グレージュ合う色コーデ|2019大人の秋冬コーデ

グレージュに合う色・秋冬コーデ情報をお届けします。グレーとベージュを合わせたような「グレージュ」は、大人の女性の品格を高めてくれるカラー。グレーのスタイリッシュな雰囲気とベージュの柔らかい雰囲気どちらも兼ね備えた色で、コーデの鮮度アップにも効果的!グレージュに合う色「ブラック」「ホワイト」「ブルー系」「ピンク系」「ベージュ系」のカラー別に、おしゃれに着こなす秋冬コーデをチェックしていきましょう。

グレージュってどんな色?

画像提供:_______mikki.nさん(@_______mikki.n)

グレーとベージュを合わせたようなカラー、グレーとベージュの中間のカラーを「グレージュ」と言います。
グレーよりもまろやかで柔らかい雰囲気に、ベージュよりもクールに着こなすことができるのがグレージュの魅力!
端正さとほんのりモード感もありつつ、女性の品格も高めてくれるグレージュは、大人女子のコーディネートに欠かせないカラーなんです。

そんなグレージュに合う色は、ブラック・ホワイト・ブルー系・ピンク系・ベージュ系。
グレージュをおしゃれに着こなす秋冬のコーディネート方法・ポイントを、合う色別にチェックしていきましょう。

グレージュ×ブラックでクールな大人コーデ

画像提供:tomomiyuさん(@tomomiyu0920)

グレージュコーデに迷ったら、まずはモノトーンスタイルに合わせるのがおすすめ。
グレーとベージュ、どちらの良さも兼ね備えているグレージュを取り入れると、シンプルなモノトーンスタイルも新鮮な印象に。
ボリューム袖が特徴のグレージュカーディガンは、濃淡がはっきりした白トップス×黒パンツの服装になじみつつ、コーディネートにラフな抜け感を出すことができます。

画像提供:mayuさん(@mmmcoco07)

メンズライクなチェスターコートは、グレージュのワンピースを合わせて女性らしく着こなして。
モード感もありながら女っぽさも感じられるスタイルで、いつものニットワンピをアップデート!
ワンピースとコート2アイテムでコーデが完成するので、楽におしゃれを楽しむことができます。
ダークグリーンのバッグはアクセントに。

画像提供:akkoさん(@akko3839)

ニットにストールを重ねることで、グレージュが深みを増しさらに表情豊かに。
グレージュの淡色コーディネートは、黒のパンツとブーツでキュッと引き締めるのがGood!
ダークカラーの黒を投入することでグレージュの着こなしに”コク”を与えることができます。
ボトムスからブーツまで色を繋げることで、スタイルアップ効果も生まれます。

グレージュ×ホワイトで女っぽコーデ

画像提供:GALLYさん(@00gally)

ナチュラルカラーのグレージュコートが主役のコーデは、白パンツで端正な印象を。
シンプルコーデなのにどこかおしゃれに見えるのはグレージュ効果!
バックシャンでディテールのこだわったコートも、グレージュ&きちんと感のある小物を合わせると、気品のあるきれいめ冬コーデに仕上げることができます。

リラックス感のあるホワイトカラーのワイドパンツは、上品なグレージュトップスを合わせてワンランク上の大人カジュアルスタイルを目指して。
黒だと重たく、白だと全体がぼんやりしてしまう…グレージュはそんな時に最適のカラーです。
ピンクベージュのジャケットの色に合わせて、ベージュよりのグレージュを選ぶのがポイント!
淡色配色コーデには、インパクトのあるレオパード柄のバッグでピリッとスパイスをプラスしてメリハリを。

画像提供:_______mikki.nさん(@_______mikki.n)

グレージュのニットは、ほっこりと地味になりがち。
真っ白なコートでトーンを底上げし、ラグジュアリーな雰囲気を加味しましょう。
パンツ・パンプス・バッグはベージュで統一して、ニュアンスのある配色でおしゃれ度もグッとアップ!
大人の肌色にもしっくりなじみつつ、自然にトーンアップできるのもグレージュの魅力です。

グレージュ×ブルー系で爽やかコーデ

画像提供:tomomiyuさん(@tomomiyu0920)

グレーよりのグレージュは、ライトブルーのデニムパンツと好相性!
爽やかなライトブルーを合わせることで、まったりした雰囲気になりがちなグレージュコーデも垢抜けた印象に。
シンプルだけど地味に見えない、大人のカジュアルスタイルを確立させることができます。
デニムのトーンと合わせて、薄いグレージュを選ぶとコーディネートがすっきりとまとまります。

画像提供:akkoさん(@akko3839)

ふんわりニット素材のグレージュは、ぼんやりとした印象になりがち。
寒色カラーのブルーデニムやダークカラーのコートでコーディネートにメリハリを効かせて、さりげなくモードなムードに引き寄せて。
知的だけど柔らかさのあるグレージュニットなら、女性らしさもそのままキープすることができます。

画像提供:mayuさん(@mmmcoco07)

どんな色も受け止めるグレージュバッグは、白のインナーとブルーのアウターの繋げ役に。
中間色なので、コントラストがはっきりした配色も違和感なくなじませることができます。
グレージュ×ホワイトの柔らかい雰囲気のコーディネートにインパクトを効かせたい時は、きれい色のコートをさっと羽織って、聡明なオーラ漂うハンサムなグレージュコーデに仕上げて。

グレージュ×ピンク系で大人可愛いコーデ

グレージュの柔らかい印象をキープしつつ、コーディネートに甘さと女っぽさをプラスすることができる「ピンク」。
同じピンクでもグレージュに合う色は、くすみ感のあるピンクや淡いペールトーンピンクです。
どちらもコーディネートに自然に溶け込むカラーなので、悪目立ちすることなく着こなすことができますよ。
曖昧な色調が甘さもカジュアルさもおさえ、リラックス感のある大人の休日コーデに。

画像提供:希さん(@mkmrt1)

ピンクニット×白のタイトスカートと、甘い要素が凝縮されたコーディネートは、グレージュのカーディガンで落ち着いた大人の着こなしに。
カジュアルな印象のロングカーディガンもグレージュなら、シックで上品な雰囲気を演出することができます。
繊細なレース柄スカートを合わせた知的なエレガントな佇まいは、オフィススタイルにも最適です。

カジュアルライクになりがちなボリュームカーディガンも、グレージュならノーブルなムードを感じられるコーディネートに仕上げることができます。
着るだけで女性らしいシルエットを強調できるタイトスカートは、グレージュのカーディガンでクールカジュアルに着崩して大人の甘さをアップデート。
カーディガンとタイトスカートで媚びない女らしさを演出し、こなれた味わいのあるスタイルに。

グレージュ×ベージュ系でおしゃれ度アップコーデ

画像提供:GALLYさん(@00gally)

ダークトーンになりがちな秋冬コーデも、絶妙なニュアンス漂うグレージュ×ベージュコーデなら軽やか着こなしに。
黒やネイビーよりもコントラストがはっきりしないグレージュなら、ベージュのワントーンコーデにもしっとりとナチュラルになじませることができます。
ボリューム感のあるアイテムも重たく見えないのがグレージュの魅力。
レオパード柄のバッグでエッジを効かせて、ポインテッドトゥのブーツを合わせてスマートに着こなして。

画像提供:makoさん(@_____ma.k.o)

トレンドのスポーツミックススタイルもグレージュ×ベージュでコーデすると、新鮮な淡さとこなれ感を演出することができます。
グレージュとかけ合わせることで、ナチュラルカラーのベージュもスタイリッシュな着こなしに。
レイヤードした白Tをチラ見せして明るさをプラス、黒のボディバッグでコーデを引き締めると、ぼんやりしがちな淡色配色も好バランスでコーディネートすることができますよ。

画像提供:akkoさん(@akko3839)

同系色コーデは、異素材の組み合わせでコーディネートに奥行きを出すのがGood!
ほっこりとした雰囲気のニットも、エレガントなプリーツスカートを合わせるとたちまちリッチな表情に。
統一された配色で、知的な印象もアップさせることができます。
グレーの色味が強いグレージュ×ベージュコーデは、ノーブルなムードを高めたい時にぴったり!

合う色を知っておしゃれなグレージュコーデを楽しもう!

グレージュに合う色は、ブラック・ホワイト・ブルー系・ピンク系・ベージュ系の5色。
グレージュは、グレーとベージュを合わせた曖昧なカラーなので、コーディネートにメリハリを効かせたい時は「白」や「黒」など、パキッとコントラストがはっきりした配色がおすすめです。
ニュアンスカラーの上品でおしゃれな雰囲気を楽しみたい時は「ブルー」・「くすみピンク」・「ベージュ」を合わせるのがおすすめです。
合う色やスタイリングポイントをおさえて、秋冬のおしゃれなグレージュコーデを楽しんでくださいね。

グレーコーデはこちらをチェック!

abimi

おしゃれなコーデが知りたい!流行っているヘアスタイル・メイクは?など、大人女性をもっと綺麗に素敵にみせてくれるトレンド情報をわかりやすくお届けしていきます。

Profile

関連記事一覧