冬コートはいつからいつまで着る?気温別の最適アウターを解説!

秋コーデ、冬コーデには欠かせないコートですが、いつから着たらいいか悩んでいませんか?秋はまだ気温が高い日が多く、コートを着たら暑すぎる!なんてこともありますよね。でも、季節を先取りしたオシャレな人だと思われたい!冬コートを着始めるベストなタイミングは?冬の終わりはいつまでコートを着てもいい?トレンチコートやダウンコートなど、冬コートを使った定番コーデも含めて徹底解説します!

冬コートはいつからいつまで着ればいい?

厳しい寒さから体を守ってくれる冬コート。いろいろなデザインのバリエーションがあり、自分なりのオシャレが楽しめるアイテムでもあります。
そんな冬コートですが、いつから着れば季節外れにならないのか、この気温で着るのはまだ早い?…などなど、いつから着始めるか、タイミングで悩んだことがある人も多いのではないでしょうか?

冬コートは11月から3月までを目安に着こなそう!

「冬コートはいつから着ていい?」その答えは、ズバリ11月下旬!
10月から11月上旬までは、最高気温が20度を超えたり、20度近くなったりするので、冬コートでは暑く、周りからも「早すぎじゃない?」と思われてしまいます。
11月下旬になると気温がグッと下がるので、冬コートでも快適に過ごすことが可能に!季節外れと思われることもないですよ。

また、冬コートの着納めは3月中旬までを目安にしましょう。3月上旬は冬コートを着ないと寒いような気温の日も多いですが、季節はもう春なので、ショート丈のコートにしたり、明るいカラーのコートを選んだりと、春らしさを出すのも忘れずに!

コートはいつ頃買うべき?

画像提供:chikaさん(@chikaa25)

冬コートが店頭に並び始めるのは、9月下旬から10月頃。欲しいデザインのものを確実に買うなら、この時期に買ってしまうのがおすすめです。
昨シーズンの商品が安く販売されていることもあるので、最新のデザインにこだわらなければ、それを狙って買うのもアリ!

最高気温別!着るべきアウターを紹介

最高気温16度~20度:カーディガンや薄手のジャケット

画像提供:akkoさん(@akko3839)

ここからは、最高気温別に適したアウターを紹介します。まずは最高気温が16度~20度の日のアウター!

日中は歩いていると暑く感じることもある気温ですが、朝晩は肌寒く感じられることも。寒くなったらサッと羽織れて、暑い時は脱いでもかさばらない、カーディガンや薄手のジャケットをチョイスしましょう。

最高気温12度~15度:薄手のコートやブルゾン

画像提供:まるちわさん(@marchiwa0304)

最高気温が12度~15度の日は、活動していると暑く感じることもあるので、薄手のコートやブルゾンを着るのがおすすめ。
秋口のちょっと寒い日には、ツイルやスエード生地のものを。12月以降に少し暖かいと感じられる日には、ツイードやニットなどの冬らしい素材でありながら、厚手でないアウターを選ぶなど、季節感は忘れないでおきたいところです。

最高気温7度~11度:厚手の冬コート

画像提供:GALLYさん(@00gally)

最高気温が7度~11度となると、かなり寒く感じられます。この頃にはいよいよ厚手の冬コートの出番!
コートに合わせて、帽子やマフラー、ブーツなど、冬小物を使ったオシャレを楽しみましょう。

最高気温6度以下:ダウンコートやムートンコート

最高気温が6度以下だと、もはや極寒。ダウンやムートンなど、防寒性の高い素材のアウターをチョイスしましょう。
アウターの前を閉めないといられないほどの寒さなので、デザイン性の高いコートを選んだり、小物で遊んだりして、真冬ならではのファッションを楽しみたいですね。

定番冬コートコーデ☆季節先取りでオシャレに着こなす!

定番コーデ①トレンチコート

冬コートはいつから着たらいいか、何度でどんなコートを選んだらいいかわかったところで、ここからは、定番の冬コートコーデを紹介します♪まずはトレンチコートから!
元は軍用コートとして開発されたもので、ウエスト部分の太いベルトをはじめ、大きな衿、肩部分のベルト「エポーレット」、肩から背中にかけて二重になっている「ストームシールド」といったデザインが特徴的なコートです。

ギャバジンなど、ハリがあり薄手の素材で作られたものが多いトレンチコート。いつ着るのがおすすめかというと、11月から12月の、少し暖かい、でもアウターを着ないと寒い、くらいの日。冬の終わりかけの3月も、トレンチコートを着るのにちょうどいい時期です。
11月下旬を過ぎて少し暑く感じるような気温の日には、インナーを薄手にするなどで調節して、トレンチコートを羽織って季節感を忘れないでおきたいところです。

フォーマルな印象を与えがちなトレンチコートですが、キャップやパーカー、デニムにスニーカーと思いっきりカジュアルにまとめれば、一気にオシャレ上級者らしいコーデに!

定番コーデ②チェスターコート

チェスターコートは、膝丈くらいと長めの丈に、衿が付いている型が基本のコート。背広っぽい見た目で、マニッシュな印象が強いアウターです。

いつ着るべきかですが、一口にチェスターコートと言っても、使われる素材はさまざま。ウール素材やツイード素材のものなら12月中旬から2月頃までの冬本番にピッタリの暖かさですし、コットンやデニムで作られたものは、10月下旬から11月頃、アウターがないと少し寒く感じられる時期におすすめです。

寒い日はコートの前を閉めたくなりますが、オシャレなインナーも見せたい!という時には、ボリューミーなマフラーやストールを首元に巻いてみて。
寒さが防げるのはもちろん、コートとインナーのレイヤードをスッキリと見せられます。
「かっこいい」印象が強いチェスターコート。パンツスタイルでとことんマニッシュに攻めるのもいいですが、ファーのマフラーや柔らかなニットワンピースを合わせると、可愛らしさが演出できます。

定番コーデ③ノーカラーコート

ノーカラーコートは、その名の通り衿が付いていないコート。衿がない分上半身にボリュームが出ないので、華奢見えが叶うアウターです。マフラーやストールを首元に巻いてもかさばらないのも嬉しいポイント♡
こちらもチェスターコート同様、素材によって秋口、真冬、冬の終わり際と、長く着られるコートです。

特にノーカラーコートがおすすめの季節は、12月下旬から2月までの冬本番!インナーが厚手になってくるこの季節は、スッキリ見えるノーカラーコートをチョイスすれば、スタイルがよく見えますよ。
こちらのコーデは、コートのVネックと長い丈が縦長のラインを強調し、ポインテッドトゥのパンプスが華奢な印象を与えていますね。

定番コーデ④ムートンコート

ムートンとは、羊の毛皮になめしを施したもの。防寒性に優れているので、ムートンコートは12月下旬から2月頃までの、特に寒さが厳しい時期に着るのがおすすめです。

生地が厚手でオーバーサイズに見えるものが多く、モコモコでだぼっとしたシルエットがキュートですが、ちょっと子供っぽく見られてしまうおそれも。
コートの色味をシックなものにしたり、タイトなデニムやピンヒールのパンプスなど女性らしいアイテムを合わせたりすることで、ムートンコートを使った大人カジュアルコーデが完成します。

定番コーデ⑤ファーコート

ファーコートは、その名の通り、ミンクやフォックス、ラビットなどの毛皮(ファー)を使ったコート。ふんだんにファーを使ったゴージャスな見た目のものから、パステルカラーのフェイクファーで女の子らしいデザインに仕上げたものなど、いろいろなデザインが楽しめるアイテムです。

着て暖かいのはもちろん、ふわふわの見た目が暖かい印象を与えるので、12月下旬から2月頃までの真冬の時期に着るのがおすすめです。11月や冬の終わりかけの3月に着ると、暑苦しく、季節外れの印象を与えてしまうかも。

ファーコートを使うコーデは、やはりその存在感を活かして、とことんファーコートを引き立てたいところ!インナーやボトム、小物はシンプルなものを選んで、主役のファーコートを目立たせましょう。
ファーコート自体がエレガントな雰囲気なので、コーデがカジュアルでもしっかり大人っぽい印象を与えてくれます。

定番コーデ⑥ダウンコート

ダウンコートは、水鳥の羽毛を使ったコート。冬の定番アウターで、すでに持っている人も多いでしょう。その暖かさはもはや説明不要!
保温性に優れているので、こちらも12月下旬から2月頃の冬本番に着たいところ。やはり秋から冬にかけての時期や、冬の終わりかけには、暑苦しい印象を与えてしまいます。

大人のダウンコートコーデにおすすめなのが、ベージュなど淡色のダウンコート。重たく見えがちな冬コーデを、ぱっと明るい雰囲気にしてくれますよ。
モノトーンのインナーや小物、深めの色味のデニムと合わせれば、メリハリのある大人カジュアルコーデの完成です。

いつからいつまで冬コートを着たらいいかタイミングを見極めて!

画像提供:tomokaさん(@______839048)

冬コートをいつからいつまで着るべきかと、おすすめの冬コートコーデを紹介しました!

季節を先取りしたいけれど、まだ暖かい時期から着ると季節外れだと思われるおそれもあり、いつから冬コートを着始めたらいいかは意外と難しいもの。

秋から冬に移り変わる11月下旬から着始めれば、気温もちょうどよく、季節感も演出できます。
いつまで着ていいかも悩みどころですが、トレンチコートやチェスターコート、ノーカラーコートなら、薄手のものを選べば、まだ肌寒く感じられる日も多い、冬から春に移り変わる3月にも着られることがわかりましたね。
また厚手の素材が多い冬コートを使ったコーデで、着膨れせずにスタイルをスッキリ見せるポイントもつかんでもらえたのではないでしょうか。

コートがコーデの主役になる冬。この季節ならではのオシャレを楽しまないともったいない!
お気に入りの冬コートをゲットして、寒さが厳しい時期もハッピーに過ごしましょう♡

タカハシ

プチプラコスメと古着が好きなアラサーです。i-seeでは美容系の記事を中心に執筆しています。

Profile

関連記事一覧