時短スキンケアのやり方♡簡単に美肌をGETしよう!

今回は、時短スキンケアのやり方を解説します!キレイなお肌はキープしたいけれど、仕事に家事、育児に追われる毎日、時間をかけて丁寧にスキンケアなんて難しい!と感じている人は多いはず。ポイントをしっかり押さえれば、時短かつ簡単にスキンケアができるんですよ♪

時短スキンケアのポイントは「必要な工程を選び取る」!

まずは、スキンケアの基本ステップを、その効果を踏まえておさらいしてみましょう。

①洗顔
皮脂や汗、空気中のホコリや細菌など、肌についた汚れを落として清潔にする。

②化粧水
角質を柔らかくし、洗顔で失われた水分と保湿成分を肌に与えて整える。

③美容液
美容成分を肌の角質層まで届ける。

④乳液
化粧水で補給した水分や美容液で補給した美容成分を閉じ込める。

⑤クリーム
油分で肌に膜を作って水分の蒸発を防ぎ、肌に異物が侵入するのをブロックする。

以上の5工程を理解した上で、自分の肌の状態を考慮し、必要なアイテムだけ使うようにするのが時短スキンケアのやり方のポイント。
次から紹介する時短スキンケアを上手に使って、毎日のスキンケアを簡単にしていきましょう♪

自分に合う時短スキンケアのやり方を見つけよう!

時短スキンケアのやり方①オールインワン化粧品を使う

画像提供:coruriさん(@coruricoru)

時短スキンケアのやり方1つ目は、オールインワン化粧品を使うこと。上で紹介した5つのアイテムのいくつか、またはすべての機能を担ってくれるもので、一度のスキンケアに使うアイテムが少なく済み、大幅に時短ができます。

一口にオールインワン化粧品と言っても、その機能はさまざま。化粧水・美容液・乳液の役割を兼ね備えているのが基本ですが、化粧下地やUVカット効果も含まれているもの、クリームやパックとして使えるものなどがあります。
ビタミンが豊富に含まれている美白用、植物エキスなど肌に優しい成分でできている敏感肌用のオールインワンといったものも。パッケージに書かれた成分や効果を見て、自分の肌に合うオールインワン化粧品を選びましょう。

オールインワン化粧品を使った時短スキンケアのやり方のポイントは、量をたっぷり使うこと!
洗顔後のスキンケアを一つでまかなうので、いつも使う化粧水・美容液・乳液などをすべて足した量を、2回に分けてしっかり肌になじませます。手に残った分は首やデコルテまでなじませるとGOOD。

時短スキンケアのやり方②ポンプタイプの化粧品を使う

画像提供:ちゃりかさん(@charica.note)

時短スキンケアのやり方2つ目は、ポンプタイプの化粧品を使うこと。
化粧水や美容液、乳液って、ふたを開けてボトルを逆さにして、手やコットンに液を出して、お肌になじませて、またふたを閉めて…という一連の動作が、意外と面倒だったりしますよね。
ポンプタイプのものを使えば、ふたを開け閉めする必要がなく、たった数秒で化粧水などをつけることが可能!

洗顔も、しっかりフォームを泡立てて、ふわふわの泡で優しく洗うのが基本ですが、泡立てるのも結構時間がかかるもの。
洗顔料を泡で出てくるポンプタイプのものに切り替えれば、その手間が省けます。

時短スキンケアのやり方③スプレータイプの化粧品を使う

画像提供:すずさん(@_su0v0_)

時短スキンケアのやり方3つ目は、スプレータイプの化粧品を使うこと。化粧水や美容液、オールインワン化粧品に、スプレータイプの商品があります。
化粧水なら、吹きかけた後に乳液やオールインワンジェルなどでふたを。美容液は乾燥が気になる日中などに顔にシュッと。オールインワンならひと吹きでスキンケアの全工程を済ませられます。

スプレータイプのアイテムは、一度に広範囲に、ムラなく化粧品をつけられるのがポイント!少しずつ手で伸ばすのと比べて簡単で、時短にもなります。
ただし、スプレーを顔に吹きかけっぱなしはNG!スプレーをした後はしっかり手で押さえて、化粧品の成分を顔になじませるようにしましょう。

時短スキンケアのやり方④シートマスクを活用する

時短スキンケアのやり方4つ目は、シートマスクを活用すること。
化粧水や美容液成分が染み込んでいる市販のシートマスクを使うのはもちろん、コットンや何もついていないフェイスシートに、普段使っている化粧水を浸して、自作シートマスクにしてもOK!
顔にのせて保湿している間に、家事をしたり、テレビや動画、読書など、趣味の時間にあてることができたりと、「ながらスキンケア」ができるのが魅力です。

肌にしっかり密着するので、手で化粧水を付けるよりもしっかり保湿できます。
ただし、あまり長時間付けていると、逆に乾燥してしまうので要注意!次第にシートが乾燥してきて、肌に浸透させたはずの水分がシートの方に逃げていってしまうんです。
市販のアイテムなら商品に記載された時間を守って。自作のシートマスクなら、5~10分を目安に外すようにしましょう。

時短スキンケアのやり方⑤化粧水の役割を担うクレンジングシートを利用する

画像提供:ちゃりかさん(@charica.note)

時短スキンケアのやり方5つ目は、化粧水の機能も兼ね備えたクレンジングシートを利用すること。
ソファーにぐだっと座ったり、ベッドの上でゴロゴロしたりと、楽な体勢で簡単にメイク落としができるのが魅力的なクレンジングシート。保湿成分が含まれているものなら、メイク落としから化粧水までの工程を一気に済ませられるので時短に!

ただし、クレンジングシートはしっかりメイクが落とせる分、洗浄力が強く、肌にとって刺激になるものも多いです。
なるべく毎日使うのではなく、普段は自分の肌に合ったアイテムで優しくクレンジングや洗顔、スキンケアをして、疲れ切って早く寝てしまいたい時など、特に時短したい日だけクレンジングシートを使うようにしましょう。

時短スキンケアにおすすめ♡ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート モイスト

画像提供:natsu‎さん(@_na2gram)

おすすめのクレンジングシートは、マンダムの「ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート モイスト」!メイク落としから化粧水まで1枚で完了するので、シートで顔を拭いてからすぐにその後のスキンケアの工程に移れます。
化粧水由来の保湿性洗浄成分が、肌のうるおいを守りながらメイク油を素早く浮かし、メイク汚れと古い角質をするっと落としてくれます。吸着性アミノ酸が配合されていて、肌を乾燥から守り、みずみずしくしっとりと仕上げてくれます。

本当に疲れ切った夜には、シートで汚れをきれいに拭き取ったらそのまま寝てしまってもOK。ただし、余裕がある日には丁寧なクレンジングとスキンケアで、疲れた肌をいたわってあげてくださいね。

時短スキンケアでラクに美肌を手に入れよう♡

時短スキンケアのやり方を解説してきましたが、いかがでしたか?
時間のない朝や疲れて帰ってきた夜、スキンケアの時間が短縮できたらうれしいですよね。自分の肌の状態から、スキンケアで省ける工程があれば省いて、自分に合った時短スキンケアで時間を有効活用しましょう。
肌が丈夫な人はオールインワン化粧品一つで、乾燥肌の人は工程は減らさずにポンプタイプやスプレータイプの化粧品に切り替えるなど、いろんな時短の方法がありますよ♪

忙しい日に時短した分、余裕がある時には丁寧なスキンケアでしっかり肌をいたわって!もし時短スキンケアで肌トラブルが出てしまったら、自分に合ったやり方を改めて考えてみましょう。

タカハシ

プチプラコスメと古着が好きなアラサーです。i-seeでは美容系の記事を中心に執筆しています。

Profile

関連記事一覧