アイライン引き方♡アイラインの種類別、一重・奥二重・二重さん別

アイラインって何となく引いてる人って多いのでは?!「目を大きく見せるため」と思って、太く引いたりして、不自然になってたりしてませんか?自然だけどぱっちりした目を演出するためにも、一重・奥二重・二重さん別に上手に引く事が大事です。是非、参考にしてください。

アイラインの種類別,使い方♪

・【ペンシルタイプのコツ】

【ペンシルタイプのコツ】

初心者の方には「ペンシルタイプ」がオススメです。芯を直接あてて線を描くので失敗することは、あまりないです。
そして、ナチュラルに仕上がります。

※ペンシルタイプには、鉛筆型、繰り出し型があります。

ペンシルタイプが初心者向けといわれるのは、そのナチュラルな仕上がりと、失敗してもすぐぼかすことが出来て治しやすいからでしょう。その反面落ちやすいため、よれてしまうことが弱点。パンダ目に要注意です。

【ペンシルタイプの引き方】

・まつ毛のすきまや、粘膜と皮膚と皮膚の間を、インサイドと言います。インサイドをうめるように、ぬりつぶします。
※(手が震える場合は、手を固定して)

・今度はまつ毛の生え際部分を、塗っていきます。

【ペンシルアイライナーで下ラインの引き方】

・上ラインより薄い感じで引くと自然に見えます。

(ペンシルアイラインで下ラインを引くときは、太くなりやすいので、気をつけて!)

・【リキッドタイプのコツ】

【リキッドアイライナーで引くコツ】

水に強い、ウォータープルーフタイプを使うと、汗や涙に強いのでオススメです。

リキッドタイプはリキッドがまつ毛につくとまつ毛同士が密着してしまうタイプと、まつ毛にリキッドがついてもまつ毛同士が密着しないタイプがありますから、慣れていない方は後者を選ぶと良いでしょう。

【リキッドアイラインの引き方】

・中央から、目頭に向かって引く。
・中央から目尻にかけて流すように引く。

(中央から引くと、中央が濃くて太くなり、目頭に向けて細く自然に引くことができます。)

【リキッドアイライナーで下ラインの引き方】

・リキッドアイライナーで下ラインを引くときは、目尻から目頭に向けてかくと、自然に引くことができます。

(目尻から中央に、中央から目頭に引く方法もあります。この引き方も、失敗しにくいです。)

目の種類別のアイラインの引き方♡

一重の場合・奥二重の場合・二重の場合にわけてまとめてみました!

【一重のアイラインの引き方のポイント】

【一重アイラインの引くポイント】

・横幅を出すように引く。(目尻から5mm~7mm)

・目を開いた時にアイラインが見える太さに引く。

・まつ毛との間を埋めるように塗る。

【一重の場合のアイラインの引き方】

【一重の場合】

・アイラインを引く場所が見にくいので、瞼を持ち上げて引きましょう。

・ラインを引くというより、まつげの隙間を埋めていくような感じです。

・一重瞼にラインを入れるときは、目を開いてる時に見える太さに入れるのがオススメです。

・ラインの見え方を確認しながら、創造以上に太めに入れても大丈夫です。

【たれ目の印象に見せるとき】

目尻の延長線を描くように、3~4mm長めに引く。
(目を開いた状態で、目尻の流れに沿うように。)

【一重の跳ね上げるライン】

・目尻から5~8mm、斜め上向きに跳ね上げラインを書きます。目を開けて、下瞼の延長線を描くようにラインを入れる

・目尻から跳ね上げたラインを、△をかくように重ね塗りする。

ブラックの太いアイラインで疑似二重を作るのもいい

【奥二重のアイラインの引くポイント】

【奥二重のアイラインの引くポイント】

・黒目部分から目尻にかけてアイラインを引く。

・ラインを太く入れすぎないように、注意する。

・まつげの間を埋めるように塗る。

【奥二重の場合】

・奥二重にラインを入れるときは、細いラインで描くと、二重層がなくならないのでオススメです。

・奥二重を大きく見せるためには、まつげの間をしっかり埋めて、黒目部分から、目尻にかけてアイラインを入れることです。

奥二重の最大の厄介ごとは、一生懸命メイクしても、ほとんど全てが二重の間に隠れてしまい、見えなくなってしまうこと。また、二重の幅が細いため、アイラインなどをちょっと太めに引いてしまうと、二重の幅がアイラインで隠れてしまい一重に見えてしまうというデメリットもあります。

【アイメイクで叶える'たれ目'の印象に】

目尻の延長線を描くように、3~4mm長めに引く。
(目を開いた状態で、目尻の流れに沿うように。)

【奥二重の跳ね上げライン】

キャットアイの目尻跳ね上げ

・目尻から5~8mm、斜め上向きに跳ね上げラインを書きます。目を開けて、下瞼の延長線を描くようにラインを入れる

・目尻から跳ね上げたラインを、△をかくように重ね塗りする。

【二重のアイラインの引くポイント】

・二重の人の場合、アイラインを強調し過ぎると、濃いメイクになり、ケバくなります。

【二重のアイラインの引くポイント】

・隠れアイラインを引く。

・目尻のみ引く。

・色は、グレーやブラウンがオススメです。

【二重の場合のアイラインの引き方】

【二重の場合】

・二重のアイラインは、隠れアイラインで、目の際に細く入れる。

・濃いメイクになりすぎないように、目尻だけ引くのが良いです。

・くっきり二重さんの場合は、黒色だとキツイ印象になるので、ブラウンやグレーがオススメです。

【下瞼のアイライン】

・下瞼のアイラインは、目尻から1/3程度だけ引くのがオススメです。

※(せっかく二重の大きい目が囲むことで小さく見えてしまいます。)

【二重の目をたれ目の印象に】

目尻の延長線を描くように、3~4mm長めに引く。
(目を開いた状態で、目尻の流れに沿うように。)

※(つり目の人は、目頭側のラインを太めにすると自然な垂れ目になれます。)

【二重の跳ね上げるライン】

・目尻から5~8mm、斜め上向きに跳ね上げラインを書きます。目を開けて、下瞼の延長線を描くようにラインを入れる

・目尻から跳ね上げたラインを、△をかくように重ね塗りする。

【ナチュラルにライン引き方】

基本の引き方と同じで、目頭から中央、目尻から中央に引くとナチュラルです。

まとめ

あなたのなりたかった目元はあったでしょうか?アイラインの引き方をアレンジするだけで、雰囲気も変わるので、服装やシーンに合わせて変えて見て下さい。

関連記事一覧