• HOME
  • メイク
  • 自分に似合うメイク診断♡コンプレックスの解決メイクも

自分に似合うメイク診断♡コンプレックスの解決メイクも

私達が毎日するメイク。普段何気なくメイクをしていると、どんなメイクが自分に似合うのかわからなくなることも…。自分の肌色やパーソナルカラーから似合うメイクがわかる方法、コンプレックスをうまくカバーして“似合う”に変える方法をまとめました♡

自分に似合うメイクって?どうやるの?

普段のメイクはあなたに似合うメイクですか?そもそも自分に似合うメイクってどんなメイク?
眉は?アイメイクは?考えれば考えるほどわからない…そんな経験ありませんか?

自分に似合うメイクはこうしてみつける!

自分に似合うメイクを見つける方法
・まずは自分の肌の色を知ろう
・パーソナルカラーを知ろう
・欠点は補いチャームポイントは生かそう
「自分の顔に似合うメイク」とは、「メイクでがらっと別人になる」ということではありません。
最も大切にしたいポイントは、「元々ある自分の顔の、良い部分を活かすメイク」です。

*目次*
step1. 肌の色がわかれば似合うファンデーションもわかる
step2. 自分のパーソナルカラーを知る
step3. コンプレックスを”隠す”のではなく”似合う”に変える♡

step1. 肌の色がわかれば似合うファンデーションもわかる

肌の色とあっていないファンデーションを使ってしまうと、顔だけが浮いて見えたり首との境界線がくっきりとして違和感を与えます。
まずは自分の肌の色味を知ることが大切です♡

こちらの記事でチェック☆

step2. 自分のパーソナルカラーを知る

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーとはその人の肌の色や髪の色、瞳の色などから分析したその人に似合うカラー診断のことです。
同じ日本人でも肌の色や瞳の色は大きく違います。
その人に合ったカラーを知ることで、似合うアイシャドーやチーク、リップなどのカラーが分かります。

パーソナルカラーは春夏秋冬の4タイプに分かれています。
どのタイプかによって似合うカラーも分かれます。

こちらのサイトで診断♪

≪スプリングタイプ≫

イエローベースの明るい身体色を持つスプリングタイプの人は、黄みを帯びた、明度の高いさわやかな澄んだ色調がパーソナルカラーとなります。

春タイプさんに似合うアイシャドウ

重すぎない色を選ぶのが重要! ブラウン系でもこげ茶よりはキャラメル色のような明るい色をメインにして、引き締め色にこげ茶やチョコレート色のような濃い色を使うと◎。ラメやパールはゴールドベースの方が肌がキレイに見えますよ♪

春タイプさんに似合うチーク

くすみがなく、オレンジが混ざっている色だと失敗ナシ! オレンジ色そのものやピンク+オレンジ=コーラル系の色は似合うので意識して選んでみて★ パール感があるものを選ぶとさらに◎

春タイプさんに似合うリップ

元気いっぱいの春タイプさんはツヤが命! マットな質感よりはツヤのある色が似合います。マットな口紅を使う時はグロスで光沢感をプラスしてみて♪ チークと同じくパール感のあるものを選ぶとさらに魅力アップ!

≪サマータイプ≫

ブルーベースのやわらかい身体色を持つサマータイプの人は、青みを帯びた、明度の高い穏やかな色調がパーソナルカラーとなります。

夏タイプさんに似合うアイシャドウ

ポイントは、青みのある涼しげでふんわり柔らかい色。落ち着いた色やマットな質感の方が肌なじみもgood! ラベンダー色と濃い紫、薄い水色とスカイブルーなど、同じ色でのグラデーションが一番似合います★

夏タイプさんに似合うチーク

基本はピンク色を選んで。夏タイプさんはオレンジ色を使うと少し肌がくすんで見えがちなので、特別な日や肌をキレイに見せたい時は、ピンク系の色を選ぶのがオススメ♡

夏タイプさんに似合うリップ

ピンクと赤がオススメ。ただし、赤色そのものは色味が強すぎるのでグロスを選んで★ パンチが欲しい時には、赤いグロスを足すだけで印象がグンと変わりますよ!

≪オータムタイプ≫

イエローベースのくすんだ身体色を持つオータムタイプの人は、黄みを帯びた色相で、色味が強くくすんだトーンの色調がパーソナルカラーとなります。

秋タイプさんに似合うアイシャドウ

ゴールドベースのものを選んで! ラメが大きいものよりは、細かい粒子のものを選ぶと品よく仕上がります♪ オレンジor黄色の入った色、落ち着いた色や深みのある色を選んだ方が、肌がキレイにみえるので試してみて✦

秋タイプさんに似合うチーク

深みのあるオレンジ系やトマトケチャップのような色をつけると華やかさアップ。ヌーディなベージュのリップが似合うので、チークで赤みを足すと、メリハリ感のあるメイクが完成します♥

秋タイプさんに似合うリップ

ベージュベースにオレンジや赤を混ぜたような、やわらかくて落ち着いた色がオススメ。またヌーディカラーをつけても、顔色が悪く見えることなく知的な大人っぽいイメージに近づけます♪

≪ウィンタータイプ≫

ブルーベースの鮮やかな身体色を持つウィンタータイプの人は、青みを帯びた色相で、明彩度のはっきりした色調がパーソナルカラーとなります。

冬タイプさんに似合うアイシャドウ

冬タイプさんは目ヂカラの強い人が多いので、モノトーン、シルバー、メタリックカラーはバシッと決まります。個性的に見えるかもしれませんが、ぜひ挑戦してみて♪ ラメ・パールは大粒でもOK!アイラインは黒がオススメ☆

冬タイプさんに似合うチーク

キリッとした雰囲気を持つので、チークは丸くではなく、ななめ上に楕円形でつけるのがポイント。くすみのないピンク色をつけると華やかさが更にアップ! チークをつけないと逆に強い印象になりがちなので優しい色をプラスして✱

冬タイプさんに似合うリップ

マットな質感のものよりツヤが大事! アイシャドウで色を抑えている分、口紅で強い色を持ってくるとメイク全体のバランスがキレイに仕上がります☆ 可愛く見せたいなら、くすみのないピンク色を選んで♡

step3. コンプレックスを”隠す”のではなく”似合う”に変える♡

誰にでも一つはあるコンプレックス。隠そうとすればするほど目立ってしまうことも…。
コンプレックスと上手に付き合うには、顔全体のバランスを考えることがポイントです✦

目元に関する悩み

離れ目

目と目の間隔が鼻の幅よりも広い“離れ目”の人は、目頭側を太め&濃いめの締め色にすることで、キュッと引き締まった印象になります。
黒だと強くなりすぎるので、ブラウンを使って柔らかく自然な印象に仕上げて♪

寄り目

両目の間が鼻の幅よりも狭い人は、まず目頭側にしっかりハイライトを入れましょう♪
さらに締め色は、目尻側に向かって横グラデーションにすることで、間隔が開き、柔らかい印象に♡

細目

細い目の人は、目力が弱かったり、きつく見られたりしやすいですよね。
そんな方にはブラウングラデと、黒目の上を長めにするマスカラで目を丸く見せることで、自然な目力アップに♡さらに、グリーンなどのトレンドカラーを差し色に使ってみて☆

口元に関する悩み

薄くて小さい唇

小さい唇の人は、膨張効果のある淡い色がおすすめ♡グロスを中央にたっぷり重ねて、立体感も演出すれば、かわいいアヒル口風に仕上がります!
ベージュ系のリップライナーで、上下とも実際の輪郭より少しオーバー気味に描き、唇の中央まで塗りつぶすのも◎。

大きくて暑い唇

唇が大きい人こそ、トレンドの赤リップを大胆に塗るのがハマります☆ポイントはベッタリ均一に塗るのではなく、指でラフになじませること。
リップスティックを輪郭より一回り小さく塗ったら、指で周りをトントンとぼかします。最後にティッシュで軽く押さえると程よくなじみ、赤リップでも自然な印象に♪

輪郭に関する悩み

丸顔

丸くチークを入れると幼くなりがちな丸顔さん。思いきって、シャープな印象を狙っても程よく大人かわいい仕上がりに。
チークもハイライトも2等辺3角形のように縦長に入れることで、顔の縦幅が伸びて見える効果も✦
強いパール感は丸みを強調してしまうため、ツヤ控えめのチークがおすすめ!

面長

面長の人は大人っぽく見られがちですが、ツヤがあるピンクチークを使えば丸みのあるかわいらしい顔に♡
ハイライトを横長に入れて、横幅を広げることも大切です○

顔のパーツ配置に関する悩み

パーツが中央に集中している

パーツが中央に集まっている人は、ハイライトの力で間隔を開いていきます。目と眉の間、目と目の間にしっかりめに入れることで、顔の中央の濃度が薄くなります✱
チークは黒目の下より外側を起点に、フェースラインに向かって楕円形に入れることで、パーツが横に広がって見えバランスがとれます☆

パーツそれぞれが離れている

パーツそれぞれの間隔が広く、分散している人は、内側に濃いめの色を使って中央に寄せるのがオススメ♪目元は目頭側に濃いブラウンを使いましょう★アイライナーもブラウンを使い、目頭を太めに描いて“くの字”囲みに。
チークの起点も黒目の下より内側にして楕円形に入れることで、パーツが中央に集まって見えます♡

自分に似合うメイクは試してみるのが一番♪

関連記事一覧