ハイゲージとローゲージの違いは編み目!特徴に合うコーデ術

ハイゲージとローゲージの違いをご紹介します。ニットは冬になると手放せないアイテムですが、「ハイゲージとローゲージの見分け方は?」「印象の違いは?」そんな風に思っている方も多いですよね。それぞれの特徴やスタイリング方法をチェックしていきましょう。

ハイゲージとローゲージの違いは網み目に注目!

ハイゲージとローゲージの大きな違いは「編み目」です。
編み目に注目しながら、それぞれどんな違いがあるのか見ていきましょう。

違いは編み目!編み目が目立たないニットは【ハイゲージ】

画像提供:まりおさん(@mario_dozono)

ハイゲージニットは、編み目が細かいのが特徴です。
体に程よくフィットし、すっきりとシャープに着こなすことができるため、きちんと感やきれいめな印象を与えることができます。

薄手生地が多いハイゲージニットは冬だけではなく、真夏以外はオールシーズン使うことができるのも魅力です。
遠目から見ると編み目がほとんど目立たず、カットソー感覚でコーデに取り入れることができるので、普段使いはもちろん、オフィスシーンにも最適!
ジャケットのインナーとして使っても、スマートに着こなせるのもハイゲージニットの良いところです。

違いは編み目!編み目が目立つニットは【ローゲージ】

画像提供:manaoさん(@manaodays)

ローゲージニットは、編み目が粗いのが特徴です。
ざっくりニットと言われてるアイテムやケーブルニット、アラン模様などは、ローゲージニットになります。
ルーズなシルエットが多いローゲージニットは、ラフな着こなしができるので、カジュアルライクな服装やこなれた印象を与えたい時に最適です。

編み目の凸凹模様が目立つので、コーデに立体感を出すことができるのもローゲージニットの魅力です。
厚手生地が多いのでアウターが必要な季節は、オーバーサイズやビッグシルエットのコートを合わせると良いでしょう。

ハイゲージに合うお手本コーデ

ハイゲージニットは、カラーで季節感を出すのがおすすめです。
春夏はホワイトやピンク、ブルーなど明るく淡いカラーを、秋服は黒やブラウンを選ぶと良いですよ。

また、シンプルなハイゲージニットには柄物やワイドシルエットのボトムスなど、デザイン性のあるアイテムを合わせるとおしゃれ度をグンとアップさせることできます。

ハイゲージにデザインボトムスを合わせて垢抜け感のあるコーデに

画像提供:mayuさん(@mmmcoco07)

ハイゲージニットは、オーバーシルエットでもスマートに着こなすことができるのも嬉しいポイントです。
体のラインの沿うようにフィットするので、女性らしいボディラインを引き出すことができますよ。

オフィスに最適!ハイゲージニットのアンサンブル風コーデ

画像提供:希さん(@mkmrt1)

オフィスコーデで使う時は、同じカラーのカーディガンを合わせてアンサンブル風にスタイリングするのがおすすめです。

タイトめのハイゲージニットはだらしなく見えないので、お仕事の服装にも最適です。
白のタイトスカートを合わせて、フェミニンかつきちんと感のあるコーデに仕上げましょう。

ハイゲージタートルネックニットでモードな着こなしに

画像提供:makoさん(@_____ma.k.o)

黒のタートルネックハイゲージニットは、冬コーデのインナーとして着回し抜群!
メンズライクでモードな印象も与えるので、全体をピリッと引き締めたい時にも重宝するアイテムです。
フィット感のあるハイゲージニットなら、コートを羽織っても嫌なもたつき感がありません。

ローゲージに合うお手本コーデ

ローゲージニットに合わせるボトムスはタイトなパンツやスカート、アウターはチェスターコートやノーカラーコートなどシンプルなデザインを選んで、編み目を活かしたスタイリングをしましょう。

プリーツスカートでローゲージニットを垢抜け感のあるコーデに

画像提供:moyooonnさん(@moyooonn)

合わせるアイテム次第では野暮ったく見えてしまうケーブルニットは、プリーツスカートを合わせて垢抜け感のあるスタイルに。

フェミニンな要素をプラスすることで、ラフになりすぎない大人に似合うカジュアルスタイルを作ることができますよ。
縦のラインを強調できるプリーツスカートのおかげで、もこもこっとしたシルエットのローゲージニットもスマートに着こなせます。

タイトなボトムスでローゲージニットをハンサムに着こなす

画像提供:makoさん(@_____ma.k.o)

ボリューミーなローゲージニットは、タイトめのボトムスと好相性。
部屋着っぽく見えてしまうグレーのニットも、端正なパンツとアイシーな配色でスタイリングすると、都会的で洗練された印象に仕上がります。
フロント部分だけをタックインしてメリハリを効かせるのも、スタイルアップのポイントです。

ローゲージのカラーニットで冬コーデを鮮度アップ!

画像提供:kanako✽3kids mamさん(@kana_ko_n)

1枚で着るとガーリーな雰囲気になるローゲージのカラーニットは、コートやボトムスをシンプルにまとめてスタイリッシに着こなすのがポイントです。
コートの間から編み目をさりげなく覗かせると、コーデの良いアクセントにもなります。
ニット以外をダークトーンでまとめて、カラーニットを際立たせるのもポイントです。

ハイゲージとローゲージの違いを知ってニットコーデを楽しもう!

画像提供:まりおさん(@mario_dozono)

ハイゲージとローゲージの違いは、編み目ということが分かりましたね。
■ハイゲージ=編み目が詰まっている=きれいめコーデ向き
■ローゲージ=編み目が粗い=カジュアルコーデ向き

「ざっくりニット=ローゲージ」ということを覚えておくと、ハイゲージと区別しやすくなりますよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

ハイゲージとローゲージを使ったコーデはこちら

abimi

おしゃれなコーデが知りたい!流行っているヘアスタイル・メイクは?など、大人女性をもっと綺麗に素敵にみせてくれるトレンド情報をわかりやすくお届けしていきます。

Profile

関連記事一覧