首スカーフの巻き方・結び方|簡単初級編から上級編アレンジまで

首へのスカーフの巻き方・結び方をご紹介。最近じわじわと人気を集めているスカーフを使ったコーデ。特に、春夏は日焼け防止としても活用できるので大活躍間違いなし!今回は、スカーフの巻き方・アレンジを簡単な初級編から上級編までまるっとご紹介いたします。ぜひ今後のスカーフコーデの参考に。

難易度別スカーフの巻き方9選

画像提供:tomokaさん(@______839048)

今年のトレンドアイテムでもある「スカーフ」。シンプルなコーデに取り入れるだけで一気に華やかになる万能アイテムでもあります。しかし、実際巻こうとすると巻き方がわからなかったり、実際にどんなコーデと合わせれば良いのかとお悩みの方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな皆さんに参考にしていただきたいスカーフの巻き方・結び方を簡単な初級編から上級編とレベル別にご紹介したいと思います。 

【首スカーフの巻き方】簡単!初級編

【基本の結び方】バイアス折り(ライニング)

まずは、スカーフの結び方のどの工程でも必ず行う「バイアス折り(ライニング)」の折り方をご紹介いたします。

①スカーフを裏返し、ひし形になるように広げます。
②上下の頂点を中心に向かって折ります。
③先ほど折った部分(折り目部分)をさらに中心に向かって折り込みます。
④③を繰り返し、お好みの幅まで折り込んだら、さらに細長くなるよう中心の折り目で2つ折りにします。
【完成】

ご自身のなりたいスタイルに合わせてルーズに折るも良し、アイロンをかけてきちんと折ってもOKです。

それでは、以上を踏まえてスカーフの巻き方・結び方の初級編をみていきたいと思います!

【スカーフの巻き方|初級編①】ひとつ結び

使用したスカーフのサイズ:約60㎝×60㎝

①バイアス折り(ライニング)をします。
②後ろから首にかけます。
③前で1回結びます。
【完成】

1回結ぶだけなのでとっても簡単!解けるのが気になるようでしたらもう一度結ぶとしっかりします。この時、片結びにならないように気をつけましょう。

【スカーフの巻き方|初級編②】ねじりV結び

使用したスカーフのサイズ:約70㎝×70㎝

①バイアス折り(ライニング)をします。
②帯状になったスカーフをねじります。(ねじり方は緩くてもきつくてもOK)
③ねじった状態を保ちながら、後ろから首にかけます。
④ねじりが解けないように、前で2回結びます。(片結びにならないように注意)
【完成】

結び方自体は、最も簡単なひとつ結びと変わりませんが、帯状になったスカーフをねじるという工程を加えるだけで、一味違ったスタイリングに。簡単なのにおしゃれな印象を持たせることのできるおすすめの結び方です!

【スカーフの巻き方|初級編③】リングを使って

使用したスカーフのサイズ:約70㎝×70㎝

①バイアス折り(ライニング)をします。
②帯状になったスカーフを後ろから首にかけます。
③普段お使いのリング(指輪)に首にかけたスカーフの両端を通します。
④お好みの位置でとめます。
【完成】

リングをはめるだけというとっても簡単でお手軽な巻き方です。この巻き方は、ある程度ボリュームのあるスカーフで行うのがベスト。もしお使いのスカーフとリングが合わずゆるゆるという場合は、リングではなくワンポイントのついたヘアゴムなどで代用すると良いでしょう。

【首スカーフの巻き方】中級編

【スカーフの巻き方|中級編①】ループノット

使用したスカーフのサイズ:約80㎝×80㎝

①バイアス折り(ライニング)をします。
②帯状になったスカーフの真ん中あたりの所に、ゆるい結び目を作ります。
③その結び目が喉のあたりにくるように首にあて、後ろでクロスし両端を前に垂らします。
④両サイドに垂らした両端を真ん中の結び目に通していきます。
⑤最後に結び目の部分を左右に引っ張り、形を整えます。
【完成】

結び方は少々複雑ですが、結びめがしっかりしているので1日巻いていても崩れにくく、お直しも簡単です。お好みで結びめをサイドに持ってきても◎!

【スカーフの巻き方|中級編②】CA風リボン巻き

使用したスカーフのサイズ:約80㎝×80㎝

①バイアス折り(ライニング)をします。
②後ろから首にかけ、中央でリボン結びをします。
③中央で作ったリボン結びを、サイドにずらします。
【完成】

リボン結びをしてずらすだけと、比較的簡単な結び方です。CAさんがこの結び方をしているのをよく目にしますよね。バイアス折りをするときに、あえてくしゃっとルーズにしてこの結び方をしてもこなれ感があって◎です。

【スカーフの巻き方|中級編③】クロス巻き

使用したスカーフのサイズ:約80㎝×80㎝

①バイアス折り(ライニング)をします。
②前から首にかけ後ろでクロスし両サイドを再び前に持ってきます。
③前に持ってきた両サイドを胸の前あたりでクロスさせます。
④さらにもう一度ひねります。(Xの形になるように)
⑤そのまま首の前で締め、両サイドを後ろで結びます。
【完成】

首の前にクロスの模様浮かび上がったような仕上がりに。工程は少々複雑ですが、その分だけ他の人とは違うワンランク上のスタイリングになることは間違いなしです!結びめが後ろにくるので、凝っているのに首元はすっきりとした印象に。

【首スカーフの巻き方】上級編

【スカーフの巻き方|上級編①】ベーグル巻き

使用したスカーフのサイズ:約80㎝×80㎝

①バイアス折り(ライニング)をします。
②前から首にあて後ろでクロスして再び両端を前にもってきます。
③どちらかの両端を首元のスカーフに上から通し、上部分に輪を作ります。
④前工程で作った輪にもう片方の端を通します。
⑤両端同士を2回ほど固結びします。
【完成】

首元部分が編み込んだような模様に。さすがは上級編といったおしゃれな結び方です。少々工程は複雑ですが、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

【スカーフの巻き方|上級編②】カーネーション巻き

使用したスカーフのサイズ:約80㎝×80㎝

①スカーフを裏返し、正方形の状態で広げます。(横長のスカーフの場合は、正方形になるように4つ角を内側に折りたたんでください)
②2つ折りにし、その状態でプリーツになるようにジグザグに折っていきます。
③プリーツ状になったら、後ろから首にかけ前で固結びをします。
④プリーツ部分をふんわりと広げ形を整えます。
⑤結びめをサイドにずらし、カーネーションのようになるよう整えます。
【完成】

名前の通り結びめがカーネーションのお花のようにふわっと華やかな結び方です。シンプルなコーデや首元に明るさ、華やかさをもたせたいときはこの結び方が◎!

【スカーフの巻き方|上級編③】ロゼッタ巻き

使用したスカーフのサイズ:約70㎝×70㎝

①スカーフが三角形になるように半分に折ります。
②三角形の頂点(山の部分)を重なった状態でひと結びします。
③結びめ部分を上にし、輪になったスカーフに腕を通します。(ハンドバッグを持つように)
④片方の端を輪に通した手で摘みます。
⑤その状態で、もう片方の手を今腕を差し込んでいる反対側から差し込みます。
⑥④と同じように反対側の端を手で摘みます。
⑦この状態で腕を両サイドに広げます。(真ん中に結びめのようなものができます)
⑧両サイドをぎゅっと引っ張り、結びめがくしゅくしゅとしたお花のような形にします。
⑨お花が前にくるように首にあて、後ろで両サイドをクロスし、前でひと結びします。
⑩お花部分をサイドにずらし、チョーカー部分を整えます。
【完成】

お花を作るまでの工程が難しく感じるかもしれませんが、仕上がりは華やかでとっても可愛いです。色鮮やかなスカーフでこの結び方をすれば、より女性らしく華やかな印象に。

【首スカーフの巻き方】場面別!スカーフコーデ

画像提供:makoさん(@_____ma.k.o)

ここからは、スカーフを使ったコーデを場面別にご紹介してきていきたいと思います!スカーフを使ったコーデは、普段使いはもちろんデートに女子会、オフィスにも活用可能です。ぜひいつものコーデにスカーフを取り入れて、おしゃれをもっと楽しんでみませんか?

【場面別!スカーフコーデ】女子会

画像提供:iochieさん(223.ce)

清潔感のある白トップスに大人カラーのブラウンスカーフを合わせた着こなし。シンプルなトップスにこそスカーフを合わせておしゃれ度をワンランクUP!細めにバイアス折りにし、サイドで1回結んだだけの簡単な巻き方でも、一気におしゃれな印象に。

【場面別スカーフコーデ】デート

画像提供:iochieさん(223.ce)

Vネックが涼しげなサマーニットに足長見えするハイウエストボトムスを合わせた着こなし。胸元がざっくり開いたトップスもスカーフを合わせるとホルターネックのようになりヘルシーな印象に。特に、デートでは胸元の空きが気になることもありますよね、そんな時にもスカーフを使ったこんな着こなしがおすすめです。

【場面別スカーフコーデ】オフィス

画像提供:yonnieさん(@yonnieins)

シンプルなオフィスコーデはカーフをプラスして上品さ増す着こなしに。シンプルなアイテムでまとめることの多いオフィスコーデとスカーフの相性は◎!お仕事へ行くときはもちろん、お仕事終わりにスカーフをプラスしてアフター6を楽しむのも良し!

【場面別スカーフコーデ】休日

画像提供:tomokaさん(@______839048)

休日はラフなTシャツ×黒スキニーのシンプルコーデにスカーフをプラス。スニーカーを合わせたカジュアルコーデにもスカーフはぴったり!スカーフを合わせることで、カジュアルダウンしすぎない大人の休日コーデに。

【応用編】色々なスカーフの巻き方

首へスカーフを巻いた定番な使い方以外にもスカーフには様々な活用方法があります。最後に、応用編として色々なスカーフの巻き方を少しだけご紹介したいと思います!

ベルトとして

画像提供:mさん(@m_y_b_59)

スカーフはベルトとしても活用できちゃう優れもの。スカーフを帯状に折る、またはクシュっとしたらウエストに巻くだけと巻き方もとっても簡単です。皮のベルトとは違ったスカーフ特有の質感がコーデを華やかに見せてくれます。

ヘアバンドに

画像提供:iochieさん(223.ce)

ヘアバンドとして活用することも!シンプルなお洋服の日は、ヘアアレンジにスカーフを使いおしゃれ度の高い着こなしに挑戦してみてはいかがでしょうか?

バッグへ

画像提供:moyooonnさん(@moyooonn)

比較的真似しやすいのがバッグへスカーフをくくったスカーフコーデ。首へスカーフを巻くのに抵抗があるという方でも、これなら手軽にスカーフをコーデに取り入れられるのではないでしょうか?ワントーンカラーでまとめたコーデの時などにも、バッグになら簡単にワンポイントとして取り入れられるところ◎!

スカーフを使っておしゃれで旬な着こなしを

スカーフの巻き方・結び方についてご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?いつものシンプルなコーデにスカーフ一つプラスするだけで、手軽に大人な上品さ引き立つ着こなしに。今回ご紹介したスカーフの巻き方・結び方、活用方を参考に、今期のトレンドアイテムであるスカーフをコーデに取り入れおしゃれで旬な着こなしを楽しんでみませんか?

スカーフ・春夏コーデ関連記事はこちら↓

ayane

ライター歴2年。ファッション記事を中心に執筆中。

Profile

関連記事一覧