前髪の流し方♡ストレートアイロンなどを使って素敵なヘアスタイルに

前髪の流し方、どうしていますか?ヘアスタイルを決める流し前髪は、ストレートアイロンやカーラー、ドライヤー、コテなどを使って作ることができます。前髪を巻く際に斜め45度を意識するというコツも要チェックです☆

Twitter Facebook LINE

2521166view

お気に入り

前髪の流し方、どんな方法があるのか知りたい!

image from instagram

大人っぽくて清潔感のある流し前髪。

「どうやってすればいいか分からない」「きれいに流すのは難しい」など前髪の流し方について、悩んでいる人は多いようです。

今回はおすすめの前髪の流し方、ストレートアイロンを使ったやり方をはじめ、カーラーやドライヤー、コテを使ったやり方をご紹介します♡

自分に合ったやり方で素敵なヘアスタイルを作りましょう。

【前髪の流し方】まずはスタイリング剤を用意する

流し前髪が人気の女優 北川景子さん

image from instagram

女性らしさや清楚感を出してくれるヘアスタイル、流し前髪。
お手本にしたい素敵な流し前髪は、女優の北川景子さんやモデルの蛯原友里さん。

程よいカール具合に、流し前髪のキープ力、しっとりとしたツヤ、どれをとってもかわいいヘアスタイルですね♡

流し前髪が人気のモデル 蛯原友里さん

image from instagram

この3つの条件を備えた流し前髪を作るには、目的に合ったスタイリング剤を用意しましょう。

①熱による髪の傷みを防ぐセットローション
②流し前髪をキープするヘアスプレー
③好みの質感に仕上げるヘアワックスやヘアクリーム

さらに気を付けたい点は、前髪だけでなく髪全体のバランスを見ること。
かわいい流し前髪には、サイド・バックもふんわりさせるとバランスGOODです♡

【前髪の流し方】①ストレートアイロンを使ったやり方

おすすめはストレートアイロン

image from instagram

前髪のように短い髪を巻く場合にはストレートアイロンがおすすめです。
その理由は、全体が熱くなるコテ(=ヘアアイロン)と違い、ストレートアイロンは髪をはさむ内側だけが熱くなり、火傷しにくいから。

ストレートアイロンは前髪の他、髪全体をストレートにしたり、ふんわりと巻いたり、オールマイティーに使える点もおすすめする理由のひとつ。どんなヘアスタイルも作れちゃう万能アイテムです。

【前髪の流し方】ストレートアイロンを使う前の下準備

image from instagram

前髪を流すためには、前髪の生え癖をなくすための下準備をしましょう♡
根元からしっかりと乾かして、前髪がパックリ分かれることを防ぎます。

①根元を濡らし、流したい方と逆方向に引っ張り、ドライヤーをあてます。
②①とは逆方向にひっぱり、ドライヤーをあてます。

これで下準備完了です。
次にストレートアイロンを使った前髪の流し方を2つご紹介します♪

【前髪の流し方】ストレートアイロンを使ったやり方 ①薄い前髪の場合

image from instagram

①前髪を流したい方向と逆に引っ張ります。このときの角度は45度を意識して!
例えば、右に流したい場合には、左斜め(45度)に引っ張ります.

※前髪の量が多い場合は、上と下で半分に分けて行いましょう

②ストレートアイロンでフワッとはさみ、毛先に移動させながら巻きます。
毛先の所で少しだけ手首を内側にひねると、自然カールができますよ。

ポイントは手首!
前髪のカールが弱い場合は、もう1度同じよう巻きます。

③最後、毛先の部分までストレートアイロンで巻いたら、流したい方向に手首を巻きます。
はさんだまま内側にストレートアイロンをスライドさせる感じです。

これで流し前髪の完成です。
薄い前髪がふわっとした仕上がりになります。

【前髪の流し方】ストレートアイロンを使ったやり方 ②厚い前髪の場合

image from instagram

①前髪を上下2つに分けます。
上をダッカール(ピン)で留めて、下から巻いていきます。

②根元にストレートアイロンを入れます。
このとき、前髪を挟んだ指で丸めながらストレートアイロンを差し込むのがコツ。

③丸みをつけるように、ストレートアイロンを毛先まで移動していきます。

④毛先まで移動し、ストレートアイロンをぬいていきます。

これで、1段目完成。やや眉上の流し前髪になります。下の部分はやや強めに巻くのがポイント☆

⑤ダッカールで留めていた上の部分を巻きます。
下段よりも、やや毛先の部分にストレートアイロンを入れて巻きましょう。

⑥丸みをつけながら巻きます
ストレートアイロンを毛先まで移動させ、毛先はしっかりくるんと巻きましょう。ちょっと巻きすぎかな?くらいの仕上がりがちょうどいい♡

⑦上と下を馴染ませます。
手でつまみながら馴染ませます。

⑧分け目を作って、毛先を流したい方向に曲げていきます。
毛先をつまんで、くるりんっと。

くしを使ってもOK☆
根元を押さえながら流したい方向にくしをスライドさせます。

【前髪の流し方】②カーラーを使ったやり方

image from instagram

ストレートアイロンでは巻きづらい短いぱっつん前髪にはマジックカーラーがおすすめです。もちろん、ある程度長さのある前髪にも使えるやりかたです。

image from instagram

①太めのカーラーをぱっつん前髪の根本から巻きます。
細いカーラーを使うと古臭くなるので気をつけましょう☆

②カーラーで巻いた前髪をドライヤーで温めて、次に冷風で冷まします。

③カーラーを取り、前髪を流したい方向に寄せながらドライヤーを当てます。

④前髪とサイドの髪をなじませたい場合にはストレートアイロンやヘアアイロンを併用するのもおすすめ。
サイドをゆるく巻いて、前髪となじませます。

【前髪の流し方】③ドライヤーを使ったやり方

image from instagram

ドライヤーで前髪を流す場合、必要なのはロールブラシ。

①前髪を根元からロールブラシで内巻きにします。

②ドライヤーの温風を当てます。

③カールがついたらロールブラシを外し、冷めないうちに流したい方向に流し、スプレーで固めます。

【前髪の流し方】④コテ(=ヘアアイロン)を使ったやり方

image from instagram

長い前髪の場合、コテ(=ヘアアイロン)を使うこともできます。
ナチュラルで動きのある流し前髪にするためには、ブロッキングして丁寧に巻くのがコツです。

①まず前髪全体をコテで巻きます。

②1/3ずつに分け、それぞれコテで縦巻きにします。
こうすることで根元に立ち上がりを作ることができます。

③最後に前髪の上の部分を内巻きにします。

④全体をなじませれば完成です。

【前髪の流し方】⑤切りすぎたり短い前髪のやり方

切りすぎた前髪はなじませちゃおう

出典:YouTube

短く切りすぎた時はサイドの髪と馴染ませることで、流し前髪にすることができます。まず髪全体を軽く巻いておくとまとまりやすく扱いやすいのでおすすめです。

関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連するまとめ一覧

【秋版】思い切ってイメチェン!おしゃれな「ショートヘア」をご紹介♡

一度は挑戦してみたい、おしゃれなスタイリングである「ショートヘア」! 特に、秋のコーデとも相性がいいので今挑戦してほしいスタイルなんです♡ そこで今回はイメチェンにぴったりな秋の「ショートヘア」スタイルをご紹介します。 おしゃれなスタイルを厳選したので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

CHIZURU / 20988 view

『ヘアターバン』おすすめブランド3選!簡単におしゃれヘアに♡

着けるだけで一気におしゃれ度がアップする「ヘアターバン」。 ヘアターバンが気になる!という方へ、特におすすめのブランド(アネモネ、カオリノモリ、カシラ)をご紹介します。 どれもおしゃれなものばかりなので、ぜひご覧くださいね!

273 / 1390 view

【ヘアカラー】やっぱり落ち着く♪秋におすすめ「暗髪」のヘアカラー図鑑

秋のヘアカラーはやっぱり「暗髪」が良さそう♡ 今回はおすすめの秋らしいヘアカラーをご紹介いたします! どのカラーも季節感たっぷりでおしゃれなものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね◎

CHIZURU / 5755 view

ヘアスタイルまとめランキング

昨日人気のあったヘアスタイルのまとめ

人気のキーワード

いま話題のキーワード