今年の夏フェスは【汗で崩れないメイク】で思いっきり楽しもう!

そろそろ夏フェスの季節!バッチリメイクで盛り上がりたいけど、汗をかいてメイクがボロボロになる心配も…。でも大丈夫!ウォータープルーフのコスメなどを上手に使えば、夏フェスでも「崩れないメイク」ができるんです♪夏フェスでのメイク直しや日焼け止めはどうしたらいいかも解説します☆

崩れないメイクで夏フェスを楽しみたい!

思いっきり盛り上がりたい夏フェス。
でも、炎天下だと汗をかいてメイクが崩れてしまったり、日焼けが気になったりしますよね。

そこで今回は、大量の汗をかいても崩れないメイクやメイク直しの方法、日焼け止めの使い方をたっぷりご紹介。

しっかり最後まで読んで、今年の夏フェスはメイク崩れの心配せずに楽しみましょう♪

夏フェスでも崩れないメイク方法①ベースメイク

夏フェスでは、たくさん汗をかくけれど、メイク直しをする時間はなかなか取れません。

そのため、なるべくメイクが崩れないよう、ベースメイクではファンデーションは使わず、化粧下地とパウダーにとどめるのがおすすめです。

夏フェスでも崩れないベースメイク①日焼け止め

最初に化粧水や乳液などで肌を整えてから、クリームタイプの日焼け止めならパール大、乳液タイプなら1円硬貨大を、両頬、額、鼻、あごに置きます。

日焼け止めを顔全体にムラなく伸ばしたら、もう1度同量の日焼け止めを重ね付けします。

夏フェスにおすすめの日焼け止めは、アネッサの「パーフェクトUV スキンケアミルク」!

スーパーウォータープルーフタイプで、汗や水に触れるとさらにUVカット効果が高くなるというスグレモノなんです。

美容成分も50%配合され、強力にUVカットしながらスキンケアもできるという神日焼け止めです。

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

3240円

夏フェスでも崩れないベースメイク②化粧下地

日焼け止めを塗ったら、次は下地。

下地をパール大ほど手に取り、肌にムラなく薄く伸ばします。
手で塗った後にスポンジで押さえると、肌への密着度が上がります。

下地は「崩れ防止」をうたうものがベスト☆
エストの「ロングラスティングベース」は汗・皮脂でも崩れない処方で、色ムラや毛穴もカバーしてくれるのでおすすめです♡

est(エスト) エスト ロングラスティングベース(化粧下地)

est(エスト) エスト ロングラスティングベース(化粧下地)

4536円

夏フェスでも崩れないベースメイク③パウダー+コンシーラー

仕上げはパウダー。
パウダーをパフに取り、メイクが崩れやすいTゾーン、小鼻、あごを重点的に、押さえ付けるように塗ります。

気になる肌トラブルがある人は、ファンデーションではなくコンシーラーでカバーしましょう。

クリニークの「ビヨンド パーフェクティング スーパー コンシーラー」は、耐汗性・耐湿性に優れたウォータープルーフ処方なので、夏フェスでも崩れないベースメイクにぴったり!

ビヨンド パーフェクティング スーパー コンシーラー

ビヨンド パーフェクティング スーパー コンシーラー

3024円

下地と日焼け止めを1度で済ませるのもおすすめ!

メイクは重ね塗りすればするほど崩れやすくなるので、夏フェスメイクには下地としても使える日焼け止めもおすすめ☆

さきほど解説した日焼け止めの塗り方と同じ要領で塗ったら、そのままパウダーをオンすればOKです。

ランコムの「UV エクスペール トーン アップ」シリーズは、SPF50+・PA++++と最高レベルのUVカット効果に加え、黄ぐすみしやすい日本の女性の肌をトーンアップしてくれる優れもの。

「トーン アップ ローズ」はピンクカラーで、女性らしい血色感のある肌に。「トーン アップ n」は真珠のような透明感ある肌に仕上げてくれます。

UV エクスペール トーン アップ n

UV エクスペール トーン アップ n

5800円

夏フェスでも崩れないメイク方法②ポイントメイク

夏フェスでも崩れないポイントメイク①アイライナー

アイシャドウは汗で崩れてしまう可能性が高いので、使わない方が吉。

アイシャドウは使わず、【ウォータープルーフのアイライナー】を濃く入れて、目元にアクセントを出すのがおすすめ☆

せっかくの夏フェスということもあり、普段は使わないような派手色のカラーアイライナーを使ってもいいですね♡

おすすめのアイライナーは、シャネルの「スティロ ユー ウォータープルーフ」。
水や湿気、皮脂に強く、なかなか崩れないと人気のアイライナーです。鮮やかなブルーやグリーンのアイラインを太めに入れれば、さらに夏フェス気分が盛り上がりそう!

スティロ ユー ウォータープルーフ

スティロ ユー ウォータープルーフ

3200円

夏フェスでも崩れないポイントメイク②マスカラ

アイライナーを引いた後は、まつ毛を仕上げましょう。

まつ毛をビューラーでしっかり上向きにし、ウォータープルーフのマスカラ下地+ウォータープルーフのマスカラのダブル使いで、美まつ毛をキープします。

夏フェスでも崩れないポイントメイク③チーク

チークを使う場合は、キープ力が高いクリームチークを濃い目に入れましょう。上からフェイスパウダーやパウダーチークを重ねればさらに崩れにくく!

夏フェスでのメイク直し方法

しっかり夏フェス対策メイクをしていても、完璧に崩れないメイクというのは難しいもの。
メイク崩れが気になったら、時間があるときにササッと直しましょう。

まず、汗や皮脂を、小さく折りたたんだティッシュで押さえて取ります。
あぶらとり紙だと皮脂を取りすぎてしまうので、保湿タイプのティッシュを使うのがポイントです。

余分な汗や皮脂を除いた後は、ブラシやスポンジを使ってパウダーを顔全体にはたけばOK☆
肌トラブルが気になる部分はコンシーラーでカバーしましょう。

夏フェスでの日焼け止めの塗り直しは?

日焼け止めの効果を持続させるには、2~3時間おきに塗り直す必要があります。
特に夏フェスでは汗で日焼け止めが流れてしまうので、尚更こまめに塗り直したいところです。

夏フェス中の塗り直しには、カラーコントロール効果がある色付きの日焼け止めを使うのがおすすめ!ある程度肌トラブルをカバーしてくれますよ。

手で塗るとベースメイクがよれてしまうため、パフに日焼け止めをのせ、顔の中心から外側に向かってムラなく塗り広げます。こうすることで、崩れたベースメイクも同時に拭き取ることができるんです!

仕上げにパウダーをはたけば、汗をかいても1日キレイな肌で過ごせますよ♡

汗でも崩れないメイクで夏フェスを楽しもう!

夏フェス向けの崩れないメイク方法やおすすめのコスメ、日焼け止めを紹介しましたが、いかがでしたか?
せっかく参加する夏フェス、メイク崩れや日焼けなんか気にせず楽しみたいもの。
出発前にしっかり崩れないメイクをし、夏フェス中も余裕がある時にメイク直しや日焼け止めを塗り直して、キレイな自分で夏フェスを存分に楽しんじゃいましょう♡

合わせて読みたい♡崩れないメイク方法まとめ

タカハシ

プチプラコスメと古着が好きなアラサーです。i-seeでは美容系の記事を中心に執筆しています。

Profile

関連記事一覧