簡単ヘアバンドの作り方♥子供やベビーも!リボン・ツイスト・ワイヤー

流行中のヘアバンドの作り方をご紹介します。どれも簡単なものばかり!基本編からリボンやツイスト、ワイヤーを使ったアレンジ編もあります。サッカーに使えるヘアバンドもありますので子供やベビーにもぜひ作ってみてくださいね。

ヘアバンド、簡単に手作りできます!

大人気のヘアバンド。
実は簡単に作れます。

お好みの布で自分だけのヘアバンドを!

簡単!ヘアバンドの作り方

カラーゴムを使った簡単ヘアバンドです。

★材料★
10cm×30cmの布 2枚
太めのカラーゴム 16cm程度

カラーゴムを使うことでより簡単にできます。

中央部分は約8cm幅。
端部分は約3cm幅。
長さは約30cmです。

フリーハンドでもOKですが
簡単な型紙を作るときれいにできます。

作り方

1.端部分を1cm折りこみ、中表に重ねます。
2.真ん中にゴムテープをはさみ、縫い合わせます。1cmほど出しておくと安心です。
3.折り返し部分を5cmほどの腰、周囲を縫い合わせます。

4.表に返してアイロンをかけたらできあがりです。

バンダナヘアバンドの作り方

★材料★
バンダナ 1枚
ゴム 16cm

作り方

■ゴム通し部分
1.7cm×30cmの布を中表にして縦に折り、1cmの縫い代で縫います。
2.表に返し、入り口部分を内側に1cm折りこみます。
3.ゴムテープを仮止めします。
4.逆サイドも同じようにゴムテープを仮止めします。

■本体部分
1.17cm×40cmの布をゴム通し部分と同様に中表にして縦に縫います。
2.表に返し端を縫い合わせます。縫い終わりの糸は長めに残しておきます。

3.長めに残した糸を1本だけ引っ張りギャザーを作ります。

■合体
1.ゴム通し部分に本体を1cm程度入れて縫います。
2.両サイド縫い合わせます。

■リボン部分
1.15cm×15cmの飾りリボンを作ります。端を三つ折りに縫います。
2.写真のように折り、さらに縦半分に折ります。

3.ヘアバンド本体、中央部分に結び付けてできあがりです。

リボンヘアバンドの作り方

★材料★
35㎝×50㎝程度の布
ゴムテープ 15㎝程度

作り方

1.6㎝×40㎝の型紙を作り、布を4枚用意します。
片方だけ丸くカットしておきます。

2.中表に縫い合わせて表に返します。
3.これを2本作ります。

4.丸くない方にゴムを縫い止めます。しっかりと縫ってください。

5.ゴムの両端に縫い付けます。

ツイストヘアバンドの作り方

カットソー生地を使った簡単ツイストヘアバンドです。

★材料★
ニット生地 10cm×50cmを2枚
ニット用の糸

作り方

1.縦半分に折り、中表にして縫い合わせます。

2.2本の中央部分でクロスさせます。

3.それぞれの端を縫い合わせて輪にしてできあがりです。

Tシャツやタイツなどでも作れます。

ベビーヘアバンドの作り方

赤ちゃんのかわいさがアップしちゃうヘアバンド。
これも簡単に作れます!

★材料★
ストレッチレース 40cm~50cm(頭の円周より少し短め)
リボン  5cm
飾りに使う花など

作り方

1.中表にし、輪にするように端を縫い合わせます。

2.縫い目を隠すようにリボンでくるみ、まつり縫いをします。

3.リボンなどの飾りを縫い付けてできあがりです。

子供用ヘアバンドの作り方

子供用のヘアバンドはサイズを変更するだけでOK。
頭の周囲-10㎝ を目安に布を用意してください。

リボンタイㇷ゚はサイズ調整も簡単です。

ギンガムチェックにレースを組み合わせて
かわいらしく。

サッカーヘアバンドの作り方

サッカー選手が試合中につけているひも状のヘアバンドです.

作り方

1.毛糸やひもを三つ編みにします。
2.両端に小さな輪を作ります。
3.②で作った輪にゴムを通し留めます。

ワイヤー入りヘアバンドの作り方

ワイヤー入りならねじるだけで簡単アレンジ!

★材料★
布:85㎝X16㎝
ワイヤー:80㎝

ワイヤーは柔らかいものがおすすめです。
太さは#15程度のものを準備してください。

作り方

1.布を縦半分に折り、角を丸くカットします。

2.中央部分を5センチ程度残し、中表に周囲を縫います。

3.返し口から中身を出して表に返します。

4.ワイヤーの先端を丸め、返し口から入れます。

5.返し口をまつり縫いして出来上がり!

いかがでしたか?

様々な作り方があるヘアバンド。
柄を変えたり、素材を変えるとまた違った表情のヘアバンドになります。
どれも簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。

おしゃれ女子に人気のアイテム、ヘアバンド

ファッショニスタはヘアバンドをしています

最近ちまたで人気なのが、ヘアバンドをつけることです。これによっておしゃれ度がぐっとアップします。

ヘアバンドをつけている女子が多いことに、みなさんはもうお気づきだと思います。
そして多くの商品が販売されて、大人気となっていますよね。
ヘアバンドは、女子に人気のファッションアイテムなんです。

ロイヤルブルーのヘアバンドが、重くなりがちな冬のコーデの中で明るく光っていますね。

まとめ髪に、リボンをかたどったヘアバンドがキュートです。

アジアン風のゆったり風のファッションにも、トレンド感を入れてくれます。

実はハンドメイドする人も多いんです

意外にも、ハンドメイドで作ってしまう人も多いヘアバンド。
でも、作るのは難しくないんでしょうか?

必要なものは? 作り方は?

ではさっそく、作り方を解説していきましょう。まずはスタンダードなターバン型のヘアバンドからです。

もちろん好きな布から始めて下さいね

最初は好きな布、つけたい布を選んでカットするところから始まります。
完成形がどんなヘアバンドになるか、イメージして選んでみて下さい。

必要なもの
・裁縫道具
・布(本体部分とゴムを通す部分で布を変えてもOK)
・ゴム

ミシンがあるとより便利ですが、無くても手縫いでも作れます。

布のカット用のサイズは、頭の大きさによって変わってきますが、
「3.5センチ×35センチ」「8センチ×34センチ」のものを下記の動画では紹介しています。
型紙があるとよりいいですが、なくても大丈夫です。

0.用意した布を、本体用とゴムを通す用にカットします。

1.ヘアバンドの本体部分の布を、中表にしてまっすぐ縫います。
 塗った部分はアイロンを掛け、ぬいしろを割ります。

2.ぬいしろを割ったら、表に返します。
 ゴム部分の布も、本体部分と同じく筒状になるように縫ってぬいしろを割り、表に返します。

3,自分の頭のサイズに合わせてゴムを切ります。
 この時、頭のサイズ+ゴムが伸びる分+ぬいしろ左右一センチずつ、で切って下さい。

4.ゴム用の布にゴムを通します。手で通してももちろんいいですが、ゴム通しがあると便利です。

5.ゴムを通したら、ゴムを通した布の端っこと、ゴムの端っこを合わせて縫います。
 ズレないように気をつけて塗って下さい。

ミシンがあると随分作業が早くなりますよ。手縫いの場合は、並縫いではなく半返し縫い、本返し縫いなど、取れにくい縫い方をしましょう。

6.本体用の筒とゴムを通した筒をくっつける用意をします。
 本体用の筒の切り端を、左右ともに一センチ中に折り込みます。

7.ゴムが入った筒を、本体用の筒の中に1センチほど入れます。
 この時、ゴムが入った筒が本体筒のちょうど真ん中に来るように調整して下さい。
 本体用の筒の方が大きいので、片方に余った部分を折り込んで縫います。

完成です!

*Amoのヘアーターバンの作り方*

出典:YouTube

文章だけではわかりづらいと思いますので、動画も載せておきます。とても丁寧に作り方を解説しているので、参考になると思います。

縫うのではなく、編むのでも作れます

ニットや要らないTシャツなどでも

このように、毛糸のヘアバンドも冬には活躍しそうですよね。
編み物が得意な方は、編んでみても楽しそうです。

ニットのヘアバンドでもいいですし、下記の画像のように要らないTシャツなどを利用して編んで作っても大丈夫です。
むしろ、スタンダードな作り方よりもこちらのほうが簡単、と言う方もいるかもしれません。

このように、必要ない布からヘアバンドが作れてしまうんです。
柄はかわいいけどもう着ない服があったら、挑戦してみるのもいいでしょう。

こちらも、編むことによって作ることができるやり方です。ヘアゴムを使いますので、ある程度の大きさ調整が可能です。

幅広のレースにゴムを付けるだけでも可愛い

画像のように、幅が広めのレースを使ってヘアバンドを作ることも出来ます。
実は、後ろにゴムをつけるだけなので簡単なんです。

手芸屋さんなどに売っている幅広のレースを使えば、こんなにガーリーなヘアバンドが出来ます。
ターバン型のヘアバンドと違って、女性らしいヘアバンドになりますよ。

シャーリングのヘアバンドも素敵です

シャーリングと言って、全体にこのようにひだが入っているヘアバンドも人気です。女子っぽさが出て、より可愛らしい雰囲気に。

この手法は、本体用のヘアバンド部分を輪っかとして作り、ゴムを数本縫い付けることによって出来ます。
ゴムを布に縫い付ける作業がちょっと面倒ですので、ミシンがあると便利です。

あるいは「シャーリングテープ」というテープを塗っても大丈夫ですよ。

リボンや造花をつけても可愛いです

こんな風に、リボン型のヘアバンドにしてもとってもかわいいです。タオル地で作れば、ファッション用にも洗顔時などにも使えますよ。

こちらはお花付きのヘアバンドです。春にはピッタリのヘアバンドですね。

ヘアバンドの付け方は?髪型は?

作り方はわかりましたが

では、肝心の「付け方」「髪型」について解説していきたいと思います。
せっかくかわいいヘアバンドが出来ても、付け方や髪型がおかしかったら残念になってしまいますもんね。

ショート/ミディアムヘアだと、ヘアバンドをつけるとこんな感じです。

ショートヘアの場合は付け方は簡単で、

1.ヘアバンドの位置を決めて前髪を整える
2.後ろ髪を整える

これだけでOKです。
でももうちょっと凝った付け方をしたかったり、長い髪の人は下記を見てみて下さい。

おだんごにヘアバンドが流行中

手軽でかわいいのが、おだんごにヘアバンドをつけるというもの。すっきりと髪が上に上がっていますから、ヘアバンドも馴染みます。

ヘアバンドを使ったお団子アップスタイル!

出典:YouTube

おだんごのヘアアレンジです。ヘアバンドをつけてからおだんごを結びます。

ちょっと凝った髪型だとこんな動画が参考になります

【簡単ヘアアレンジ】ヘアバンドとピンだけ!簡単なのに超かわいいターバンアレンジ enlace アンラセ

出典:YouTube

ヘアバンドとヘアピンだけを使用した、簡単で可愛いヘアアレンジです。

【スタイリスト直伝】”くるりんぱ”と”三つ編み”でできるヘアバンドアレンジby吉田達弥

出典:YouTube

こちらは三つ編みと「くるりんぱ」を使用したアレンジです。

もちろん、髪をおろしてもOKです

もちろん、ヘアバンドの時は髪を上げていないといけないということはなく、おろしていてもとっても可愛いです。

低めポニーテールと合わせても上品な印象になります。

ヘアバンドでもっとかわいくなっちゃいましょう

ファッションアイテムとして定着したヘアバンド。
上手く使って、もっと可愛くなれたら素敵ですよね。また、手作りするのも楽しいものです。
好きな布でヘアバンドを作り、好きなスタイルをして楽しみたいものですね。

関連記事一覧