これからはセルフカラーリング!!もう痛まない、イマドキ市販ヘアカラー



サロンでのカラーリングと違って市販ヘアカラーは傷む・・・というイメージありますよね。
でも!最近の市販ヘアカラーは進化しています。
傷まないイマドキ市販ヘアカラーで、手軽にオトクにセルフカラーリングはじめませんか?!

市販ヘアカラーって使ってる?

けっこうみんな、使ってる!!

正しい方法で傷み知らず!セルフカラーリングあれこれ

1剤…2剤…ヘアカラーの仕組み

ヘアカラーをするとき、2本の液体を混ぜますよね。
説明書では、1剤、2剤と書かれています。
どんな役割があるのでしょう。

1剤は、色。2剤は、それを髪に浸透させるもの。簡単に言うと、こんな感じでしょうか。市販のカラー剤はこの、2剤が日本基準の最強レベルなんです!これが「ダメージ」と「ムラ」の原因です・・・(ダメージはサロンカラーの約5倍といわれています)

セルフカラーの注意点1:シャンプー

シャンプーは前日・当日の洗い流しのあとは24時間後以降がおすすめです。

セルフカラーの注意点2:ブロッキング命!

ブロッキングすることで、カラーリング剤の塗り漏れを防ぎます。完ぺきにブロッキングするのは難しいので、最低でも前と後ろ、横、上と下など6カ所に分けてください。

セルフカラーの注意点3:ぬるのは毛先からスタート!

カラーリングを行うときには、まず根元から2cm~3cmを残して毛先からカラーをしていきます。
毛先と根元では、毛先の方が色が入りにくいのです。
 
そのため、根元からカラーリングをしていくと根元ばかりが明るく染まってしまうので、ムラになってしまいます。

セルフカラーの注意点4:ラップorシャワーキャップ

ぬりおわったら、もうひと手間!
ラップを巻くかシャワーキャップをかぶって温度を保ちましょう。

シャワーキャップ

ラップorシャワーキャップのまま、ドライヤーを適度にあてて温度調節もアリ!!

イメージは、これ!!

セルフカラーの注意点5:パッチテスト

髪の毛の傷みだけじゃなく、頭皮にも気を付けてあげましょう。

ヘアカラー剤はかなり刺激が強い成分を含んでいます。
 
 
頭皮がかぶれたり薬品に反応してしまう事があるので
パッチテストは必ず行います。

傷まない優秀市販ヘアカラーたち♪

みんな、いい商品探してる!

傷まないのは、どれだ?!

市販ヘアカラーは種類が豊富。豊富すぎて、どれがいいのか迷っちゃいますね。
おススメ商品を見てみましょう。

こちらは「傷まない!」と評判のヘアカラー。
乳液タイプなのでムラなく仕上がるのも魅力です。

LUCIDO-L (ルシードエル) ミルクジャムヘアカラー #カフェシフォン (医薬部外品) (1剤40g 2剤80mL TR5g)

LUCIDO-L (ルシードエル) ミルクジャムヘアカラー #カフェシフォン (医薬部外品) (1剤40g 2剤80mL TR5g)

499円

次は、コスメサイトなどでの口コミで人気のもの。
発色がいいです。

フェリア3Dカラー 65 マロングラッセ

フェリア3Dカラー 65 マロングラッセ

819円

最後に、おなじみビューテイーラボ♪泡タイプです。
扱いやすいうえに、うるおい成分配合で傷みにくい!!

ホーユー ビューティラボ ホイップヘアカラー(スイートブラウン) 40g+80mL+5mL

ホーユー ビューティラボ ホイップヘアカラー(スイートブラウン) 40g+80mL+5mL

618円

サロンもいいけどセルフカラーリングしてみない?

本当に種類の豊富な市販ヘアカラー。傷むっていうのは過去のはなし。
注意点さえ守れば、だれでも簡単につやつやカラーリングヘアを自宅でお手軽に手に入れられますよ‼

関連記事一覧