お見合い結婚|初夜・交際期間・後悔・失敗談・離婚率・決め手・メリット

お見合い結婚のメリットには一体何があるのでしょうか?女の幸せは恋愛結婚に決まってる!と声を大にして言いたい人もいるかもしれませんね。ですが、実際のお見合いはどんなメリットやデメリットがあるのか不明な点も多いはず。本ページではお見合い結婚での交際期間や結婚するに至った決め手など、どういったものがあるのかをご紹介します。

Twitter Facebook LINE

7647view

お気に入り

お見合い結婚と恋愛結婚との違い

一般的な恋愛結婚とお見合い結婚の違いはどこにあるのでしょうか?
自分だけの力で出会いを探したり、知人のツテなどで探してもらいながら未来の旦那様を見つけることは奇跡に近いものです。
男性と違い、女性は自分の恋愛対象になる人物はかなり限られるものになってきます。
その点を踏まえると、中々タイプと思う男性と巡り合う確率は低くなります。
恋愛は多くの人込みの中から広く相手を探していきますが、反対にお見合いは一人一人と狭く深く関わりを持つので、じっくりと観察することができる点が恋愛結婚と異なる点です。

離婚率

ではお見合い結婚と恋愛結婚の離婚率の違いはあるのでしょうか?
答えはYESです。
イメージ的に、恋愛結婚はお互いを愛して気持ちのドキドキがあるまま夫婦になり、お見合い結婚は静かに夫婦生活が始まるような流れを想像するかと思います。
ドキドキがある恋愛結婚の方が離婚率が低いんじゃないの?と思いますが、現実は全くの逆で、むしろお見合い結婚の離婚率の方が低い傾向にあります。
恋愛の延長線でする結婚よりも、最初から冷静にパートナーと結婚生活を開始した方が客観的に自分たちの結婚生活を分析することができるので、お見合い結婚の方が離婚率が低いのです。比較した離婚率は以下の通りになります。

近年、日本の離婚率は全体の30%に及んでいると言われています。3〜4組に1組は離婚している計算です。

そして、「恋愛結婚」の離婚率は40%、「お見合い結婚」の離婚率は10%と言われています。

離婚率はお見合い結婚の方が圧倒的に少ないです。

一番目を向けたいメリット・デメリットは?

お見合いのメリットはまず、相手も同じ結婚意思があるという点が挙げられます。
恋愛のように相手が結婚する気がなければ夫婦になることはできません。
その点、お見合い結婚では双方が同じ気持ちを持ち、さらには親族さえも一丸となって結婚という意識に感情が向かっているので、恋愛結婚のように結婚の許しをもらいに行ったり、煩わしい作業がないと言えます。

お見合い結婚でのデメリットは、相手のことを良く知ることができますが、夫婦の期間が長くなるにつれて性格の不一致などがあった場合、簡単に離婚できないという点があります。
通常の恋愛結婚ならば離婚する当事者だけで済むものを、夫の親族、妻の親族にまで影響が及ぶこともあり得ます。

お見合いの婚前交渉や初夜

結婚してからの体の相性を一番重視するという人もいますよね。お見合い結婚でも恋愛結婚と同様に、双方の意見が合えば婚前交渉を行う組もあります。
ただ、出会ってすぐに行うのは体目的なのではないか?と思われてしまうので、相手との関係を続けていくか大まかな答えを出す3回目のデート以降の時期にした方が良いでしょう。
時間をかけてから確認するのがお互いにとって苦になりません。キスやボディタッチも早めの時期にするのではなく、婚前交渉と同じくらい片方の意見だけでは決められないことですので、二人の意向が合った時に行いましょう。
かといって、初夜は必ず行わなければならないものではないので、お酒を一緒に飲んだり会話をしたり、二人で共有できる時間を作っても二人の仲が深まるかもしれません。

交際期間はどのくらい?

恋愛結婚とお見合い結婚の交際期間を比較すると、お見合い結婚の方が期間が短いです。
お見合い結婚では恋愛結婚のように、結婚に至るまでの過程で、甘い時間を過ごす期間が大幅に少ないか、むしろないです。
そのため、双方が「結婚したい」という明確で、マッチングした意向なので、結婚まで非常にスピーディーな人では1ヵ月、全体の平均は1年~1年半ほど。慎重な遅い組でも2年以内ということになります。
ただ、お見合いは平均3ヵ月ほどで交際するかどうかの分かれ道になりますので、全体の平均を見ても恋愛結婚のようにズルズルいかず、決断が早いのが特徴です。

入会から成婚までの平均値を出すと、
およそ1年間ぐらい。
しかしこの数値は遅い人たちが平均値を引き下げてる面があるため、実際はもう少し早いイメージです。
一年もかからずに成婚退会する人がとても多いです。
早い人なら半年ほどで決めてしまいます。
条件のいい人ならたいてい短期間で一気に成婚まで進みます。
その一方で2年~3年とかかる人もいて、
たくさんのお見合いの果てにやっと成婚に至るケースもけっこうあります。

結婚に踏み切った決断ポイントとは

お見合いをしてみて、じゃあこの人と結婚してみよう!という決断が下るポイントは人それぞれですが、一緒に一つ屋根の下で夫婦として暮らしていこうと思えることは、嫌いな行動や言動をしないか、ということが大切です。
結婚に踏み切るきっかけやポイントは、趣味が合ったり、優しさに惹かれたり、お見合いする前にすでに出会っていたり‥そんな些細なきっかけポイントを見逃さずに、短期集中型で相手と結婚するメリットを見つけられたことが大きなポイントになっています。

10組あれば10通りの決め手になった体験談がある

彼女の素晴らしさ、優しさに直に触れることができて、その取り繕わない本当の優しさを知り、自分が求めているのはこの人だと確信しました。
その後デートを繰り返しているうちに、やっぱりこの子はいいなという想いは深まるばかりで、出会って2ヶ月後にプロポーズしました。まさにとんとん拍子で話がまとまっていった感じです。
付き合った時間は短かった分、今、恋愛している気分です。
かつて10年付き合っていた人がいました。お互い結婚するつもりでしたが、結局そうはなりませんでした。
見合いしたのは、そのことが完全にふっきれてからです。いわゆる「お見合い」は、相手は真剣ですから、それなりの覚悟をもってのぞむべきと思います。 断ることになっても、誠意を持っていれば失礼ではないのでは。でも、割といい人が残っているものだな、というのがわたしの感想です……。
結婚前よりも今のほうが、ずうっと夫を愛してます!
第1印象は「とても素敵」でした。
でもサロンでお話しをしていくうち少しずれを感じていました。
2度目はないなと思いながら帰宅すると彼から連絡先交換希望のお返事が来ていました。
とても悩みましたが、自分の直感を信じてもう一度お話ししてみようと思い直して、わたしもOKのお返事をしました。
それからは3日に明けずメールや電話をくれデートを重ねて彼の温かい人柄に惹かれ結婚を決ました。
あの時、些細なことにこだわってお断りしていたら2度と彼とは会うことが出来なかった、
今の幸せはなかったかもしれないと思うと早急な結論を出さなくて本当によかったと思います。

後悔や失敗談もある‥

お見合には相手と深く関わることができ、メリットも多くありましたが、結婚ですから後悔や失敗談もあります。
恋愛結婚のように上手くいく時もあれば残念な結果になってしまったということもあるのが常ですよね。
結婚は人間同士の付き合いなので、結婚してから男性側が急に豹変したといったことや、実は重度の亭主関白だったといったこともあります。
秘密にしていた訳ではないけど、結婚生活に慣れてきた途端に今まで優しくて良い夫だった相手が本性を現すといったことも事実あるのです。
また、お見合いをした後に、理想的な他の男性に出会ってしまった時も「気を急ぎ過ぎた‥」と後悔の念に駆られる人もいます。

関連するまとめ一覧

男性が「お嬢様みたい」と思う女性になる方法♡

男性からみて「この子、お嬢様っぽい!」と思われる女性ってどういうタイプなのでしょうか? 清楚でかわいい「お嬢様みたい」な女性になるにはどうすればいいの? お嬢様みたいになる方法を教えます♪

ぴい / 9178 view

おしゃれで楽しい!最新・人気の出会いスポット♡

相席居酒屋や相席カフェ・スタンディングバーなど、気軽に利用できる出会いスポットが増えています。 おしゃれな店内やおいしいフードなど、こだわりのあるお店でステキな出会いを探してみませんか?

ぴい / 8438 view

色っぽいキスの仕方♡キスをゆっくり楽しむ・可愛いキス顔など

男女の間でとっても大事なキス♡新しい研究結果ではキスにより相手を評価し継続的な関係を築く役割を担っているともいわれてます。 キスの相性でお互いの相性が分かるという人もいるくらいとっても重要なんですよ♪ そこで今回は色っぽいキスの仕方のポイント4つ(キスをゆっくり楽しむ、プルプルなセクシー唇、ムードあるシチュエーションで、キス顔は可愛く)をまとめてみました!

degu5 / 159762 view

恋愛まとめランキング

昨日人気のあった恋愛のまとめ

人気のキーワード

いま話題のキーワード