アイライン引き方♡アイラインの種類別、一重・奥二重・二重さん別

アイラインって何となく引いてる人って多いのでは?!「目を大きく見せるため」と思って、太く引いたりして、不自然になってたりしてませんか?自然だけどぱっちりした目を演出するためにも、一重・奥二重・二重さん別に上手に引く事が大事です。是非、参考にしてください。

Twitter Facebook LINE

195376view

お気に入り

アイラインの種類別,使い方♪

・【ペンシルタイプのコツ】

【ペンシルタイプのコツ】

【ペンシルタイプのコツ】

初心者の方には「ペンシルタイプ」がオススメです。芯を直接あてて線を描くので失敗することは、あまりないです。
そして、ナチュラルに仕上がります。

※ペンシルタイプには、鉛筆型、繰り出し型があります。

ペンシルタイプが初心者向けといわれるのは、そのナチュラルな仕上がりと、失敗してもすぐぼかすことが出来て治しやすいからでしょう。その反面落ちやすいため、よれてしまうことが弱点。パンダ目に要注意です。

【ペンシルタイプの引き方】

【ペンシルタイプの引き方】

・まつ毛のすきまや、粘膜と皮膚と皮膚の間を、インサイドと言います。インサイドをうめるように、ぬりつぶします。
※(手が震える場合は、手を固定して)

・今度はまつ毛の生え際部分を、塗っていきます。

【ペンシルアイライナーで下ラインの引き方】

【ペンシルアイライナーで下ラインの引き方】

・上ラインより薄い感じで引くと自然に見えます。

(ペンシルアイラインで下ラインを引くときは、太くなりやすいので、気をつけて!)

・【リキッドタイプのコツ】

【リキッドアイライナーで引くコツ】

【リキッドアイライナーで引くコツ】

水に強い、ウォータープルーフタイプを使うと、汗や涙に強いのでオススメです。

リキッドタイプはリキッドがまつ毛につくとまつ毛同士が密着してしまうタイプと、まつ毛にリキッドがついてもまつ毛同士が密着しないタイプがありますから、慣れていない方は後者を選ぶと良いでしょう。

【リキッドアイラインの引き方】

【リキッドアイラインの引き方】

・中央から、目頭に向かって引く。
・中央から目尻にかけて流すように引く。

(中央から引くと、中央が濃くて太くなり、目頭に向けて細く自然に引くことができます。)

【リキッドアイライナーで下ラインの引き方】

【リキッドアイライナーで下ラインの引き方】

・リキッドアイライナーで下ラインを引くときは、目尻から目頭に向けてかくと、自然に引くことができます。

(目尻から中央に、中央から目頭に引く方法もあります。この引き方も、失敗しにくいです。)

目の種類別のアイラインの引き方♡

一重の場合・奥二重の場合・二重の場合にわけてまとめてみました!

【一重のアイラインの引き方のポイント】

【一重アイラインの引くポイント】

【一重アイラインの引くポイント】

・横幅を出すように引く。(目尻から5mm~7mm)

・目を開いた時にアイラインが見える太さに引く。

・まつ毛との間を埋めるように塗る。

【一重の場合のアイラインの引き方】

関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連するまとめ一覧

つけまつげ特集【二重向け】コツをおさえてなりたい目元に♡やり方等

なりたい目元に近づけるアイテム、つけまつげ。二重さん向けに定番のやり方・おすすめ人気アイテムをご紹介します♡毛量や長さによってアイメイクの仕上がりがぐっと変わるつけまつげ。定番のやり方をおさらいして、アイメイクをもっと楽しもう♪

sweetie / 2286 view

コンシーラーで毛穴を隠す!おすすめなプチプラコスメをご紹介★

コンシーラーで毛穴をカバーしましょう。おすすめなプチプラコスメをご紹介します。メイクでうまく毛穴が隠せないと悩んでいる方はコンシーラーを使ってみましょう。プチプラコスメなら試しやすいのでぜひチェックしてみてください!

nananana / 3092 view

つけまつげ特集【奥二重向け】長さ重視で印象的に♡やり方&人気商品

極細の二重ラインが特徴の奥二重さん。ぱっちりとしたアイメイクの仕上げにかかせないつけまつげの定番のやり方とおすすめ商品をご紹介します。最近人気のつけまつげはマツエクのようなナチュラルで繊細な仕上がりのもの♡奥二重の特徴を活かした素敵な目元に仕上げましょう♡

sweetie / 3572 view

メイクまとめランキング

昨日人気のあったメイクのまとめ

人気のキーワード

いま話題のキーワード