• HOME
  • メイク
  • 化粧する時の〇〇問題を解決!照明・鏡・前髪…どうしてる?

化粧する時の〇〇問題を解決!照明・鏡・前髪…どうしてる?

お化粧をするときになにかと不便で問題になることをピックアップして、それぞれ解決方法をまとめました。証明、鏡、前髪などの問題って案外気になるんですよね。メイクを上手にするためにも便利アイテムなどもご紹介します♪

化粧する環境を快適にしたい!

メイクする準備が良いほど、メイクも上手くいく!

暗がりの中でメイクしていざ外の女子トイレで顔を見るとあれ、びっくり。もっとちゃんとメイクしたはずだったのに…。なんて経験ありませんか?
鏡が小さいものしかなくて苦労したり、落ちてくる前髪がうざったくてイライラ…。
そんな問題を解決してメイクの腕を上げましょう!

よくありがちな失敗例ですよね。
暗がりの中でチークを引くと、薄くついているように思え、何度も付け足してしまう。
外に出るとびっくり。後には引けない状態まで真っ赤…なんてことにも。

どうしたらいいのか?
解決していきましょう!

①化粧する時の照明(ライト)問題

家でメイクして、外や仕事、店行ったりすると、
鏡で全然印象が違うときありませんか??
チーク濃すぎ!!とか、派手にしたつもりでも化粧薄!!とか・・・・

今は、室内の蛍光灯のみで化粧してるのですが、
日光/電球灯/LEDがいいの??補助ライトとか必要??

朝メイクをするときは、肌の色が自然に見える「昼白色」を!

真ん中の白っぽい色が「昼白色」(ちゅうはくしょく) です。

左のライトは「電球色」(でんきゅうしょく)。
就寝前などの落ち着きたいときにはこの色がいいと言われています。

右の昼光色 (ちゅうこうしょく)は青白い色の光でお部屋をすっきり明るくする色で、すがすがしいさわやかな光。子供部屋やオフィスなど活動する時の集中力を高めるのに適したライト。でも明るすぎて色が飛ぶなどしてメイクしづらくなってしまいます。

朝起きてメイクするときは「昼白色」を選びましょう。
なぜなら日中外で照らされる色はこちらの色に近いからです。

デートに出かけるときは、その空間のあかりと同じあかりのところで、メイクをしたほうが間違いないですね。朝出かけるときは、蛍光灯を使い、プラス白熱灯でもチェックしましょう。夕方、化粧直しをするときも同じです。

明るい場所でメイクするのが理想です。でも…。

一人暮らしのアパートでは十分に日が入らないし照明も暗め…。
なんてお悩みは多いですよね。
最近はライト付きの鏡もあるんですよ。

頭の真上に1つだけのあかりだと、顔に影ができてしまい、顔のメイクに苦戦してしまいます。ドレッサーの左右に2灯設けるほうが、影ができないので、お化粧にはふさわしいといえます。ダウンライトの2灯を設置する方法や、鏡を全体的にカバーできる1灯型の照明(長手方向)がいいですね。スタンドでも結構です。 このときの照明が白熱灯だと、チークが濃くなりがちです。

ではどうすればよいでしょうか?
鏡の問題と一緒に解決していきましょう。

②化粧する時の鏡問題

鏡の両方向から明かりを

今昼白色のLEDのライトがついた鏡が販売されていますね。
とっても優れものです。
狭いアパートでも卓上に置くだけなのでお手軽です。

商品はニトリのもの。「LED卓上ミラー(トレー付き)」税込みで2,306円

固定しない鏡で化粧するのはNG

「メイクがうまくできない原因は、姿勢にもあります。不安定な場所でメイクをしていませんか? アイラインを引くときは、支点であるひじがドレッサーか机に固定できるような安定した場所で行ってください(電車のなかなどはもってのほかです!)」

小さすぎる鏡を使うのもNG

ポイントメイクやメイク直し程度なら良いですが、最初から最後まで小さい鏡だけで済まそうとするのはNG
小さいとアイメイクだけがやけに濃い…なんてことになりがち。
メイクバランスが崩れやすいです。

電車の中でぐらぐらメイク

失敗のもとにもなるのでやめましょう…。

鏡は二つ!大きな鏡+小さい鏡でメイクする

大きな鏡と小さい鏡でチェックしましょう

全体の仕上がりは大きい鏡でチェック。
ポイントメイクする時は手鏡や小さい卓上の鏡を使ってメイクしましょう。

無印良品のアルミコンパクトミラーがおすすめ

卓上に置いておけるタイプ。
ひとつあると重宝します。
拡大鏡付きミラーです。
首の長さも変えられるので自分のやりやすい高さに調節可能。

もっとメイクを上達させたいなら、三面鏡がおすすめ♡


普通の鏡だと正面からしか見ることができないけど、
三面鏡を使えば横顔や目を伏せたときのアイメイクもチェックできちゃう!!

三面鏡+ライト付きアイテムも

③化粧する時の鏡が汚い問題

鏡が汚いときれいなメイクも出来ない気がする!
普段からこまめにお掃除したいですよね。

メイクの油汚れがつきやすい鏡におすすめの方法は?

鏡についた「手垢」や「化粧品」などの油の汚れは酸性の汚れです。そのためアルカリ性の重曹を使うのがおススメです。

重曹って掃除のときにも便利です。

重曹を溶かした水をキッチンペーパーなどに含ませ、さっと拭きます。その後もう一度、からぶきをすると良いでしょう。
窓ガラスの掃除方法としても有名ですね。
新聞紙の油分がガラス面に膜を張る効果も期待できるそう。

④「目が悪すぎて鏡で顔が見えない!」問題

お化粧するとき、裸眼だと鏡で顔が見えない???
知り合いが、コンタクトをしているのですが、メガネでお化粧するとき、裸眼だと鏡で自分の顔が見えないと言っていました。

拡大鏡を使って解決!
ライト付きなら便利ですね。

⑤化粧する時の前髪問題

メイクする時前髪が邪魔です!

メイクをする時、前髪が邪魔ではありませんか?
耳にかけられるくらいの長さがあればいいのですが、かけられない場合は何かする度に前髪を上げてまた下ろしての繰り返しです。
メイクする時、前髪邪魔ですよね?ピンとかで止めてメイク終っておろしたら、変な跡がついてます。

マペペ 跡が付かない前髪クリップ

500円前後で購入できます。

出かけるときの準備の順番は?

メイクが先?髪型のセットが先?
迷うことありますよね…。

出かけるとき服を着る、メイク、ヘアセットはどの順番でやるものですか?
服→メイク→ヘアセット が一般的ですね。

私は 細かく 【マイ順番】 あります。自分の朝のこだわり?(笑)

①部屋着(パジャマ)のまま、洗顔 (服濡らし防止)
②少々の家事や荷物整理・朝食準備等 (この間に乳液などが 肌になじみます)
③着替え (先にベース塗ると服に付くため)
④ベース (BBクリーム等)・コンシーラ等
⑤朝食 (馴染ませタイム・また口紅落ち防止)
⑥歯磨き
⑦メイク (ヘアセット先だと髪に化粧が付くので)
⑧ヘアセット

ヘアスタイルはメイクが終わった後にする方がいいかもしれませんね。
もし髪型からセットしてメイクしたい方は跡がつかないヘアクリップを利用しましょう。

⑥化粧する時の収納問題

メイクする時に手元がこちゃごちゃ…

気になってメイクに集中出来ないですよね。
そんな時は引き出しを一斉に整理整頓しちゃいましょう!

メイクする時はこの引き出しを開けるだけ!

整理整頓された引き出しの中。
仕切りを使って分ければあれどこだっけ?と探す手間もなくなります。

ぴったりサイズの細かく分けたしきりで一目でどこに何がわるかがわかります。

無印のアクリルケースで見せる収納術

どこに何があるか一目瞭然。
ブラシなどもまとめて立てて置いておくやり方。

<まとめ>環境を整えて快適にメイクしましょう!

いかがでしたか?
メイクする時問題は解決できそうでしょうか?
ぜひ参考にして快適にメイクアップしましょ♡
化粧の腕も上達させたいですね!!

関連記事一覧