新生活で失敗しない♪おしゃれ&広く見せるお部屋の作り方【6畳編】

春に新生活を初める方必見♪今回は一人暮らしで一般的なお部屋の一つ、6畳の限られたスペースを広く見せるコツや、視覚効果でおしゃれに使えるインテリアをご紹介します。お部屋がごちゃごちゃに見えない、スマートなお部屋作りの参考に是非♪

Twitter Facebook LINE

14946view

お気に入り

6畳間ってどんな感じ?

住む人によって広くも狭くも感じる6畳ですが、一人暮らしの定番サイズとも言えますね。

6畳のお部屋を広く見せるコツ

初めての一人暮らしにありがちな「ものを置きすぎ」で、お部屋が狭く見えてしまうパターンを回避するためには、最小限のものだけ置くようにするのが一番ですが、ちょっとしたコツで広く見える方法もあるんだそうです。おしゃれなお部屋を作るためにコツをしっかり押さえておきましょう♪

ポイント①床の面積で広く見せる

6畳のお部屋を広く見せる作り方ポイント①は床部分を多く見せること。小さめのおしゃれなラグを引いて♪

床の面積の見え方で部屋の広さの感じ方が違ってきます。多く見える分だけ広く感じますし、物が多く足の踏み場もないという部屋は狭く感じてしまいます。

ポイント②低い家具にする

6畳のお部屋を広く見せる作り方ポイント②は低い家具で揃えること♪ナチュラルカラーのテレビ台もおしゃれ。

6帖の部屋でも、低い家具を配置することによって、目線が低くなり随分と部屋を広く見せる効果があるんです

ポイント③部屋の視界を遮らない

6畳のお部屋を広く見せる作り方ポイント③は動線に「抜け」を作ることで開放感のあるお部屋になるそうです。おしゃれなネイティブ柄を使ってインテリアテイストを統一。

狭い部屋を広く見せるには、視覚効果を利用するのがオススメ。その1つが、視線の「抜け」を作ることです。「抜け」とは、視線を遮らないこと。つまり部屋に入ったとき、家具などに邪魔されず視線が部屋の奥までスッと通るような状態です。

ポイント④インテリアを明るい色調にする

6畳のお部屋を広く見せる作り方ポイント④はインテリアを明るい色調のものを選ぶと視覚効果で広く見えるそうです。人気のホワイトカラーのインテリアでおしゃれに。

一般的に明度が高いと、 人はスペースを広く感じます。ですから、室内で最も大きな面積を占める壁と床を明るい色にすると、部屋は広く感じます。

関連するまとめ一覧

美味しく食べてお肌つるつる♡「塩麹」を使った絶品レシピ10選

美容に効果があるとされブーム到来中の万能調味料「塩麹(しおこうじ)」。今回は、塩麹を使った絶品レシピを基本的な塩麹の作り方と併せてご紹介します。

UPDATE 朝霧ゆう / 1487 view

オール5分以下♡毎日のお弁当が楽しくなる絶品おかずレシピ10選

忙しい朝はのんびりとお弁当をつくっている時間はないけれど、できれば美味しくてオシャレなお弁当をつくりたい。そんな願いを叶えるべく、今回はオール5分以下でつくれちゃう絶品おかずのレシピをご紹介します。

UPDATE 朝霧ゆう / 260 view

今日はどれにしようかな♡パパッと簡単めちゃ旨「万能ダレ」10選

毎日のお料理で欠かせない味付けですが、いつも同じような味付けになってマンネリしていませんか?そこで今回は、どんなお料理にも使えて便利な「万能ダレ」のレシピをご紹介します。

朝霧ゆう / 1536 view

関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

ライフスタイルまとめランキング

昨日人気のあったライフスタイルのまとめ