12月の大阪を快適に過ごせる服装|USJ・イベントコーデ

12月の大阪におすすめの服装をご紹介します。アウター必須の12月は、「いつも同じような服装になってしまう」「コートの中の服装はどうしたら良い?」そんな悩みが多くなりますよね。クリスマスやカウントダウンなど年末のイベントコーデや12月の大阪旅行コーデに迷っている方、ぜひ参考にしてみてください。

12月の大阪はどんな服装が最適?

大阪の12月は、平均気温が10度を下回り寒さがどんどん厳しくなってくる季節です。
厚手のコートは必須、厚手のニットやスウェット、足元はブーツを取り入れた服装がおすすめです。

画像提供:yuumiさん(@ucmsan1205)

【12月上旬】
平均気温:約10度
最高気温:約14度
最低気温:約6度
降水確率:約23%

【12月下旬】
平均気温:約7.5度
最高気温:約11度
最低気温:約4度
降水確率:約20%

大阪【12月上旬】を快適に過ごす服装

12月上旬の大阪の平均気温は約10度。
最高気温が18度くらいまで上がる日や、最低気温が3度くらいまで下がる日もあります。
晴れた日の日中と朝晩の気温差が大きいので、外出する時間、帰宅時間の気温をしっかりチェックして服装を選びましょう。

ぽかぽか陽気の12月上旬はアウターなしで軽やかに

画像提供:yonnieさん(@yonnieins)

最高気温が18度くらいまで上がる、晴れた日の日中のお出かけはトップスだけで過ごすことができます。
アウターを使わない分、スウェットやニットなど地厚トップス+保温・保湿効果の高い機能性インナーを着て寒さ対策するのがポイントです。
厚手のタイツを履いておくと、スカート×パンプスでも暖かく過ごすことができますよ。

子供っぽくなりがちなフーディは、フェミニンなフレアスカート合わせてレディな着こなしに。
ブラウンとベージュのグラデーション配色で、シンプルながらおしゃれ感のある冬コーデに仕上げましょう。

大阪旅行は寒さ対策も動きやすさも叶える服装がGood!

画像提供:Creamさん(@ing.cream)

さっと羽織って防寒できるマウンテンパーカーは、大阪観光などアクティブに過ごしたい時におすすめのアウターです。
季節の変わり目に大活躍してくれるアウターですが、12月はインナーにボアが付いているタイプを選ぶのがポイント。
マフラーいらずで首元が暖かいタートルネックニットをレイヤード、ソックス+パンプスで足元の寒さ対策も忘れずに。

冬はどうしてもダークトーン配色になりがちなので、白やベージュを散りばめて明るさをプラスするのもおしゃれな冬コーデを作るコツです。

雨の日の服装はコート&ブーツがマスト

画像提供:mayuさん(@mmmcoco07)

雨の日は最低気温が5度以下になる日もあります。
そんな日は、もこもこっとした暖か素材のコートを着て暖かく過ごしましょう。
厚手素材のアウターは着膨れて見えてしまいがちなので、インナーをすっりとまとめるのがポイントです。
フィット感のあるニットやスリムなパンツ、スカートを合わせると、スタイル良く見せることができますよ。

冬になると足元コーデが難しくなるアンクル丈のパンツは、ブーツを合わせて悩み解消!
ブーティだと足首が出て寒いので、くるぶしの上まであるショートブーツを選びましょう。
水に強い合皮素材なら雨の日も安心です。

大阪【12月下旬】を快適に過ごす服装

12月下旬の大阪は、平均気温が約7.5度。
最高気温が15度くらいまで上がる日や、最低気温が0度近くまで下がる日もあります。
カラーアイテムを取り入れたり、デザイン性のあるコートを使って冬のおしゃれを楽しみましょう。

カラースカートで冬の服装を鮮度アップ

コートの中に着る服に迷ったら、明るい色のニットとカラースカートがおすすめです。
マンネリしてくる冬コーデも、インナーの雰囲気を変えると新鮮な着こなしに。
トップスとボトムスで明るくしておくと、黒やグレーなど、ダークカラーのアウターを羽織っても重たい印象になりません。

アウター必須の12月はデザインコートで脱・マンネリ

画像提供:mayuさん(@mmmcoco07)

アウターが主役になる12月は、デザイン性のあるコートを使っておしゃれを楽しみましょう。
チェック柄なら派手すぎず大人っぽく着こなすことができます。
コートが引き立つように、インナーはオールブラックでまとめるのがポイント。
トラッドな雰囲気をまとったシンプルスタイルは、冬のお出かけコーデにも最適です。

寒さが厳しい12月はボアコートを大人可愛く着こなして

画像提供:makoさん(@_____ma.k.o)

最低気温が0度くらいまで下がる日は、見た目の着心地も暖かいボアコートがおすすめです。
インナーに厚手のトップスを着込んでももたつかないように、ドロップショルダーのオーバーサイズシルエットを選ぶのがポイント。

歩くたびにリズミカルに揺れるプリーツスカートを合わせると、野暮ったく見えがちなボアコートも垢抜け感のある服装に仕上げることができますよ。
ノーカラーコートなので風が強い日は、マフラーやストールをぐるっと巻いて防寒しましょう。

12月の大阪|イベントコーデ&USJ(ユニバ)コーデ

クリスマスデートの服装はアイシー配色で顔映えを狙って

画像提供:yonnieさん(@yonnieins)

クリスマスデートは、顔映りが抜群に美しく見えるアイシーなカラー配色がおすすめ。
ペールトーンブルーとライトグレーのソフトなニュアンスカラーで、甘すぎない大人の女性らしさを醸し出しましょう。

柔らかな淡色コーデを黒のブーツでピリッと引き締めるのもポイントです。
女性らしいのに肩肘張らないスタイルは、男性ウケもバッチリ!

大阪帰省は楽にきちんと見えするワンピースが使える!

年末の帰省は、リラックス感がありながらきちんとした印象も与えるニットワンピースが便利です。
インナーはこれ1枚でOKなのでコーデも簡単、伸縮性のあるニット素材なら長時間の移動も楽でシワになりにくいのもおすすめポイントです。
かっちりとしたコートや小物を合わせておくと、色んな人と会う機会が多くなる年末年始コーデもこれで乗り切れますよ。

寒さが厳しいカウントダウンはダウンジャケットをおしゃれに着こなす

画像提供:natsumi-wearさん(@natsumiwear)

カウントダウンはしっかり防寒できるダウンコートがマスト。
リッチなボリューム感で着映えするスカートを合わせると、カジュアルライクなアウターを使ったコーデも手抜きに見えません。

ダウンジャケットはがっちりとした印象を与えるので、黒よりも柔らかな印象を与えるブラウンをチョイスするのがおすすめです。
こっくりとした配色は、白トップスで顔まわりを明るく、白バッグで抜け感をプラスするのもポイントです。

12月のユニバは防寒も動きやすさも叶えるアウターで

画像提供:yukie♡iさん(@yukkey_iii)

USJ(ユニバ)は海沿いにあるため風が強く、街中よりも寒く感じます。
さらにアトラクションの待ち時間が長いと体が冷えるので、防寒できるダウンがおすすめです。
アクティブに動けるようにダウンはショート丈を、足元は履き慣れたスニーカーがベスト。
裏起毛デニム又はタイツを履いておくと、最低気温が0度くらいまで下がる日も安心です。

マフラーで寒さ対策するのも良いですが邪魔になる場合も。
絶叫系アトラクションに沢山乗る時は、マフラーなしでも首元が暖かいタートネックニットを着ておくと良いですよ。

イベントが多い12月は防寒もおしゃれも叶える服装で過ごそう!

画像提供:makoさん(@_____ma.k.o)

12月はアウター必須の季節です。
イベントが多い月なので、クリスマスやカウントダウン、帰省などシーンに合わせて、コートの種類やインナーを使い分けるのがポイントです。
寒さ対策もおしゃれ見えも叶える服装で、12月を楽しく過ごしてくださいね。

12月の服装がもっと知りたい方はこちら

abimi

おしゃれなコーデが知りたい!流行っているヘアスタイル・メイクは?など、大人女性をもっと綺麗に素敵にみせてくれるトレンド情報をわかりやすくお届けしていきます。

Profile

関連記事一覧