洗剤・ 柔軟剤の相性がいい組み合わせとおすすめランキング☆使い方

洗剤と柔軟剤には相性がいい組み合わせがあるんです。せっかくお気に入りの柔軟剤を使っていても、洗剤との相性が悪くて効果が半減…では、もったいないですよね!今回は、洗剤と柔軟剤の相性がいい組み合わせをランキング形式でご紹介します。正しい洗剤と柔軟剤の使い方についてもおさらいしましょう♪

正しい洗剤・柔軟剤の使い方は?

毎日洗濯で使う洗剤・柔軟剤。
正しく使えているかどうかいま一度おさらいしてみませんか?
思ったような仕上がりにならないのは、もしかして使い方が間違っているかも?

洗剤・柔軟剤を同時に入れない

「洗剤に柔軟剤が配合されているものもあるから混ぜても大丈夫」、そんな風に考えて、最初に洗剤と同時に柔軟剤も投入してしまう人がいます。これは間違い。
最初から柔軟剤入りの洗剤は、(液体でも粉末でも)普通に洗濯しても効果が出るよう「専用の成分」を配合しています。
そのため、自分で洗剤と柔軟剤とを混ぜてしまっても効果は出ません。

洗剤と柔軟剤を同時に入れてしまうのはNG!

柔軟剤を入れるのは、すすぎの水がきれいになってから!

すすぎの最初はまだ洗剤の成分が衣類と残り水に付着している状態です。
このタイミングで柔軟剤を入れてしまうと、まだ残った洗剤の洗浄効果(成分)と、柔軟剤の柔軟効果(成分)が打ち消し合って、効果を失います。2と同じ理屈ですね。
柔軟剤を入れるのは、2回目のすすぎ&脱水過程に入る前がベストです。
柔軟剤は、最後のすすぎの水が溜まってから適量を入れてください。
衣類に直接かけてはシミになります。投入口が無ければ、必ず水に溶かします。

最後のすすぎのとき、水がきれいな状態で柔軟剤を入れます。
自動洗濯機で投入口がある場合はそのタイミングで柔軟剤が入りますが、手で入れる場合は直接衣類の上に注ぐように入れたりしないように注意!
必ずすすぎの水に溶かすように入れてください。

500ml程度の濃縮コンパクト液体洗剤で「すすぎ1回」はもはや常識となっています。しかしすすぎ1回の場合、水をためて洗剤を落とすため、どうしてもすすぎ水に洗剤が残ってしまい、やはり残った洗浄成分が柔軟成分と打ち消し合ってしまう現象が発生します。

洗剤・柔軟剤の入れすぎに注意する

ドラム式をお使いですか。
その場合は特に、柔軟剤は意識的に少な目にしないと、洗濯物がグレーにくすんでしまいます。
また、柔軟剤による黒ずみの原因は、コーティング自体が、“汚れ”になってしまうからだそうです。
効果を高くするために、洗剤洗剤、柔軟剤ともに規定量の1.5倍ぐらい入れるなんて方をよく聞くのですが、調べたところ!実はそれはおすすめ出来ません…。汗
なぜなら、柔軟剤は規定の量より多く入れ過ぎると、洗濯物に黒ずみが生じたり吸水性が低下したりするんです。
洗濯洗剤も、規定量より多く入れても汚れ落ちの効果は変わりませんし、すすぎきれずに残ってしまうといけないのですすぎが増えることになってしまいます。

洗剤・柔軟剤は多く入れれば効果があるというものではありません!規定の量を守りましょう。

洗濯物の入れすぎに注意する

洗濯物を入れ過ぎないというのもポイントです。
つい1回の洗濯で終わらせたいと詰め込んでしまうこともありますが、洗濯機には容量があります。
最大容量よりも少し少な目、7割~8割くらいの洗濯物の量にすると効果的です。

洗濯物の量が多すぎると洗濯物がスムーズに回らず、汚れ落ちが悪くなってしまいます!

洗剤と柔軟剤の相性のいい組み合わせは?

洗剤と柔軟剤、それぞれお気に入りのものを使っているけれど、いまいち効果を感じない…という方も多いのでは?
それはもしかして洗剤と柔軟剤の相性が良くない可能性もあります。

https://twitter.com/mamandeyuki/status/253356751666151424?ref_src=twsrc%5Etfw

洗剤と柔軟剤の組合せでいいのありますか?

今、洗剤はアリエールと柔軟剤は香りとデオドラントのソフランアロマリッチ、ジュリエッタを使っているのですが、組合せが悪いのか、息子が変なにおいがすると言うのです。

柔軟剤は相性の良い組み合わせの洗剤と併用することによってさらに効果を高めることができます。

基本、日本製は洗剤とメーカーを合わせる方が
香り方がいいように思います。
洗剤と柔軟剤の相性って結構あります。洗剤にも匂いがありますから、匂いを薄めるものもあれば、下手すると違う方向に変わってしまうものもあったり、太陽の日差しで干すと最高!なのに部屋干しだと残念な匂いとか・・・。逆に良いところを引き出す組み合わせもあります。
洗剤とメーカーが同じ組み合わせが比較的無難と言われてます。
フローラルにはフローラル、
フルーティーアロマにはシトラスアロマを
組み合わせると 洗剤メーカーが違っていても
良い香りが保たれるようです。

それでは、洗剤と柔軟剤のおすすめの組み合わせランキングをご紹介します!

第1位 アタックNeo×ハミング

洗剤と柔軟剤のメーカーは同じだと安心。
花王の洗剤アタックネオと、柔軟剤のハミングネオの組み合わせは、衣類を白く洗いあげ、ふんわりと仕上げる点でポイントは高いです!

大定番の組み合わせ、花王のアタック×ハミングです。結局ここに戻ってくる人も多いのではないでしょうか。アタックの洗浄・除菌力と、ハミングの柔らかさ・静電気防止、微香料。とてもバランスが取れていて、家族全員の衣類に安心して使える最強のコンビです。
アタックネオで洗濯、ハミングで仕上げる。タオルが柔らかくなって気持ちいいです
アタックNEOとハミングのベビーパウダーのやつ。
旦那がベビーパウダーの匂い好きで、ずっとこれです。

第2位 NANOX×ソフラン

ナノックスと香りとデオドラントのソフランもどちらもライオン社製品。
この画像ではソフランはフローラルアロマですが、一番人気のアロマソープとももちろん相性◎!

ナノックスとソフラン(緑かピンク)
ナノックス×ソフラン アロマソープは相性はかなり良い方です
繊維に絡みついた汚れも分解して落とす、洗浄力の高いNANOXがおすすめです。
ニオイ汚れもしっかり落としてくれることに定評があります!
相性が良い柔軟剤としては防臭効果が高いことで有名な「ソフラン」シリーズがおすすめです。
NANOXと香りとデオドラントのソフランで洗うと干すときには、NANOXと混ざった香りがしますが、乾いた時には、香りとデオドラントのソフランの香りの方が強く感じるので、4種類の中で一番好きなアロマソープの香りがお気に入りです。

第3位 arau.(アラウ)×ハミングNEO

この画像ではアラウベビーになっていますが、アラウとハミングネオは、とにかくふわふわになるよう洗濯したい!という方におすすめの組み合わせです。

こちらがarau.(アラウ)洗剤。柔軟剤なしでもふわふわに仕上がり、かつ無添加なので、敏感肌の方や赤ちゃんの衣類などには特におすすめです。

天然成分のものや、無香料の洗剤×ふわふわ重視の柔軟剤
柔軟剤の本分はやわらかくすること! という方は肌触りにこだわった柔軟剤選びをしましょう。同じメーカーでも出来上がりがカラッとしたフワフワと、しっとりしたフワフワがあります。
洗剤はなるべく天然成分のものが肌にやさしいため、「arau.」や「さらさ」がおすすめです。
「arau.」は植物から作られ、無香料・無着色・保存料無添加という洗剤!
繊維にダメージを与えにくいのでふわふわに仕上がり、敏感肌や赤ちゃんにも安心なところが魅力だといえます。

柔軟剤は少しの量でふんわり仕上げることを謳っており、使うたびにふわふわになり、着心地が良くなると評判です♪
ほのかな香りで使いやすく、手頃な価格も人気の要因です。

第4位 ファーファ液体洗剤 香りひきたつ無香料×レノア オードリュクス

柔軟剤の香りをしっかりと楽しみたい人におすすめなのが、高い洗浄力と無香料の洗剤である「ファーファ液体洗剤 香りひきたつ無香料」と、パリで高級ホテルで使われるいい香りの柔軟剤で抜群の人気を誇る「レノア オードリュクス」の組み合わせです。

無香料の洗濯洗剤とお好みの柔軟剤の組み合わせ
洗濯洗剤にしっかり汚れや臭いを落としてもらい、好みの柔軟剤で香りをつけます。
たとえば、ファーファの液体洗剤 ・香りひきたつ無香料にレノア・オードリュクス・イノセントを組み合わせる、などです。
ファーファ液体洗剤 香りひきたつ無香料には高洗浄・無香料というさけでなく、抗菌・防臭作用があるので臭いの心配がありません。ここにレノア オードリュクスを使用することによってラグジュアリーな香りを存分に楽しむことができるおすすめの組み合わせです。
液体洗剤より粉末洗剤の方が匂いがキツくないので、オードリュクスの匂いが引き立つと思います。
液体なら、ファーファの無香料洗剤がいいと思います。

レノアオードリュクスは、ルームフレグランスのような上質で奥深い香りが続く柔軟剤です。
上品でとってもいい香り♪と、ハマる人続出です!

第5位 香り続くトップ×ソフランアロマリッチ

香り続くトップとソフランアロマリッチの組み合わせを色々変えることで様々な香りが楽しめます♪

この洗剤は、香りも好みなうえに、柔軟剤の香りとも相性が良く、それぞれの香りのミックスも楽しめました。柔軟剤の香りがさらにエレガントになったり、気分に合わせて香りを演出できそうです。
フローラル×フローラル、というように、洗剤と柔軟剤の香りを同じ系統にそろえます。とくに同じメーカーどうしだと香りが喧嘩しないので成功しやすいです。
例:香りつづくトップ アロマプラス × ソフラン アロマリッチ

洗剤・ 柔軟剤の相性がいい組み合わせおすすめランキングと正しい使い方まとめでした☆

上手に洗剤と柔軟剤を組み合わせて、きれいに洗濯物を洗い上げましょう☆

関連記事一覧