自転車に乗っても髪をキープする方法は?前髪・ヘアアレンジ

自転車に乗っても髪が崩れないようにするコツをご紹介します。会社や学校に着くと、せっかくセットした髪がぐちゃぐちゃに…自転車で通勤や通学をしている方は、1度は経験したことがありますよね。そんな悩みを解消できるポイントを解説。「巻き髪や前髪のキープ力を高めたい」「自転車通でもおしゃれなヘアアレンジを楽しみたい」そんな風に思っている方必見です。

自転車に乗っても髪型を崩したくない!

自転車で通勤、通学すると、「せっかく朝綺麗にセットしたのに髪が崩れてしまう」そんな経験をされている方も多いですよね。
正面から直接受ける風は、自転車通女子の天敵!
前髪がぐちゃぐちゃになったり、巻き髪がとれてしまう、そんな悩みを解消できるコツをご紹介します。

自転車に乗っても巻き髪を崩れにくくする方法

巻き髪をキープするポイント①巻く前にスタイリング剤を使う

画像提供:満丸香澄さん(@mitsumaru1006)

巻き髪にする時の1つ目のポイントは、キープ力を高めるスタイリング剤をつけてから巻くことです。
スタイリング剤をつけて巻くと、綺麗なウェーブを作り出せるのはもちろん、ヘアアイロンの熱によって髪がダメージを受けるのを防ぐこともできます。

スタイリング剤は、ウォータースプレータイプが使いやすいのでおすすめです。
巻きたい部分の毛束を取り、裏と表がしっとりするくらいウォータースプレーを吹きかけてヘアアイロンで巻きましょう。
巻き終わったら、手ぐしで軽くほぐすと良いですよ。

巻き髪をキープするポイント②巻いた後のヘアスプレーの使い方

2つ目のポイントは、巻き終わってから使うヘアスプレーです。
髪の表面に、一気に吹きかけるように付けるのはNG!
表面だけ固めても、自転車に乗って風を受けると崩れてしまいます。

毛束を少量取り、ヘアスプレーを軽く吹きかけてカールの形をキープさせる、これを何度も繰り返します。
最後に髪を持ち上げ、パラパラと落としながら、そこにヘアスプレーを吹きかけて仕上げます。
髪の内側に、ふわっと空気を含ませながらスプレーするのがポイントです。

巻き髪をキープするポイント③ゆるい三つ編みをしておく

画像提供:満丸香澄さん(@mitsumaru1006)

巻き髪にした後に、ゆるく三つ編みをするのもおすすめです。
三つ編みなら風の影響もあまり受けず、カールも維持できるので、巻き髪が崩れにくくなります。
自転車を降りたら三つ編みをほどき、上記で紹介しているやり方でヘアスプレーをつけると、1日中キープさせることができますよ。

巻き髪をキープするポイント④コードレスヘアアイロンを活用する

風が強い日や湿気が多い日は、どうしても巻き髪が取れてしまう…
そんな時は、コードレスヘアアイロンを活用しましょう。
コンセントがなくても使えて、持ち運びにも便利なので、学校や職場でも手軽に巻き直すことができます。
学校や仕事終わりにデートの予定がある時も、コードレスヘアアイロンがあると安心です。

自転車を降りたら巻き髪をキープできていない…そんな時は

画像提供:満丸香澄さん(@mitsumaru1006)

上記の対処法を試してもカールをキープできていない時は、巻き髪をいかしたポニーテールで可愛くアレンジしちゃいましょう。
無造作にひとつにまとめて、ゴムで結ぶだけでOK!
トップの毛束を少量ずつ引き出して、ボリュームを調整するのがポイントです。
カールがとれかかった巻き髪も失敗に終わらず、おしゃれなヘアスタイルにチェンジさせることができますよ。

自転車に乗っても崩れにくい前髪の作り方

前髪を崩れにくくするポイント①セット前に十分に濡らす

崩れにくい前髪を作るにはまず、土台を整えておくことが大切です。
夜シャンプーしていても寝ている間に汗をかき、頭皮が油っぽくなっている場合があります。

朝シャンして、余分な皮脂や油分を綺麗に落とすのがベスト。
時間がない場合は、前髪の根元をしっかり水で濡らし、ドライヤーで乾かしながらセットしましょう。
髪を濡らすことで寝癖やうねりも解消でき、スタイリングもしやすくなります。

前髪を崩れにくくするポイント②スタイリング剤は根元だけにつける

崩れにくい前髪を作るための必需品ヘアスプレーは、前髪の内側&根元だけにつけるのがポイントです。
毛先までつけてしまうと重みで崩れやすくなり、理想の前髪の形を作るのが難しくなってしまいます。
前髪を持ち上げた状態で、根元から約5cm離した位置から、前髪の内側に向かってスプレーをシュッとひと吹きしましょう。
量の調整が難しかったり、ピンポイントにスプレーできるか心配な時は、一旦コームにスプレーした後、根元になじませると良いですよ。

前髪を崩れにくくするポイント③ベビーパウダーをつける

前髪をセットしたら生え際や根元部分に、少量のベビーパウダーをつけておくのも効果的です。
自転車に乗っていると、おでこが汗ばむこともありますよね。
前髪に汗や皮脂が付くと、おでこにぺったり張り付き、崩れる原因になってしまいます。
皮脂を吸着してくれるベビーパウダーをつけて、サラサラの状態にしておくのをおすすめします。

前髪を崩れにくくするポイント④短くカットする

画像提供:山﨑しょうさん(@yamazaki_sho)

自転車に乗る時は、斜めに横に流したり、シースルーバングなど、凝った前髪にしていると、キープさせるのが難しくなります。
その悩みを根本から解消するために、思い切って前髪をカットするのもあり!
オン眉やぱっつん前髪など、まっすぐ下ろすだけでセットが完了する前髪なら、自転車を降りてもすぐに直すことができるので楽ですよ。

カットするのに抵抗がある方は、前髪を横に流した状態で、ヘアピンで固定しておきましょう。
崩れにくく自転車に乗っている間に型が付くので、降りてヘアピンを外すと前髪のセットの時短にもなります。

自転車の風に負けない!可愛いヘアアレンジ方法

自転車でもハーフアップで女っぽく

画像提供:山﨑しょうさん(@yamazaki_sho)

ハーフアップは髪を全部まとめるのが難しい…そんな不器用さんにもおすすめのヘアアレンジです。
きっちりまとめないのがポイントなので、自転車で少しくらい乱れても大丈夫!
後れ毛が色っぽいヘアスタイルは、デートにもおすすめです。

1.髪の毛全体をゆるく巻きます。
2.顔まわりの後れ毛を残し、耳から上の髪をひとまとめにしてお団子を作ります。
3.毛先をゴムに巻きつけてヘアピンで留めます。

ひと癖ローポニーで自転車に乗る時もおしゃれな髪型に

画像提供:満丸香澄さん(@mitsumaru1006)

大人っぽく、落ち着いた雰囲気を醸し出せるローポニー。
単純にひとつ結びするだけでなく、三つ編みと組み合わせるのがおしゃれ見えのポイントです。
きちんと感もあるヘアアレンジなので、オフィスにも最適です。

1.髪を後ろでひとつにまとめ、3段くらい三つ編みをします。
2.三つ編みした下の部分をゴムで結びます。

休日に自転車に乗る時は帽子を取り入れて

画像提供:MAYUさん(@machumi__)

休日は、ベレー帽を使ったヘアアレンジを楽しみましょう。
帽子で前髪を押さえるので、キープ力を高めることができます。
風の影響を受けにくい三つ編みヘアにしたら、髪が乱れる心配もありません。

1.少しきつめに三つ編みをします。
2.前髪をセットし、根元を押さえるようにベレー帽を被ります。

自転車の乗る時もおしゃれなヘアスタイルを楽しもう!

自転車に乗る時は、風が大敵です。
巻き髪にヘアスプレーを使う時はひと束ごとに、前髪は根元にスプレーするのがキープ力を高めるポイント。
自転車に乗っても崩れにくい、おしゃれなヘアスタイルを楽しむことができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おしゃれな髪型をもっとみたい方はこちら

abimi

おしゃれなコーデが知りたい!流行っているヘアスタイル・メイクは?など、大人女性をもっと綺麗に素敵にみせてくれるトレンド情報をわかりやすくお届けしていきます。

Profile

関連記事一覧