化粧品の選び方のコツ☆肌質別(乾燥肌・敏感肌など)初心者さんも♪

初めて化粧品を使う…という人は、どういう選び方をしていいか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、初心者さん向けに肌質(乾燥肌・敏感肌・混合肌・脂性肌)別の基礎化粧品やファンデーションなどのメイクコスメの選び方をまとめてみました!

Twitter Facebook LINE

246012view

お気に入り

化粧品の選び方、どうすればいいの?

初めて化粧品を使う…という人は、どういう選び方をしていいか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、初心者さん向けに肌質(乾燥肌・敏感肌・混合肌・脂性肌)別の基礎化粧品やファンデーションなどのメイクコスメの選び方をまとめてみました!

<MENU>
・化粧品の選び方5つのポイント☆乾燥肌
①クレンジングの選び方
②化粧水の選び方
③乳液の選び方
④ファンデーションの選び方
⑤ポイントメイクの選び方

・化粧品の選び方5つのポイント☆敏感肌
①クレンジングの選び方
②化粧水の選び方
③乳液の選び方
④ファンデーションの選び方
⑤ポイントメイクの選び方

・化粧品の選び方5つのポイント☆脂性肌
①クレンジングの選び方
②化粧水の選び方
③乳液の選び方
④ファンデーションの選び方
⑤ポイントメイクの選び方

・化粧品の選び方5つのポイント☆混合肌
①クレンジングの選び方
②化粧水の選び方
③乳液の選び方
④ファンデーションの選び方
⑤ポイントメイクの選び方

化粧品の選び方5つのポイント☆乾燥肌

①クレンジングの選び方

①クレンジングの選び方

一般的に、洗浄力の強さとお肌への負担というのは比例します。
乾燥肌の方におすすめのクレンジングは、洗浄力の穏やかなクリームタイプもしくはミルクタイプ。
ただ、どうしてもふきとりタイプやオイルタイプのクレンジングに比べて洗浄力が落ちてしまうので、なかなかメイクが落ちない…とゴシゴシとこするように洗ってしまってはお肌に負担がかかり、逆効果になってしまいます。特に目元の濃いメイクなどは落としづらい場合が多いかもしれません。
アイメイクなどは専用のリムーバーやコールドクリームなどで優しく落としてからクレンジングをするようにしましょう。

②化粧水の選び方

②化粧水の選び方

化粧水というのはただお肌に水分を補うというわけではなく、「保湿成分」をお肌の奥(角質)に届けるというのが重要な役割。
なので、ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸、セラミドなどの保湿成分が入っている化粧水を選ぶようにしましょう。

要注意なのはアルコールが入ったもの。スーッとした爽快感があるため、暑い季節には良さそう…と思いがちですが、アルコールは肌に付けると蒸発し、同時に肌の内側の水分まで一緒に蒸発してしまうため、乾燥肌がよりひどくなってしまう恐れがあります!
アルコールなどはニキビ用の化粧水に含まれていることが多いので、きちんと成分表をチェックして買うようにしましょう。


③乳液の選び方

③乳液の選び方

乳液の役割は、油性の美容成分をお肌に補うということ。
ただ、皮脂(油分)のお肌の保湿への貢献度は実はわずか(80%はセラミドなど、角質層の細胞間脂質が担っています)。
それほどひどい乾燥というわけでなければ、目元などの乾燥しやすい部分はより油分の多いクリームを、その他の部分は乳液などと、乾燥度合いによってコスメを変えるようにするのも良いでしょう。
また、セラミド入り美容液などで十分に保湿できていれば乳液を使わなくても問題はありません。
乳液やクリームを付けすぎると油分が多すぎ、毛穴が詰まってニキビなどの原因になってしまうことも…。

④ファンデーションの選び方

④ファンデーションの選び方

乾燥肌の方におすすめなのは、クリームタイプやリキッドタイプのファンデーション。
油分を多く含んでおり、カサつきを抑えてつるんと滑らかな印象のお肌に仕上げてくれます。
初心者の方には、一般的にテクスチャーが軽めのリキッドファンデーションが伸びも良く使いやすいかと思いますが、クリームファンデーションのほうがカバー力には優れていますので、とにかくカバー力重視!という人にはクリームタイプがおすすめと言えます。
また、美容液・化粧下地・ファンデーションなどの機能がひとつになった「BBクリーム」もおすすめです。

また、ファンデーションにセラミド・コラーゲン・スクワラン、レシチン等などの保湿成分が入っているものもあるので、乾燥肌の方にはそういった商品もおすすめです。
ファンデーションを塗る前のお肌にしっかりと保湿ケアをしておくことで仕上がりも変わりますので、スキンケアの段階できちんと保湿をすることがポイント!

⑤ポイントメイクの選び方

⑤ポイントメイクの選び方

チークなどのポイントメイクを選ぶ際、乾燥肌の方におすすめなのはクリームタイプやジェルタイプのチーク。
クリームタイプのチークは、ふんわりとした印象に仕上がるパウダーチークと異なり、やや濡れた感じ、ツヤっぽい仕上がりになるのが特徴です。
クリームチークを付けるときは、指でポンポンと叩くようなイメージでで付けていきましょう。

乾燥肌の人は、アイシャドウベース(下地)を塗ってからアイメイクをするのがおすすめです。
もちろん目元の保湿ケアをしっかり行ってからにしましょう!

アイシャドウなどを塗る前に、スキンケアとしてアイクリームを使ってしっかり保湿をしておきましょう。その際、クリームなどが肌になじむ前にメイクをするとよれたり、キレイにつきませんから、アイクリームがしっかり肌になじんでからメイクをするようにしてください。

乾燥肌におすすめの化粧品

カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク

カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク

89%が美容液成分のクレンジングミルク。
なじませるだけでメイク浮き上がり、落ちにくいファンデーションも肌に負担をかけずにするりとオフ。クレンジング後の肌はまるでスキンケアしたかのようにもちもち!
200g 3,240円

柑橘系の香りに癒されます。ウォータープルーフマスカラ以外は落とせます。洗いあがりがしっとりとしているので、乾燥が気になる人には良いと思います。

ヒフミド エッセンスローション

ヒフミド エッセンスローション

お肌に浸透しやすいヒト型セラミド配合の高保湿化粧水。
角質層のすみずみまでうるおいを与え、ハリのある肌へ導きます。

120ml 3,240円

乾燥した肌にも、「セラミド」があっているようで、もっちり感がうれしいです。手に肌が吸いつくようです。たまに別の化粧水を使ってもヒフミドに戻ってしまうくらい信頼しています。

エクサージュ アクティベーション モイスチュア ミルク III

エクサージュ アクティベーション モイスチュア ミルク III

うるおいに満ちたしなやかな肌に導く、乾燥肌用の乳液です。
お肌のすみずみまで濃厚なうるおいで満たし、肌のうるおいバランスを整えて、キメの整ったしなやかな肌に整えます。

110g ¥3,000(税抜)

しっとりレベルが別格という印象です。
少しつけただけでも、お肌の質感が変わるような感じがあります。
乾燥肌でも充分な効果が得られる乳液といったところでしょうか。

関連するまとめ一覧

本「イガリ印」口コミ♡イガリメイクのやり方&最新コスメ情報も

最新本「イガリ印 365日メイク図鑑」が話題のイガリシノブさん。その本の内容&口コミと、イガリメイクの最新のやり方&使用コスメをまとめました。イガリメイクに欠かせないチーク・アイメイク・ハイライトのやり方、196,000人のフォロワーがいるインスタなどから、愛用のベース・チーク・アイシャドウなどアイテムも掲載。若い子もアラサーもアラフォーもみんな可愛くなれる!

sweetie / 103588 view

プチプラVSハイブランド!最優秀クッションファンデはどれ?

簡単にツヤ肌が決まる、クッションファンデ。 様々なブランドから出ている中、最も優秀でマストバイなクッションファンデはどれ!?

i-see公式【PR】 / 340 view

オフィス美人になる♡ブラウンでまとめるカラーレスメイクのやり方

オフィスメイクの基本は3つ、「清潔感」「透明感」「きちんと感」です。アイメイクからチーク、リップまでの色をブラウンて統一するカラーレスで自然なグラデーションで落ち着いた印象を演出しましょう。オフィスでの大人っぽいブラウンメイクで今日からオフィス美人へ♡

sweetie / 21473 view

メイクまとめランキング

昨日人気のあったメイクのまとめ