンクさせると、重たく見えずに配色のバランスもGood!
ゆるっとしたサイズの感のジャケットやデニムで、女性らしい華奢な印象をさりげなくアップさせるのがポイントです。

これだけは持っとけ服|白スニーカーで女っぽ大人カジュアル

ダークカラーのボトムスには、明るさと軽やかさを加味できる白スニーカーが好相性。
ローカットのスニーカーはスマートできちんとした印象も与えるので、かっちりとしたジャケットやフェミニンなスカートにもぴったりです。
大人っぽさも女性らしさもあるカジュアルコーデはデートにも最適。

汚れが目立ちそう…学生みたいに見えそう…と白スニーカーに苦手意識がある方は、同じ明るめのカラーの「ベージュ」を選んでもOK!

楽にカジュアルコーデを作るにはワードローブの整理がポイント

今回ご紹介した4つのアイテムをベースに、ワードローブに残すものは以下のアイテムにしましょう!

■トップス:白Tの長袖やオーバーサイズ、黒Tシャツ
■スカート:フレアチノスカートのカーキや黒、タイトタイプ
■パンツ:ワイドデニムにプラスしてスキニーデニム、カラーはインディゴブルー
■シューズ:ローカットスニーカーのベージュや黒、もしくはハイカット

このように、ワードロープをトレンドに左右されず着回しやすいシンプルなアイテムが中心になるように整理すると、忙しい朝やコーデがなかなか決まらない時も楽にスタイリングすることができます。

画像提供:SAYUNAOさん(@sn_linklink)

また、きれいめカジュアルにしたい時は「ジャケット」、大人可愛くしたい時は「ブラウス」など、他のテイストのアイテムをワードロープに2割くらいプラスしておくと、カジュアルコーデの幅を広げることができますよ。

カジュアルの必須アイテムは4つ!

1つ1つのアイテムそのものがカジュアルな印象を与えるので、サイズ感やスタイリング方法で大人っぽく女性らしく着こなすのがポイント。
①白Tシャツ:程よくフィット感のあるシルエット
②ベージュのチノスカート:フレアシルエット&ロング丈
③ライトブルーのワイドデニム:落ち感のある素材や素肌感で色気を出す
④白スニーカー:どんなボトムスにもなじむシャープなシルエットを選ぶ

ポイントをおさえて、大人に似合うおしゃれなカジュアルスタイルを楽しんでくださいね。

カジュアルコーデのコツをもっと知りたい方はこちら

abimi

おしゃれなコーデが知りたい!流行っているヘアスタイル・メイクは?など、大人女性をもっと綺麗に素敵にみせてくれるトレンド情報をわかりやすくお届けしていきます。

Profile

関連記事一覧