【6月】服装のポイント&おすすめコーデ(東京)



ムシムシとした日が増えてくる一方で雨が降る日も多い6月。どんな服装をすればいいのか悩みますよね。
そこで、6月の服装のポイントとおすすめコーデをまとめました。参考にしてみてくださいね。

6月(東京)服装のポイント

6月の気温は?

参考気温:最高25.5度~最低19.1度

6月はムシムシする日が増えてくる一方で、
雨が多く、肌寒く感じる日もあります。

天気のいい日は暑くなる!

天気のいい日は気温が上がり、
ムシムシとする日が多い6月。
そんな日は、半袖がおすすめです♪

湿度が高い日が多いので、
綿など吸湿性のある素材がおすすめです。

雨の日には肌寒く感じることも

暑かったり寒かったり・・・
6月は天気によって気温に変動があります。
雨の日など肌寒く感じる日もあるので、
薄手の羽織りものが1枚あったほうがいいですね。

半袖Tシャツの上に長袖のシャツを羽織って。
天気が回復して暑くなったら、
腰に巻いてしまえば荷物にもなりませんよ♪

レインブーツがあると安心

雨が降る日には、
レインブーツがあると安心ですよ。

コーデのバランスをよくしてくれる、
おしゃれなレインブーツなら、
雨の日も楽しくなりますね♡

明るいカラーなら気分もあがる

どんよりジメジメした雨の日でも、
明るいカラーなら、気分もあがります♪

差し色で華やかにするのもおすすめです♡

6月(東京)おすすめコーデ

ジメジメしたお天気を吹き飛ばすような、
涼しげな雰囲気のコーデ。
足元は雨が降っても対応できる、
サイドコアレインシューズです。

優しい色合いが可愛いナチュラルコーデなら、
ムシムシした日でも、快適に過ごせそう♪
襟元のメガネブローチがキュート♡

シンプルなモノトーンコーデの中の、
赤い靴下が目を引きます。
滑りにくいデッキシューズなら、
突然の雨でも大丈夫!

デニムスカートにカーキシャツをインして。
ブーツがカッコイイです。

涼しげな印象のギャザーワンピに
レインブーツを合わせて。

ジメジメしてまとまらない髪も、
お団子にしてスカーフを巻けば、
スッキリしておしゃれ♪
足元はレインブーツで。

デニムスカート×半袖Tシャツに
シャツワンピを羽織ったコーデ。
肌寒い日にも対応できますね。

雨の日にパッと目を引くホワイトコーデ。
帽子とレインブーツの黒が、
コーデを引き締めてくれますね。
寒さ対策の長袖シャツがあると◎

シンプルなモノトーンコーデ。
軽くインしたTシャツがこなれ感を演出しています。

ガーリーなモノトーンコーデに、
ピンク色の傘で華やかさをプラスして♡
雨の日を楽しくする工夫も大切です♪

シンプルなボーダーワンピ。
差し色に赤を入れると、
梅雨の日でも気分が上がりますね。

エアリーな雰囲気漂うチュールスカートに、
レーストップスを合わせたガーリーコーデ♡

半袖Tシャツにタイトスカート。
サイドコアレインブーツが人気です。
寒くなっても大丈夫なように、
腰にはチェックシャツを巻きました。

赤いレインシューズが目を引きますね。
ロングジレを羽織れば、
トレンド感もアップです。

デニムに黄色のトップスを合わせて。
明るい色のパワーで気分まで明るくいきましょう♪

肌寒く感じる日には、
薄手のアウターを羽織るのもアリ。

ロングレインブーツと
ショートパンツの相性は抜群です!

いかがでしたか?
6月(東京)服装のポイント&おすすめコーデを紹介しました。
参考にしてみてくださいね。

関連記事一覧