夏のディズニーに最適な服装は?汗・水濡れ対策やコーデポイント

夏のディズニーに最適な服装をご紹介します。水を使ったショーがメインになる夏のディズニーにおすすめのコーデや、暑さ対策に便利なアイテム、服装のポイントなどを解説します。暑さが厳しい夏にディズニーへ遊びに行く方必見です。

7月・8月のディズニー(千葉・舞浜)の気温・天気は?

7月は月の半分くらいが最高気温30度を超え、8月になると最高気温30度以上になる日がほとんどです。中には気温35度を超える猛暑日も出てくるため、夏のディズニーでは熱中症対策や紫外線対策が必須!

画像提供:sakiさん(@sakichaaaaam)

【7月の気温】
平均気温:約25度
平均最高気温:約30度
平均最低気温:約22度

【8月の気温】
平均気温:約26.5度
平均最高気温:約31度
平均最低気温:約23度


気温を踏まえた、服装のポイントやおすすめアイテム、便利グッズをみていきましょう。

夏のディズニーコーデ|服装ポイント

夏のディズニーの服装ポイント|トップス編

▼Tシャツ

画像提供:makoさん(@_____ma.k.o)

汗をかいても自宅で気軽に洗濯できるTシャツは、夏のディズニーに最適です。Tシャツは色選びが重要!

グレーやベージュなどの淡い色やペールトーンカラーなどの明るい色は、汗染みが目立つのでNG!白T、または黒やネイビーなど、濃い色のTシャツを選びましょう。

フィット感のあるデザインも汗染みが目立ちやすく通気性も悪いので、体が泳ぐようなシルエットを選ぶのもポイントです。

吸水性・吸湿性が高い「綿」と、速乾性のある「ポリエステル」の混紡素材のTシャツがおすすめです。

▼ノースリーブ

画像提供:moyooonnさん(@moyooonn)

気温30度以上になる夏のディズニー。涼しさ重視で服装を選ぶならノースリーブがおすすめです。肩は日焼けしやすいので、日焼け止めを忘れずに塗っておいてください。

色や素材は上記でご紹介したTシャツを参考にしてくださいね。

▼オフショルダー

画像提供:makoさん(@_____ma.k.o)

涼しさも女っぽさも叶えるオフショルダーは、夏のディズニーデートにぴったりのアイテムです。露出をもう少し控えたい方は、ワンショルダーやアシメトップスもおすすめ。

ノースリーブ同様、しっかり日焼け対策をしておきましょう。

▼ワンピース

画像提供:まりおさん(@mario_dozono)

楽で涼しく過ごせるワンピースは、暑い夏もストレスフリーで過ごすことができます。コーデいらずでおしゃれがキマるのも嬉しいポイント!

ディズニーへ行く時は、シンプルでも存在感のあるスタイルを演出できるように、着映えするカラーを選ぶと良いですよ。

夏のディズニーの服装ポイント|ボトムス編

▼ショートパンツ

画像提供:makoさん(@_____ma.k.o)

涼しさも動きやすさも備えたショートパンツは、アクティブに過ごしたい方におすすめのアイテムです。露出が気になる大人女子は、太ももが半分くらいまで隠れる、長め丈のショートパンツを選びましょう。

長め丈なら、大人っぽい雰囲気も演出することができますよ。

▼ロングスカート

画像提供:makoさん(@_____ma.k.o)

スカートは通気性を考えて、ふわっと広がるフレアデザインを選びましょう。ロング丈ならスカートでも意外と動きやすいので、ディズニーへ行く時にもおすすめです。

タイトスカートは汗をかくと体に張り付いて動きにくくなるので、避けた方が良いです。

▼ワイドパンツ

画像提供:yuriさん(@roseriver_ns)

パンツ派の方は、風通しが良いワイドシルエットのパンツがおすすめです。リネンなど通気性が良い素材を選ぶのもポイントになります。

スキニーのように体にフィットするシルエットのパンツや、厚手のデニム生地などは、熱がこもってしまうので避けましょう。

夏のディズニーの服装ポイント|靴編

靴はスニーカーもサンダルも、歩きやすく履き慣れているものを選ぶのが重要なポイントです。新品は靴ズレしやすいので避けた方が良いです。

▼スニーカー

画像提供:makoさん(@_____ma.k.o)

一日中ディズニーで過ごす日やパーク内を沢山歩く時は、歩きやすく疲れにくいスニーカーがおすすめです。クッション性のあるスニーカーならさらにGood!事前に防水スプレーをしておくと、水を使ったショーで少しくらい濡れても安心です。

▼スポーツサンダル

画像提供:Botamiさん(@tanakara_botami)

素足で履くことができるサンダルは、夏のディズニーコーデに欠かせないアイテムです。サンダルは靴に比べると歩きにくい印象ですが、太めのストラップ&バッグストラップがついているスポーツサンダルなら、歩きやすいのでおすすめです。

▼厚底サンダル

まるちわさん(@marchiwa0304)

フラットなスニーカーやサンダルだとスタイル良く見せることができない…。そんな方は少し厚底タイプのサンダルを選ぶと良いですよ。

ピンヒールやチャンキーヒールではなく、土踏まずの部分もフラットになっているデザインを選びましょう。ヒールがあっても安定感があるのでおすすめです。

夏のディズニーに便利なアイテム

夏に便利なアイテム①帽子(キャップ)

画像提供:sakiさん(@sakichaaaaam)

キャップは熱中症対策や暑さ対策しながら、カチューシャのようにディズニー気分も盛り上げることができる優秀アイテムです。お気に入りのキャラクター帽子を、パーク内のショップでぜひ探してみてください。

夏に便利なアイテム②うちわ・ミニ扇風機

うちわやミニ扇風機など、涼しむことができるアイテムを持っておくのもおすすめです。7月・8月は夏休みシーズンなのでいつも以上に混雑します。

アトラクションやパレードの場所取りで並んでいる時は、気温が高いのに加えて人も多いため、熱気で気温以上に暑く感じるので、うちわやミニ扇風機を活用しましょう。風がくるだけで暑さや疲れが軽減されますよ。

夏に便利なアイテム③肩にかけられるタオル

タオルは汗を拭く・日焼け対策・水を使ったショーで濡れた時など様々なシーンで使えるので、1枚は必ず持っておきたいアイテムです。色々な使い方ができるように、肩にかけられるくらいの大きさのタオルを用意しておきましょう。

夏に便利なアイテム④日焼け止め

日焼け止めはディズニーへ行く前だけではなく、こまめに塗り直す必要があります。汗を沢山かいた後・水を使ったアトラクションやショーで濡れた後・数時間経った後、このようなタイミングで1日に数回塗りなおしましょう。

ボディ用だけではなく、メイクの上から使える日焼け止めや、髪にも使えるスプレータイプの日焼け止めがあると便利です。

夏に便利なアイテム⑤保冷力がある水筒

熱中症対策のためにも水分補給は必須です。パーク内でも販売されている飲料はペットボトルが中心です。ペットボトルだとすぐにぬるくなってしまいますので、ステンレスや魔法瓶など、保冷力のある水筒を持って行くのをおすすめします。

飲み物がなくなったら、ペットボトル飲料を購入して水筒に詰め替えると、冷たい状態を長時間キープすることができます。

夏に便利なアイテム⑥汗拭きシート・制汗剤

夏のディズニーは、外に立っているだけでも汗が吹き出すほどの暑さに…。汗対策としてタオル以外に、汗拭きシートや制汗剤も持って行きましょう。汗をおさえて良い香りもまとうことができる汗拭きシート・制汗剤は、男女のグループでディズニーへ行く時や彼とのデートの時はマスト!

汗拭きシートは少量タイプ・制汗剤はミニタイプを選ぶと、荷物を軽減することができますよ。

7月のディズニーは浴衣コーデに挑戦!

7月は浴衣でディズニーを楽しむイベント「ディズニー七夕デイズ」が開催されるため、パーク内も浴衣を着た人たちが沢山!このタイミングで浴衣ディズニーデビューしてみませんか?

浴衣でディズーに行く時は、以下のポイントに注意してくださいね。

画像提供:sakiさん(@sakichaaaaam)

■下駄ではなくサンダルを選ぶ
歩きやすさを重視してください。

■うちわやミニ扇風機などのアイテムを活用する
着慣れていない&帯を締めるので、洋服よりも暑く感じます。
うちわやミニ扇風機でしっかり対策できるようにしましょう。

■普段着の着替えを持っていくと◎
1日中楽しんだパークの帰りは、浴衣から普段着に着替えて帰ると疲労感も軽減できます。
二中でも、浴衣でパークを十分に楽しんだら、普段着に着替えることもできるので、持っていくことをお勧めします!
荷物が多くなった時は、パーク内のコインロッカーを利用すると良いですよ。

■アトラクション重視で遊びに行く時は浴衣を避ける
浴衣でもアトラクションに乗ることはできますが、スピードが出る乗り物は、セットした髪が乱れたり浴衣が着崩れる可能性があるので注意です。

水を使ったショーに参加する時の服装ポイント

夏のディズニーは水を使ったショーがメインで開催され、ショーに参加する際はずぶ濡れになる場合もあります。思いっきり濡れてディズニーのキャラクター達と一緒に暑さを吹き飛ばしたい!そんな楽しみ方をしたい時は、以下のポイント注意して服装を選んでください。

■黒のTシャツなど水にぬれても透けない服装をする
■インナーに水着や見せブラを使って、透けても大丈夫な服装をする
■ポリエステルなど速乾性のある素材を使ったアイテムを選ぶ
■靴はサンダルを選ぶ
■濡れたくない方は、レインコートを着用する
■びしょ濡れになりたい方は、着替えを持って行く

パーク内には専用の更衣室(男性用、女性用)もあります。予約は不要で自由に使うことができるので、着替える際は活用してみましょう。

夏のディズニーおすすめコーデ|友達編

画像提供:sakiさん(@sakichaaaaam)

通気性抜群で動きやすいワイドパンツサロペットとフレアスカートは、夏のディズニーにぴったり!足元は素足にサンダルで軽快に、カチューシャとミッキーグッズを持ってディズニー気分を盛り上げて。

画像提供:sakiさん(@sakichaaaaam)

デニムを使ったコーデをしたい時は、パンツよりもスカートがおすすめ。薄手素材を選ぶのもポイントです。デニムとノースリーブを合わせた、さりげないリンクコーデは大人女子にもおすすめ!

夏のディズニーおすすめコーデ|カップル編

画像提供:sakiさん(@sakichaaaaam)

彼が着ている服と色をリンクさせると、統一感のあるカップルコーデに。せっかくのディズニーデートだから、動きやすく涼しいワンピースで女っぷりをあげましょう。

画像提供:fuyukaさん(@boo._.chan)

ミッキー&ミニーが大胆にプリントされたTシャツは、ディズニーだからこそ着て行きたいアイテム。インパクトがあるTシャツは写真映えもバッチリです。

夏のディズニーおすすめコーデ|親子編

画像提供:himieさん(@iris___0116)

親子でディズニーに行くならリンクコーデを楽しみたいですよね。Tシャツのカラーとボトムスの柄を合わせると、それぞれ持っているアイテムで気軽にリンクコーデを作ることができますよ。

画像提供:himieさん(@iris___0116)

同じアイテムを揃えるのが難しい時は、色味を合わせるのがおすすめです。違うアイテムでも統一感のあるカラーリンクコーデが簡単に完成します。ニュアンスカラーでまとめるとおしゃれ度もグンとアップ!

夏のディズニーは暑さ対策必須!

7月・8月にディズニーへ行く時は、暑さ対策・熱中症対策・紫外線対策が必要です。涼しく過ごせる服装やアイテムを取り入れながら、暑い日を乗り切ってくださいね。夏ならではのイベントも開催されていますので、夏のディズニーを思いっきり楽しんでください。

ディズニーコーデをもっとみたい方はこちら

abimi

おしゃれなコーデが知りたい!流行っているヘアスタイル・メイクは?など、大人女性をもっと綺麗に素敵にみせてくれるトレンド情報をわかりやすくお届けしていきます。

Profile

関連記事一覧