6月の東京を快適に過ごせる服装は?大人女性のカジュアルコーデ・きれいめコーデ

6月の東京の気温にぴったりの服装、30代・40代大人女性にオススメのカジュアルコーデ・きれいめコーデをご紹介します。同じ6月でも上旬・中旬・下旬では服装の選び方が変わってきます。コーデポイントに注意しながら、半袖Tシャツ・カットソー・ジャケット・カーディガン・パンツ・デニムなどのアイテムを使っておしゃれをしながら梅雨の時期を快適に過ごせる服装をチェックしていきましょう!

東京の6月の気温は何度くらい?

東京の6月の平均気温は約22度です。
上旬・中旬・下旬には以下のような気温になります。

【6月上旬】
平均気温:約22度
最低気温:約18度
最高気温:約26度

【6月中旬】
平均気温:約21度
最低気温:約18度
最高気温:約25度

【6月下旬】
平均気温:約24度
最低気温:約21度
最高気温:約28度

東京の6月の降水確率は約43%で、6月下旬になると曇り・雨の日が多くなり湿度も気温も高くなるので蒸し暑さを感じる日も多くなってきます。
まだ春のような陽気の6月上旬・曇りや雨の日が多くなる6月中旬・蒸し暑くなってくる6月下旬では、同じ6月でも快適に過ごせる服装が変わってくるので、最高気温・最低気温・天気に注意しながらコーデをしていきましょう。

6月上旬を快適に過ごせる服装ポイント

6月上旬の平均気温は約22度なので1日通してあまり気温の変化がない日は、コットン素材の薄手のカットソーやブラウス・シャツなどのトップス1枚でも気持ちよく過ごすことができます。
6月の上旬は晴れの日が多く最高気温が25度以上になる時のあるので、日中のお出かけなら半袖でもOK!
最低気温が20度を下回る日はトップスだけでは肌寒く感じてしまうので、朝晩の外出には薄いニット素材のカーディガンやジャケットがあると安心です。
気温差が激しいので1日中外出する日は、半袖のトップスとアウターの重ね着コーデがオススメです。

6月上旬にオススメのパンツコーデ

■マウンテンパーカで大人カジュアルコーデ

6月上旬でも最低気温が低くなる時はアウターを使ったコーデがオススメです。
コートは暑苦しく見えてしまうのでNG!
この時期はマウンテンパーカーやデニムジャケットなどショート丈のアウターを羽織ると、寒さ対策もしながら6月らしい服装をすることができます。
撥水効果のあるマウンテンパーカーなら雨の日も安心!
カジュアル感が強いマウンテンパーカーですが、レースデザインのパンツでクールさと女っぽさをプラスし、足元はスニーカーではなくパンプスを合わせると大人女性にぴったりなきれいめカジュアルコーデに仕上げることができますよ♡

■大人可愛いデニムコーデ

ワンピースとしてはもちろん羽織りとしても使えるシャツワンピースは、6月のコーデに着まわし抜群のアイテム!
コットン素材やシフォン素材など軽やかで涼しげな印象も与えるシャツワンピースなら、ロング丈でも暑苦しくならず6月の気温にぴったりです♪
フェミニンな花柄はカジュアルなデニムで着崩すと、可愛くなりすぎず大人女性もコーデに取り入れやすいですよ♡
最低気温が低くなる日は長袖のカットソーを重ね着して、最高気温が高くなる日はTシャツやノースリーブを着るなど、気温に合わせてインナーを使い分けるのがポイントです。
明るいカラーのスニーカーをチョイスして、まだ春らしい陽気の6月上旬にぴったりのコーデに仕上げましょう。

■シャツワンピースで大人のリラックススタイル

最高気温があまり高くならない6月上旬は長袖のシャツ1枚で快適に過ごすことができます。
ロング丈のシャツにワイドパンツをレイヤードしたリラックス感のあるコーデで、大人の余裕を感じられるカジュアルスタイルに。
肌にピタッと張り付かないゆる×ゆるコーデなら、湿気が多い日も気持ちよく過ごすことができますね♪
ロングシャツは暑くなったらボタンを全部外してガウンとしても使えるように、インナーはノースリーブやキャミを着ておくと良いですよ♡

6月上旬にオススメのスカートコーデ

■スポーツミックススカートコーデ

レディなタイトスカートはマウンテンパーカーやキャップ・スニーカーでカジュアルダウンさせたスポーツミックススタイルが今っぽい♡
タイトスカートは今季のトレンドカラーのミントブルーをチョイスするとおしゃれ感もぐっとアップします。
爽やかなカラーでジメジメした6月の季節も明るい気分で過ごすことができますよ♪
スカートが優しい発色なので他のアイテムもベージュやホワイトなどのニュアンスカラーで統一すると、コーデ全体がすっきりとまとまります。

■クールカジュアルワンピースコーデ

最高気温が高くなる6月上旬は蒸し暑さを感じることも。
そんな時はサラッと1枚でコーデがキマるワンピースを使ったコーデがオススメです♪
ワンピースを着てガーリーになるのが苦手な方は、清涼感のあるブルーのワンピース×黒のカーディガンの組み合わせで大人っぽさも感じられるクールカジュアルな着こなしに仕上げるのがオススメです。
ストンとしたシルエットのロングワンピースは、ウエストマークしておくとメリハリが効いてスタイルアップ効果も◎
厚底のスポーツサンダルなら、雨が降っても気にせずにガンガン歩くことができます♪

■シンプルでナチュラルなスカートコーデ

気温が25度以上になる6月上旬・日中のお出かけなら半袖トップス1枚でもOK!
Tシャツはカジュアルすぎてコーデに取り入れにくいと思っている大人女性も多いと思いますが、ベージュカラー&フェミニンなプリーツスカートを合わせると、女性らしく大人っぽく着こなすことができますよ♪
さらに全てのアイテムをワントーンでコーデすると、シンプルなのに垢抜け感のあるおしゃれ見えコーデに仕上げることができます。
一日中外出する時は、肌寒くなったらさっと羽織れるリネン素材のジャケットを持っておくと安心です。

6月下旬を快適に過ごせる服装ポイント

6月中旬には梅雨入りし6月下旬になると本格的な梅雨のシーズンに入ります。
曇りや雨の日が多くなってくるので気分もどんよりしがち…
そんな6月下旬は、パステルカラーやビビッドカラーなどを取り入れて梅雨の時期も明るい気分で過ごせるコーデをしましょう♪
湿度が高くジメジメした日も快適に過ごせる素材を取り入れるのも6月下旬のコーデポイントになります。
最高気温が高くなる日は夏のような暑さも感じられるので、涼しく過ごせる服装&日焼け対策も考えて服装を選んでくださいね♡

6月下旬にオススメのパンツコーデ

■ゆるカジパンツコーデ

曇りや雨の日が多くなってくる6月下旬は、着るだけでハッピーな気持ちになれる花柄ワンピースを使ったコーデに挑戦してみませんか♡
花柄ワンピースコーデ初心者はいつも履き慣れているデニムをレイヤードさせてカジュアルダウンさせると、気軽にコーデに取り入れることができるのでオススメです。
軽やかなシフォン素材のワンピースなら、湿気が多い6月下旬も気持ち良く過ごすことができますよ♪
足元は、雨に濡れても汚れがあまり目立たない黒のスニーカをチョイスすると良いですね♡

■大人のリラックスコーデ

最高気温が高くなる6月下旬は半袖やノースリーブでも快適に過ごすことができますが、日差しが強くなってくるので日焼け対策も必要になってきます。
日焼け対策しながら涼しく過ごすことができる、コットンやローゲージニットなど薄くて風通しの良い素材のカーディガンやリネン素材のガウンを1枚羽織っておくと安心です。
ベージュのワントーンでコーデしてこなれ感のあるおしゃれ見えコーデに仕上げましょう。
足元はパンプスを合わせるときちんと感のあるきれいめコーデの完成です♡

■きれいめカジュアルコーデ

気温がぐんと上がる6月下旬はトップスだけでもOKなので、お気に入りのブラウスを使ったコーデを楽しみましょう♡
いつものデニムコーデも、ちょっりセクシーなオフショルダーを合わせることで女っぽさがアップ!
華奢なサンダルやショルダーバッグを合わせてきちんと感をプラスすると、きれいめカジュアルに着こなすことができます。
ヘアスタイルはアップにしてデコルテラインを綺麗に見せると、デートにもぴったりのスタイルに♡

6月下旬にオススメのスカートコーデ

■爽やかなスカートコーデ

清涼感のあるホワイト×ブルーコーデは、6月の梅雨の時期にぴったりの配色!
コーデの主役になるストライプ柄のスカートに白ブラウスを合わせた清潔感のある夏色コーデで、ジメジメ気分の6月も爽やかに過ごしましょう♪
マキシ丈のスカートはトップスインして上半身をコンパクトにまとめるとスタイル良く着こなすことができますよ。
珍しく晴れた日は真っ白なスニーカーを履いてコーデも気持ちも明るく、ショッピングやデートを楽しんで♡

■きれい色ワンピースコーデ

体にフィットせず風通しの良いオーバーサイズのワンピースは、湿気が多く蒸し暑い6月下旬の気候にぴったりのアイテム!
コーデの主役級アイテムのきれい色ワンピースは、ゆるっとしたサイズ感&大きく開いたVネックデザインで華奢見え効果も抜群なので、ナチュラルに体型カバーをしながらおしゃれ見えも叶える優秀なアイテムです。
デコルテが大きく開くので、キャミソールやノースリーブなどを重ね着してインナー対策も忘れずに。
ワンピース1枚で着るのはもちろん、スキニーデニムやレギンスをレイヤードしてもOK!
その日の気温に合わせてコーデを変えて楽しんでくださいね♡

■大人可愛いスカートコーデ

どんよりした日が続く6月下旬は、華やかなカラーの洋服を取り入れて気分だけでも明るく過ごしたいですよね♪
パッと目をひくオレンジを使ったコーデは肌トーンアップ効果も期待できるので、顔色が悪くみえてしまう…そんな悩みのある大人女性にオススメです。
歩くたびに揺れるプリーツスカートの足元はスニーカーを合わせてカジュアルダウンさせると、ピンク×オレンジのガーリーな配色も可愛くなりすぎず大人女性にも似合うコーデに仕上げることができます♪
温度調整しやすい五分丈のトップスなら、天気が悪く屋内で過ごすことが多くなる6月下旬の映画館や水族館などのデートにもぴったり♡

6月の服装にオススメのアイテム

6月の服装にオススメのアイテム【傘】

雨が多くなる梅雨の時期は傘が必須なので、傘も含めたトータルコーデでワンランク上のおしゃれコーデを楽しみましょう。
定番の透明ビニール傘も淵にデザインが施されているだけでおしゃれ感がアップ♪
チェック柄のシャツやTシャツのロゴ、スニーカーの黒を傘のデザインの黒をさりげなくリンクさせると、コーデ全体がすっきりとまとまります。

6月の服装にオススメのアイテム【レインコート】

雨に濡れても気にならないレインコートも6月の服装の必需品!
トレンチコート感覚で使えるレインコートなら、コーデの邪魔をせず機能性もバッチリなので重宝してくれること間違いなし♪

6月の服装にオススメのアイテム【キャップ】

湿気が多く雨に濡れてヘアスタイルが決まらないことが多い6月は、キャップを使って簡単にヘアアレンジを楽しみましょう♪
ショートやボブはそのまま被るだけでOK!ミディアムヘアヤロングヘアは、ポニーテールや無造作に結んだお団子ヘアにキャップを被ると、こなれ感のあるおしゃれなヘアアレンジに♡

6月の服装にオススメのアイテム【レインブーツ】

大雨の日や絶対に濡れたくない日は、レインブーツを履いておくと安心です♪
ショート丈からロング丈まで、長靴にみえないおしゃれなデザインのレインブーツが沢山あるのでぜひコーデに取り入れてみてくださいね♡
黒のロング丈レインブーツは、黒のスキニーパンツを合わせて色を繋げるようにコーデすると足細見え効果抜群です!

6月の服装にオススメのアイテム【シューズカバー】

bpr BEAMS/シューズ DRY STEPPERS

bpr BEAMS/シューズ DRY STEPPERS

2,916円

スニーカー好きの間で話題になっているシューズカバー(レインカバー)
スニーカーの上から履くだけで、濡れや泥はねを防ぐことができる画期的なアイテム!
コンパクトサイズなので、バッグの中に入れておくと急な大雨にも対応することができますよ♪

6月の東京を快適に過ごせる服装♡まとめ

6月の東京を快適に過ごせる服装を上旬・下旬に分けて紹介してきましたが、いかがでしたか?
6月上旬の気温が高い日はトップスだけでもOKですが、気温が低い日はマウンテンパーカーなどショート丈のジャケットを使ったコーデがおすすめです。
6月下旬はノースリーブやキャミソールの上から薄いニット素材のカーディガンやリネン素材のガウンを羽織って、日焼け対策しながら涼しく過ごせる服装をしましょう♪
雨の日が多い6月は、傘やレインブーツなどの雨の日アイテムをコーデに上手く取り入れておしゃれを楽しんでくださいね♡

合わせて読みたい♡

abimi

おしゃれなコーデが知りたい!流行っているヘアスタイル・メイクは?など、大人女性をもっと綺麗に素敵にみせてくれるトレンド情報をわかりやすくお届けしていきます。

Profile

関連記事一覧