• HOME
  • メイク
  • 今知っておくべき♡有名メイクアップアーティスト男性・女性

今知っておくべき♡有名メイクアップアーティスト男性・女性

チェックしておきたい有名なメイクアップアーティストの男性・女性、5名をご紹介♪どんなメイクをしているのかと、簡単な略歴をまとめました。最新メイクもあるのでぜひ参考にしてくださいね♪

目次▼

千吉良恵子
イガリシノブ
濱田マサル
河北祐介
久保雄司

ぜひプロのメイク法をとりいれて
美とメイクテクに磨きをかけてくださいね!!

▷千吉良 恵子

千吉良 恵子

ラ・ドンナ所属。
数多くの女性誌やビューティ誌、広告撮影のほか、講演等でも活躍。トレンドを取り入れながらも、どこかかわいさのあるメイクが幅広い女性に支持されている。

「千吉良恵子の可能力メイク」(ワニブックス)
「千吉良恵子の効くメイク」(アスコム)など著書多数♪

2012年11月1日、cheek one設立▼

見ているだけで笑みがこぼれてくるような、ハッピー感満載のメイクをつくる達人。
仕事での千吉良さんは正に職人で、クリエイティブの鬼と呼ばせていただきたいほど。膨大な量の色を駆使し、計算しつくしたメイクを施す姿はその道のトップの凄味を感じさせます。

【可能力メイク】

女優の井川遥さんがさまざまな女性を演じた
「可能力メイク」(ワニブックス)。
ベーシックなメイクにひと技プラスするだけで
クイックチェンジできるのが千吉良流。

【鉄板OLメイクの基本テク】

好感度が高く、この人は信頼できると相手に思わせるメイク☆

OLメイクの掟
1 下まぶたは基本的にはシャドウもマスカラもなし
2 上まぶたのキワは黒かブラウンできちんと締める
3 チークはクリーム+パウダー で持ちも発色もアップ

ベーシックなナチュラルメイクからウェディングメイク、アート色のあるメイクまで幅広く魅せるテクニックは、さすが☆

▷イガリ シノブ

イガリ シノブ

2005年BEAUTRIUMヘアメイクチームに所属。ファッション誌を中心に、コレクション・広告・TV・LIVEなど全てのヘアメイクを手がける。

今、「一番可愛い!」と、日本中の女のコ達から絶大なる人気を集めるヘアメイクさんなのです♪

似合わせのテクニックやユニークな発想で、おしゃれ顔をつくる達人。ファッション性の高い創造力と持ち前の明るいキャラクターで、モデルやアーティストから支持されている。2015年、集英社「MORE」にて連載開始。同年、初のメイクブック「イガリメイク、しちゃう?」を宝島社より発売。

「おフェロメイク」「血色ガール」「二日酔いメイク」など大ブームとなったメイクの生みの親こそがイガリさん♪

通称、#イガリメイク!!

限りなく薄づきの透明感のある肌、上気したほっぺ、ぽってりとしたリップ…そんなじゅわじゅわと愛らしい色気をまとったのが、イガリ顔♡

代表的なのが【おフェロメイク】

おフェロメイクといえば森絵梨佳ちゃんですが、
そのほかにも

鈴木えみちゃん、梨花ちゃん、紗栄子ちゃんなどイガリメイクファンのモデルはいっぱい♡

最新のイガリメイクは「大人のツヤメイク」

【大人のツヤメイク】 講談社「VOCE3月号 2016」

ツヤの位置が重要ポイントで、
もってくる位置によって印象が変わるんだそう!!

大人っぽくするなら、ツヤは“2ヵ所”まで!

色っぽいメイクにはツヤが必要!それは分かっているけれどどこもかしこもツヤツヤなのは大人のメイクとしてどうなの? 大人っぽく、色っぽく見せるツヤテク&ツヤコスメをイガリさんが提唱しています♪

そのほかにも気になるメイク法がいっぱい♡

▷濱田 マサル

濱田 マサル

1998年、メイクアップスクール、サロンアシスタントを経て、フリーのヘアメイクアップアーティストとして独立。常に時代の先を見据えた独自のセンスと、幅広い知識、確かなテクニックに支えられた、通称「マチャルメイク」で多くの女性を虜に。

現在、雑誌、CM、イベント出演等、多方面で活躍。
“流行仕掛人”としても常に注目を集めている。

ヘア&メイクアップアーティスト。通称「マチャルメイク」で人気モデルやタレントからの指名も数多く、雑誌やCMだけでなくイベント出演など、多方面にて活躍中。
ツィッターのフォロワーは65000人を越え、女性誌では毎月特集が組まれ、有名女優やモデルからの信頼も厚い。圧倒的なセンスとテクニックで、今いちばん人気のヘアメイクアップアーティスト。著作には『恋するメイク』『美容事典』(いずれも講談社刊)。

梨花ちゃんと仲良しなことでも知られる

この表紙も「マチャルメイク」です♪

濱田マサルさんプロデュースの
オリジナル化粧品ブランドもあります…

「マサル マスカラ」が話題になりました♪

紹介するアイテムは飛ぶように売れる、
そんなマサルさんのプロデュースしたものももちろん抜群にイイ!!のです…

マサルさんの主流は【なじませメイク】

ナチュラルメイクの匠、マサルさんは
「アイメークは盛れば盛るほど目が小さく見える」とおっしゃっています…!!

石原さとみさんのメイクもよく手掛けています♪
「可愛くなれ〜っ 綺麗になれ〜っ って、念じながらメークをする」んだそう!!

▷河北 祐介

河北 祐介

雑誌やカタログ、広告等で幅広く活躍するヘア&メイクアーティスト。

女性らしい色気がありながら、意志の強さも感じさせるメイクは女優やモデルからの信頼も厚い。

『河北メイク論』の中で、「河北さんは私の見せ方をトータルで考えてくれる、名プロデューサー!」と話す、こじはる。
どんな女性もあっと言う間に、“生まれつきのメリハリ美人”のように変身させる名手、河北裕介さん

【モテメイク】の神

男が惚れるエロさがあり、女が憧れるナチュラルフェイスを生み出す♡

ナチュラルで素材を活かすような色っぽメークの神なのです!!

肌感はヌメッ!!

リップは、ジュワッと血色が湧き出るような赤を選ぶ。でも、顔にのせる赤みは、唇のみ一箇所で、基本はノーチーク!!

【美人ハーフ顔】の名手

「必要なのは下地のツヤだけ。ファンデーションは塗りません」

「重要なのは光のコントロール。ハイライトの選び方と使い方をマスターすれば、誰だって、簡単に小顔に見せられる」

河北さんのつくるヘアスタイルにも注目♪

【河北流いい女をつくるヘアの法則】

“顔のサイドはピタッ、
トップにボリューム”が、いい女ヘアの鉄板!

やわらかな曲線を描いた
色っぽさのあるスタイルだから、誰でもいい女風に♡

▷久保 雄司

久保 雄司

人気ヘアサロン「AnZie」でクリエイティブディレクターとして活躍する一方、インスタで披露するメイクが脚光を浴び、いまや業界中から熱視線を集めるヘアメイクアップアーティスト界のニューヒーロー!

インスタグラムという時代を象徴するフィールドから誕生した、新たなキラ星・久保雄司さん

ネットでトピックになるほど大注目されているクボメイクが“ナチュラルに、もっと可愛くなりたい”という欲求をガッツリ満たしてさしあげます!

クリエイティブディレクターとしてヘアサロンに所属▼

普段はサロンワークをしている久保さん

《やわらかい質感》《くずれてもかわいい》《色気》をコンセプトにしたスタイルを提案♪

「誰が見ても可愛いって思う顔を目指すなら、うぶメイク。大事なのは、ヌケ感と、バランスです」

僕のメイクは、男性から「可愛い」と思われるのが大前提。それを、最大限カタチにしたのが「うぶメイク」です。
メイクをしていても、どこかスキがある、ナチュラルメイク。

久保さんが提案する“うぶメイク”3ヵ条

1.直線をつくらない
直線的な要素はつくらず、まるみを生かしてやわらかく

2.塗り位置を明かさない
“メイクしてないようにメイクする”ため、塗った形をはっきりさせない

3.触欲をそそる質感づくり
重視するのは、“触りたくなる”ような質感

最近のクボメイクのトレンドは…

「アイメイクをポイントにするときはチークはすごく薄めにしたりつけなかったりしています☆ アイシャドウで遊ぶのがマイブーム」

最近はアイメイクとリップにポイントをおき、チークは薄めにするのがクボメイクのトレンドなんだとか♪

おわりに

大人気の有名ヘアメイクアップアーティストさんを5名ピックアップしましたが、いかがでしたか♪

有名な方ばかりなのでご存知の方も多いとは思いますが、例えばシーズンの始まりにこういったプロの方のメイクをチェックしておくと旬のポイントも把握でき、また、メイクの腕もあがります♡

型にはまらず、新鮮にメイクアップを楽しみたいですね♡

関連記事一覧