• HOME
  • ファッション
  • 夏の結婚式・二次会で気をつけたい!服装のマナー&おすすめ実例コーデ

夏の結婚式・二次会で気をつけたい!服装のマナー&おすすめ実例コーデ

夏の結婚式・二次会にお呼ばれされたけど、どんな服装で参加すればいいの?悩む女性も多いようです。そこで今回は、夏の結婚式・二次会で気をつけたい服装のマナーとおすすめの実例コーデを紹介します。

夏の結婚式・二次会の服装って?

夏に行われる結婚式・二次会の服装選び。
どんな服装で行けばいいのか悩む女性も多いはず。

二次会は披露宴ほどフォーマルでなく、
招待状にも「平服で」と書かれている場合が多いようです。

平服とは「略礼装」という意味で、改まった場に出ても恥ずかしくない服装のことです。
つまり「フォーマル服」ほどかしこまらなくてもいいものの、「普段着」ではない服装ということですね。

そこで今回は、結婚式・二次会で気をつけたい服装のマナーと、おすすめの実例コーデを紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

夏の結婚式・二次会で気をつけたい服装のマナー

披露宴ほどフォーマルでないものの、
二次会の服装にもマナーがあります。

二次会で気をつけてほしい、
服装のポイントについて紹介していきましょう。

白いワンピースなどは避ける

結婚式同様、全身が白くみえる服装は避けましょう。

全身白に見える服装は×!

「白」は花嫁さんの特権です。
薄いベージュなども、写真撮影時のフラッシュで白く映ってしまう場合もあるので、できれば避けた方が無難です。

黒の羽織りものやバックを合わせればOK!

全身黒の服装もNG

白い服装がダメなら、黒で!
・・・と思う方も多いと思いますが、
全身黒の服装では華やかさが足りません。
せっかくのおめでたい席ですので、
明るめカラーの服装がおすすめです。

どうしても「黒」を着たい場合は、
色味のあるバックやアクセサリーなどを選んで、
華やかに見えるように心がけてくださいね。

ボルドーのバックが差し色になっていいですね。
ビジュー付きの白カーデも華やかさをプラスしてくれています。

露出の多い服装も×

結婚式同様、露出の多い服装は好ましくありません。
極端に短いスカートや胸元の露出が多い服装はさけてくださいね。

足元はヒールのあるパンプスが◎

足元も意外と見られています。
ヒールのあるパンプスは、きちんと感があって◎

披露宴同様、お祝いの場なので、
つま先の開いたサンダルや、
かかとのないミュールなどは相応しくありません。

また、夏だからと言って素足もマナー違反です!
気をつけてくださいね。

夏の結婚式・二次会 おすすめ実例コーデ

それでは、夏の結婚式・二次会におすすめの実例コーデを見ていきましょう。

ベージュと黒のフォーマルドレスです。
スカート部分の透け感が、
上品でエレガントな雰囲気です。

黒のセットアップドレス。
透け感のあるストールと赤いパンプスを合わせたことで、華やかさがプラスされたコーデになっています。

ピンク色が可愛らしいフォーマルドレス。
バックも同系色で合わせています。
上品で清楚な雰囲気です。

鮮やかなオレンジが目を引くワンピース。
白いジャケットを羽織ればきちんと感もUP。
バックと靴の黒でコーデが引き締まりますね。

ネイビーのオールインワンも、
大ぶりのネックレスをつけると華やかになりますね。
ピンクのパンプスも差し色になって◎

ベージュのワンピース。
黒のボレロとバックを合わせた上品なフォーマルスタイルです。

ふんわりとしたシルエットが可愛らしドレス。
ウエストの黒リボンでコーデが引き締まります。
小ぶりのバックもお呼ばれにぴったりです。

落ち着いたフラワー柄が素敵なドレス。
レース素材のボレロを合わせて、上品で清楚な雰囲気です。

夏の青空のようなキレイ色のドレス。
細かいプリーツが女性らしさを引き立てますね。
白レースのミニバックでさらに華やかな印象です。

シルエットがキレイなグリーン系のドレス。
首元のネックレスで華やかな印象に。

ボルドーのドレスにボレロを合わせて。
ふんわりとした印象で可愛らしいです。

イエローが目を引くワンピース。
女性らしいラッフル袖が華やかなイメージです。
シンプルな首元にパールのネックレスをつけて。

いかがでしたか?
夏の結婚式・二次会で気をつけたい服装のマナーとおすすめの実例コーデを紹介しました。
参考になれば嬉しいです。

関連記事一覧